1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 日記
  10. >
  11. 蜻蛉日記
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
蜻蛉日記
かげろうにっき

平安中期の歌人藤原道綱母(みちつなのはは)の書いた回想録的な日記。道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔(もろすけ)の三男兼家(かねいえ)と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地(ここち)するかげろふの日記といふべし」の語があり、書名はこれに由来する。社会的に確固とした存在ではなく、かげろうのようにはかない身の上の日記だという意味である。現存するこの作品の伝本は、いずれも江戸時代の写本であるが、そのうちで最古の江戸初期書写の宮内庁書陵部蔵本以下、すべて『蜻蛉日記』の書名をもつ。古くは藤原定家の日記にも『蜻蛉日記』と記されているけれども、また『遊士日記(かげろうのにっき)』(八雲御抄(やくもみしょう))、『蜻蛉記(かげろうのき)』(本朝書籍目録)とも記されている。
 内容は、摂関家(せっかんけ)の御曹司(おんぞうし)の兼家から求婚された道綱母が、大きな期待に心をはずませて結婚し、翌年兼家の次男の道綱を生んだが、兼家の以前からの妻や、次々と新しく現れてくる妻たちのなかにあって、夫の足が遠ざかることによる悲哀や、望んでいたような身の上が実現しない嘆きなどを繰り返すうちに、ついに兼家が通わなくなって、夫婦関係が絶えるまでの結婚生活を記している。夫の兼家が多くの妻をもち、自分を訪れることが絶えたのを強く非難する記事が多く、当時の貴族社会における一夫多婦制の婚姻制度のもとで、弱者としての妻の立場から夫婦関係を描いたものである。また一面では、社会生活の場をもたない貴族女性が、身分の高い男性と結婚することで、その社会的地位の向上を求めようとしたが、期待どおりには実現しなかった残念さを書いた、という性格をももっている。
 この日記は、平安時代の女流文学が重要なテーマとした女性の立場を書いて先駆的な位置にあり、『源氏物語』もそのテーマを発展させたものということができる。
[増田繁夫]


改訂新版・世界大百科事典
蜻蛉日記
かげろうにっき

平安朝の日記文学。作者は右大将藤原道綱母。上・中・下3巻より成る。上巻は954年(天暦8)から968年(安和1)までの15年間,中巻は969年から971年(天禄2)までの3年間,下巻は972年から974年(天延2)までの3年間で,作者の20歳から40歳に至る21年間の藤原兼家との結婚生活の経緯を叙述する。日次記として書かれたのではなく,おそらく971年に起筆,和歌の詠草や断片的な備忘記にもとづいて上・中巻を書き終えたのち下巻が書き継がれ,後に全体的に加筆されたものらしい。上巻の冒頭に序文があり,うちひしがれた境涯に沈淪(ちんりん)する一人の女=道綱母が世間に流布する古物語に接すると,ありきたりの〈そらごと〉さえも心を慰めるよすがとなりうるのだから,人並みとはいえぬわが人生を日記として書いたら特異な作品となるに違いないと述べ,さらに高貴の家の妻の生活がいかなるものであるかを知る例にしてほしいとも記して,この日記の著述の動機や主題を提示している。次いで,まず藤原兼家の熱心な求婚から結婚までの経過が述べられ,翌年男子道綱が生まれるが,そのころ兼家は別の愛人のもとへかよっていたことが記される。道綱母は以後数年間この愛人のために悩まされ兼家との仲も険悪になる。一方,結婚直後陸奥守となって赴任した父藤原倫寧(ともやす)との別離や山寺にこもった母との死別なども大きくとりあげられ,その悲嘆を慰める兼家の親切な態度にふれたり,兼家と協力しての章明親王との交誼のこと,病後の兼家を見舞ったこと,初瀬詣のことなど,兼家の妻としての喜びや晴れがましさを味わうあれこれの話もさしはさまれている。しかし全体としては妻の生活の苦しさ・はかなさへの嘆きが基調となっており,上巻巻末には〈なほものはかなきを思へば,あるかなきかの心地する,かげろふの日記といふべし〉とある。この日記の名称はこれに由来する。中巻の3年間は兼家との夫婦仲の最も険悪だった時期であり,その間,左大臣源高明が配流された安和(あんな)の変への異常な関心や唐崎での祓,石山詣などが大きく記されるのだが,やがて作者は兼家の新しい愛人の出現に絶望し鳴滝の般若寺にこもる。このあたりから諦(あきら)めの境地に入ったらしく,鳴滝から連れ戻されたあと再び初瀬詣をしたことを記す中巻末には,沈静した人生観照・自然観照がみられるようになる。下巻に入ると兼家の動静をも含めて日常身辺の事件に対してじっくりと眼を注ぐ姿勢が著しくなり,わが子道綱への愛情や兼家が他の女に生ませた娘を養女として引き取る経緯やその養女の縁談が不調に終わる話なども語られる。

 以上この日記は上・中・下巻それぞれに色調を異にし,そこに作者の人生の変転が描かれている。《蜻蛉日記》は女流日記文学の道をひらくものであったが,また同時にこの作品によって物語文学における内面的な人物造型の方法が準備された。
[秋山 虔]

[索引語]
藤原道綱母 藤原兼家 安和(あんな)の変
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

蜻蛉日記と同じ日記カテゴリの記事
蜻蛉日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
平安中期の歌人藤原道綱母の書いた回想録的な日記。道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔の三男兼家と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地するかげろふの日記といふ
和泉式部日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の日記。1巻。別名を『和泉式部物語』とも。和泉式部と帥宮敦道親王との恋愛の経緯を歌物語風につづった作品で、1003年(長保5)4月から翌1004年1月にかけての記事が収められている。作者については、自作説、他作説とあって結論は出されていないが、家集中の和歌の詠風が
日記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「蜻蛉日記」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
歌仙(国史大辞典)
古く歌泉(『万葉集』)とも。歌道において特に優れた者。のちには特定の歌人を指すに至った。『古今和歌集』序により、柿本人麻呂・山部赤人を二歌聖、在原業平・小野小町・僧正遍照・喜撰法師・文屋康秀・大伴黒主の六人を六歌仙と称した。のちに成った各種の新六歌仙・続六歌仙などと
歌論書(国史大辞典)
歌に関して批評的文学論的見解を述べた文献。歌の定義・要素・分類・歌病などのほかに、歌に関する種々の研究、たとえば歌集の校訂・注釈・類纂および歌書の文化史的研究などをも含むものが多い。奈良時代、『万葉集』にも批評意識は散見するが、歌論書としては『歌経標式』(藤原浜成)
つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】(日本国語大辞典)
短冊を三つ折りにして、題を隠したまま各自短冊を分け取って、その場で歌を詠むこと。中世以降に流行し、三十首、五十首、百首から千首に及ぶことがある。また、それを披講する歌会をもいう。多く探題(さぐりだい)形式で詠まれた。*右記〔1192〕「次当座続歌探題等哥。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
旋頭歌(国史大辞典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
蜻蛉日記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2110
検索コンテンツ
1. 蜻蛉日記
日本大百科全書
るが、そのうちで最古の江戸初期書写の宮内庁書陵部蔵本以下、すべて『蜻蛉日記』の書名をもつ。古くは藤原定家の日記にも『蜻蛉日記』と記されているけれども、また『遊士 ...
2. 蜻蛉日記
世界大百科事典
 以上この日記は上・中・下巻それぞれに色調を異にし,そこに作者の人生の変転が描かれている。《蜻蛉日記》は女流日記文学の道をひらくものであったが,また同時にこの作 ...
3. かげろうにっき【蜻蛉日記】
デジタル大辞泉
右大将藤原道綱の母の日記。3巻。天延2年(974)以後の成立。夫の兼家(かねいえ)との不安定な結婚生活に苦悩しながら、子の道綱への愛や芸術の世界に目覚めていく心 ...
4. かげろうにっき[かげろふニッキ]【蜻蛉日記】
日本国語大辞典
日記。三巻。右大将藤原道綱の母著。天延二年(九七四)頃の成立。天暦八年(九五四)に兼家と結婚してのち、不安定な結婚生活に苦悩や嫉妬や絶望を重ねながら、やがて一子 ...
5. 蜻蛉日記
日本古典文学全集
作者は歌人としても有名な藤原道綱母(みちつなのはは)。20歳のころに、のちの関白・藤原兼家(道長の父)に嫁ぐも、不安定な家庭や周囲の嫉妬に、不幸な日々を送る。結 ...
6. 『蜻蛉日記』
日本史年表
974年〈天延2 甲戌⑩〉 この年以後 『蜻蛉日記』 成る。  ...
7. かげろふにっき【蜻蛉日記】
全文全訳古語辞典
[書名]平安中期の日記。藤原道綱母の著。九七四年(天延二)以後に成立、女流日記文学の最も初期の作品として注目される。作者が十九歳の時の藤原兼家からの求婚に始まり ...
8. あい‐こた・う[あひこたふ]【相答】
日本国語大辞典
応対する。*多武峰少将物語〔10C中〕「声高くあはれといはば山彦のあひこたへずはあらじとぞ思ふ」*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保四年「あゐこたへなどして、すこし人 ...
9. あい‐な・し
日本国語大辞典
非難していう)あるまじきことである。けしからぬことである。不都合である。不届きである。よくない。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿四年「おとりまされりはみゆれど、さ ...
10. あ・う[あふ]【合・会・逢・遭】
日本国語大辞典
二「からころも裾のうち交(か)へ安波(アハ)ねども異(け)しき心をあが思はなくに〈東歌〉」*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保元年「よる、目もあはぬままに、なげきあか ...
11. あえ‐しら・う[あへしらふ]
日本国語大辞典
】〔他ハ四〕(1)(他人の相手をして)適当にもてなす。あしらう。程よく処理する。接待する。*蜻蛉日記〔974頃〕上・天暦八年「目も見あはせず、思ひいりてあれば、 ...
12. あお‐いね[あを‥]【青稲】
日本国語大辞典
〔名〕まだ実らない青い稲。《季・夏》*蜻蛉日記〔974頃〕下・天延元年「あをいね刈らせて馬に飼ひ」*俳諧・我春集〔1811〕「青稲や薙倒されて花の咲」 ...
13. あおみ‐わた・る[あをみ‥]【青渡】
日本国語大辞典
〔自ラ四〕一面に青くなる。全体が青々となる。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「朽葉ところどころあをみわたりにけり」*源氏物語〔1001〜14頃〕紅葉賀「御前の ...
14. あか・い【明】
日本国語大辞典
狭(さ)くやなりぬる 日月は 安可之(アカシ)といへど 吾がためは 照りや給はぬ〈山上憶良〉」*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿元年「月いとあかければ、格子などもお ...
15. あか‐いろ【赤色】
日本国語大辞典
総称。*古事記〔712〕中「又宇陀の墨坂神に赤色の楯矛を祭り、又大坂神に墨色の楯矛を祭り」*蜻蛉日記〔974頃〕下・天延二年「あかいろの扇」*前田本枕草子〔10 ...
16. あかき 人(ひと)
日本国語大辞典
束帯姿の五位の官人。五位の官人は束帯に緋色(ひいろ)の袍(ほう)を着たのでいう。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天延二年「かれがいできつる車のもとには、あかき人、くろ ...
17. あか‐くちば【赤朽葉】
日本国語大辞典
*延喜廿一年京極御息所褒子歌合〔921〕「員刺(かずさし)の童、あかくちはの汗衫(かざみ)」*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保二年「車よせさせてのるほどに、行く人は ...
18. あか・つ【散・頒】
日本国語大辞典
「この車より『なほこの男たづねて率て来』といひければ、供の人手をあかちてもとめさわぎけり」*蜻蛉日記〔974頃〕上・天祿元年「わりごもてきぬれば、さまざまあかち ...
19. あから〓
日本国語大辞典
アカラシキ〉」*宇津保物語〔970〜999頃〕吹上下「おもひいづるなん、あからしくかなしく侍」*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「などか来ぬ、とはぬ、憎し、あか ...
20. あか・る【散・別】
日本国語大辞典
ぬ」*延喜十三年亭子院歌合〔913〕「上達部、階(はし)の左右にみなあかれてさぶらひ給ふ」*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「『火しめりぬめり』とてあかれぬれば ...
21. あがた‐ありき【県歩】
日本国語大辞典
〔名〕主に平安時代、地方官が、任国から任国へと地方を転々と勤務して回ること。*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保三年「たのもし人は、この十よ年のほど、あがたありきにの ...
22. あがたじんじゃ【県神社】京都府:宇治市/宇治郷
日本歴史地名大系
吾田津姫というところからとも、また古代の宇治県の守護神として創建されたからともいわれるが、「蜻蛉日記」の再度の初瀬詣の記事で、宇治川左岸の地に「あがたの院」が記 ...
23. あがたのいど【県井戸】京都府:宇治市/宇治郷
日本歴史地名大系
県の井戸といふ所に住みけり」は、「後撰集」歌の作者と主人公が重なっている。この場所に邸館のあったことは「蜻蛉日記」の再度の初瀬詣の記事で「あがたの院にぞゆきかへ ...
24. あが・る【上・揚・挙・騰】
日本国語大辞典
に上る意)のぼせてぼうっとなる。ふだんの落ち着きを失う。(イ)「気があがる」の表現の場合。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「気(け)やあがりぬらん、心ちいと悪 ...
25. あき【飽・厭】
日本国語大辞典
914〕恋五・七六三「我が袖にまだき時雨のふりぬるは君が心に秋やきぬらむ〈よみ人しらず〉」*蜻蛉日記〔974頃〕上・天徳元年「身のあきを思ひみだるる花の上に内の ...
26. あき‐つ‐かた【秋方】
日本国語大辞典
〔名〕秋の頃。*蜻蛉日記〔974頃〕上・天暦八年「まめなることにて月日はすぐしつ。あきつかたになりにけり」*宇津保物語〔970〜999頃〕俊蔭「かかるほどに、こ ...
27. あき・れる【呆・惘】
日本国語大辞典
外なことにあってどうしてよいかわからなくなる。途方にくれる。あっけにとられる。茫然とする。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿元年「かうしもとりあつめて、肝をくだくこ ...
28. あぎと・う[あぎとふ]
日本国語大辞典
*日本書紀〔720〕仲哀二年六月(熱田本訓)「其処の魚六月に至て常に傾浮(アキトフ)こと、酔ゑるが如し」*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「そこらの人のあぎとう ...
29. あ・く【明・開・空】
日本国語大辞典
ありて」(3)差し止められていたことが、してよいことになる。解禁になる。→方(かた)あく。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「方あきなばこそは、まゐりくべかなれ ...
30. あくがら・す【憧・憬】
日本国語大辞典
〔他サ四〕(「あくがれる」の他動詞形)(1)居所を離れてさまようようにさせる。流浪させる。さすらわせる。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「かくのみあくがらしは ...
31. あけ‐く・れる【明暮】
日本国語大辞典
あけく・る〔自ラ下二〕(1)夜が明け、日が暮れる。月日が過ぎる。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「ことさわがしくてあけくるるも、人目いかにと思ふ心あるまで音な ...
32. あけ‐は・てる【明果】
日本国語大辞典
あけは・つ〔自タ下二〕すっかり夜が明けてしまう。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天延二年「ことと明けはてて、『蓑、笠や』と人はさわぐ」*古今六帖〔976〜9 ...
33. あけ‐ぼの【曙】
日本国語大辞典
位前(前田本訓)「夜半(よなか)に発(た)ちて行く。会明(アケホノ)に菟道に詣(いた)て」*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「あけぼのをみれば、霧か雲かとみゆる ...
34. あさ‐さ【浅─】
日本国語大辞典
〔名〕(形容詞「あさい(浅)」の語幹に、接尾語「さ」の付いたもの)浅いこと。また、その度合。浅み。*蜻蛉日記〔974頃〕付載家集「みつせ川あささの程も知らはじと ...
35. あさ‐はなだ【浅縹】
日本国語大辞典
階深縹、進冠四階浅縹」*延喜式〔927〕一四・縫殿寮「浅縹綾一疋、藍一囲、薪卅斤、帛一疋」*蜻蛉日記〔974頃〕中・安和二年「『やまびこのこたへありとはききなが ...
36. あさまし‐さ【浅─】
日本国語大辞典
、接尾語「さ」の付いたもの)(1)意外で驚きあきれるようなさまであること。また、その度合。*蜻蛉日記〔974頃〕上・天暦九年「人のもとにやらんとしける文あり。あ ...
37. あさり‐あり・く【漁歩】
日本国語大辞典
〔自カ四〕鳥や獣がえさを求めてあちらこちら動きまわる。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿元年「川づらに、放ち馬どものあさりありくもはるかに見えたり」 ...
38. あざれ‐かか・る【戯掛】
日本国語大辞典
る時、手な残い給ひそなど、いたくあざれかかれば」「桂宮本蜻蛉日記‐下・天延二年」に「頭(かう)の君、いとあさりかれば」とあるが、「あさりかれ」を「あされかか ...
39. あ〓し【悪】
日本国語大辞典
*大和物語〔947〜957頃〕一四八「いかにしてあらむ、あしうてやあらむ、よくてやあらむ」*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保四年「冬はついたち、つごもりとて、あしき ...
40. あし‐げ【悪─】
日本国語大辞典
語幹に接尾語「げ」の付いたもの)(1)見た目に、いかにも体裁が悪いさま。ぶざまであること。*蜻蛉日記〔974頃〕上・安和元年「来こうじたるげすども、あしげなる柚 ...
41. あし‐て【足手】
日本国語大辞典
〔名〕足と手。てあし。また、からだをいう。*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保元年「いかなるにかあらん、あしてなど、ただすくみにすくみて、たえいるやうにす」*宇津保物 ...
42. あし‐よし【悪善】
日本国語大辞典
附載「時雨ふる時ぞ折りける菊の花うつろふからに色のまさればとて奉れり。あしよしもえ知らず」*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「廿日ばかりおこなひたる夢に、わが頭 ...
43. 排蘆小船(近世随想集) 282ページ
日本古典文学全集
しかるを心におもふ事を、みる物聞物につけて云出せる也とのみ云ては、いまだつくさず」。宣長の頭書「蜻蛉日記云、さしはなれたる谷のかたより、いとうらわかき声に、はる ...
44. 排蘆小船(近世随想集) 323ページ
日本古典文学全集
竹取、住吉、大和等の物語、さのみ文章にめづらしげはなし。狭衣、栄花も、文章は源氏に似ておとれり。蜻蛉日記、古雅なる文章也。その外、土左日記、紫式部日記なども面白 ...
45. あじろ‐ぐるま【網代車】
日本国語大辞典
〔名〕牛車(ぎっしゃ)の一種。竹または檜(ひのき)の網代(5)を、車箱の屋形の表面に張ったもの。*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「しのびて、ただきよげなるあじ ...
46. あじろ‐びょうぶ[‥ビャウブ]【網代屏風】
日本国語大辞典
〔名〕網代(5)を骨組みの片面に張った屏風。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「もののとばり、簾(すだれ)、あじろびゃうぶ、黒柿(くろがい)の骨に朽葉(くちば) ...
47. あす‐あさて【明日明後日】
日本国語大辞典
たき物忌(ものいみ)に侍るを」(2)明日か明後日。一両日に迫ったこと。近日中。きょうあす。*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保三年「いと心もとなければ、あすあさてのほ ...
48. あすかにいますじんじゃ【飛鳥坐神社】奈良県:高市郡/明日香村/飛鳥村
日本歴史地名大系
帝都が平城・平安と移ってからは、皇居の近い守護神としての性格も希薄になりしだいに衰退していった。なお「蜻蛉日記」には「飛鳥に御灯明たてまつりければ、たゞ釘貫に車 ...
49. あずかり[あづかり]【預】
日本国語大辞典
」(2)引き受けてめんどうをみること。また、その人。任されて留守を守る人。管理者。留守番。*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿二年「ここのあづかりしける者の、まうけを ...
50. あせ =に[=と]成(な)る
日本国語大辞典
(1)汗水を流す。汗でぬれる。また、労苦をいとわずに働く。汗みずくになる。汗をかく。*蜻蛉日記〔974頃〕上・康保元年「来しときは膝にふし給へりし人をいかでかや ...
「蜻蛉日記」の情報だけではなく、「蜻蛉日記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る