1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 説話
  10. >
  11. 江談抄
国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典
江談抄
ごうだんしょう
平安時代後期の説話集で、大江匡房の談話を集めたもの。「江談」の偏をとって『水言鈔』とも題される。信西入道(藤原通憲)の父藤原実兼の筆録とされてきたが、内容からみて筆録者は複数であると考えられる。成立は匡房の没年(天永二年(一一一一))を下限と見るべきであろうが、談話集としてはいく度かの編纂過程を経ていると見るべきである。テキストは大別して雑纂形態のものと、類聚形態のものに分けられる。平安時代書写の醍醐寺本(『水言鈔』、重要文化財)と高山寺旧蔵本(神田本、同)はともに雑纂である。両本とも残欠本であって、詳細は不明であるが、おそらく系統を異にするだろう。『群書類従』雑部所収本などの類聚形態六巻本は、雑纂形態の異本群を集成して成立したものであろう。なお、『河海抄』その他に見られる佚文(『国書逸文』『本朝書籍目録考証』に集成してある)には、これらの諸本にみえない条がある。内容は、官僚政治家であり、『江家次第』を著わし、また漢文学界の大立物であった匡房の談話にふさわしく、廷臣の逸話や故実など、宮廷を中心とする貴族社会のさまざまな方面に関するものと、漢文学に関するものを主とする。ただ、匡房が和歌界においても第一人者であったにかかわらず、和歌に関するものはほとんどない。多くの説話は「被命云」「被談云」といった句を冒頭に置き、また「予問云」「答云」と記すなど、問答体をとどめながらも、概要を摘記するが、中に少数ではあるが、言談の口吻をそのまま文字に写したとみられる条がある。なかで、神田本に集中してあらわれる「伴大納言本縁事」「博雅三位習〓琵琶〓事」「村上御製与〓文時三位〓勝負事」の三話は、類聚本巻三の「吉備入唐間事」とともに本書の説話の白眉である。文章は公卿日記に用いられる変体漢文を主とするが、故実書などにもみられるように、会話文などでは仮名書きを交えていて、前記神田本の三話などでは『今昔物語集』の文体に近似するところがある。本書は説話文学史に多大の影響を与えたが、伝承の場が明らかな説話集として資料的価値が高い。覆製本は醍醐寺本と高山寺旧蔵本が『古典保存会複製書』に、ほかに尊経閣本(雑纂本、重要文化財)が『尊経閣叢刊』に収められており、活字本には『群書類従』雑部がある。
[参考文献]
『群書解題』一九、江談抄研究会『古本系江談抄注解』、同『類聚本江談抄注解』、益田勝実『説話文学と絵巻』(『古典とその時代』五)、篠原昭二「類聚本江談抄の編纂資料について」(秋山虔編『中世文学の研究』所収)
(篠原 昭二)


日本大百科全書
江談抄
ごうだんしょう

平安後期の説話集。大江匡房(おおえのまさふさ)(1041―1111)晩年の談話を、藤原実兼(さねかね)(1085―1112)が筆録したもの。一部に実兼以外の筆録も混じっている。匡房の談話は、有職故実(ゆうそくこじつ)、漢詩文、楽器などに関する知識、廷臣・詩人たちの逸話など多岐にわたる。教授された知識の忘備を目的としているため、表現は簡略でしばしば不完全であり、体系をもたない。しかし、正統な学問や歴史の外縁にある秘事異伝をも積極的に取り上げており、院政期知識人の関心の向け方や、説話が口語りされる実態をうかがうことができる。平安・鎌倉時代の古写本は、問答の体をとどめて原本の姿を伝えるが、一部分しか伝存していない。『群書類従』所収本は記事を部類改編したもの。
[森 正人]



改訂新版・世界大百科事典
江談抄
ごうだんしょう

平安末期の説話集。大江匡房(まさふさ)の談話を藤原実兼(さねかね)が筆録したもの。ただし間接的な聞書,また実兼以外の人物による筆録をも含んでいる。匡房の晩年における談話が中心になっているが,かなり早い時期の言談,あるいは匡房の没後のまた聞きの筆録も加わっており,12世紀の初頭,匡房の没後あまりへだたらないころの成立と考えられる。《江談》《水言鈔(すいげんしよう)》ともいわれ,おもに漢文で記されている。古本系と類聚本系の2系統があり,古本系は雑纂形態で,談話体,問答体の形をもち,言談の筆録という本来の姿をよく残している。類聚本はこれを分類,配列し直したもので,巻一に公事・摂関家事・仏神事,巻二・巻三に雑事(公卿の逸話,楽器をめぐる話柄など),巻四に漢詩に関する逸事,巻五に詩事,巻六に長句事(詩序・願文等に関する逸話)を収める。公事・雑事と詩事・長句事との二つに大別されるが,前者については有職故実書《江家次第(ごうけしだい)》との関連が考えられる。この書の編纂を通してたくわえられた豊富な故事についての知識が基盤をなしていよう。また詩文にまつわる話柄については,その大きな原拠の一つとして《和漢朗詠集》の詩句に加えられた匡房の注,いわゆる〈朗詠江注〉がある。このように,全体を通して匡房の学問が間接的あるいは直接的な形で大きくかかわっているが,それが多岐にわたり雑多に示されているところに本書の特徴があり,統一ある世界を成す説話集とは異なる。
[後藤 昭雄]

[索引語]
大江匡房 藤原実兼 江談 水言鈔(すいげんしよう) 朗詠江注
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
江談抄の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 762
検索コンテンツ
1. がうだんせう【江談抄】
全文全訳古語辞典
[書名]平安後期の説話集。六巻。大江匡房の談話を藤原実兼が筆録したものという。長治・嘉承(一一〇四~一一〇七)ごろの成立。故事・先例・詩文などについての雑記集だ ...
2. 江談抄
日本大百科全書
平安後期の説話集。大江匡房(おおえのまさふさ)(1041―1111)晩年の談話を、藤原実兼(さねかね)(1085―1112)が筆録したもの。一部に実兼以外の筆録 ...
3. 江談抄
世界大百科事典
平安末期の説話集。大江匡房(まさふさ)の談話を藤原実兼(さねかね)が筆録したもの。ただし間接的な聞書,また実兼以外の人物による筆録をも含んでいる。匡房の晩年にお ...
4. ごうだんしょう【江談抄】
デジタル大辞泉
平安後期の説話集。6巻。大江匡房(おおえのまさふさ)の談話を藤原実兼(ふじわらのさねかね)が筆録したと伝えられる。長治・嘉承年間(1104~1108)ごろの成立 ...
5. ごうだんしょう[ガウダンセウ]【江談抄】
日本国語大辞典
平安後期の説話文学。六巻。大江匡房(おおえのまさふさ)の談話を藤原実兼などが筆録したもの。書名は江家の言談の抄出の意。天永二(一一一一)ごろの成立。公事、摂関事 ...
6. ごうだんしょう【江談抄】
国史大辞典
[参考文献]『群書解題』一九、江談抄研究会『古本系江談抄注解』、同『類聚本江談抄注解』、益田勝実『説話文学と絵巻』(『古典とその時代』五)、篠原昭二「類聚本江談 ...
7. 『江談抄』
日本史年表
1111年〈天永2 辛卯〉 11・5 大江匡房 没(中右記).生前 『江家次第』 『江談抄』 『江都督納言願文集』 『本朝神仙伝』 「遊女記」 等を著す。  ...
8. あい‐かまえて[あひかまへて]【相構】
日本国語大辞典
。「かまえて」の改まった言い方)(1)用心して。心を配って。精神を集中して。あいかまいて。*江談抄〔1111頃〕三「流泉啄木と云ふ曲は此目暗のみこそ伝へけれ 相 ...
9. あい‐かん・ず[あひ‥]【相感】
日本国語大辞典
〔自サ変〕(「あい」は接頭語)みなが感動する。互いに共感する。また、「感ず」の改まった言い方。*江談抄〔1111頃〕五「満座相感云。文集毛志計留波斗」*浮雲〔1 ...
10. あい‐はか・る[あひ‥]【相計】
日本国語大辞典
本訓)「故、其の木の上に坐さば、其の海神の女(むすめ)、見て相議(あひはか)るべきものぞ」*江談抄〔1111頃〕四「共不〓相議 ...
11. あかり‐しょうじ[‥シャウジ]【明障子】
日本国語大辞典
取り入れやすいように、片面だけに白紙を張った障子。現在の紙障子のこと。あかりそうじ。《季・冬》*江談抄〔1111頃〕二「先考以〓明障子 ...
12. あつ‐ぜつ【遏絶】
日本国語大辞典
下」(2)さえぎり止めること。排斥すること。*江談抄〔1111頃〕三「菅根不〓通 ...
13. い‐うつ【伊鬱】
日本国語大辞典
〔名〕心のはればれしないこと。また、そのさま。*江談抄〔1111頃〕四「漢林事、人々伊欝曰、若漢之上林苑離合任〓意也云々」*釈氏往 ...
14. い‐しゅ【意趣】
日本国語大辞典
意趣なればと思ひて」(5)人を恨む心があること。恨みが心に積もること。また、その心。遺恨。*江談抄〔1111頃〕二「貞信公与〓道明 ...
15. い‐しょ【意緒】
日本国語大辞典
*本朝麗藻〔1010か〕下覲謁之後以詩贈太宋客羌世昌、重寄〈藤原為時〉「嬰児生長母兄老、両地何時意緒通」*江談抄〔1111頃〕二「顕定宇治殿方人也云々。定頼二条 ...
16. いずも‐かな[いづも‥]【出雲仮名】
日本国語大辞典
〔名〕ひらがな。大江匡房の「江談抄」にある、空海が出雲で作ったという伝説に由来。言海【出雲仮名】言海 ...
17. いち‐もう【一毛】
日本国語大辞典
〔名〕(1)一本の毛。転じて、非常にわずかなもの。軽いもの。また、そのこと。*江談抄〔1111頃〕四「可〓謂 ...
18. いち‐もつ【逸物】
日本国語大辞典
賓榻於林頭〓」*江談抄〔1111頃〕一「源頼国者高名逸物也」*今昔物語集〔1120頃か〕一六・五「此の馬を万の人の欲がりて ...
19. いっ‐けつ【一決】
日本国語大辞典
〔名〕(1)ある物事についての議論や相談で、一つの結論や決定が出ること。意見などが一つに決まること。*江談抄〔1111頃〕一「故経信卿与〓隆俊卿 ...
20. い‐りゅう[‥リフ]【移立】
日本国語大辞典
〔名〕別の場所へ移して建立すること。移築。*江談抄〔1111頃〕四「延長末移〓立清涼殿於醍醐寺 ...
21. いん‐くんし【隠君子】
日本国語大辞典
〔名〕(1)世を避けて隠れ住む有徳の人。高士。*江談抄〔1111頃〕五「隠君子事。問云。隠君子名如何。被〓答云。淳歟。嵯峨源氏之類 ...
22. いん‐こん【陰根】
日本国語大辞典
〔名〕(1)男子の生殖器。男根。*江談抄〔1111頃〕二「弼君顕定於〓南殿東妻 ...
23. いん‐しん【隠身】
日本国語大辞典
著たる類(ともがら)は、賤形なりと雖も恐りざるべからざることを隠身の聖人も其の中に交ればなり」*江談抄〔1111頃〕三「鬼物伺来。吉備作〓隠身之封 ...
24. いん‐めつ【湮滅・隠滅】
日本国語大辞典
、軫悼傷〓懐」*江談抄〔1111頃〕五「家之文書、道之秘事、皆以欲 ...
25. うさじんぐう【宇佐神宮】大分県:宇佐市/旧宇佐町地区/宇佐村
日本歴史地名大系
衣の袖の上に釈迦三尊が映じたといい、八幡の本地が釈迦三尊であったことが知られる。一二世紀初めの「江談抄」では本地を阿弥陀如来としており、当時普及発展していた浄土 ...
26. 宇治拾遺物語 33ページ
日本古典文学全集
同時に民部卿と皇太后宮大夫を兼任した。応天門の放火事件による失脚をさす。第一一四話に詳しい。『江談抄』の類話では、伴善男を「本者佐渡国百姓」とする。しかし、善男 ...
27. 宇治拾遺物語 138ページ
日本古典文学全集
)在位。経史・詩文に通じ、『凌雲集』『文華秀麗集』を編集させた。能書家で、日本三筆の一人。『江談抄』は「さがなくはよかりなまし」、『十訓抄』は「さがなくてよし」 ...
28. 宇治拾遺物語 258ページ
日本古典文学全集
寛平九年(八九七)近江権守、右兵衛督。『古今集』以下に二十八首入集している歌人。能書家として知られ、『江談抄』第三に、村上天皇がわが朝の書の上手を問うたのに対し ...
29. 宇治拾遺物語 352ページ
日本古典文学全集
自分のやったことを、他人に肩代りしてもらうことができて。自分のしわざと見えるような態度やそぶり。『江談抄』第三雑事に、「橘則光搦盗事」の記事があり、則光は藤原斉 ...
30. 宇治拾遺物語 395ページ
日本古典文学全集
ばしば本話のような怪談の舞台となっている。なお、百鬼夜行の登場する事例は、『大鏡』師輔伝、『江談抄』第三、『打聞集』二三、『今昔物語集』巻一四、『古本説話集』下 ...
31. うっ‐けつ【鬱結】
日本国語大辞典
合、地気鬱結」(2)心がふさがってはればれしないこと。気がかりなこと。*江談抄〔1111頃〕四「宴罷退出時相公不〓散 ...
32. うるさ・い【煩・五月蠅】
日本国語大辞典
ク活用と見られる例もある。(4)中世に多く「右流左死」の表記があり、そのあて字の意について「江談抄‐三」に次の記事がある。「世以〓英雄之人 ...
33. うん‐さい【運載】
日本国語大辞典
〔名〕(「うんざい」とも)舟や車に物を載せて運ぶこと。*江談抄〔1111頃〕三「件事為〓業之者伝 ...
34. 栄花物語 203ページ
日本古典文学全集
「二年ばかりありて」は史実とずれる。有国の除名の理由を『紀略』等は、秦有時を殺害したかどによるとするが、『江談抄』『古事談』は、兼家が家司に、子息のいずれに関白 ...
35. えい‐きゅう[‥キフ]【栄級】
日本国語大辞典
〔名〕名誉ある位階。*江談抄〔1111頃〕四「下〓至恩勅命〓、預 ...
36. えい‐じょう[‥ジャウ]【叡情】
日本国語大辞典
於今宵〓矣。〈略〉宜哉、睿情惜而又惜」*江談抄〔1111頃〕四「儒味不〓諧 ...
37. えい‐ゆう【英雄】
日本国語大辞典
日「今夜左近将曹中臣近友頓滅、年六十余、故兼武男也、容顔美麗、所能勝他、舎人之中英雄者也」*江談抄〔1111頃〕三「世以〓英雄之人 ...
38. 江戸繁昌記 3 249ページ
東洋文庫
後冷泉・後三条・堀河の三朝に仕えた。著書に『江家次第』『本朝神仙伝』、その談話を録したものに『江談抄』がある。天永二年没(一〇四一一一一一一) (一八)源義家平 ...
39. えん‐げき[ヱン‥]【怨隙】
日本国語大辞典
〔名〕怨恨関係によって、仲が悪くなること。*江談抄〔1111頃〕三「有国与〓惟仲 ...
40. えん‐し【宴詩】
日本国語大辞典
〔名〕宴席で作った詩。*江談抄〔1111頃〕四「延喜聖主依〓太上法皇詔〓 ...
41. えんしゆうじあと【円宗寺跡】京都市:右京区/龍安寺門前村地図
日本歴史地名大系
藍配置であったらしい。四円寺のうちでも円融寺と並ぶ、もしくはそれ以上の寺院といわれる。また「江談抄」は後三条院の円宗寺供養の時、呪師猿楽などが始められたと記して ...
42. えん‐しょ【炎暑】
日本国語大辞典
殿庭之水石〓」*江談抄〔1111頃〕二「炎暑之時請〓暇 ...
43. えん‐りょう[ヱン‥]【冤凌】
日本国語大辞典
〔名〕無実の罪を言い立てて、ひどいめに遭わせること。*江談抄〔1111頃〕三「若我を強依〓被 ...
44. おう‐けん[ワウ‥]【横見】
日本国語大辞典
〔名〕(1)横に見ること。横目で見ること。(2)書物を流し読みすること。*江談抄〔1111頃〕五「応相献策之時、七日之中見〓一切経 ...
45. おう‐こう[ワウカウ]【往行】
日本国語大辞典
〔名〕(1)通行すること。通ること。おうぎょう。*江談抄〔1111頃〕二「路次往行之者、動与〓食物 ...
46. おう‐じつ[ワウ‥]【往日】
日本国語大辞典
〔名〕(「過ぎ去った日」の意)むかし。過日。*江談抄〔1111頃〕三「有国以〓名簿 ...
47. おう‐じゃく[ワウ‥]【往昔】
日本国語大辞典
おうせき。*栄花物語〔1028〜92頃〕玉のうてな「往昔無数劫に苦を受けて、生死の中に流転して」*江談抄〔1111頃〕二「平家自〓往昔 ...
48. 大江匡房画像
日本大百科全書
『洛陽田楽(らくようでんがく)記』『狐媚(こび)記』などの作や、彼の言談を筆録させた説話集『江談抄』があり、また『続本朝往生伝』『本朝神仙伝』を編纂(へんさん) ...
49. 大江匡房
世界大百科事典
唱導文学のうえで,また彼の言談を蔵人藤原実兼が筆録したものといわれる《江談(ごうだん)》(《江談抄》)は説話文学のうえで,彼の制作した願文115編を撰録した《江 ...
50. おおえ‐の‐まさふさ【大江匡房】画像
デジタル大辞泉
後三条・白河・堀河天皇の侍読(じとう)をつとめた。著「江家次第(ごうけしだい)」、日記「江記」、説話集「江談抄」など。  ...
「江談抄」の情報だけではなく、「江談抄」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

江談抄と同じ説話カテゴリの記事
江談抄(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の説話集で、大江匡房の談話を集めたもの。「江談」の偏をとって『水言鈔』とも題される。信西入道(藤原通憲)の父藤原実兼の筆録とされてきたが、内容からみて筆録者は複数であると考えられる。成立は匡房の没年(天永二年(一一一一))を下限と見るべきであろうが
説話と同じカテゴリの記事をもっと見る


「江談抄」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
和漢朗詠集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代、貴族の間に口ずさまれた漢詩文の佳句、および和歌の詞華選集(アンソロジー)。藤原公任の撰として疑われない。二巻。成立年は不明であるが、藤原道長三女でのちに後一条天皇皇后となった女御威子の入内屏風に、倭絵(やまとえ)・唐絵(からえ)とともに配されていたものと
栄花物語(栄華物語)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の歴史物語。四十巻(異本系三十巻)。『栄華物語』とも書く。『大鏡』とともに『世継』『世継物語』などとも呼ばれたため、時に両書は混同されたこともある。前三十巻の正編と、後十巻の続編の二部に大別され、まず正編が書かれた後、続編が別人によって書き継がれたもので
浜松中納言物語(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級日記』奥書に「常陸守菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也。(中略)夜半の寝覚、御津の浜松、みづから悔ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
夜の寝覚(夜半の寝覚)(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期の物語。『夜半の寝覚』とも、単に『寝覚』ともよばれる。現在の伝本は五巻または三巻であるが、その中間部分と終末部分とに大きい欠巻部分がある。原形態は、現存本の2倍から3倍の量があったと推定されるが、厳密には不明である。作者については、藤原定家が『浜松中納言物語』
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る