1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. 難後拾遺
国史大辞典

難後拾遺
なんごしゅうい
『後拾遺和歌集』を批判した歌書。著者は源経信。一巻。経信は、『後拾遺集』の撰者藤原通俊から、草稿や定稿を見せられ、和歌の取捨についての意見を求められていたが、通俊の庶幾する歌風に対して強い反発感を抱き、応徳三年(一〇八六)十月の奏覧に前後して、歌題の本意を正確に把握し、現実に即しつつ具体的に表現し、端正な調べを得ようとする立場から、八十四首の歌を批判した。伝本には『続群書類従』和歌部所収本、『日本歌学大系』別巻一所収本のほか、静嘉堂文庫本・彰考館本・神宮文庫本がある。→後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)
[参考文献]
『群書解題』一〇「難後拾遺抄」、関根慶子編『難後拾遺集成』、上野理『後拾遺集前後』
(上野 理)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
難後拾遺の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 36
検索コンテンツ
1. なんごしゅうい【難後拾遺】
デジタル大辞泉
源経信の歌論書。全1巻。応徳3年(1086)頃の成立とみられる。後拾遺和歌集の84首を抜粋して批判したもので、勅撰集に対する最初の論難書。  ...
2. なんごしゅうい[ナンゴシフヰ]【難後拾遺】
日本国語大辞典
平安後期の歌論書。一巻。源経信(つねのぶ)著。「後拾遺集」から発想や表現の面から問題のある歌を抜き出し批判した論難書。経信の歌論を示すものであるとともに、勅撰集 ...
3. なんごしゅうい【難後拾遺】
国史大辞典
がある。→後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう) [参考文献]『群書解題』一〇「難後拾遺抄」、関根慶子編『難後拾遺集成』、上野理『後拾遺集前後』 (上野 理)  ...
4. 難後拾遺(なんごしゅうい)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 415ページ ...
5. 『難後拾遺』
日本史年表
1086年〈応徳3 丙寅②〉 この頃 源経信 『難後拾遺』 成るか。  ...
6. 批難後拾遺和歌集 (見出し語:後拾遺和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 415ページ ...
7. 宇治拾遺物語 44ページ
日本古典文学全集
白河天皇の破格の抜擢で『後拾遺集』の撰者となったことから、通俊への風当りは強く、撰進後ただちに『難後拾遺』という非難の書が出たほど。本話もそうした通俊批判の立場 ...
8. 栄花物語 252ページ
日本古典文学全集
鳴く夜はもう一声聞きたいと思って、いずれの夜も。「さらに」は「やすきいやは寝らるる」に係る。『難後拾遺抄』はこの語が働いていないことを批判する。二度とは鳴かない ...
9. かがく【歌学】
国史大辞典
(二)古今歌合難は、延喜十三年(九一三)亭子院歌合以下三十種について述べ、(三)故人和歌難は、難後拾遺・後拾遺問答・不〓思懸 ...
10. ぐんしょるいじゅう【群書類従】
国史大辞典
四五二 古今集序註 四五三 古今和歌集隠名作者次第・撰集作者異同考 四五四 後撰集正義 四五五 難後拾遺抄 四五六 古今打聞・新撰髄脳 四五七 和歌深秘抄・桂明 ...
11. 国文学全史 2 平安朝篇 290ページ
東洋文庫
ぬは」の空を野辺と更えたるが如き、そもく何の児戯ぞやと。また後拾遺集の成りて後、幾ばくもなく難後拾遺の出ずるあり。集中の和歌のよろしからずと思えるを抜きて、非難 ...
12. 国文学全史 2 平安朝篇 301ページ
東洋文庫
改めて隆源に清書を委託した。 伊房筆本を家本という。奏覧本に対する経信の批判を記したものが『難後拾遺』で、やはり本文改訂の進展を 跡づけする資料として注目されて ...
13. 国文学全史 2 平安朝篇 303ページ
東洋文庫
論」(『宮城学院女子大学研究論文集』32 昭和四三年一〇月)などがあり、『難後拾遺』の本文研究には、関根慶子「難後拾遺の本文について」(『中古文学論考』有精堂  ...
14. 国文学全史 2 平安朝篇 350ページ
東洋文庫
併せていう〕、四家髄脳〔俊頼無名抄、結語抄、奥儀抄、童蒙抄〕あり。個人に就いてその作を別てば、経信の難後拾遺、基俊の悦目抄〔一名更科記〕、和歌無底抄〔一子伝〕、 ...
15. 国文学全史 2 平安朝篇 19ページ
東洋文庫
41,135   1311   1263   ∬282な中務『中務集』r長能集』r業平集』『難後拾遺』11134,236,262  1262   n68119, ...
16. 国文学全史 2 平安朝篇 10ページ
東洋文庫
281,330   1100 1【 323,350129611275       な長井侍従業平集難後拾遺難後葉集→牧笛集難千載集  1296  1116n 2 ...
17. 今昔物語集 373ページ
日本古典文学全集
、童ニテ仕ヒ給ヒケル若キ者有ケリ。名ヲバ岩楊トゾ云ケル。形チ有様美麗ニ 五十四  した歌。『難後拾遺』『袋草紙』上にも所見。底本「ハ」。誤写とみる。歴史的仮名遣 ...
18. 後拾遺和歌集
日本大百科全書
(逸文を『袋草紙』に収める)により、撰入歌を切り出したり修正を加えたが、経信は飽き足りず、『難後拾遺』を著し、これが勅撰集論難書の嚆矢(こうし)となる。通俊は論 ...
19. 後拾遺和歌集
世界大百科事典
集に対するはじめての批判である《難後拾遺》を書いて反駁し,やすきについて的確な表現の乏しくなったことを非難した。藤岡 忠美 後拾遺集 藤原通俊 源経信 難後拾遺 ...
20. ごしゅういわかしゅう【後拾遺和歌集】
国史大辞典
取るか」(『袋草紙』)などの説の行われたのも、かかる撰集経緯によるものであり、また奏上後、経信による『難後拾遺』の出されたのも勅撰集に対する論難書の嚆矢である。 ...
21. 八代集 1 6ページ
東洋文庫
    三百人一首    百    藤原定家他                  三難後拾遺抄   難後拾遺 源経信            頁    歌学大系別 ...
22. 八代集 2 5ページ
東洋文庫
論      歌  ・百人一首難後拾遺抄綺語抄和歌童蒙抄袖中抄八雲御抄古今集注拾遺抄注後拾遺抄注詞花集注顕注密勘僻案抄後撰集正義百難綺童袖八顕注注注注密僻正義藤 ...
23. 八代集 2 438ページ
東洋文庫
彼らの時代をひらいたものとして『後拾遺集』を認識している。 『後拾遺集』論難の書は同時代の源軽信の『難後拾遺抄』がある。応徳三年(一〇八六)、または寛治元年(一 ...
24. 八代集 3 5ページ
東洋文庫
論        歌  ・百人一首 百 藤原定家他 歌学大系三難後拾遺抄綺語抄和歌童蒙抄 難綺童 源経信藤原仲実藤原範兼 一〇八六-八七?一一〇七-   一 ...
25. 八代集 4 5ページ
東洋文庫
論歌・学歌  百人一首 百 藤原定家他 歌学大系三 難後拾遺抄 難 源経信 一〇八六-八七? 頁 歌学大系別一 綺語抄 綺 藤原仲実 一一〇七-一一一六 頁 歌 ...
26. ふくろぞうし【袋草紙】
国史大辞典
『延喜十三年亭子院歌合』から『保延四年或所歌合』までの三十の歌合の判詞に探る。「故人和歌難」では『難後拾遺』『後拾遺問答』などにみられる和歌批判の先例を示した。 ...
27. 藤原通俊
世界大百科事典
なした源経信,大江匡房をさしおいての撰者任命は,天皇の近臣ゆえのにおいもあって非難を浴び,源経信《難後拾遺》によって通俊の撰集は低く評価された。経信への答えは《 ...
28. ふじわらのみちとし【藤原通俊】
国史大辞典
纂の勅を奉じ、応徳元年六月より撰集に着手、同三年九月奏覧したが、このころすでに源経信による『難後拾遺』が提出されたこともあって、ただちに改訂を重ね、寛治元年(一 ...
29. 源経信画像
日本大百科全書
『後拾遺集』以下の勅撰(ちょくせん)集に85首、家集『大納言経信集』を残し、『後拾遺集』を批判した『難後拾遺』を著す。藤原公任(きんとう)や能因(のういん)法師 ...
30. 源経信
世界大百科事典
遺和歌集》を低く評価し,《難後拾遺》を書いて論難した。家集に他撰の《大納言経信集》,日記に漢文体の《帥記(そちき)》がある。藤岡 忠美 桂大納言(源経信) 難後 ...
31. みなもと‐の‐つねのぶ【源経信】画像
デジタル大辞泉
藤原公任(きんとう)と並んで三舟(さんしゅう)の才と称された。家集「大納言経信集」、歌論書「難後拾遺」、日記「帥記」。  ...
32. みなもと‐の‐つねのぶ【源経信】
日本国語大辞典
博識多芸の人で、藤原公任とともに詩歌管弦の三船に乗りうる才を称された。著に「大納言経信集」「難後拾遺」、日記「帥記」がある。長和五〜承徳元年(一〇一六〜九七) ...
33. みなもとのつねのぶ【源経信】
国史大辞典
。経信の日記を『帥記』という。歌集には『大納言経信集』『帥大納言集』があり、著作には歌学書『難後拾遺』がある(一説に源俊頼の作とも伝える)。なお『伊勢物語』の注 ...
34. みなもとの-つねのぶ【源経信】
日本人名大辞典
。82歳。桂大納言,帥大納言とよばれる。日記に「帥記」,家集に「大納言経信卿集」,歌論書に「難後拾遺」。【格言など】夕されば門田の稲葉おとづれて葦のまろ屋に秋風 ...
35. 和漢三才図会 11 407ページ
東洋文庫
遺和歌集』。 白河天皇の勅命、藤原通俊撰。応徳三年(一〇八 六)成立。八代集の一。源経信の『難後拾遺』が ある。後撰 第二番目の勅撰和歌集『後撰和歌集』。村上  ...
36. 1086年〈応徳3 丙寅②〉
日本史年表
供養(後二条師通記)。 この年 藤原伊房著・三条実忠編 『東寺塔供養記』 成るか。 この頃 源経信 『難後拾遺』 成るか。 【世界】 イングランド、『ドゥー ...
「難後拾遺」の情報だけではなく、「難後拾遺」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

難後拾遺と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて、『万葉集』
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「難後拾遺」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る