1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語
  10. >
  11. 浜松中納言物語
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書
浜松中納言物語
はままつちゅうなごんものがたり

平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級(さらしな)日記』奥書に「常陸守(ひたちのかみ)菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也(なり)。(中略)夜半(よは)の寝覚(ねざめ)、御津(みつ)の浜松、みづから悔(く)ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』(原題)の作者に関する伝承が記されているのと、夢の頻出や、その浪漫(ろうまん)的精神の共通性などより、『更級日記』の作者と同一である可能性がきわめて高い。冒頭散逸部を、『拾遺百番歌合(うたあわせ)』『無名草子(むみょうぞうし)』『風葉集』の引用記事や、現存部の内部徴証より推定すると、故式部卿宮男(しきぶのきょうのみやのむすこ)の源中納言(げんちゅうなごん)は、母が再婚した相手の左大将を疎むが、娘の大君(おおいきみ)とは深い仲となる。しかし亡父への慕情に耐えられないでいると、夢告に亡父が唐土の第三皇子に転生したとあり、渡唐するが、その後、残された大君は懐妊し、剃髪(ていはつ)して姫君を出産した。ここより現存巻一が始まり、渡唐した中納言は唐土の皇子に対面するが、その母であり、父を日本人にもつ河陽県の后(きさき)とひそかな間柄となり、悶々(もんもん)のうちに、唐后が生んだ男子を連れて帰国した。そして出家した大君と清らな仲を続けようと思うが、唐后の異母妹である吉野の姫君を引き取って苦悩するうち、姫君は好色な式部宮に誘拐(ゆうかい)され妊娠した。しかし身ごもった子が唐后の転生であるとの夢告に、唐后への愛を求める主人公は複雑な感慨に沈んだ。以上のように、場面が日本と中国とにまたがったり、夢告による転生を繰り返すなど新奇な筋立てではあるが、登場人物には『源氏物語』における光源氏、藤壺(ふじつぼ)、紫上(むらさきのうえ)、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)、薫君(かおるのきみ)、匂宮(におうのみや)たちが強い影を落とし、本質的にはその模倣の域を出ない。しかし、その浪漫的精神の特異性に目を向ければ、これが定家の『松浦宮物語(まつらのみやものがたり)』や、三島由紀夫(ゆきお)の『豊饒(ほうじょう)の海』執筆のモチーフとなった影響力が注目される。江戸初期をさかのぼる伝本がなく、本文上不明の箇所が目だつ。
[池田利夫]


『浜松中納言物語』[百科マルチメディア]
『浜松中納言物語』[百科マルチメディア]
巻1 写本 国立国会図書館所蔵



改訂新版・世界大百科事典
浜松中納言物語
はままつちゅうなごんものがたり

平安後期の物語。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)か。原名は《御津の浜松》で5巻現存,首巻散逸。故宮の息中納言は,義父の大将が式部卿宮に嫁がせると約束していた大将の娘大君と契り,大将を困惑させる。折から中納言は亡父が唐の皇子に転生していると伝聞し,夢にも見て渡唐する。そこで転生の皇子とその母后に会って,母后に心ひかれ,のち,はからずも契り男子が生まれる。この母后は遣日使と日本の上野宮との間の子であった。3年ののち,中納言は男子を連れて帰国して乳母に預ける。一方,渡唐の間に妻の大君は中納言の女子を生み尼となっていた。中納言は唐后に託された手紙を持って后の母尼を吉野に訪ねる。そこで中納言は后の異父妹吉野姫を託され,自分のもとに引き取ったが,好色の式部卿宮に盗まれる。悲しむ中納言の夢に唐后が現れ,自分は中納言の願いにひかれて転生して吉野姫の腹に宿ったと告げる。吉野姫は式部卿宮の子をはらんだ。中納言は夢を思い合わせて悲喜こもごもの思いだった。日本と唐を舞台に夢と転生をつづる浪漫性の色濃い物語で,三島由紀夫の小説《豊饒の海》にも影響を与えた。
[松尾 聰]

[索引語]
菅原孝標女 御津の浜松
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
浜松中納言物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 758
検索コンテンツ
1. 浜松中納言物語画像
日本大百科全書
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級(さらしな)日記』奥書に「常陸守(ひたちのかみ)菅原孝標(すがはらのた ...
2. 浜松中納言物語
世界大百科事典
平安後期の物語。作者は菅原孝標女(たかすえのむすめ)か。原名は《御津の浜松》で5巻現存,首巻散逸。故宮の息中納言は,義父の大将が式部卿宮に嫁がせると約束していた ...
3. はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
デジタル大辞泉
平安後期の物語。現存5巻で首部を欠く。菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の作と伝える。成立年未詳。浜松中納言の日本と唐土にまたがる恋や転生を中心とする浪漫 ...
4. はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
日本国語大辞典
平安末期の物語。現存五巻で首巻を欠く。菅原孝標(たかすえ)の女の作とされる。康平五年(一〇六二)頃の成立。主人公浜松中納言と継父左大将の娘大姫との悲恋、また、実 ...
5. はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
全文全訳古語辞典
[書名]平安末期の物語。作者は菅原孝標女かといわれるが、未詳。十一世紀後半の成立。『御津の浜松』とも。浜松中納言を主人公とする悲恋物語で、舞台を唐まで広げ、夢の ...
6. はままつちゅうなごんものがたり【浜松中納言物語】
国史大辞典
表わそうとしている点に平安時代後期の特色がある。伝本は『校本浜松中納言物語』で一覧できる。刊本は尾上八郎・松尾聡編『尾上本浜松中納言物語』、久下晴康編『浜松中納 ...
7. 浜松中納言物語
日本古典文学全集
亡き父への思い断ちがたく、母の再婚相手を疎んじ……、という青年(中納言)が主人公。再婚相手の娘に恋し、亡き父が唐土(もろこし)の皇子に転生していると聞けば大陸に ...
8. 『浜松中納言物語』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
巻1 写本 国立国会図書館所蔵 ...
9. あ・う[あふ]【合・会・逢・遭】
日本国語大辞典
紅葉賀「いひしらず吹き立てたる物のねどもにあひたる松風、まことのみ山おろしときこえて」*浜松中納言物語〔11C中〕四「このころの嵐のはげしさ、松のひびきさへあひ ...
10. あお‐にび[あを‥]【青鈍】
日本国語大辞典
はかなくしたる閼伽(あか)の具などもをかしげに〈略〉あをにびの几帳、心ばへをかしきに」*浜松中納言物語〔11C中〕四「御返、あをにびの紙に、経るままに悲しさまさ ...
11. あか・い【明】
日本国語大辞典
照りや給はぬ〈山上憶良〉」*蜻蛉日記〔974頃〕中・天祿元年「月いとあかければ、格子などもおろさで」*浜松中納言物語〔11C中〕一「昼は法華経を読みたてまつり、 ...
12. あか・す【明】
日本国語大辞典
*法華義疏長保四年点〔1002〕二「彼の経には、一切衆生は〈略〉種種道に成ると明(アカス)」*浜松中納言物語〔11C中〕三「くはしき事あかし申し侍らんも」*大鏡 ...
13. あがり て の世(よ)
日本国語大辞典
「あがり(上)たる世(よ)」に同じ。*浜松中納言物語〔11C中〕三「楊貴妃、王昭君、李夫人などいひて、あがりてのよにもあまたありけり」*大鏡〔12C前〕五・道長 ...
14. あきれ‐いた・し【呆痛】
日本国語大辞典
〔形ク〕意外で、まったくどうしてよいかわからない。まったく途方にくれている。*浜松中納言物語〔11C中〕四「いと思ひかけぬさまに、なごりなくあくがれ出でぬるに、 ...
15. あくがれ‐い・ず[‥いづ]【憧出】
日本国語大辞典
〔自ダ下二〕本来あるはずの所を離れてさまよい出る。何となく心ひかれて出かける。あてもなくさまよい出る。*浜松中納言物語〔11C中〕四「けはしき山のふところにて、 ...
16. あくがれ‐すご・す【憧過】
日本国語大辞典
〔他サ四〕「あくがれすぐす(憧過)」に同じ。*浜松中納言物語〔11C中〕四「すずろに、山深くあくがれすごさましや」 ...
17. あけ ぬ 暮(く)れぬ
日本国語大辞典
*能因集〔1045頃〕下「しでの山このもかのものちかづくはあけぬくれぬといふにぞありける」*浜松中納言物語〔11C中〕四「かきくらし晴れせぬ雪の中にただあけぬく ...
18. あさな‐ゆうな[‥ゆふな]【朝夕】
日本国語大辞典
魚夕菜(あさナゆふナ)に潜(かづ)くといふ鰒(あはび)の貝の片思ひにして〈作者未詳〉」*浜松中納言物語〔11C中〕一「別るべき後のなげきを思はずは待たれましやは ...
19. あさまし‐げ【浅─】
日本国語大辞典
はせぬをだに、さうざうしく思しつるに、袖の上の玉の砕けたりけむよりも、あさましげなり」*浜松中納言物語〔11C中〕三「見つつ入り給へば、聖おもひもよらず、あさま ...
20. あさ・む【浅】
日本国語大辞典
(アサム)〈訳〉物を見て最初の予想ほどでないと思う」(2)意外なことで興ざめる。あきれかえる。*浜松中納言物語〔11C中〕一「『いふかひなし。誰とだに知らせで止 ...
21. あざ‐あざ【鮮鮮】
日本国語大辞典
匂ひ多く、あざあざとおはせし盛りは、なかなかこの世の花のかをりにもよそへられ給ひしを」*浜松中納言物語〔11C中〕四「ここもとぞ少しおくれたりけれと見ゆる所なう ...
22. あし 参(まい)る
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕葵「中将の君といふ、御あしなどまいりすさびて、おほとのごもりぬ」*浜松中納言物語〔11C中〕二「奥の方よりささやかなる女を押し出で ...
23. あじ‐わい[あぢはひ]【味─】
日本国語大辞典
発心の歴史は味(アヂハヒ)のある話ではないか」(3)食物。→あじわいの貪(むさぼ)り。*浜松中納言物語〔11C中〕三「わが身は今は苔(こけ)の衣にやつれて、松の ...
24. あす とての
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕宿木「あすとての日、藤壺にうへ渡らせ給て、藤の花の宴せさせ給ふ」*浜松中納言物語〔11C中〕二「あすとての夜、宣旨にて公の御つかひ ...
25. あたたま・る【暖】
日本国語大辞典
あたたかくなる。*千里集〔894〕「あくまでにみてる酒にぞ寒き夜は人の身までにあたたまりける」*浜松中納言物語〔11C中〕四「よひもやや過ぎぬらんと思ふほどに、 ...
26. あた・る【当・中】
日本国語大辞典
223頃〕逆川より鎌倉「岩にあたりてさきあかる浪」(2)軽く触れる。さわる。くっつく。*浜松中納言物語〔11C中〕四「すべり入てさぐり給へば、息の通ふけしきもな ...
27. あつかい‐ぐさ[あつかひ‥]【扱種】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕匂宮「一条の宮の、さるあつかひぐさ、持給(もたま)へらで、さうざうしきに」*浜松中納言物語〔11C中〕三「とてもかくても、言ふ方な ...
28. あて‐ば・む【貴─】
日本国語大辞典
〔自マ四〕(「ばむ」は接尾語)上品に見える。高貴な様子をしている。*浜松中納言物語〔11C中〕一「山のふもとなる家のくちをしからぬ、あてばみたるさまして」 ...
29. あとかた (も)無(な)い
日本国語大辞典
(1)何かのあったという様子が全然ない。形跡がない。痕跡(こんせき)もない。*浜松中納言物語〔11C中〕三「住み給ひし家などのあとかたもなくなり」*今昔物語集〔 ...
30. あとはか‐な・し
日本国語大辞典
に舟出して、風にまかする身こそ浮きたれ。いとあとはかなき心地して、うつぶし伏し給へり」*浜松中納言物語〔11C中〕三「親ときこえし人、世にあるかひと思ふさまにこ ...
31. あま‐うえ[‥うへ]【尼上】
日本国語大辞典
あまぎみ。あまぜ。*源氏物語〔1001〜14頃〕手習「あまうへ、疾(と)う帰らせ給はなん」*浜松中納言物語〔11C中〕三「撫子の織物の袿(うちぎ)かさねて、あま ...
32. あまの 岩屋(いわや)
日本国語大辞典
乃ち天石窟(あまノイハヤ)に入りまして、盤戸(いはやと)を閉(さ)して幽居(かくれま)す」*浜松中納言物語〔11C中〕四「いみじからんあまのいはやよりも、ただ我 ...
33. あま‐ひめぎみ【尼姫君】
デジタル大辞泉
浜松中納言物語の登場人物。左大将の長女で、中納言と結婚し、女児を産む。のち、夫が唐へ渡っているうちに出家して尼となる。  ...
34. あま‐ひめぎみ【尼姫君】
日本国語大辞典
浜松中納言物語」に出てくる女性。左大将の大君。式部卿宮との縁談が決まった後、主人公の中納言と契りを結び女児を産む。中納言の渡唐中、尼となり、帰朝後はその世話を ...
35. あま‐むすめ【尼娘】
日本国語大辞典
〔名〕尼になった娘。*浜松中納言物語〔11C中〕四「いとどこの世の人には、心も留まらざんめるに、大将の朝臣(あそん)のあまむすめこそ心にくけれ。今はさま異になり ...
36. あや【奇・怪】
日本国語大辞典
1C前〕「『参りけるにもおはしまいてこそむかへさせ給ひけれ』『すべて目もあやにこそ』」*浜松中納言物語〔11C中〕一「岸にそひて、ひとへにももの木のはるばるとう ...
37. あや‐か
日本国語大辞典
見事に」(2)きゃしゃなさま。はかないさま。*浜松中納言物語〔11C中〕四「いみじういまだあやかなりと見ゆれど、子など有けるは、今始めたる中にはあらざりけり」* ...
38. あや‐ごろも【綾衣】
日本国語大辞典
*大斎院前御集〔11C前〕下「ここのへにいまはきなれぬあやごろもなみだにのみやかけてみるらむ」*浜松中納言物語〔11C中〕三「さぶらふ人々の料には、あやごろも、 ...
39. あやま・る【誤】
日本国語大辞典
「あやまりて」の形で副詞的に用いる)そのようにしようとは思わないのにそうなってしまう。*浜松中納言物語〔11C中〕四「化粧(けしゃう)しつくろひたるはめもたたず ...
40. あら‐えびす【荒夷】
日本国語大辞典
【一】〔名〕都の人が東国人を卑しめて言った語。荒々しい人、とくに、粗暴な東国人。また、勇猛な東国武士。*浜松中納言物語〔11C中〕四「いみじからんあらえびすも泣 ...
41. あらぬ=物(もの)[=者(もの)]
日本国語大辞典
*枕草子〔10C終〕九・うへにさぶらふ御猫は「物くはせたれどくはねば、あらぬものにいひなしてやみぬる」*浜松中納言物語〔11C中〕二「さばかり若うさかりなりし御 ...
42. あら‐まう・し
日本国語大辞典
〔連語〕(動詞「あり(有)」の未然形に助動詞「まうし」の付いたもの)生きているのがつらい。*浜松中納言物語〔11C中〕三「我が身一つのみ、はづかしくあらまうく思 ...
43. あらま〓し【荒】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕橋姫「川風のいとあらましきに、木の葉の散りかふ音、水のひびきなど」*浜松中納言物語〔11C中〕二「さしもあらましき浪の上に漕ぎはな ...
44. あらまほし‐げ【有─】
日本国語大辞典
て、女房のつぼねつぼねまで御心とどめさせ給けるほどしるく見えて、いとあらまほしげなり」*浜松中納言物語〔11C中〕三「すまひなどきたなげならずしなして、堂どもあ ...
45. あらわ‐か・す[あらは‥]【現─・顕─・表─】
日本国語大辞典
〔他サ四〕(「かす」は接尾語)「あらわす(表)」に同じ。*浜松中納言物語〔11C中〕二「若君の御事を、しのびていときさきの御腹とこそあらはかひ給はねど」*梁塵秘 ...
46. ありつき‐がお[‥がほ]【有付顔】
日本国語大辞典
ものなれた様子。*更級日記〔1059頃〕「なれたる人は、こよなく、何事につけてもありつきがほに」*浜松中納言物語〔11C中〕二「いと安らかにありつきがほに、別る ...
47. あり‐なし【有無】
日本国語大辞典
いるかいないかということ。うむ。*落窪物語〔10C後〕二「これにてこそ心ざしありなし見えはじめ給はめ」*浜松中納言物語〔11C中〕三「やがて跡絶えにしかば、世に ...
48. あり‐にく・し【在悪】
日本国語大辞典
〔形ク〕生きていくのがむずかしい。生きていきにくい。*浜松中納言物語〔11C中〕一「よづかぬ世界ありにくくも、ふるさと恋しき事、まさるなめり」*栄花物語〔102 ...
49. あるじ‐だ・つ【主─】
日本国語大辞典
*落窪物語〔10C後〕二「暮れぬれば、御台まゐりなどして、帯刀(たちはき)あるじだちてしありく」*浜松中納言物語〔11C中〕四「中納言あるじだちて、けいめいしつ ...
50. ある に 任(まか)せる
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕宿木「ただ消えせぬほどは、あるにまかせておいらかならんと思ひ果てて」*浜松中納言物語〔11C中〕二「あるにまかせて、おいらかに人の ...
「浜松中納言物語」の情報だけではなく、「浜松中納言物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

浜松中納言物語と同じ物語カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~一条朝(986~1011)初期で、作者は古くから
落窪物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条朝の初期、寛和~正暦(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「浜松中納言物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
和漢朗詠集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代、貴族の間に口ずさまれた漢詩文の佳句、および和歌の詞華選集(アンソロジー)。藤原公任の撰として疑われない。二巻。成立年は不明であるが、藤原道長三女でのちに後一条天皇皇后となった女御威子の入内屏風に、倭絵(やまとえ)・唐絵(からえ)とともに配されていたものと
栄花物語(栄華物語)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の歴史物語。四十巻(異本系三十巻)。『栄華物語』とも書く。『大鏡』とともに『世継』『世継物語』などとも呼ばれたため、時に両書は混同されたこともある。前三十巻の正編と、後十巻の続編の二部に大別され、まず正編が書かれた後、続編が別人によって書き継がれたもので
浜松中納言物語(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級日記』奥書に「常陸守菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也。(中略)夜半の寝覚、御津の浜松、みづから悔ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
夜の寝覚(夜半の寝覚)(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期の物語。『夜半の寝覚』とも、単に『寝覚』ともよばれる。現在の伝本は五巻または三巻であるが、その中間部分と終末部分とに大きい欠巻部分がある。原形態は、現存本の2倍から3倍の量があったと推定されるが、厳密には不明である。作者については、藤原定家が『浜松中納言物語』
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る