1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. 相嘗祭
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書
相嘗祭
あいなめのまつり

上代、11月上(かみ)の卯(う)の日に天皇が諸神に新穀を供した祭り。「あいにえまつり」「あいんべまつり」ともいう。相新嘗(あいにいなめ)の略語とみられ、神に新穀をさしあげ、天皇が神とともに饗宴(きょうえん)を行う意と解されるが、あるいは諸神合同の新嘗の祭りと考えるほうが原義にかなうともいえる。相嘗は、これに先だつ伊勢(いせ)神宮の神嘗(かんなめ)祭や11月下(しも)の卯の日の新嘗祭と共通する性格をもち、諸神に対する報賽(ほうさい)の目的をもって行われた祭りである。記録上では『日本書紀』天武(てんむ)天皇5年(676)10月丁酉(ひのととりのひ)(3日)の条に「祭幣帛於相新嘗諸神祇」とあるのが初見。相嘗にあずかる神は時代を追って増加し、平安時代には山城(やましろ)、大和(やまと)、河内(かわち)、摂津、紀伊の5か国の71座の神々に奉幣(ほうへい)が行われたことが『延喜式(えんぎしき)』にみえる。しかし、やがて祈年(としごい)、新嘗、月次(つきなみ)(年2回)の四つの祭を四箇祭(しこのまつり)と称し、国の大事とする祭祀(さいし)体制が確立されるようになると、この相嘗祭はしだいに衰微するに至り、のちには賀茂(かも)の斎院(さいいん)などの数社に限られるようになった。
[倉林正次]



改訂新版・世界大百科事典
相嘗祭
あいなめのまつり

〈あいにえのまつり〉とも。律令時代の宮廷祭祀の一つで,神祇令には仲冬(11月)上卯の日の神事として規定がある。大倭・大神・住吉など特定の少数の神社に対し朝廷より幣物を奉献するもので,幣物の品目・数量ともに豊富であることが注目される。相嘗祭にあずかる神社としては,《令集解(りようのしゆうげ)》に引く8世紀末ころの釈説は山城以外の畿内諸国と紀伊国の15社をあげ,10世紀の《延喜式》では山城国が加わり41社に増加している。《日本書紀》天武5年(676)10月条に〈相新嘗〉とあるのが初見とされる。新嘗祭に先立って神々に新穀を奉る神事というのが通説である。しかし近年では宮都が南大和に営まれた時代に開始されたもので,宮廷の新嘗祭に吸収できなかった伝統的な大社の秋の収穫祭をこのような形で存続したものであろうと説かれている。律令制の衰退とともにしだいに廃絶した。
[椎瀬 多賀雄]

[索引語]
相嘗祭
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
相嘗祭の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 67
検索コンテンツ
1. 相嘗祭
世界大百科事典
の神社に対し朝廷より幣物を奉献するもので,幣物の品目・数量ともに豊富であることが注目される。相嘗祭にあずかる神社としては,《令集解(りようのしゆうげ)》に引く8 ...
2. あいなめのまつり【相嘗祭】
国史大辞典
新嘗祭に先立って新穀を神祇に供える祭。「あいにえのまつり」「あいむ(ん)べのまつり」ともいう。『日本書紀』天武天皇五年(六七六)十月丁酉条に「祭 ...
3. 相嘗祭(あいなめのまつり)【附】
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 469ページ ...
4. 相嘗祭
日本大百科全書
四箇祭(しこのまつり)と称し、国の大事とする祭祀(さいし)体制が確立されるようになると、この相嘗祭はしだいに衰微するに至り、のちには賀茂(かも)の斎院(さいいん ...
5. あいなめ‐の‐まつり【相嘗の祭】
デジタル大辞泉
古代、陰暦11月初めの卯(う)の日に、新嘗祭(しんじょうさい)に先立って畿内71の神社に新穀を供えた神事。あいにえのまつり。あいんべのまつり。  ...
6. あいにえ‐の‐まつり【相嘗の祭】
デジタル大辞泉
⇒あいなめのまつり  ...
7. あいんべ‐の‐まつり【相嘗の祭】
デジタル大辞泉
⇒あいなめのまつり  ...
8. 預相嘗祭社 (見出し語:相嘗祭【附】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 361ページ ...
9. あいにえのまつり【相嘗祭】
国史大辞典
⇒あいなめのまつり  ...
10. 相嘗祭祭神 (見出し語:祭神)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 471ページ ...
11. 相嘗祭幣帛 (見出し語:幣帛【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 471ページ ...
12. 相嘗祭【附】 (見出し語:祭)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 469ページ ...
13. 齋院相嘗祭 (見出し語:齋院[賀茂]【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 482ページ ...
14. 住吉神社相嘗祭 (見出し語:住吉神社[攝津]【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 494ページ ...
15. 住吉神社相嘗祭幣帛 (見出し語:住吉神社[攝津]【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 477ページ ...
16. 日前神宮相嘗祭 (見出し語:日前神宮【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 486ページ ...
17. 日前神宮相嘗祭幣帛 (見出し語:日前神宮【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 479ページ ...
18. 枚岡神社相嘗祭幣帛 (見出し語:枚岡神社【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 476ページ ...
19. 廣田神社相嘗祭幣帛 (見出し語:廣田神社【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 478ページ ...
20. 松尾神社相嘗祭幣帛 (見出し語:松尾神社【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 472ページ ...
21. あい‐にえ[あひにへ]【相嘗】
日本国語大辞典
一月一六日・中臣寿詞「皇神等も千秋五百秋の相嘗に相ひうづのひ奉りて」*伊呂波字類抄〔鎌倉〕「相嘗祭 アヒニヘ」 ...
22. あいんべ の 祭(まつり)
日本国語大辞典
意富。葛木鴨。紀伊国日前神〉」*延喜式〔927〕二・神祇・四時祭「相嘗祭 神七十一座」*中右記‐天永三年〔1112〕一一月一日「相嘗祭〓当年新穀 ...
23. あすかにいますじんじゃ【飛鳥坐神社】奈良県:高市郡/明日香村/飛鳥村
日本歴史地名大系
風雨祈願のために奉幣(三代実録)、「延喜式」神名帳高市郡には「飛鳥坐神社四座並名神大、月次相嘗新嘗」とみえ、相嘗祭には絹八疋・酒稲二〇〇束などがあてられ(「延喜 ...
24. あまてるみたまじんじゃ【天照御魂神社】大阪府:茨木市/西河原村地図
日本歴史地名大系
屋社」とあり、祈雨神祭・名神祭・月次祭・新嘗祭の奉幣に預かり、祭神三座のうち天照御魂神一座は相嘗祭にも預かった。貞観元年(八五九)正月二七日従五位下から従四位下 ...
25. あら‐ばこ【荒筥】
日本国語大辞典
神事の供物や天皇の供御(くご)、諸国からの献上品などを納めた木箱。材は白木か。一合、二合と数える。相嘗祭(あいんべのまつり)の料は毎年因幡、伯耆両国から調進した ...
26. あらばこ【荒筥】
国史大辞典
『延喜式』臨時祭に「凡因幡、伯耆両国所〓相嘗祭料荒筥八十八合(国別四十四合)、毎年以 ...
27. いくたじんじゃ【生田神社】兵庫県:神戸市/中央区/生田宮村
日本歴史地名大系
「延喜式」神名帳八部郡に「生田神社名神大、月次相嘗新嘗」とある。なお同書四時祭によれば一一月祭(相嘗祭)に預かる七一座中の当社に絹二疋・糸一 ...
28. いたきそじんじゃ【伊太〓曾神社】和歌山県:和歌山市/河南地区/伊太祈曾村
日本歴史地名大系
曾神社」があり、名神大社で月次・相嘗・新嘗の各祭祀の奉幣社となっている。相嘗祭に際しては一一月上卯の日に絹二疋、糸三 ...
29. いみこ【忌子】
国史大辞典
の女子を補任し、それが明治維新まで続いたが、その起源は詳らかではない。『延喜式』には、斎院の相嘗祭条に、勅使が奉幣の後、社前において両社の禰宜・祝とともに忌子に ...
30. 氏神
世界大百科事典
らつめ)が天平5年(733)冬11月に〈大伴氏神〉をまつるときに詠んだ神歌がある。《令集解》相嘗祭の条にも神祇官が奉幣すべき大和,摂津,紀伊の13社のうち大倭, ...
31. おおいまたくぼはちまんじんじゃ【大井俣窪八幡神社】山梨県:山梨市/八幡北村
日本歴史地名大系
寄り、窪の地に遷座させたと伝える(甲斐国志)。貞観四年上卯日に祈年祭を、次いで一一月上卯日に相嘗祭を初めて執行し、翌年八月一五日には勅命により大神事が執行された ...
32. おおにいますみしりつひこじんじゃ【多坐弥志理都比古神社】奈良県:磯城郡/田原本町/多村
日本歴史地名大系
戸、播磨で三五戸、遠江で一五戸の神戸を有した。「延喜式」によると大社・太社・意富社とも書き、相嘗祭には絹二疋、調布三端四尺などのほか神税により酒稲五〇束が充てら ...
33. おおみわじんじゃ【大神神社】奈良県:桜井市/三輪・纏向地区/三輪村
日本歴史地名大系
遣わして神宝幣帛を奉り、同年九月八日幣使を遣わして雨風を祈らしめた(三代実録)。「延喜式」によると相嘗祭には絹三疋、庸布一段一丈四尺、堅魚五斤などのほか、神税よ ...
34. おおやまとじんじゃ【大和神社】奈良県:天理市/朝和地区/新泉村
日本歴史地名大系
天安三年(八五九)一月二七日従一位に昇叙した(三代実録)。「延喜式」によると、大和社は祈年祭にもあずかり、相嘗祭には絹六疋・調布一二端のほか酒稲料として神税二〇 ...
35. おんぢじんじゃ【恩智神社】大阪府:八尾市/恩智村地図
日本歴史地名大系
古くからの集落があったとみられる。史料上の初見は「令集解」所引の天平一〇年(七三八)頃成立の「古記」で、相嘗祭の班幣にあずかっていたことが知られる。天平神護二年 ...
36. かもつわじんじゃ【鴨都波神社】奈良県:御所市/御所町
日本歴史地名大系
る。「延喜式」神名帳の葛上郡に「鴨都波八重事代主命神社二座名神大、月次相嘗新嘗」とみえ、同書相嘗祭に「葛木鴨社二座」、同書名神祭に「鴨神社二座」として名を記す。 ...
37. かもみおやじんじゃ【賀茂御祖神社】
国史大辞典
本社と同様四度の官幣ならびに相嘗祭に預かり、規模は本社に准じもっとも大きい。出雲井於(いずものいのえ)神社も式内大社で一般に比良木神社と称し、建速須佐乃男命をま ...
38. かもわけいかずちじんじゃ【賀茂別雷神社】
国史大辞典
御阿礼神事・白馬奏覧神事・御棚会神事・土解祭・競馬会神事・御田植神事・御戸代会神事・重陽神事・烏相撲式・相嘗祭などがある。建物には本殿・権殿(ともに国宝)、透廊 ...
39. かんべごう【神戸郷】和歌山県:紀伊国/名草郡
日本歴史地名大系
この神戸一〇戸は忌部氏の奉斎する氏神たる鳴神社に付属するもので、鳴神社に神戸があったことは「延喜式」四時祭の相嘗祭条に鳴神社として「酒稲五十束、神税」とあること ...
40. このしまにますあまてるみたまじんじゃ【木島坐天照御魂神社】画像
国史大辞典
がある。貞観元年(八五九)正五位下を授けられ式内名神大社に列し、月次・新嘗および四度の官幣と相嘗祭・祈雨祭に預かる。境内の蚕養神社は保食命・蚕神・木花開耶姫命を ...
41. 狭衣物語 188ページ
日本古典文学全集
かの契りたまひし阿私仙に仕えん事をのみ人知れず思し続けけり。〔二六六〕賀茂神社の相嘗祭の御神楽 かかれど、なほ、霜月にもなりぬれば、斎院の相嘗祭のほどは、例の、 ...
42. 狭衣物語 189ページ
日本古典文学全集
にも似ず、なべてならず、清らなり。物の音ども、掻き合せ、こなたかなたの楽の音も、外の遊びには似ず、篳篥の、優れて響き出でたるは、いとあはれにおもしろし。人長の、 ...
43. 狭衣物語 191ページ
日本古典文学全集
「明星」は本来、神楽の終りに、夜明け近く神々が帰るのを送るべく、謡われたようである。→注九。十一月に、相嘗祭が催される。狭衣は煙を見ながら、源氏の宮への思いを心 ...
44. 式内社
世界大百科事典
帛を奉ったのが大社,案下の幣帛を奉ったのが小社とあり,さらに大社に祈年祭のほかに月次・新嘗・相嘗祭にも幣帛をうけた社,名神大社で月次・新嘗のみに幣帛をうける社な ...
45. しきないしゃ【式内社】画像
国史大辞典
、就中七十一座預〓相嘗祭〓)、一百八十八座(並預 ...
46. しじさい【四時祭】
国史大辞典
大忌祭(四月・七月)、風神祭(同)、月次祭(六月・十二月)、道饗祭(同)、鎮火祭(同)、神嘗祭(九月)、相嘗祭(十一月)、新嘗祭(同)、鎮魂祭(同)。以上十九回 ...
47. しど の 官幣(かんぺい)
日本国語大辞典
、又去寛平五年九月十五日預〓相嘗祭〓」 ...
48. しゃかく【社格】
国史大辞典
嘗祭との年四度にわたり神祇官より幣帛をうけ、重い取扱いであったが、うち七十一座はさらに十一月相嘗祭にも幣帛の供進をうけた。なお官幣・国幣を問わず大社のうちに名神 ...
49. 続日本紀 4 337ページ
東洋文庫
年五月十八日条に卒伝がある)と等定法師をそれぞれ律師に任じた。 甲戌(十一日) 伊勢大神宮に相嘗祭のための幣帛を奉った。普段の年は、天皇が大極殿に出御して〔神宮 ...
50. しんぜい【神税】
国史大辞典
伊勢神宮・住吉社・香取社・鹿島社の二十年一度の造替には神税の不足を正税をもって補った。祭祀料としては相嘗祭(あいなめのまつり)酒料稲(『延喜式』四時祭下)、神田 ...
「相嘗祭」の情報だけではなく、「相嘗祭」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

相嘗祭と同じカテゴリの記事
祇園祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
京都市東山区祇園町に所在する八坂(やさか)神社の祭礼。毎年7月17日から24日まで行われる。以前は祇園会(え)あるいは祇園御霊会(ごりょうえ)ともいった。東京の神田祭、大阪の天神祭とともに三大祭に数えられている。起源は、平安時代の869年(貞観11)に全国に疫病が流行したため
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「相嘗祭」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
神衣祭(改訂新版・世界大百科事典)
伊勢神宮恒例大祭の一つで,皇大神宮および荒祭宮に和妙(絹),荒妙(麻)の御衣を奉る祭り。神祇令によれば,孟夏(4月),季秋(9月)の2回行われ,〈此れ神服部等,斎戒潔清にして,参河の赤引神調の糸を以て,神衣を織り作り,又麻績連等,麻を績みて敷和衣を織りて,神明に供す
鋤鍬祭(国史大辞典)
年頭にわが田に出て農事のさまをし、また屋内でも豊作を祈願する予祝行事は全国的に知られた習俗である。正月二日または四日の仕事初め、十一日のお田打、十五日のお田植などがこれである。地方によってその名称はさまざまであった。徳島県勝浦郡の農家ではこれを鋤鍬祭といった
高山祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
岐阜県高山市の春秋の祭り。高山市を南北に分け、南は山王社(日枝神社)の氏子、北は桜山八幡(八幡神社)の氏子になっている。日枝神社の祭りは4月14、15日で山王祭といい、八幡神社の祭りは10月9、10日(もとは旧暦9月14、15日)で八幡祭といった。高山祭(山王祭と八幡祭)の特色は
田神祭(国史大辞典)
村々の田神祭は、特設の社殿や恒例の日時に営まれたものではない。稲作の進行に従ってその折目ごとに一斉に行われた。農耕儀礼というのはこれらの諸祭儀のことであった。一年を通じてその主なものは、春耕作開始に先立っての神の迎え降ろしから、苗代播種(水口祭)、初田植(サビラキ)
船祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
飾りたてた船の出ることを特色とする祭りの総称。いちばん一般的な形は、神輿の渡御(お渡り)が海や川を渡るもので、神社から神霊を神輿に移し、さらに船に乗せて、町や集落を巡幸して氏子に恩寵を授ける。茨城県鹿島神宮の御船祭りや愛知県津島神社の津島祭りなど、各地に類例が多い
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る