1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. 火祭
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書
火祭
ひまつり

火を焚(た)いて神を祀(まつ)る祭儀。わが国の年中行事や祭礼には火を焚くものが多い。まず小(こ)正月の左義長(さぎちょう)がある。どんど焼といわれているが、長野県では三九郎焼、北九州ではホケンギョウとよばれている。この行事は全国に広く行われており、子供や青年が主役を務めている。正月と同じく盆にも火焚きの行事が行われている。これは精霊(しょうりょう)を送迎する行事で、関西地方では柱松(はしらまつ)という風習が広く行われている。柱の頂上の燃料を入れた籠(かご)に向かって、小松明(たいまつ)を投げ上げて点火さすのである。
 神社を中心とした火祭も各地にみられる。各地における有名なものを列挙すると、まず東日本では、富士山の麓(ふもと)、山梨県の吉田の火祭(8月26、27日)がある。東北地方では出羽(でわ)三山神社の松例(しょうれい)祭が12月31日から元日にかけて行われている。祭の前日に大松明をつくり、これを引き回して火をつけて焼く。この大松明は住民を苦しめる「つつが虫」を模したものという。関西へ行くと京都鞍馬(くらま)の火祭がある。10月22日夜の行事で、由岐(ゆき)神社に向かっての街道に数間置きに松明が置かれ、午後10時ごろ火が点じられると、その街道を少年たちが松明を持って山門に向かう。和歌山県では新宮市の神倉(かみくら)神社の大祭(御灯祭(おとうまつり))がある。2月6日、白装束の青年たちが松明を携えて登山する。山上で神官が神社の浄火を青年の松明に分かち与える。青年はそれを持って下山する。九州では、福岡県久留米(くるめ)市の玉垂(たまたれ)宮の鬼夜(おによ)の行事がある。1月7日夜の火と裸の祭典である。以上のほか、いっぷう変わった火祭が福島県などにある。それは、火事を起こした家があると、次年からその火事の日を火祭日とすることで、次に火事があるとその日を次の火祭日とするという。
[大藤時彦]


吉田の火祭り[百科マルチメディア]
吉田の火祭り[百科マルチメディア]
毎年8月26、27日に行われる北口本宮冨士浅間神社(ふじせんげんじんじゃ)とその摂社である諏訪神社(すわじんじゃ)の秋祭。富士山の山仕舞いの祭りで、鎮火祭ともいう。日本三大奇祭の一つとして知られ、26日夜には市中に立てられた70本を超える長さ3mの大松明(おおたいまつ)に火がつけられる(写真)。国指定重要無形民俗文化財 山梨県富士吉田市 ©やまなし観光推進機構


松例祭[百科マルチメディア]
松例祭[百科マルチメディア]
国指定重要無形民俗文化財 山形県鶴岡市 出羽三山神社(でわさんざんじんじゃ) ©山形県


鬼夜[百科マルチメディア]
鬼夜[百科マルチメディア]
国指定重要無形民俗文化財 福岡県久留米(くるめ)市 大善寺(だいぜんじ)玉垂宮(またれぐう) ©公益社団法人福岡県観光連盟



改訂新版・世界大百科事典
火祭
ひまつり

大火をたいたり,灯火やたいまつなどの火が大きな役割を果たす祭り。火祭の根底には,火に対するいい知れぬ畏敬の念があり,それが火祭の原動力をなしている場合が多い。火祭はたいてい夜に行われ,その火には祭場の照明や採暖といった実用的な意味のほか,神を招く目印,神そのものの表象,さらにいっさいを焼尽して浄化するなどさまざまな意味がある。また火は穢に対して敏感であるため,忌の期間は別火(べつび)の生活をしたり,火を更新して新年を迎えたり,神祭の神饌の調理には新たにきりだした浄火を用いるといった風習もある。正月には鬼火焚きや左義長(どんど焼き)などの火祭があり,この火にあたると若返るとか病気にならないなどの呪力があるとされている。盆の前後には柱松(はしらまつ),火揚げ,火柱,竿灯(かんとう),ねぶた,大文字焼き(大文字火),灯籠流しなどの火祭があり,送り火や迎え火のように盆の精霊を送迎したり怨霊を鎮めたりする火に由来するものが多い。また,火祭は年や季節の変り目によく行われるが,冬祭や霜月祭では火をたくことで衰弱した太陽の力をよみがえらせようとしたものであり,小正月の火祭も含めて春季の火祭には修正会(しゆしようえ)や修二会(しゆにえ)にみられるように,いっさいの厄災を焼き払って新しい季節を迎えるという意図がうかがえる。このように,火には水と同様に,浄化や清めの作用があると考えられたのである。有名な火祭には鞍馬の火祭,那智の火祭(扇祭(おうぎまつり)),勝部の火祭など修験と密接な関係をもったものが多いが,これは修験者が柴灯護摩(さいとうごま)や火渡りなど火を自在にあやつる呪者としての一面をもつためであろう。このほか,火祭には火伏せ祭,雨乞いのための千駄(せんだ)焚き,大晦日の火継ぎ榾(ほだ),おけら火などがある。小正月の火祭のなかには,〈火打合(ひぶちあい)〉といって村を二つの組に分けて互いに火のついた竹などで打ちあい,その勝敗で一年の豊凶を占う所もある。
[宇野 正人]

諸民族の火祭

典型的な火祭としては,古代インドの火神アグニAgniと古代ペルシアの火神アタルĀtarを対象とした祭りをあげることができる。古代インドではアグニは大地から生まれた神とされ,雨神,太陽神と並ぶ三大神の一つだった。各世帯では毎朝,炉に神の食物としての薪木が供され,家族は火の周囲で神に対する賛美と祈りの言葉を唱えた。この日常の儀礼とは別に,結婚式などの通過儀礼では,新しく火をおこし,葬礼においては葬列とともに火が運ばれて火葬されたが,その火によって身体の罪は焼き捨てられ,不死の部分が天まで運ばれると考えられた。アグニ神は世帯と氏族の神,人と神の仲介者,恋人たちの守護者などとその性格は多義的である。ヒンドゥー教におけるアグニ崇拝とそれに伴う儀礼は,今日ではブラーフマナ派がその外観を維持するのみとなっている。一方,古代ペルシアのゾロアスター教(拝火教)では,火は天の明りの地上的形態であり,永遠・絶対・神聖であり,その象徴が主神アフラ・マズダの子たる火神アタルである。アタル神に対する朝の礼拝と祈りは,先のインドの例に比べると簡単であるが,その火を消すことが罪である点はインドの例と同様である。この神は著しく死を嫌い,したがって火葬はあり得ず,その点アグニ神と異なる。イランの拝火教徒は今日もこの古代の神観念と儀礼をよく保持している。

 アグニ神やアタル神の火祭にみるごとく,火のもつ浄化や排邪の観念は今日でも各地で広くみられるが,火が人や物を聖化するという観念もまた,古今東西に広く普及した観念である。例えば人が炎の中を歩いて純潔や真偽を試したり,献身のあかしをたてたりする行事などは,インドではすでに前1200年にさかのぼって記録がみられる。民族誌的にもこの種の慣行はスペイン,ブルガリア,太平洋地域(フィジー,モーリシャス,ソシエテ諸島,ニュージーランド),日本,中国,インドの中部と南部,アメリカ大陸の中部および北部で報じられている。
[杉山 晃一]

[索引語]
千駄(せんだ)焚き 火打合 アグニ Agni アタル Ātar
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
火祭の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 486
検索コンテンツ
1. か‐さい[クヮ‥]【火祭】
日本国語大辞典
〔名〕旧約聖書の時代に行なわれた各種の犠牲のうち、火を用いて焼くもの。 ...
2. 火祭画像
日本大百科全書
。以上のほか、いっぷう変わった火祭が福島県などにある。それは、火事を起こした家があると、次年からその火事の日を火祭日とすることで、次に火事があるとその日を次の火 ...
3. 火祭
世界大百科事典
このように,火には水と同様に,浄化や清めの作用があると考えられたのである。有名な火祭には鞍馬の火祭,那智の火祭(扇祭(おうぎまつり)),勝部の火祭など修験と密接 ...
4. ひ‐まつり【火祭(り)】
デジタル大辞泉
8月26・27日に山梨県富士吉田市の浅間神社で行われる「吉田の火祭」、10月22日に京都鞍馬の由岐(ゆき)神社で行われる「鞍馬の火祭」が有名。《季 秋》  ...
5. ひまつり【火祭】
国史大辞典
・修二会などは火祭の形をとるものがあり、奈良東大寺二月堂のそれは代表的なものである。また秋葉神社などでも火祭を行う。修験がかかわって火祭を盛大に行なっているとこ ...
6. ひ‐まつり【火祭】
日本国語大辞典
われる鞍馬の火祭や、山梨県富士吉田の富士浅間神社で八月二六・二七日に行なわれる火祭などが名高い。《季・秋》*善光寺道名所図会〔1849〕四・戸隠山「二季の祭〈略 ...
7. ひまつり【火祭】[標準語索引]
日本方言大辞典
大みそかの夜に行われるひまつり:火祭ととつりあい小正月のひまつり:火祭さいじやき / さいとーやき / さいとやき / さいのかみ / せーとばれー / せーと ...
8. 出雲國造火祭 (見出し語:火祭)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1066ページ ...
9. 戸隱神社火祭 (見出し語:火祭)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 767ページ ...
10. 秋葉神社の火祭り[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
古くから火防(ひぶせ)の神として朝野の信仰を集めた秋葉神社(あきばじんじゃ)の例祭。毎年12月15・16日に行われ、16日深夜には「弓の舞」「剣の舞」「火の舞」 ...
11. 悪魔の火祭
デジタル大辞泉プラス
高木彬光の長編推理小説。1958年刊行。大前田英策シリーズ。 2012年12月 ...
12. あさま‐ひまつり【浅間火祭】
日本国語大辞典
長野県松本市浅間温泉の御射山(みさやま)神社の祭礼。一〇月三日に家々で長さ七尺余りの松明(たいまつ)をつくり、若者たちがそれを持って町を練り歩き、川に投げ入れる ...
13. いみびのまつり【斎火祭】
国史大辞典
飯に用いられる。忌火庭火祭は『延喜式』に、毎月朔日に幣物を供え「宮主、内膳司に於て事を行へ」(原漢文)とあるほか大殿祭の後でも行う。京都市上京区の平野神社などで ...
14. いむこにわび‐の‐まつり[いむこにはび‥]【斎火庭火祭】
日本国語大辞典
〔名〕「いむびにわびのまつり(斎火庭火祭)」に同じ。 ...
15. いむびにわび‐の‐まつり[いむびにはび‥]【斎火庭火祭】
日本国語大辞典
)の翌日、毎月一日などに行なわれていた神事。*延喜式〔927〕二・神祇・四時祭「毎月朔日忌火庭火祭中宮東宮庭火准〓此。但忌火不 ...
16. きりび‐まつり【鑽火祭】
日本国語大辞典
宮中や伊勢神宮のほか、島根県八束郡の熊野神社、京都の平野神社や八坂神社などで行なわれる。忌火祭。斎火祭。 ...
17. くまのきりびのまつり【熊野鑽火祭】
国史大辞典
火」から出てきたものではあるまいかと思われる)、また、毎年の新嘗祭に相あたるものが本社のこの鑽火祭であり、天文十一年(一五四二)以後は神魂(かもす・かもし)神社 ...
18. くらま の 火祭(ひまつり)
日本国語大辞典
京都、鞍馬山の由岐神社で一〇月二二日(もと九月九日)に行なわれる祭。夜中に青少年が松明(たいまつ)を持って参詣し、神社では神輿(みこし)が御旅所(おたびしょ)に ...
19. 鞍馬の火祭
日本大百科全書
割り竹20本ほどを末広に挿したものに点火し、神輿担ぎが担いで庭上を七度半回り、夜明けまで繰り返す。実に豪快な火祭である。萩原龍夫 ...
20. くらま‐の‐ひまつり【鞍馬の火祭】
デジタル大辞泉
鞍馬寺境内にある由岐神社で、10月22日夜に行われる祭礼。若者が松明(たいまつ)をかついで回り、沿道に立て並べた松明の列に火をつけ、一面が火の海となった中を神輿 ...
21. くらまのひまつり【鞍馬火祭】
国史大辞典
で、一丈許の松竹の大松明を焼く。二基の神輿は手甲肩当で裸の男たちが担いで石段を下り未明に終る。火祭の由来は勧請の夜葦の篝火をたいた故事による。 [参考文献]山上 ...
22. 秋葉寺の火祭り[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
12月15・16日に行われる秋葉寺(しゅうようじ)の火祭り。大護摩(ごま)が焚(た)かれると、行者は火中に立ち、大布(凧(たこ))を揚げ、火伏せのための呪術(じ ...
23. 仙台七夕花火祭
デジタル大辞泉プラス
宮城県仙台市で行われる花火大会。打ち上げ数は約1万6000発、45万人を超える人出がある。仙台七夕まつりの前夜に開催されることから、「七夕まつり前夜祭」などとも ...
24. たいまつ‐まつり【松明祭・炬火祭】
日本国語大辞典
〔名〕京都市伏見区にある三栖(みす)神社の祭礼。昔は九月、今は一〇月の一二日に神幸祭、一六日に還幸祭が行なわれる。一二日夜、直径一メートルほどの大松明一対をかつ ...
25. 鎮火祭
世界大百科事典
》巻八の鎮火祭祝詞によると,〈水神匏(ひさご),埴山姫(はにやまひめ),川菜(かわな)を持ちて鎮め奉れ〉とあるから,古儀では水と土と川菜とが用いられたようである ...
26. ちんか‐さい【鎮火祭】
デジタル大辞泉
陰暦6月と12月のみそかの夜、火災を防ぎ、火のけがれを払うために宮城の四隅で卜部(うらべ)氏が火をつかさどる神を祭った神事。ひしずめのまつり。  ...
27. ちんか‐さい[チンクヮ‥]【鎮火祭】
日本国語大辞典
ちんかのまつり。*令義解〔718〕神祇・季夏条「季夏〈略〉〈鎮火祭〉」*風俗画報‐一六二号〔1898〕秋葉神社「大祭日には、社前に於て鎮火祭(チンクヮサイ)を執 ...
28. nbsp;ちんかさい【鎮火祭】
国史大辞典
も有力である。記紀の火神カグツチの誕生神話も鎮火祭の祭儀神話とされている。 [参考文献]武田祐吉『古事記説話群の研究』、青木紀元「火の神―鎮火祭の祝詞を中心に― ...
29. 鎭火祭(ちんかさい)【篇】
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 544ページ ...
30. 東京湾大華火(はなび)祭
デジタル大辞泉プラス
東京都中央区で行われる花火大会。東京湾晴海の臨海地区を主な会場とし、打ち上げ数は約1万2000発、70万人を超える人出がある。 2013年08月 ...
31. とば の 火祭(ひまつり)
日本国語大辞典
愛知県幡豆郡幡豆町鳥羽の神明社の火祭。二月の第二日曜日(古くは正月七日)の夕刻、山萱・真木・藤蔓・竹などを配した松明(たいまつ)に火をつけ、火勢によって天候・豊 ...
32. 鳥羽の火祭り
デジタル大辞泉プラス
愛知県西尾市(旧・幡豆町)の鳥羽地区に伝わる民俗行事。鳥羽神明社で2月10日(かつては旧暦1月7日)に行われる正月の神事。地区を東西にわけて「すずみ」と呼ばれる ...
33. 那智の火祭[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦(なちかつうら)町 熊野那智大社 〓和歌山県 ...
34. なち‐ひまつり【那智火祭】
デジタル大辞泉
和歌山県東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦町の熊野那智大社で7月14日に行われる祭礼。那智の滝へ向かう扇神輿(おうぎみこし)を途中で大松明(たいまつ)が迎え、神輿を ...
35. はなび‐まつり【花火祭】
日本国語大辞典
〔名〕花火を打ち上げることを特色とする祭。また、観光的な花火大会の呼称。〓[マ] ...
36. 鎮火祭
世界大百科事典
→鎮火祭(ちんかさい) ...
37. 鎭火祭(ひしずめのまつり)【篇】
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 544ページ ...
38. 富士吉田火祭りロードレース
デジタル大辞泉プラス
ン大会。ハーフマラソン、10kmなど。8月下旬の北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の秋祭り「吉田の火祭り」に合わせて開催される。 2011年10月 ...
39. ほしずめ‐の‐まつり[ほしづめ‥]【鎮火祭】
日本国語大辞典
〔連語〕令制で、神祇官が行なった祭祀の一つ。火災を防ぎ火のけがれを払うため、毎年陰暦六月・一二月の晦日の夜、宮城の四方の隅で卜部(うらべ)の行なったもの。現今も ...
40. ほしずめ‐の‐まつり【鎮火祭(り)】
デジタル大辞泉
⇒ちんかさい(鎮火祭)  ...
41. まるおか‐ひまつり[まるをか‥]【丸岡火祭】
日本国語大辞典
〔名〕福井県坂井郡丸岡町の秋葉神社で、もと正月一四日夜に行なわれた左義長の神事。現在は廃絶。《季・新年》 ...
42. よしだ‐の‐ひまつり【吉田の火祭】
デジタル大辞泉
山梨県富士吉田市の浅間神社と諏訪(すわ)神社で、8月26・27日に行われる祭礼。富士山をかたどった御影(みかげ)と呼ばれる御輿(みこし)が渡御(とぎょ)したのち ...
43. 吉田の火祭
デジタル大辞泉プラス
間神社と諏訪神社の例祭で、毎年8月末に行われる、富士山の夏山登拝を締めくくる行事。26日の「鎮火祭」、27日の「すすき祭り」の二日間にわたり開催される。26日夜 ...
44. 吉田の火祭り[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
せんげんじんじゃ)とその摂社である諏訪神社(すわじんじゃ)の秋祭。富士山の山仕舞いの祭りで、鎮火祭ともいう。日本三大奇祭の一つとして知られ、26日夜には市中に立 ...
45. ひしずめ‐の‐まつり【鎮火の祭(り)】
デジタル大辞泉
⇒ちんかさい(鎮火祭)  ...
46. 新嘗祭忌火庭火祭 (見出し語:忌火庭火祭)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 251ページ ...
47. 神今食忌火庭火祭 (見出し語:忌火庭火祭)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 181ページ ...
48. 鎭火祭祝詞 (見出し語:祝詞)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 545ページ ...
49. 鎭火祭【篇】 (見出し語:火)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 544ページ ...
50. 鎭火祭幣帛 (見出し語:幣帛【篇】)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 545ページ ...
「火祭」の情報だけではなく、「火祭」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

火祭と同じカテゴリの記事
祇園祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
京都市東山区祇園町に所在する八坂(やさか)神社の祭礼。毎年7月17日から24日まで行われる。以前は祇園会(え)あるいは祇園御霊会(ごりょうえ)ともいった。東京の神田祭、大阪の天神祭とともに三大祭に数えられている。起源は、平安時代の869年(貞観11)に全国に疫病が流行したため
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「火祭」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
神衣祭(改訂新版・世界大百科事典)
伊勢神宮恒例大祭の一つで,皇大神宮および荒祭宮に和妙(絹),荒妙(麻)の御衣を奉る祭り。神祇令によれば,孟夏(4月),季秋(9月)の2回行われ,〈此れ神服部等,斎戒潔清にして,参河の赤引神調の糸を以て,神衣を織り作り,又麻績連等,麻を績みて敷和衣を織りて,神明に供す
鋤鍬祭(国史大辞典)
年頭にわが田に出て農事のさまをし、また屋内でも豊作を祈願する予祝行事は全国的に知られた習俗である。正月二日または四日の仕事初め、十一日のお田打、十五日のお田植などがこれである。地方によってその名称はさまざまであった。徳島県勝浦郡の農家ではこれを鋤鍬祭といった
高山祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
岐阜県高山市の春秋の祭り。高山市を南北に分け、南は山王社(日枝神社)の氏子、北は桜山八幡(八幡神社)の氏子になっている。日枝神社の祭りは4月14、15日で山王祭といい、八幡神社の祭りは10月9、10日(もとは旧暦9月14、15日)で八幡祭といった。高山祭(山王祭と八幡祭)の特色は
田神祭(国史大辞典)
村々の田神祭は、特設の社殿や恒例の日時に営まれたものではない。稲作の進行に従ってその折目ごとに一斉に行われた。農耕儀礼というのはこれらの諸祭儀のことであった。一年を通じてその主なものは、春耕作開始に先立っての神の迎え降ろしから、苗代播種(水口祭)、初田植(サビラキ)
船祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
飾りたてた船の出ることを特色とする祭りの総称。いちばん一般的な形は、神輿の渡御(お渡り)が海や川を渡るもので、神社から神霊を神輿に移し、さらに船に乗せて、町や集落を巡幸して氏子に恩寵を授ける。茨城県鹿島神宮の御船祭りや愛知県津島神社の津島祭りなど、各地に類例が多い
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る