1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 日記
  10. >
  11. 建春門院中納言日記(たまきはる)
日本国語大辞典・日本大百科全書

日本国語大辞典
けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき[ケンシュンモンヰンチュウナゴンニッキ]【建春門院中納言日記】

解説・用例

鎌倉前期の日記。一冊。建春門院中納言(藤原俊成の娘で定家の同腹の姉。八条院中納言、健御前とも)の著。建保七年(一二一九)成立。作者が老後に女房としてすごした時代を回想して記したもの。建春門院への追慕の情などを淡々と語る。院政末期から鎌倉初頭頃の宮中生活を知る好史料。冒頭の和歌の初句により「たまきはる」とも、「健寿御前日記」とも称される。

発音

ケンシュンモンインチューナ〓ンニッキ

〓[ニ]




日本大百科全書
建春門院中納言日記
けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき

鎌倉前期、後白河(ごしらかわ)院の妃(きさき)建春門院(平滋子(しげこ))に仕え、中納言とよばれた女房の日記。この日記には本来の名はないという。巻頭歌「たまきはるいのちをあだにききしかどきみこひわぶるとしはへにけり」によって『たまきはる』の名称もあり、『健寿(けんじゅ)御前日記』の称も用いられている。作者は1157年(保元2)出生、没年は不明。父は藤原俊成(しゅんぜい)、母は藤原親忠(ちかただ)の女(むすめ)美福門院加賀(びふくもんいんかが)で、藤原定家(ていか)の同母姉にあたる。長姉は後白河院京極局(きょうごくのつぼね)で、大納言(だいなごん)藤原成親(なりちか)の妻。1168年(仁安3)12歳で出仕、建春門院没後は鳥羽(とば)天皇皇女八条院〓子(しょうし)に再出仕し、八条院の猶子(ゆうし)、春華門院(後鳥羽(ごとば)天皇皇女昇子内親王)の養育にあたる。八条院中納言の女房名もあり定家の『明月記』では「健御前」と記す。1206年(建永1)50歳で出家した。
 日記は、二度の宮仕えを主とした40余年の回想記で、奥書に「建保(けんぽう)七年(1219)三月三日書了」と見え、作者が63歳のおりであったことを示す。建春門院への追慕の情の表白と、転換期の宮廷の様相が詳細に描かれているのは注目に値しよう。
[糸賀きみ江]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
建春門院中納言日記(たまきはる)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 30
検索コンテンツ
1. 建春門院中納言日記
日本大百科全書
鎌倉前期、後白河(ごしらかわ)院の妃(きさき)建春門院(平滋子(しげこ))に仕え、中納言とよばれた女房の日記。この日記には本来の名はないという。巻頭歌「たまきは ...
2. けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき【建春門院中納言日記】
デジタル大辞泉
⇒たまきわる  ...
3. けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき[ケンシュンモンヰンチュウナゴンニッキ]【建春門院中納言日記】
日本国語大辞典
鎌倉前期の日記。一冊。建春門院中納言(藤原俊成の娘で定家の同腹の姉。八条院中納言、健御前とも)の著。建保七年(一二一九)成立。作者が老後に女房としてすごした時代 ...
4. 『建春門院中納言日記』
日本史年表
1303年〈嘉元元(8・5) 癸卯④〉 2・29 金沢貞顕, 『建春門院中納言日記』 を書写・校合(有馬秀雄蔵本奥書)。  ...
5. けんしゅんもんいんのちゅうなごんにっき【建春門院中納言日記】
国史大辞典
建春門院の女房中納言の回想録。一冊。書名については、(一)『建春門院中納言日記』、(二)『健寿御前日記』、(三)『たまきはる』の諸説があるが、(一)が妥当。作 ...
6. いまようあわせ【今様合】
国史大辞典
夜深き笛の音箏の琴、久しき宿吹く松風(モトハ「荒れたる宿吹く松風」)」の一首を伝え、また『建春門院中納言日記』にも断片が記されている。さらに建仁元年(一二〇一) ...
7. おりもの【織物】
国史大辞典
この名称のままによぶので、普通に織物とよぶときは、有文の綾や浮織物・二陪織物の類をいう。『建春門院中納言日記』に一条三位永範の女の大弐殿が「もとは中臈なりけるが ...
8. かけおび【掛帯】画像
国史大辞典
小袖、同懸帯」としている。 (二) 裳の掛帯は、大腰に付けて前に廻して結ぶ紐をいう。『建春門院中納言日記』承安三年(一一七三)十月の御堂供養の女房の装束に「裳に ...
9. かけおび【掛帯】 : 掛帯/(二)
国史大辞典
(二) 裳の掛帯は、大腰に付けて前に廻して結ぶ紐をいう。『建春門院中納言日記』承安三年(一一七三)十月の御堂供養の女房の装束に「裳にもぬひものをし、金をさへ、 ...
10. かねさわぶんこ【金沢文庫】神奈川県:横浜市/金沢区/六浦寺前村地図
日本歴史地名大系
公家社会と接触してさらにその傾向を増した。貞顕の書写したものには円覚経二巻や乾元二年の奥書の建春門院中納言日記「たまきはる」などがある。文永―弘安年間(一二六四 ...
11. かねざわさだあき【金沢貞顕】画像
国史大辞典
今日なおその精励ぶりを偲ばせるものがある。『土御門内大臣通親日記』あるいは『たまきはる』(『建春門院中納言日記』、中村礼子蔵、重要文化財)のごとき、仮名文、婦人 ...
12. 感身学正記 1 西大寺叡尊の自伝 214ページ
東洋文庫
院の養育係のような立場にあったが、彼女は春華門院への追慕からその日記『たまぎはる』(『建春門院中納言日記』)を書ぎ起こしている。いわば、健御前と慈善は、一時期八 ...
13. きぬおりもの【絹織物】
国史大辞典
緯糸で文様を浮かせた浮文(うきもん)の二陪織物を唐(から)織物ともいい、略して唐織ともいう。『建春門院中納言日記』に大弐殿は「一条三位なかのりがむすめ、もとは中 ...
14. けんしゅんもんいん【建春門院】画像
国史大辞典
生前の動静については、女院に仕えていた藤原俊成の女(健寿御前・建春門院中納言)の回想記『たまきはる』(『建春門院中納言日記』)に詳しい。 (益田 宗) 建春門院 ...
15. 建春門院[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『建春門院中納言日記に就いて』佐佐木信綱『建春門院中納言の一面』落合三都江 ...
16. けんしゅんもんいんのちゅうなごん【建春門院中納言】
国史大辞典
五十歳出家。以後九条に住み九条尼とよばれた。建保七年(一二一九)まで生存、以後不明。『建春門院中納言日記』(『たまきはる』ともいう)は女房生活を回顧した老後の記 ...
17. けんしゅんもんいんの-ちゅうなごん【建春門院中納言】
日本人名大辞典
168)12歳で建春門院に,27歳で八条院につかえる。のち出家し,女官生活を回顧して「建春門院中納言日記」をあらわした。弟の藤原定家(さだいえ)の「明月記」にこ ...
18. けんじゅごぜんにっき【健寿御前日記】
日本国語大辞典
「けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき(建春門院中納言日記)」の別称。 ...
19. けんじゅごぜんにっき【健寿御前日記】
国史大辞典
建春門院中納言日記(けんしゅんもんいんのちゅうなごんにっき)  ...
20. こごうのつぼね【小督局】
国史大辞典
の記述のように、自分の娘腹に皇子出生を願う平清盛の怒りを避けて、宮仕をやめたらしい。『建春門院中納言日記』には、承安四年(一一七四)高倉天皇方違行幸に供奉した十 ...
21. たまきはる
日本大百科全書
建春門院中納言日記 ...
22. たまきわる【たまきはる】[書名]
デジタル大辞泉
。女房として宮中に仕えた生活を、老後になって回想したもの。書名は冒頭の和歌の句による。建春門院中納言日記。建寿御前日記。  ...
23. たま‐きわる[‥きはる]【魂極・玉極・霊極】
日本国語大辞典
・二「あはれむべし藤波、たまきはる声とともに、のけさまになりて」【三】(たまきはる)「建春門院中納言日記(けんしゅんもんいんちゅうなごんにっき)」の別称。冒頭の ...
24. にっきぶんがく【日記文学】
国史大辞典
記録的な面および追懐の度合が濃厚になってくる。建春門院の立派さを讃えつつ、そこでの勤仕生活を追懐する『建春門院中納言日記』(『たまきはる』とも)、後深草天皇の掌 ...
25. にょうぼうのしょうぞく【女房装束】画像
国史大辞典
紅薄様褂五領〓、薄衣也)」とあり、『建春門院中納言日記』には「近習も二つ衣、薄衣なれども、裳はかならず着たり」とみえる。威儀に数多く重ねると衣文がくずれるので ...
26. ひたたれ【直垂】画像
国史大辞典
衾(直垂也)」とみえ、この直垂の地質を白の織物としている。『建春門院中納言日記』にも「御とのゐものの御ひたたれなどありき」とみえ、『宇治拾遺物語』一、利仁暑預粥 ...
27. ひたたれ【直垂】 : 直垂/(一)
国史大辞典
衾(直垂也)」とみえ、この直垂の地質を白の織物としている。『建春門院中納言日記』にも「御とのゐものの御ひたたれなどありき」とみえ、『宇治拾遺物語』一、利仁暑預粥 ...
28. ひねり【捻】
国史大辞典
糸でからめ留める方法(糸捻(いとびねり))とがある。『紫式部日記』や『栄花物語』、『健寿御前日記』(『建春門院中納言日記』)、『落窪物語』などに「ひねりあはせ」 ...
29. もののぐ【物具】
国史大辞典
装身具、殿舎の調度、食器、楽器にあれ、皆具(かいぐ)としてまとまっているものの総称である。『建春門院中納言日記』に「おほかたの御所のしつらひ」として「御うしろの ...
30. 1303年〈嘉元元(8・5) 癸卯④〉
日本史年表
なし,諸国を横行することを禁止(専修寺文書)。 【社会・文化】 2・29 金沢貞顕, 『建春門院中納言日記』 を書写・校合(有馬秀雄蔵本奥書)。 12・19 ...
「建春門院中納言日記(たまきはる)」の情報だけではなく、「建春門院中納言日記(たまきはる)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

建春門院中納言日記(たまきはる)と同じ日記カテゴリの記事
蜻蛉日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
平安中期の歌人藤原道綱母の書いた回想録的な日記。道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔の三男兼家と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地するかげろふの日記といふ
和泉式部日記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の日記。1巻。別名を『和泉式部物語』とも。和泉式部と帥宮敦道親王との恋愛の経緯を歌物語風につづった作品で、1003年(長保5)4月から翌1004年1月にかけての記事が収められている。作者については、自作説、他作説とあって結論は出されて
成尋阿闍梨母集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代中期の家集。二巻。作者の出自・生没などは不明の点が多いが、源俊賢女として永延二年(九八八)ごろ生まれ、藤原実方の男と結婚して男二人を生み、間もなく夫に死別しわが子の成長を唯一の頼みに五十余年の寡婦生活を続けた。八十歳を超えた延久二年(一〇七〇)
讃岐典侍日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の仮名日記文学。藤原顕綱の娘長子の著。二巻、『本朝書籍目録』に三巻とあり、下巻・中巻欠落説もある。天仁元年(一一〇八)ごろ成立。康和二年(一一〇〇)堀河天皇に出仕し典侍となった作者が、嘉承二年(一一〇七)の堀河天皇の発病から崩御に至るまでを上巻に記し
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
日記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「建春門院中納言日記(たまきはる)」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
風雅和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第17番目の勅撰和歌集。20巻。和漢両序を付す。光厳院親撰、花園院監修。伏見院、京極為兼の遺志を継いだ両院は『玉葉和歌集』に次ぐ第二の京極派勅撰集撰定を志し、1343年(康永2)室町幕府に諮問、翌年10月答申を得て撰集事業に着手した。寄人に正親町公蔭、藤原為基(玄哲)
梅松論(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語、軍記物語。二巻二冊。作者未詳。貞和五年(正平四、一三四九)成立が通説(菅政友)であるが、一方、上限を正平七年(一三五二)とし下限を嘉慶年間(一三八七―八九)とする説もある。後者の説は、『梅松論』を典拠としている『源威集』の推定成立年代を念頭に置き
菟玖波集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
南北朝時代の准勅撰の連歌の撰集。連歌師救済の協力のもとに二条良基が編集。二十巻。延文元年(一三五六)の冬から翌年の春の間に完成。延文二年閏七月十一日に勅撰に准ぜられているが、これは佐々木導誉の働きによる。冒頭に漢文序と仮名序を置き、以下、四季(一―六)
空華集(国史大辞典)
五山詩文集。義堂周信(空華道人)著。二十巻十冊。南北朝時代成立。すでに貞治六年(一三六七)十二月には草稿の一部ができていた。しかし、五山版八冊は巻首に延文四年(一三五九)の中巌円月の序、洪武九年(永和二、一三七六)の
曽我物語(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
曾我十郎祐成(幼名一万)・五郎時致(幼名箱王)の兄弟が、十八年間の苦難に耐え、建久四年(一一九三)五月、富士野の狩場に父祐通(一説に祐重・祐泰)のかたき工藤祐経を討つまでを語る、軍記物語風の伝記物語。仇討ちは果たしながら、横さまの死をとげねばならなかった兄弟の霊魂が
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る