1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 軍記物
  10. >
  11. 平治物語
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

国史大辞典
平治物語
へいじものがたり
軍記物語の一つ。『平治記』ともいう。『保元物語』『平家物語』『承久記』とあわせ四部合戦状(四部之合戦書)とも称される。作者としては、『保元物語』と同じく、葉室(藤原)時長(『醍醐雑抄』、『参考平治物語』凡例)、源瑜僧正(『旅宿問答』(『続群書類従』雑部所収)、ただし『安斎随筆』三一所引『旅宿問答』では、「源瑜」は「源喩」と表記。『新続古事談』は「大和国多武峯に公喩僧正(一本には原喩僧正と有)といふ者あり、保元平治物語を作り出す」とする)の名を伝えるも未詳。近代に入ってからは、信西一門にゆかりのある者、あるいは葉室家の家系に属する者の名などが挙げられ、近時、藤原伊通家に作者圏を想定する説なども提唱されている。三巻三冊。現存諸写本には、『保元物語』と対をなすもの多く、古活字本はじめ江戸時代刊行の流布本も『保元物語』と一対で刊行された。この物語が多くの異本をもつことは、『保元物語』と同様で、その古態本としては、陽明文庫蔵(一)本(上・中巻)と学習院図書館蔵(九条家旧蔵)本(中・下巻)、島原松平文庫蔵本(中・下巻)をもって再建される本文が知られる(ただしこれは『保元物語』の古態本半井本とは対を成さない)。そのほか一つの完成形態を示す伝本として、金刀比羅本『保元物語』と一対の金刀比羅本『平治物語』があり、この系統の伝本が、流布本系本文とともにこの物語の代表的テキストとなっている。『保元物語』『平治物語』は、ともに『保元絵』『平治絵』と称する絵巻を生み出したが、『平治物語絵巻』は一部残存、古態性を孕む絵詞も注目されている。『平治物語』の成立期に関しては、承久以前の鎌倉時代初期源氏将軍時代を想定する説があるが、『保元物語』現存諸本が貞応二年(一二二三)以後の成立を有力視されつつある現在、成立期の上限はなお流動的である。なお、寛元四年(一二四六)書写『春華秋月抄草』にこの物語の断章が存し、寛元四年以前、この物語の存在したことを裏づける。この物語もまた琵琶法師によって語られた。物語の内容は、諸本によってかなりな異同を持つが、保元の乱後三年、平治元年(一一五九)十二月に、時の権臣藤原信頼と信西の不快事を発端に、激発した平治の乱の様相が、上巻前半においては、信頼とこれを支える源義朝のいったんの勝利、後半においては、都に起こった変事を聞き、熊野参詣の道を急遽とってかえして都に入った信西の盟友平清盛の消息と、それに伴う廷臣たちの信頼離反劇、中巻においては、待賢門そして六波羅を主戦場とする両派の軍事衝突と信頼・義朝の敗北、下巻においては、東国に落ちて行った義朝の尾張国内海の地での死をはじめ、その子悪源太義平・頼朝らの敗者の動向、義朝の子今若・乙若・牛若らの母常葉の陥った悲しい運命などが描かれている。テキストとしては、学習院本と陽明文庫本上巻の翻刻が『未刊国文資料』に、陽明文庫本の影印が『陽明叢書』に、島原松平文庫本の翻刻が『跡見学園女子大学国文学科報』九に、金刀比羅本・流布本系古活字本の翻刻が『日本古典文学大系』三一に、半井本ほか五種の伝本の影印が『古典研究会叢書』にそれぞれ収められている。また松平文庫本以下、十三種の伝本を校合した『平治物語研究校本篇』がある。なお、『参考平治物語』は、徳川光圀の命を受けた水戸徳川家の家臣今井弘済・内藤貞顕が、印本なすわち流布本と、五部の異本、京師本・杉原本・鎌倉本・半井本・岡崎本を比較対照、その異同を参考校定し、さらに『愚管抄』『百練抄』『今鏡』など三十九部の書目を随時、引用・参照して、事実のありようを明らかにしようとした著作である。『大日本史』編纂の一助として編まれたもので、元禄六年(一六九三)冬になった。→保元物語(ほうげんものがたり)
[参考文献]
角川源義『語り物文芸の発生』、『平治物語絵詞』(『日本絵巻物大成』一三)、永積安明『中世文学の可能性』、同『中世文学の成立』、同編『保元物語・平治物語』(『鑑賞日本古典文学』一六)、水原一『保元・平治物語の世界』(『放送ライブラリー』二六)、大曾根章介他編『歴史・歴史物語・軍記』(『研究資料日本古典文学』二)、日本文学研究資料刊行会編『戦記文学』(『日本文学研究資料叢書』)、久保田淳「『平治物語』の世界」(『講座日本文学』平家物語上所収)、渥美かをる「平治物語における難波三郎の雷死説話」(『軍記物語と説話』所収)、日下力「平治物語の展開」(『軍記と語り物』九)、吉田多津雄「金刀比羅神社本『平治物語』考」(同一一)、山下宏明「『平治物語』の読み」(『文学』五二ノ四)、砂川博「義朝像の再検討」(同五二ノ五・七)、日下力「常葉譚の読み」(同五二ノ一一)、松尾葦江「歴史語りの系譜」(同五六ノ三)
(栃木 孝惟)


日本大百科全書
平治物語
へいじものがたり

平治の乱(1159)を題材にした軍記物語。通常三巻。作者不明。原作は鎌倉時代前期までに成立か。『平家物語』より先出と考えられるが、『保元(ほうげん)物語』との先後出関係は未詳。『普通唱導集(ふつうしょうどうしゅう)』などによれば、13世紀末より14世紀にかけて琵琶(びわ)法師の語物であった。多くの伝本が現存し、『保元物語』同様、ほぼ三段階にわたる作品の変容が認められる。第二段階以降は『保元物語』『平家物語』との相関関係を強め、とくに前者とは姉妹編的関係となる。そのため、古くより同一作者説が存在した。最終段階では儒教思想や論評性が加わるが、それを代表するいわゆる流布本の成立は、室町時代の1446年(文安3)以後とされる。
 物語は末代における武士の力の必要性を説く序文に始まり、後白河(ごしらかわ)院近臣の藤原信頼(のぶより)が源義朝(よしとも)とともに挙兵、政敵藤原信西(しんぜい)を滅ぼしたものの、平清盛に鎮圧されてしまう過程を描くが、作品の内実は敗れた源氏一族の悲劇に重点を移していく。合戦場面では悪源太義平と平重盛(しげもり)の対決が躍動感あふれる筆致で描かれ、貴族でも、反乱軍のなかに入って信頼に恥辱を与える藤原光頼(みつより)のような、豪胆な人物が形象化されている。義朝の妻常葉(ときわ)が3人の遺児を抱えて都落ちする哀話は、女性話として傑出する。作品の初期の段階では反乱軍を蔑視(べっし)する姿勢がうかがわれるが、やがて、腹心の部下に暗殺された義朝の悲劇的生涯を中心に、頼朝(よりとも)による源氏再興の伏線を語る作品へと変質、悲劇的文学としての色調を濃くする。
[日下 力]



改訂新版・世界大百科事典
平治物語
へいじものがたり

平治の乱(1159)を素材とする和漢混淆文の軍記物語。鎌倉時代前期までに成立か。作者不明。通常3巻。《平治記》ともいう。末代における武士の力の必要を説く序文がある。後白河院の近臣藤原信頼が源義朝とともに挙兵,政敵藤原信西を滅ぼすが平清盛に鎮圧された過程を描くが,作品の重点は敗れた源氏一族の悲劇にしだいに移る。合戦場面では悪源太義平と平重盛との対決が躍動感あふれる筆致で描かれ,貴族の中にも,謀叛軍の前で信頼を侮蔑する藤原光頼のごとき豪胆な人物が描かれている。義朝の妾常磐(ときわ)が3人の幼い遺児と都を落ちる哀話は有名。

 この作品は時代思潮の変遷とともに,大きく3段階にわたって変容したらしく,異質な諸本が伝存する。初期段階では謀叛側を蔑視する作者の姿勢があらわで,義朝も必ずしも好意的には描かれておらず,むしろ鎮圧側の清盛ら平氏勢力に比重がかかっている。序文の発想はその姿勢と軌を一にし,謀叛側を冷笑する藤原伊通なる特異な傍観者的人物も登場する。また義朝の死は,金王丸という従者の常磐に対する長大な報告談として扱われている。しかし次段階では,部下に暗殺された義朝の悲壮な死への道行を中心に,悲劇的文学としての色調を濃くする。《保元物語》《平家物語》との相即性を強め,義平も《保元》の源為朝像と酷似した形に変わる。さらに最終段階では儒教思想にもとづく論評が加味された。いわゆる流布本の成立は室町時代の1446年以降か。原本は《平家》より先出と考えられるが,《保元》との先後関係は未詳である。古来《保元》と同一作者とされてきたが,両作品の古態本の性格は懸隔しており,異なる作者と推察される。13世紀末から14世紀初めのころ《保元》《平家》とともに琵琶語りに供されていた。
[日下 力]

[索引語]
平治記 源義朝
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
平治物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1405
検索コンテンツ
1. 平治物語画像
日本大百科全書
平治の乱(1159)を題材にした軍記物語。通常三巻。作者不明。原作は鎌倉時代前期までに成立か。『平家物語』より先出と考えられるが、『保元(ほうげん)物語』との先 ...
2. 平治物語
世界大百科事典
平治の乱(1159)を素材とする和漢混淆文の軍記物語。鎌倉時代前期までに成立か。作者不明。通常3巻。《平治記》ともいう。末代における武士の力の必要を説く序文があ ...
3. へいじものがたり【平治物語】
デジタル大辞泉
鎌倉時代の軍記物語。3巻。作者・成立年ともに未詳。平治の乱のいきさつを和漢混交文で描いたもの。平治記。  ...
4. へいじものがたり[ヘイヂものがたり]【平治物語】
日本国語大辞典
鎌倉初期の軍記物語。三巻。著者未詳。鎌倉初期から中期ごろに原型が成立。多くの伝本がある。平治元年(一一五九)に起こった平治の乱の顛末を源平両武門の戦闘を中心にす ...
5. へいじものがたり【平治物語】
国史大辞典
発生』、『平治物語絵詞』(『日本絵巻物大成』一三)、永積安明『中世文学の可能性』、同『中世文学の成立』、同編『保元物語・平治物語』(『鑑賞日本古典文学』一六)、 ...
6. 平治物語
日本古典文学全集
勢力を拡大していた平清盛に対し、源義朝(よしとも)らが挙兵。清盛側が勝利し、源氏は衰退、平氏政権が興る――。保元の乱の3年後に京都で起きた内乱、平治の乱だ。この ...
7. へいぢものがたり【平治物語】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉前期の軍記物語。作者未詳。一一五九年(平治元)の平治の乱とその前後の経緯を和漢混交文で描いている。源平両軍の戦闘の様子を悪源太源義平などの武将を中心 ...
8. 平治物語絵巻画像
日本大百科全書
鎌倉中期(13世紀後半)の絵巻。平治の乱(1159)に取材した軍記物語『平治物語』を絵巻化したもの。現在、三条殿夜討(ようち)の巻(ボストン美術館)、信西(しん ...
9. 平治物語絵巻
世界大百科事典
1159年(平治1)の平治の乱を記した《平治物語》の諸場面を描く鎌倉時代の絵巻。原画の存するもの4巻,模本のみが知られるもの2巻がある。〈三条殿夜討の巻〉(ボス ...
10. へいじものがたりえまき[ヘイヂものがたりヱまき]【平治物語絵巻】
日本国語大辞典
絵巻物。紙本着色。鎌倉時代の作。「平治物語」の絵巻。三条殿夜討巻(ボストン美術館蔵)、信西巻(静嘉堂蔵)、六波羅行幸巻(東京国立博物館蔵)の三巻が現存。連続性を ...
11. へいじものがたりえまき【平治物語絵巻】
国史大辞典
合戦絵巻。紙本著色三巻。それぞれボストン美術館(三条殿夜討巻)・静嘉堂文庫(信西巻、重要文化財)・東京国立博物館(六波羅行幸巻、国宝)に分蔵。その内容は、(一 ...
12. 唐櫃[図版]画像
国史大辞典
六脚唐櫃 四脚唐櫃 内侍所唐櫃 唐櫃の緒搦み 集古十種 芸州厳島図会 平治物語絵巻 緒結余論 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
13. 束帯[図版]画像
国史大辞典
鎌倉様式 武官の束帯 蔵人の闕腋姿 近衛次将の闕腋姿 近代の束帯着用次第(山科流) 年中行事絵巻 平治物語絵巻 信貴山縁起絵巻 春日権現霊験記 (c)Yoshi ...
14. 腹巻の図[図版]画像
国史大辞典
腹巻の名所 肩に杏葉をかけた腹巻 黒韋威の腹巻(厳島神社蔵) 包腹巻 熏韋威の腹巻(大山祇神社蔵) 平治物語絵巻 蒙古襲来絵巻 伴大納言絵巻 春日権現霊験記 結 ...
15. 腹巻鎧着用の軍兵[図版]画像
国史大辞典
平治物語絵巻 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
16. 面具[図版]画像
国史大辞典
舞楽の案摩の雑面 烏帽子に白布面の細男 内冑に白布面と烏帽子に半頭の祭礼供奉の風流の随兵 年中行事絵巻 平治物語絵巻 結城合戦絵巻 二人武者絵 春日権現霊験記  ...
17. 大和鞍[図版]画像
国史大辞典
五位の衛府の官人の大和鞍 召具の随身の障泥をささぬ大和鞍 軍陣の皆具の大和鞍 伴大納言絵巻 平治物語絵巻 蒙古襲来絵巻 (c)Yoshikawa kobunka ...
18. 童髷の唐輪[図版]画像
国史大辞典
法然上人絵伝 平治物語絵巻 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
19. 『平治物語』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
巻上 慶長年間(1596~1615)ごろ刊 書き込みあり 国立国会図書館所蔵 ...
20. 『平治物語絵巻』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
「三条殿夜討(ようち)」 模写 1798年(寛政10) 国立国会図書館所蔵 ...
21. さんこうへいじものがたり【参考平治物語】
国史大辞典
平治物語(へいじものがたり)  ...
22. あいこうぐん【愛甲郡】
国史大辞典
大江広元の所領であり、その子季光は毛利を号し、その子孫は中国地方に移り、のちに戦国大名となった。『平治物語』にみえる毛利冠者義隆、鎌倉時代の愛甲三郎季隆などはみ ...
23. あいこうぐん【愛甲郡】神奈川県
日本歴史地名大系
れた(愛甲郡勢誌)。保元―平治(一一五六―六〇)頃、郡内は陸奥六郎義隆の領地となっていた。「平治物語」に「陸奥六郎義隆、相模森を知行せられければ、毛利冠者とも申 ...
24. あい‐しら・う[あひしらふ]
日本国語大辞典
ta (アイシラウ) 〈訳〉客人をもてなし、談話と会話で楽しませる」(ロ)応戦する。*平治物語〔1220頃か〕中・待賢門の軍の事「頼盛も甲を打ちかたぶけ打ちかた ...
25. あいたん‐どころ【朝所】
日本国語大辞典
朝所〓」*金刀比羅本平治物語〔1220頃か〕上・信頼、信西不快の事「大極殿、豊楽院(ぶらくいん)、諸司、八省、朝所(アイ ...
26. あえ‐しら・う[あへしらふ]
日本国語大辞典
原義とする。(2)「蜻蛉日記」など中古の仮名作品では「あへしらふ」の形が優勢であるが、「徒然草」や「平治物語」など鎌倉期以後の作品では「あひしらふ」の形に変化す ...
27. あおはかしゅく【青墓宿】岐阜県:大垣市/旧多藝郡・不破郡地区/青墓村
日本歴史地名大系
多郡内海(現愛知県知多郡南知多町)に落ちのびている。また、義朝の子朝長は青墓で自害している(平治物語・吾妻鏡・尊卑分脈・帝王編年記)。このように青墓の長者と源氏 ...
28. 青墓宿
世界大百科事典
の子の乙若,亀若,鶴若,天王丸の母が青墓長者の女であったことが《保元物語》にみえる。また,《平治物語》によると源義朝は平治の乱に敗れ,青墓に逃れているが,青墓長 ...
29. あおはかのしゅく【青墓宿】
国史大辞典
源義朝は上下の折ここに宿し、大炊は寵者で、大炊の姉は源為義の妾であったことがみえ、『保元物語』『平治物語』にも青墓の長者と源氏との密接な関係を示す物語がある。  ...
30. あか【垢】
日本国語大辞典
(アカ)とで糊よりも滑る船板の上を」(3)〔一〕(1)を流すこと。風呂などで体を洗うこと。*平治物語〔1220頃か〕中・義朝野間下向の事「金王丸御剣を持ちて、御 ...
31. 赤坂(岐阜)
世界大百科事典
坂山)のふもとにあった東山道の宿駅。現,岐阜県大垣市赤坂町。中世の文学作品に多く登場する。《平治物語》には源義朝の身がわりとなって佐渡式部大輔重成が赤坂の子安の ...
32. あかじ の 錦(にしき)の直垂(ひたたれ)
日本国語大辞典
した。*保元物語〔1220頃か〕上・主上三条殿に御幸の事「赤地の錦の直垂に折烏帽子引立て」*平治物語〔1220頃か〕中・待賢門の軍の事「今日の軍(いくさ)の大将 ...
33. あか‐じるし【赤印】
日本国語大辞典
七・一門都落「わすれたる事ありとて、赤じるし切捨て、其勢三百余騎、都へとってかへされけり」*平治物語〔1220頃か〕中・待賢門の軍の事「平家は赤旗・赤じるし日に ...
34. あく‐げんた【悪源太】
日本国語大辞典
〔一〕「みなもとのよしひら(源義平)」の通称。*平治物語〔1220頃か〕上・信西の子息闕官の事「義朝が嫡子、鎌倉悪源太義平、母方の祖父三浦介がもとにありけるが」 ...
35. あげ‐つかさ【上官】
日本国語大辞典
〔名〕官位を高くすること。官の昇進。*平治物語〔1220頃か〕下・長田、義朝を討ち六波羅に馳せ参る事「下野(しもつけ)は紀伊守(きのかみ)にこそ成りにけれよしと ...
36. あ・げる【上・揚・挙】
日本国語大辞典
よめる歌も其流のきよきを挙(アゲ)しなるを思へば」(8)大勢の人を集め動かして事を始める。*平治物語〔1220頃か〕下・頼朝義兵を挙げらるる事「九郎御曹子は〈略 ...
37. あさ‐だち【朝立】
日本国語大辞典
八五「朝鳥の 朝立(あさだち)しつつ 群鳥(むらどり)の 群立ち去(い)なば〈金村歌集〉」*平治物語〔1220頃か〕下・頼朝生捕らるる事「ならはぬ旅の朝立に、露 ...
38. あし‐かせ【足枷】画像
日本国語大辞典
枚の厚い板に足首大の半円をあけ、前後から足をはさんで、罪人の自由を束縛する刑具。あしがし。*平治物語〔1220頃か〕下・頼朝遠流に宥めらるる事「手かせあしかせ入 ...
39. あだちぐん【足立郡】埼玉県:武蔵国
日本歴史地名大系
が郡司職を保持したらしい。〔中世〕足立遠兼の子遠元は、平治の乱では源義朝に従って活躍したが(平治物語)、戦いに敗れた後は不遇であったようである。しかし源頼朝が挙 ...
40. あだちぐん【足立郡】東京都:武蔵国
日本歴史地名大系
の系譜を引くと推定される足立遠元は、平治の乱(平治元年)では源義朝のもと京都に従軍している(平治物語)。源氏敗北後、平氏政権下での動向は不明であるが、治承四年( ...
41. あったら【惜・可惜】
日本国語大辞典
。感動詞的語性を持つが、連体詞的用法も副詞的用法もある)「あたら(惜)」に同じ。*金刀比羅本平治物語〔1220頃か〕中・義朝六波羅に寄せらるる事「あったら武者、 ...
42. あねにしのとういんちょう【姉西洞院町】京都市:中京区/城巽学区地図
日本歴史地名大系
南にあたる。当町東側は三条殿の域内にあたり、平治物語絵巻には三条殿が兵火に炎上する様がみえる。また、当町付近には少納言藤原信西の邸があり、「平治物語」には、平治 ...
43. あべの【安倍野・阿倍野・安部野・阿部野】
日本国語大辞典
部の地名。中世に熊野街道で知られた古道が通じ、古墳が多い。北畠顕家が戦死した所といわれる。*平治物語〔1220頃か〕上・六波羅より紀州へ早馬を立てらるる事「ここ ...
44. あべの【阿倍野】
国史大辞典
経て和泉国へ通じ、阿部野は交通の要衝であった。源義平は、熊野から帰る平清盛をここに邀撃しようと謀り(『平治物語』)、藤原定家の『熊野道之間愚記』に阿部野王子(熊 ...
45. あべの【阿倍野】大阪府:大阪市/阿倍野区地図
日本歴史地名大系
、源義朝の嫡男悪源太義平が阿倍野に出陣して迎撃態勢をとっているとの報に接して躊躇したという(平治物語)。このとき当地で合戦はなかったが、南北朝期以降は繰返し戦乱 ...
46. あま‐さかさま【天逆様】
日本国語大辞典
〔形動〕理非の転倒しているさま。道理に合わないさま。不合理。*平治物語〔1220頃か〕下・頼朝遠流に宥めらるる事「いかなるあまさかさまの仰せなりとも、たがへじと ...
47. あま・す【余】
日本国語大辞典
城の傍に故き伽藍有り。唯、基趾を余(アマセ)り」(2)ある範囲からもらす。のがす。逃がす。*平治物語〔1220頃か〕中・待賢門の軍の事「但し大将は、もとの重盛ぞ ...
48. あらうみ‐の‐しょうじ[‥シャウジ]【荒海障子】画像
日本国語大辞典
、南方、手長足長、北面、宇治網代布障子、墨絵也〉」*平治物語〔1220頃か〕上・光頼卿参内の事「荒海の障子の北、萩の戸のほとりに、弟の別当惟方おはしける ...
49. あら‐て【新手・荒手】
日本国語大辞典
そのことに新しくたずさわる者。特に、これから戦闘を控え、まだ疲労していない軍勢をいう場合が多い。*平治物語〔1220頃か〕中・待賢門の軍の事「前(さき)の五百騎 ...
50. あら‐もの【荒者】
日本国語大辞典
〔名〕荒々しい人。勇猛な人。また、乱暴で手におえない人。あばれもの。*平治物語〔1220頃か〕下・牛若奥州下りの事「希代の荒者にて、悪禅師といひけり」*義経記〔 ...
「平治物語」の情報だけではなく、「平治物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

平治物語と同じ軍記物カテゴリの記事
将門記(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の軍記物。修飾の多い和風漢文体。「まさかどき」ともいわれるが、古くは「将門合戦章(状)」などとよばれた。巻頭部を欠く「真福寺本」、稿本の概をみせるといわれるが零本の「片倉本(楊守敬旧蔵本)」のほか数種の抄本が伝えられている。物語の主人公平将門の系譜から
陸奥話記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代十一世紀後半の天喜・康平年間(一〇五三―六四)に陸奥国北部で俘囚安倍氏が起した反乱、いわゆる前九年の役の顛末を漢文体で記した書。一巻。『陸奥物語』『奥州合戦記』などともよばれたらしい。著者・成立年代ともに未詳であるが、本文末尾に
平治物語(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
軍記物語の一つ。『平治記』ともいう。『保元物語』『平家物語』『承久記』とあわせ四部合戦状(四部之合戦書)とも称される。作者としては、『保元物語』と同じく、葉室(藤原)時長(『醍醐雑抄』、『参考平治物語』凡例)、源瑜僧正(『旅宿問答』(『続群書類従』雑部所収)
保元物語(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
軍記物語の一つ。『保元記』ともいう。『平治物語』『平家物語』『承久記』とあわせ、四部合戦状とも呼ばれた。作者としては、葉室(藤原)時長(『醍醐雑抄』『参考保元物語』)、中原師梁(『参考保元物語』)、源瑜(『旅宿問答』(『続群書類従』雑部所収)、ただし『安斎随筆』
軍記物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「平治物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る