1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. 金槐和歌集
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
金槐和歌集
きんかいわかしゅう

鎌倉幕府第3代将軍源実朝(さねとも)の家集。「鎌倉右大臣家集」ともいう。「金槐」の「金」は「鎌倉」の「鎌」の偏、「槐」は「槐門」(大臣の位)の略で、鎌倉右大臣とよばれた実朝の家集を意味するといわれる。伝本は、藤原定家筆で、末尾に「建暦(けんりゃく)三年(1213)十二月十八日」(実際は12月6日建保(けんぽう)と改元)と記し、1213年成立の実朝(当時22歳)自撰(じせん)とみられるものと、末尾に「柳営亜槐(りゅうえいあかい)」(将軍で大納言(だいなごん)を兼ねた人。室町将軍足利義政(あしかがよしまさ)をさすか)の奥書を有し、1687年(貞享4)の板本に代表される他撰本の2種が存在する。建暦三年本は、春・夏・秋・冬・賀・恋・旅・雑に分類した663首を収め、実朝の絶唱「箱根路をわれ越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ」「大海の磯(いそ)もとどろに寄する波われて砕けて裂けて散るかも」「山は裂け海はあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」などの、万葉調とも王侯調ともいうべきおおらかで重厚味ある歌の大部分を含む。柳営亜槐本は、建暦三年本の歌に56首を増補し、春・夏・秋・冬・恋・雑に分類し直した再編本で、「もののふの矢並つくろふこての上にあられたばしる那須(なす)のしの原」などを収める。実朝の歌は、賀茂真淵(かもまぶち)、斎藤茂吉、小林秀雄、吉本隆明(たかあき)、中野孝次らから高く評価されている。
[樋口芳麻呂]


『金槐和歌集』[百科マルチメディア]
『金槐和歌集』[百科マルチメディア]
柳営亜槐本(りゅうえいあかいぼん) 上巻 「秋部」 源実朝(さねとも)著 1687年(貞享4)刊 国立国会図書館所蔵


改訂新版・世界大百科事典
金槐和歌集
きんかいわかしゅう

源実朝(みなもとのさねとも)の家集。1巻。1213年(建暦3)成立。《鎌倉右大臣家集》ともいい,《金槐》の書名は,〈鎌〉字の偏と大臣の異称槐門とによる。藤原定家の伝える写本のほか流布本に1687年(貞享4)板本・群書類従本の2系統があり歌数約700首。模倣的な習作群のなかにあって,〈萩の花くれぐれまでもありつるが月いでて見るになきがはかなさ〉など清新な感覚・陰翳に富む青年の心の姿を伝える秀歌も多く,賀茂真淵,正岡子規,斎藤茂吉,小林秀雄らに称揚された。
[光田 和伸]

[索引語]
源実朝 鎌倉右大臣家集
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
金槐和歌集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 246
検索コンテンツ
1. 『金槐和歌集』
日本史年表
1213年〈建保元(12・6) 癸酉⑨〉 12・18 『金槐和歌集』 成る(定家本奥書)(一説)。  ...
2. 金槐和歌集画像
日本大百科全書
鎌倉幕府第3代将軍源実朝(さねとも)の家集。「鎌倉右大臣家集」ともいう。「金槐」の「金」は「鎌倉」の「鎌」の偏、「槐」は「槐門」(大臣の位)の略で、鎌倉右大臣と ...
3. 金槐和歌集
世界大百科事典
源実朝(みなもとのさねとも)の家集。1巻。1213年(建暦3)成立。《鎌倉右大臣家集》ともいい,《金槐》の書名は,〈鎌〉字の偏と大臣の異称槐門とによる。藤原定家 ...
4. きんかいわかしゅう【金槐和歌集】
デジタル大辞泉
《「金」は「鎌」の偏、「槐」は大臣の意》鎌倉3代将軍源実朝の私家集。1巻。建暦3年(1213)成立か。約700首を、春・夏・秋・冬・恋・雑に分類。万葉調の力強い ...
5. きんかいわかしゅう[キンクヮイワカシフ]【金槐和歌集】
日本国語大辞典
(「金」は鎌倉の「鎌」の偏、「槐」は大臣の意の唐名「槐門」の略)鎌倉前期の歌集。一巻。源実朝作。建暦三年(一二一三)成立。実朝二二歳までの歌七一六首を春・夏・秋 ...
6. きんかいわかしゅう【金槐和歌集】
国史大辞典
鎌倉時代初期の私家集。作者は源実朝。編者は不明。藤原定家所伝本・貞享本・群書類従本の三系統がある。定家所伝本は、春・夏・秋・冬・賀・恋・旅・雑に部類され、全一 ...
7. きんくゎいわかしふ【金槐和歌集】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉前期の私家集。源実朝著。一二一三年(建暦三)以前の成立か。実朝は藤原定家に歌を学んだので当世風で新古今調であるが、写実的で力強い万葉調の歌風に富み、 ...
8. 『金槐和歌集』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
柳営亜槐本(りゅうえいあかいぼん) 上巻 「秋部」 源実朝(さねとも)著 1687年(貞享4)刊 国立国会図書館所蔵 ...
9. あい‐おい[あひおひ]【相生】
日本国語大辞典
慶集〔985〜987頃〕「ふた葉よりあひ生してもみてし哉けふ契りつるのへの小松と」*貞享版金槐和歌集〔1213〕雑「あひおひの袖のふれにし宿の竹よよは経にけりわ ...
10. あか で
日本国語大辞典
恋四・七一七「あかでこそ思はんなかは離れなめそをだに後のわすれがたみに〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕秋「さよふけてなかばたけ行く月かげにあかでや人の ...
11. あき‐た【秋田】
日本国語大辞典
七七六「植ゑていにし秋田刈るまで見え来ねばけさはつかりのねにぞ泣きぬる〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕秋「秋たもる庵(いほ)に片しくわが袖に消えあへぬ ...
12. あき 闌(た)く
日本国語大辞典
秋も半ばを過ぎて、秋らしい情趣が最も深くなる。秋ふく。秋深し。《季・秋》*金槐和歌集〔1213〕秋「塩がまの浦吹く風にあきたけてまがきの島に月かたぶきぬ」*拾遺 ...
13. あき の 花(はな)
日本国語大辞典
発句・下「四方(よも)にちるひかりや月の秋の花〈宗伊〉」(2)植物「きく(菊)」の異名。*金槐和歌集〔1213〕恋「消えかへりあるかなきかに物ぞ思ふうつろふ秋の ...
14. あさ‐あけ【朝明】
日本国語大辞典
*古今六帖〔976〜987頃〕五・服飾「いかならん日のときにかもわぎもこがもひきのすがたあさあけにみん」*金槐和歌集〔1213〕冬「まきの戸を朝あけの雲の衣手に ...
15. あさぎり‐がくれ【朝霧隠】
日本国語大辞典
〔名〕「あさぎりごもり(朝霧籠)」に同じ。*金槐和歌集〔1213〕恋「秋の野のあさきりかくれ鳴く鹿のほのかにのみや聞きわたりなん」 ...
16. あさと‐いで【朝戸出】
日本国語大辞典
〔名〕「あさとで(朝戸出)」に同じ。*金槐和歌集〔1213〕秋「きのふこそ夏はくれしか朝戸いでの衣手さむし秋の初かぜ」*続古今和歌集〔1265〕羇旅・九一九「夜 ...
17. あさひ の 宮(みや)
日本国語大辞典
伊勢の内宮。皇大神宮。*金槐和歌集〔1213〕雑「神風やあさひの宮の宮うつしかげのどかなる世にこそありけれ」*和訓栞〔1777〜1862〕「あさひのみや 内宮を ...
18. あし‐すだれ【葦簾】
日本国語大辞典
はづれたる小さき萱屋(かやや)、編垂蔀(あみたれじとみ)一間あげて、あしすだれかけたり」*金槐和歌集〔1213〕恋「津の国のこやのまろ屋のあしすだれ間遠(まどほ ...
19. あずまかがみ【吾妻鏡】
国史大辞典
した公卿飛鳥井教定の日記、延暦寺の記録である『天台座主記』や、『平家物語』『源平盛衰記』『金槐和歌集』『六代勝事記』『海道記』などの文学作品がある。また伝来の古 ...
20. あ・せる【浅・褪】
日本国語大辞典
かたの天の探女(さぐめ)が石船(いはふね)の泊てし高津は浅(あせ)にけるかも〈角麻呂〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「山は裂け海はあせなむ世なりとも君に二心わがあ ...
21. あび‐じごく[‥ヂゴク]【阿鼻地獄】
日本国語大辞典
阿鼻。無間地獄。*霊異記〔810〜824〕中・七「師を煎熬(いら)むが為の阿鼻地獄なり」*金槐和歌集〔1213〕「ほのほのみ虚空にみてる阿鼻地獄行方もなしといふ ...
22. あま‐ごろも【雨衣】
日本国語大辞典
上・九一三「なにはがたしほみちくらしあま衣たみののしまにたづなきわたる〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕恋「あまごろもたみのの島に鳴くたづの声ききしより ...
23. あまつ 空(そら)
日本国語大辞典
空にも、例に違へる、月、日、星の光みえ、雲のたたずまひありとのみ、世の人驚く事おほくて」*金槐和歌集〔1213〕春「ゆく春のかたみと思ふに天つ空ありあけの月に影 ...
24. あま‐の‐はら【天原】
日本国語大辞典
05〜07頃か〕冬・二四二「あまの原そらさへさえや渡るらん氷と見ゆる冬の夜の月〈恵慶〉」*金槐和歌集〔1213〕冬「あまのはらそらをさむけみうば玉の夜わたる月に ...
25. あめ の 露(つゆ)
日本国語大辞典
雨のしずく。草木などに降りかかった雨が露のように玉となって見えることのたとえ。*金槐和歌集〔1213〕春「山ざくらあだに散りにし花の枝にゆふべのあめのつゆの残れ ...
26. あや‐な【文無】
日本国語大辞典
」*山家集〔12C後〕上「心せんしづが垣根の梅はあやな由(よし)なくすぐる人とどめけり」*金槐和歌集〔1213〕恋「待つ宵のふけゆくだにもあるものを月さへあやな ...
27. ありし 昔(むかし)
日本国語大辞典
頃か〕三〇・六「笠の下より見れば、恠(あやし)く、有し昔人に少し似たる者柄(ものから)」*金槐和歌集〔1213〕雑「思ひ出でて夜(よる)はすがらに音をぞ泣くあり ...
28. いい‐な・れる[いひ‥]【言慣・言馴】
日本国語大辞典
4頃〕末摘花「かうこの中将のいひありきけるを、こと多くいひなれたらむかたにぞ靡かむかし」*金槐和歌集〔1213〕恋「秋頃いひなれにし人の物へまかれりしに」(3) ...
29. いく‐そ【幾─】
日本国語大辞典
*曾丹集〔11C初か〕「網代(あじろ)守(も)る宇治の川瀬は年つもりいくそ月日を数へきぬらん」*金槐和歌集〔1213〕雑「我いくそ見し世のことを思ひ出でつあくる ...
30. いく‐ひささ【幾久】
日本国語大辞典
〕恋二・七四四「あひ見てはいくひささにもあらねども年月のごとおもほゆるかな〈柿本人麿〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「磯の松いくひささにかなりぬらんいたく木高き風 ...
31. い こそ 寝(ね)られね
日本国語大辞典
7頃か〕夏・一一八「五月雨はいこそねられね郭公夜深く鳴かむ声を待つとて〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕旅「くさまくら旅にしあれば苅(かり)こもの思ひ乱 ...
32. いず‐の‐うみ[いづ‥]【伊豆海】
日本国語大辞典
伊豆の国に面した相模湾のこと。歌枕。*金槐和歌集〔1213〕雑「箱根路をわれ越えくればいづのうみや沖の小島に波のよる見ゆ」*俳諧・太祇句選〔1772〜77〕冬「 ...
33. いにし‐え[‥へ]【古・往古】
日本国語大辞典
六六「淡海の海夕浪千鳥汝が鳴けば情(こころ)もしのに古(いにしへ)思ほゆ〈柿本人麻呂〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「いにしへを忍ぶとなしにいそのかみふりにし里に ...
34. いへ-の-しふ【家の集】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕個人の和歌を集めたもの。私家集。自撰のほか後代の他撰もある。『貫之集』『山家集』『金槐和歌集』など。  ...
35. いろ に=出(い)ず[=出(ず)]
日本国語大辞典
05〕秋下・五三二「時わかぬ浪さへ色にいづみ川柞(ははそ)の森に嵐吹くらし〈藤原定家〉」*金槐和歌集〔1213〕恋「わが袖の涙にもあらぬ露にだに萩の下葉はいろに ...
36. いわ‐が‐ね[いは‥]【岩根・石根】
日本国語大辞典
三六八八「大和をも遠くさかりて伊波我禰(イハガネ)の荒き島根に宿りする君〈遣新羅使人〉」*金槐和歌集〔1213〕旅「いはかねの苔の枕に露おきて幾夜み山の月に寝ぬ ...
37. うき‐ことのは【憂言葉】
日本国語大辞典
〕雑三・一二一一「つきもせずうき事のはの多かるをはやく嵐の風も吹かなん〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「世にふればうきことのはの数ごとにたえず涙の露 ...
38. うけ‐なわ[‥なは]【浮縄】
日本国語大辞典
*成尋阿闍梨母集〔1073頃〕「いふかたもなぎさにこそは蜑小舟(あまをぶね)釣のうけなはたゆたひて経る」*金槐和歌集〔1213〕秋「うちはへて秋は来にけり紀の国 ...
39. うちたえ‐て【打絶─】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕賢木「御文も聞え給はず。うちたえて内、春宮にも参り給はず、こもりおはして」*金槐和歌集〔1213〕雑「うちたえておもふばかりはいは ...
40. うちひ‐さす
日本国語大辞典
知日佐須(ウチひサス)宮のわが背は大和女(やまとめ)の膝まくごとに吾を忘らすな〈東歌〉」*金槐和歌集〔1213〕春「さくらばな散らまく惜しみうちひさす宮ぢの人ぞ ...
41. うわ‐の‐そら[うは‥]【上空】
日本国語大辞典
斎院前御集〔11C前〕「あかずといふたまこそそでにかよふなれうはのそらなる月もいりけり」*金槐和歌集〔1213〕恋「来むとしもたのめぬうはのそらにだに秋風吹けば ...
42. えだ も とおお
日本国語大辞典
五「秋萩の枝毛十尾二(えだモとををに)置く露の消なば消ぬとも色に出でめやも〈大伴像見〉」*金槐和歌集〔1213〕冬「みさごゐる磯べにたてるむろの木のえだもとをを ...
43. おお‐うみ[おほ‥]【大海】
日本国語大辞典
「大海(おほうみ)に島もあらなくに海原(うなはら)のたゆたふ波にたてる白雲〈作者未詳〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「おほうみのいそもとどろによするなみわれてくだ ...
44. おくやま‐の【奥山─】
日本国語大辞典
麻能(オクヤマノ)まきの板戸をとどと押(し)てわが開かむに入り来て寝(な)さね〈東歌〉」*金槐和歌集〔1213〕恋「おくやまのたつきも知らぬ君によりわが心からま ...
45. おだ の 丈夫(ますらお)
日本国語大辞典
*新古今和歌集〔1205〕春上・六七「雨ふれば小田のますらをいとまあれや苗代水を空に任せて〈勝命〉」*金槐和歌集〔1213〕夏「五月待つをだのますらおいとまなみ ...
46. おのえ の 松(まつ)
日本国語大辞典
兵庫県加古川市、尾上神社の境内にあった松。*金槐和歌集〔1213〕雑「高砂(たかさご)のおのへのまつにふる雪のふりて幾世の年かつもれる」 ...
47. おの‐ず‐から[‥づ‥]【自─】
日本国語大辞典
狭衣物語〔1069〜77頃か〕一「『をのづからの対面もや聞ゆる』と思ひ給へて参りたるに」*金槐和歌集〔1213〕雑「春きては花とかみらむおのづから朽木の杣にふれ ...
48. おもい‐わた・る[おもひ‥]【思渡】
日本国語大辞典
壺「宮仕への本意(ほい)、ふかく物したりしよろこびは、かひある様にとこそ、思わたりつれ」*金槐和歌集〔1213〕恋「蘆鴨の騒ぐ入江のうき草のうきてや物を思わたら ...
49. お‐やま【御山】
日本国語大辞典
)寺社、修行場などのある、宗教上の霊地である山を尊んでいう語。また、そこに参拝すること。*金槐和歌集〔1213〕雑「わたつ海の中に向ひていづる湯のいづのをやまと ...
50. かげ【影・景】
日本国語大辞典
4〕恋三・六一九「よるべなみ身をこそ遠くへだてつれ心は君が影となりにき〈よみ人しらず〉」*金槐和歌集〔1213〕雑「ひんがしの国にわがをれば朝日さすはこやの山の ...
「金槐和歌集」の情報だけではなく、「金槐和歌集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

金槐和歌集と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて、『万葉集』
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「金槐和歌集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る