1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 随筆
  10. >
  11. 方丈記
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

国史大辞典
方丈記
ほうじょうき
鎌倉時代の随筆。著者鴨長明。一巻。広本と略本三種とがあり、広本の奥に、建暦二年(一二一二)三月末桑門の蓮胤(長明の法号)が外山(京都市伏見区日野の法界寺の南)の庵で執筆したとある。広本には、大福光寺本(重要文化財)などの古本系と嵯峨本などの流布本系の諸本があり、略本には、長享本・延徳本・真名本の三種がある。広略双方の成立関係は分明でないが、略本が補完されて広本になったとみるべきで、広本の方が整斉されており、文学として鑑賞するには、広本によるのがよいが、鎌倉時代の書物として全容を把握するには、略本にも目配りする必要がある。広本の内容は以下のとおりである。(一)序 人と栖(すみか)の無常。(二)世の不思議 若年以来経験した安元の大火、治承の辻風、福原遷都、養和の飢饉と疫病、元暦の大地震などの天災地変がきわめてリアルに描出されており、長明の筆力と作家的資質を示している。(三)世のありにくさ わが身と栖のはかなさ。(四)わが経歴 父方の祖母の家を継いだが、縁欠け身衰えて庵暮しとなり、五十で出家、大原の奥に五年過ごす。(五)日野山の方丈の庵 室内配置・備品、所のさま、石山への遠出。(六)閑居の気味「手の奴、足の乗物」に頼る清貧独居の楽しさと意義を述べ、「住まずして誰かさとらむ」といい切る。(七)結語 仏の教えは事にふれて執心なかれ、閑寂(かんせき)に着するもさわりなりとあり、「いかゞ要なき楽しみを述べてあたら時を過ぐさむ」と我とわが心に烈しく問いかけるが、「心さらに答ふることなし、たゞかたはらに舌根をやとひて不請阿弥陀仏両三遍申して止みぬ」と、人生の無常と閑居生活の楽しみを強調してきたあとで、生きることの根本について自問自答して、整然たる構成を閉じる。本書最大の難語とされる「不請阿弥陀仏」については、「いやいやながらの念仏」とする文学中心の解のほかに「阿弥陀仏は請わなくても救って下さる」とする仏教に主題を引きつけた解もある。略本・広本同文の箇所もあるが、(二)の世の不思議、(四)のわが経歴、(七)の結語に対応する叙述が略本にはない。『岩波文庫』、『日本古典文学大系』三〇、『日本古典文学全集』二七、『新潮日本古典集成』などに所収。
→鴨長明(かものちょうめい)
[参考文献]
簗瀬一雄『方丈記全注釈』
(西尾 光一)


日本大百科全書
方丈記
ほうじょうき

鎌倉初期の随筆。一巻。鴨長明(かものちょうめい)作。1212年(建暦2)3月成立。書名は長明が晩年に居住した日野の方丈(一丈四方、すなわち約3.3メートル四方)の草庵(そうあん)にちなんだもの。「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」という無常観を表白する流麗な文章に始まり、五つの大きな災厄がまず記述される。京都の3分の1を焼き尽くした安元(あんげん)3年(1177)の大火、治承(じしょう)4年(1180)の旋風、同年、平清盛(きよもり)によって突如強行された福原(現在の神戸市付近)への遷都、養和(ようわ)年間(1181~82)の大飢饉(ききん)、元暦(げんりゃく)2年(1185)の大地震と打ち続く大きな災厄の前にあえなく崩壊していく平安京の光景が迫力ある筆致で描かれる。そして「すべて世の中のありにくく、我が身と栖(すみか)とのはかなくあだなるさま、またかくのごとし」と、この世の無常と、人の命のはかなさが強い語調で結論づけられる。続いて長明に訪れた「折り折りのたがひめ(不遇)」のため、50歳ころ出家、60歳に及び日野に方丈の庵(いおり)を構えるに至った経過が述べられる。庵の周辺は仏道の修養、管絃(かんげん)の修練には好適の地で、そこは長明に世俗の煩わしさから解放された安息を初めて与えた地であり、「仮の庵(いほり)のみのどけくしておそれなし」と賞揚される。しかし、末尾に至り、閑寂な草庵に執着する自らを突然否定し、「不請(ふしゃう)の阿弥陀仏(あみだぶつ)(人に請(こ)われなくとも救済の手を差し伸べてくれる阿弥陀仏の御名の意か)」を唱えて終わる。
 前半でこの世の無常を認識し、後半において草庵の閑居を賞美、かつ末尾ではそれらを否定するという一編の構成はきわめて緊密である。漢文訓読調を混ぜた和漢混交文は力強く、論旨を明快なものとしている。とりわけ五大災厄の描写は緊張した文体で、的確、リアルできわめて印象的である。慶滋保胤(よししげのやすたね)の『池亭記(ちていき)』(982成立)などを倣ったものと考えられるが、『平家物語』(13世紀後半成立か)をはじめ、後の中世文学に大きな影響を与えており、『徒然草(つれづれぐさ)』(1331ころ成立か)と並んで、中世の隠者文学の代表である。大福光寺本は鴨長明の自筆かといわれる写本で、その価値は高い。五大災厄の部分を欠く「略本方丈記」といわれるものもあり、長明の自作とも後人の偽作ともいわれ、定説をみない。
[浅見和彦]


『方丈記』[百科マルチメディア]
『方丈記』[百科マルチメディア]
古活字版 鴨長明(かものちょうめい)作 1647年(正保4)刊 国立国会図書館所蔵


改訂新版・世界大百科事典
方丈記
ほうじょうき

鎌倉時代の随筆。鴨長明(法名〓胤)著。1212年(建暦2)成立。1巻。長明が,晩年日野(京都市伏見区)に構えた方丈(約3m四方)の庵での閑居生活のさまと心境を記す。〈ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶ泡(うたかた)は,かつ消え,かつ結びて,久しくとどまりたるためし無し〉で始まる格調高い文章は,和漢混淆文の完成された形として高く評価されている。《枕草子》や《徒然草》と異なり,構想を慶滋保胤(よししげのやすたね)の《池亭記》(982成立)にならい,短編ながら整然とした構造をもつ。人と住家の無常を述べた序章に続き,その例証として長明が体験した災厄,すなわち安元3年(1177)の大火,治承4年(1180)の辻風(竜巻),同年の福原遷都,養和年間(1181-82)の飢饉,元暦2年(1185)の大地震を挙げる。さらに俗世の居住は他を顧慮しなければならず心の休まることのないものであるといい,零落一方の自分の境涯を回顧して,遁世の後に仮のものとして構えた日野の外山の草庵で,かえって心の赴くままにすごせる現在の閑居のさまをよしとするが,末尾では一転して,その閑居に執着すること自体が往生のさまたげではないかと,みずからの遁世の実質を問いつめたまま,それに答えることなく〈不請(ふしよう)の阿弥陀仏〉を二,三遍となえるというかたちで全編の叙述を終える。《徒然草》とともに広く読まれ,後代文学に与えた影響は大である。

 上記の梗概は〈大福光寺本〉を代表とする広本(叙述の豊富な本)によったが,ほかに五大災厄などの叙述を欠く略本(〈長享本〉〈延徳本〉〈真名本(まなぼん)〉)がある。通説は広本を長明の自作,略本を後人の改作とするが,略本を草稿本,広本を改稿本とする考えも根強い。また,前半の五大災厄のリアルな描写を記録文学として高く評価するもの,そこに古代貴族社会の崩壊を見つめる長明のまなざしを読みとるもの,末尾の文章を厳しい自己凝視と解して評価する説,その部分を閑居賛美のための周到な韜晦(とうかい)とする説,さらには〈心さらに答ふる事なし〉とみずからの問いかけに対して黙した点に維摩経の不二法門品の方法を見いだし,《方丈記》を長明が到達した高度の宗教的境地を表明した作品と見るなど,諸説がある。
[村上 学]

[索引語]
鴨長明
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
方丈記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1160
検索コンテンツ
1. はうぢゃうき【方丈記】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉初期の随筆。鴨長明著。一二一二年(建暦二)成立。前半は天変地異の続く平安末期の混乱した世相を描き、後半では、それを避けて隠棲した日野山(=京都市伏見 ...
2. 『方丈記』
日本史年表
1212年〈建暦2 壬申〉 三月末 鴨長明, 『方丈記』 を著す(広本系同書奥書)。  ...
3. 方丈記画像
日本大百科全書
ある。大福光寺本は鴨長明の自筆かといわれる写本で、その価値は高い。五大災厄の部分を欠く「略本方丈記」といわれるものもあり、長明の自作とも後人の偽作ともいわれ、定 ...
4. 方丈記
世界大百科事典
に答ふる事なし〉とみずからの問いかけに対して黙した点に維摩経の不二法門品の方法を見いだし,《方丈記》を長明が到達した高度の宗教的境地を表明した作品と見るなど,諸 ...
5. ほうじょうき【方丈記】
デジタル大辞泉
鎌倉前期の随筆。1巻。鴨長明著。建暦2年(1212)成立。仏教的無常観を基調に、大風・飢饉(ききん)などの不安な世情や、日野山に閑居した方丈の庵(いおり)での閑 ...
6. ほうじょうき[ハウヂャウキ]【方丈記】
日本国語大辞典
鎌倉前期の随筆。一巻。鴨長明著。建暦二年(一二一二)成立。仏教的無常観を主題に、作者の体験した都の生活の危うさ・はかなさを、大火・辻風・飢饉・疫病・地震・遷都等 ...
7. ほうじょうき【方丈記】
国史大辞典
二七、『新潮日本古典集成』などに所収。 →鴨長明(かものちょうめい) [参考文献]簗瀬一雄『方丈記全注釈』 (西尾 光一)  ...
8. 方丈記
日本古典文学全集
大地震など)や飢饉、遷都などが、和漢混交文で簡明に書かれている。一丈四方(方丈)の狭い庵を結んだことから、「方丈記」という。 ...
9. ほうじょうきしき【方丈記私記】
デジタル大辞泉
堀田善衛の著作。20代で東京大空襲を体験した著者がリアリストとしての鴨長明を再発見し「方丈記」の新たな読みを試みた作品。昭和46年(1971)刊行。第25回毎日 ...
10. ほうじょうきひょうしゃく【方丈記評釈】
デジタル大辞泉
内海弘蔵の著作。大正5年(1916)刊行。  ...
11. 『方丈記』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
古活字版 鴨長明(かものちょうめい)作 1647年(正保4)刊 国立国会図書館所蔵 ...
12. あい・す【愛す】
全文全訳古語辞典
あやす。 ❸物事に強い好感の情をもつ。好む。大切にする。 「いま、草庵を愛するもとがとす」〈方丈記・みづから心に問ふ〉(仏のお教えは、何事にも執着するなという) ...
13. あい‐・する【愛】
日本国語大辞典
む方无(な)く微妙なれ、愛して、手裏(てのうち)に居(すゑ)て差上げ差下し、暫く見る程に」*方丈記〔1212〕「今、さびしきすまひ、一間(ひとま)の菴(いほり) ...
14. アウト‐ロー
日本国語大辞典
本健吉〉「世の良識からはみ出した、いわばアウト・ロウの文学の極端な場合とも思えるのである」*方丈記私記〔1970〜71〕〈堀田善衛〉二「社会から斥けられた法外者 ...
15. あか‐だな【閼伽棚】画像
日本国語大辞典
載せる棚。あかのたな。*今昔物語集〔1120頃か〕二〇・三九「閼伽棚の下に、花柄多く積たり」*方丈記〔1212〕「南、竹の簀子(すのこ)を敷き、その西にあかだな ...
16. あから‐さま
日本国語大辞典
二条の院にだに、あからさまにも渡り給はず」*色葉字類抄〔1177〜81〕「白地 アカラサマ、偸閑 同」*方丈記〔1212〕「おほかた、この所に住みはじめし時は、 ...
17. あき【秋】
全文全訳古語辞典
陰暦の七・八・九月をいう。 「秋は、ひぐらしの声、耳に満てり。うつせみの世をかなしむほど聞こゆ」〈方丈記・境涯〉秋は、ひぐらしの声が、耳に満ちる(ほど聞こえる) ...
18. あ・く【明く】
全文全訳古語辞典
「明くる年は立ち直るべきかと思ふほどに、あまりさへ疫癘うち添ひて、まさざまに、あとかたなし」〈方丈記・飢渇〉翌年は(飢饉にも)立ち直ることができるかと思っている ...
19. あ・く【飽・厭・倦】
日本国語大辞典
1〜14頃〕胡蝶「すこし心にくせありては、人にあかれぬべき事なむおのづからいできぬべきを」*方丈記〔1212〕「魚は水にあかず。いをにあらざれば、その心を知らず ...
20. あ・く【飽く】
全文全訳古語辞典
またこんなふうに。❷望みなどが満たされすぎていやになる。あきあきする。あきる。 「魚は水にあかず」〈方丈記・閑居の気味〉魚は水にあきあきしていやになることがない ...
21. あげ‐て【挙─・上─】
日本国語大辞典
110頃〕八「凡そ紕(まが)ひ紊(みだ)れたる所、胡(いか)んぞ勝(アケ)て言ふ可けむや」*方丈記〔1212〕「いはむや所により身の程にしたがひつつ、心をなやま ...
22. あげ-て【挙げて】
全文全訳古語辞典
〔副詞〕いちいち取り上げて。残らず。 「心を悩ます事は、あげて数ふべからず」〈方丈記・世にしたがへば〉(人それぞれに)心を悩ます事は、一つ一つ数えあげることがで ...
23. あさ【麻】画像
日本国語大辞典
衣類の総称。→あさ(麻)の衣(きぬ)・あさ(麻)の衣(ころも)・あさ(麻)の喪服(みそ)。*方丈記〔1212〕「藤の衣、あさのふすま、得るにしたがひて肌(はだへ ...
24. あさ-ひ【朝日】
全文全訳古語辞典
」〈枕草子・九月ばかり〉(夜降った雨があがり)朝日がたいそうくっきりと(東の空に)出た時に。方丈記 ゆく河の(3) 「こぞ」知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより ...
25. あし の 乗物(のりもの)
日本国語大辞典
馬や車などの乗物がなくて、足で歩くこと。また、その場合の足。*方丈記〔1212〕「今、一身をわかちて二(ふたつ)の用をなす。手の奴、あしののりもの、よくわが心に ...
26. あ-じ【阿字】画像
全文全訳古語辞典
不生不滅であることを表すとする。 「額に阿字を書きて、縁を結ばしむるわざをなむせられける」〈方丈記・飢渇〉(死者の)額に「阿」の字を書いて、阿字本不生の仏縁を結 ...
27. あじき‐な・い[あぢき‥]【味気無】
日本国語大辞典
あまりならんは、さばかりありがたうめでたかりける御心の深さも、今更にあぢきなくや言ひなされ給はん」*方丈記〔1212〕「さしもあやふき京中の家をつくるとて、宝を ...
28. あたい[あたひ]【価・値】
日本国語大辞典
あたひ)を不限(かぎら)ず玉を買ひ取て、本の寺の仏に返し奉り給て、盗人をば免(ゆる)しつ」*方丈記〔1212〕「頼むかたなき人は、自らが家をこぼちて、市に出でて ...
29. あた・う[あたふ]【能】
日本国語大辞典
*今昔物語集〔1120頃か〕二・四〇「程遙にして輙(たやす)く来り給はむに不能(あたは)じ」*方丈記〔1212〕「おのれが身、数ならずして、権門のかたはらにをる ...
30. あた・ふ【能ふ】
全文全訳古語辞典
にあたはず」の形で)可能である。できる。 「深く喜ぶことあれども、大きに楽しむにあたはず」〈方丈記・世にしたがへば〉心から喜ぶことがあっても、思いきって楽しく振 ...
31. あたま=に[=へ]来(く)る
日本国語大辞典
〉一番鶏・一「ふとあたまへ来たのは、目を覚ますすぐ前までみてゐたやうな気のする夢だった」*方丈記私記〔1970〜71〕〈堀田善衛〉四「食い物の豊富かつ空襲から安 ...
32. あたら【惜・可惜】
日本国語大辞典
氏物語〔1001〜14頃〕朝顔「いでや、御すき心のふりがたきぞ、あたら御疵(きず)なめる」*方丈記〔1212〕「いかが要なき楽しみを述べて、あたら時を過ぐさむ」 ...
33. あだ【徒】
日本国語大辞典
14〕哀傷・八六〇「露をなどあだなる物と思ひけむわが身もくさにおかぬばかりを〈藤原惟幹〉」*方丈記〔1212〕「我が身と栖との、はかなく、あだなるさま、またかく ...
34. あだ【徒】
全文全訳古語辞典
はかない。もろい。 「すべて世の中のありにくく、我が身とすみかとの、はかなくあだなるさま」〈方丈記・世にしたがへば〉すべてこの世の中が暮らしにくく、自分の身と住 ...
35. あぢき-な・し
全文全訳古語辞典
もならず)無益である。むなしい。 「宝を費やし心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞ侍る」〈方丈記・安元の大火〉財産を浪費し心を悩ませることは、とりわけ無益なこ ...
36. あ・つ【当つ】
全文全訳古語辞典
とすつもりだ。❹(視線などを)向ける。 「変はりゆくかたち有様、目もあてられぬこと多かり」〈方丈記・飢渇〉(死体が腐乱して)変わっていく様子(など)、目を向ける ...
37. あつ・し【厚し】
全文全訳古語辞典
❷(愛情や恩恵が)深い。十分である。 「人の奴たる者は、賞罰はなはだしく恩顧あつきを先とす」〈方丈記・閑居の気味〉人に召し使われる者は、褒美が多く恩恵が多い方を ...
38. あ・てる【当・中・充・宛】
日本国語大辞典
致すべく候」(5)(「目をあてる」の形で用いる)ある物に視線を向ける。多く打消を伴って用いる。*方丈記〔1212〕「くさき香(か)世界にみち満ちて、変りゆくかた ...
39. あと【跡】
全文全訳古語辞典
かき消ちて失せにしか」〈源氏・帚木〉(女は)跡形もなく姿を消していなくなってしまった。❹行方。行く先。 方丈記 境涯(1) 今、日野山の奥に 「つぎめ」今、日野 ...
40. あとかた (も)無(な)い
日本国語大辞典
(いそ)ぎ返て見ければ、其の家跡形も无(な)かりければ」*方丈記〔1212〕「あまりさへ疫癘(えきれい)うちそひて、まささまに、あとかたなし」*玉塵抄〔156 ...
41. あと の 白波(しらなみ)
日本国語大辞典
とつけて、いみじう小さきに乗りて漕ぎありく。〈略〉あとの白浪は、まことにこそ消えもて行け」*方丈記〔1212〕「若(もし)、あとのしらなみに、この身を寄する朝( ...
42. あと を 隠(かく)す
日本国語大辞典
毒」(ロ)人目につかないようにゆくえをくらます。または、俗世間を離れて隠遁(いんとん)の境涯に入る。*方丈記〔1212〕「いま、日野山の奥にあとをかくしてのち」 ...
43. あと を 留(とど・と)む
日本国語大辞典
とのみあととむべうこそおぼえね」(2)以前あったままに残しておく。痕跡(こんせき)を残す。*方丈記〔1212〕「つひにあととむる事を得ず、三十あまりにして、更に ...
44. あどなし‐ごと【─事】
日本国語大辞典
〔名〕あどけないこと。たわいないたわむれ。*兼良本方丈記〔1212〕「武者独子(ひとりこ)の六七ばかりに侍りしが、築地の覆ひの下に、小家を作りて、はかなげなるあ ...
45. あはれ・む
全文全訳古語辞典
〔他動詞マ行四段〕ま・み・む・む・め・め「あはれぶ」に同じ。 「梟の声をあはれむにつけても」〈方丈記・勝地は主なければ〉フクロウの鳴き声を趣深いと感じるにつけて ...
46. あま・す【余】
日本国語大辞典
まさじと一もんじに切りかかる」(3)除外する。(イ)(主として受身の形で用い)もてあます。*方丈記〔1212〕「時を失ひ、世にあまされて、期(ご)する所なきもの ...
47. あま・す【余す】
全文全訳古語辞典
❶余計なものとして取り残す。 「時を失ひ世に余されて、期する所なき者は、愁へながら止まり居り」〈方丈記・都遷り〉(出世の)機会を失い世に取り残されて、前途に期待 ...
48. あまね・し【遍・普】
日本国語大辞典
このわたりをばあやにくに情無く」*大日経治安二年点〔1022〕五「四方の相重なり普(アマネシ)」*方丈記〔1212〕「火の光に映じて、あまねく紅なる中に」*太平 ...
49. あまり【余】
日本国語大辞典
背の長さ七尺(ひろ)余(アマリ)」*源氏物語〔1001〜14頃〕帚木「ななとせあまりがほどに」*方丈記〔1212〕「よそぢあまりの春秋をおくれるあひだに」(2) ...
50. あまり‐さえ[‥さへ]【剰─】
日本国語大辞典
さらによけいに加わる意を表わす。そればかりか余分に。そのうえ。おまけに。あまっさえ。あまつさえ。あまさえ。*方丈記〔1212〕「明くる年は立ち直るべきかと思ふほ ...
「方丈記」の情報だけではなく、「方丈記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

方丈記と同じ随筆カテゴリの記事
方丈記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代の随筆。著者鴨長明。一巻。広本と略本三種とがあり、広本の奥に、建暦二年(一二一二)三月末桑門の蓮胤(長明の法号)が外山(京都市伏見区日野の法界寺の南)の庵で執筆したとある。広本には、大福光寺本(重要文化財)などの古本系と嵯峨本などの流布本系の諸本があり
随筆と同じカテゴリの記事をもっと見る


「方丈記」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る