1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 浄瑠璃
  10. >
  11. 文楽座
日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

日本国語大辞典
ぶんらく‐ざ【文楽座】

解説・用例

人形浄瑠璃の劇場。寛政年間(一七八九〜一八〇一)淡路の人、植村文楽軒が大坂道頓堀ではじめた操人形一座にはじまる。初め高津橋南詰西浜側に創始し、のち、大坂地内を転々として、明治五年(一八七二)大阪松島新地に移り文楽座を名のった。同一七年平野町の御霊神社境内に移転、昭和五年(一九三〇)佐野屋橋畔の近松座に改装移転し、さらに同三一年、道頓堀の弁天座跡に新築移転したが、同三八年、文楽協会の設立とともに朝日座と改称された。同五九年、国立文楽劇場の開設とともに廃座。現在、劇団の通称名として残る。

発音

〓[0]〓[0]




日本大百科全書
文楽座
ぶんらくざ

人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場名および劇団名。淡路出身の植村(うえむら)文楽軒が寛政(かんせい)年間(1789~1801)に大坂高津橋(こうづばし)そばに浄瑠璃の小屋を設けたのが始めで、のち4世文楽翁が1872年(明治5)に大阪松島に移り「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げた。文楽座の座名はここに始まる。84年2世豊沢(とよさわ)団平らの彦六(ひころく)座が大阪博労町稲荷(ばくろうちょういなり)境内(けいだい)に開場したため、対抗上御霊(ごりょう)神社境内に移転、以後、御霊文楽とよばれた。以来文楽座の全盛時代を迎えたが、座主の失敗のため1909年(明治42)に経営は松竹合名会社に譲渡された。松竹は新しい興行形式で出発したが、26年(大正15)に御霊文楽座が焼失。30年(昭和5)に四ツ橋の旧近松座を改装して開場し大いに栄えたが、45年に第二次世界大戦中の空襲でふたたび焼失した。翌年2月いち早く復興したが、戦後の混乱で劇団としての文楽座は因(ちなみ)会と三和(みつわ)会の二派に分裂し、15年にわたり苦難の時期を過ごした。その間56年、道頓堀(どうとんぼり)に文楽座が新築移転して因会の本拠となったが、劇団の経営が振るわなくなったため、ついに63年その運営は松竹から財団法人文楽協会に引き継がれ、両派は合同、文楽座は朝日座と改称した。以来文楽座は劇団名としてのみ存続していたが、84年4月、大阪日本橋(にっぽんばし)に国立文楽劇場が開場し、文楽の専用劇場としての役割を果たすことになった。
[山本二郎]



改訂新版・世界大百科事典
文楽座
ぶんらくざ

人形浄瑠璃の劇場名。淡路から大坂へ出た植村文楽軒は,寛政期(1789-1801)に人形浄瑠璃を始めたという。そして1811年(文化8)のころには,〈文楽の芝居〉と呼ばれていた。しかし座名としての〈文楽座〉は,博労町から松島へ移転した72年(明治5)に始まる。この松島文楽座は,彦六座との対抗上,84年に御霊神社の境内へ引っ越して文楽座の全盛期を招来するが,座主の失敗から1909年に経営権は松竹へ譲渡された。そして26年に出火全焼したあとは,四ッ橋の旧近松座が改装されて30年に開場する。この劇場は45年の空襲で焼失,翌年再建されて55年まで公演を続けた。道頓堀に朝日座が建築された際,同劇場は人形浄瑠璃の公演に限って文楽座と名のった。だが,それも第1回公演の56年1月から63年7月までで,以後は朝日座に統一されたため,文楽座の名称は消滅した。明治から100年近い歳月の間,人形浄瑠璃の殿堂として,文楽座の果たした役割は大きい。なお1885年,東京浅草に文楽座が建築され,人形浄瑠璃の東上公演が行われたこともある。
[倉田 喜弘]

[索引語]
植村文楽軒 近松座 朝日座
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
文楽座の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 165
検索コンテンツ
1. 文楽座
日本大百科全書
設けたのが始めで、のち4世文楽翁が1872年(明治5)に大阪松島に移り「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げた。文楽座の座名はここに始まる。84年2世豊沢(とよさ ...
2. 文楽座
世界大百科事典
いた。しかし座名としての〈文楽座〉は,博労町から松島へ移転した72年(明治5)に始まる。この松島文楽座は,彦六座との対抗上,84年に御霊神社の境内へ引っ越して文 ...
3. ぶんらく‐ざ【文楽座】
デジタル大辞泉
淡路の植村文楽軒が大坂高津橋南詰に開いた浄瑠璃小屋が母体。明治5年(1872)松島に移転して文楽座と称した。のち、御霊神社境内、四ツ橋、道頓堀と移転、その間に経 ...
4. ぶんらく‐ざ【文楽座】
日本国語大辞典
初め高津橋南詰西浜側に創始し、のち、大坂地内を転々として、明治五年(一八七二)大阪松島新地に移り文楽座を名のった。同一七年平野町の御霊神社境内に移転、昭和五年( ...
5. ぶんらくざ【文楽座】
国史大辞典
地芝居の復活を認める政令によって、この地に小屋を移した四代目は、「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板をかかげた。文楽座という名称が正式に使用されたのはこのときが最初で ...
6. 朝日座
世界大百科事典
大阪の劇場。1956年に松竹によって道頓堀文楽座として建てられたが,松竹が文楽の経営を放棄して財団法人文楽協会が設立されたあとの63年8月に朝日座と改称した。収 ...
7. あさひ‐ざ【朝日座】
日本国語大辞典
のち映画封切館となり、昭和二〇年(一九四五)空襲で焼失。〔二〕大阪の人形浄瑠璃劇場。昭和三八年(一九六三)文楽座を改称。同五九年に国立文楽劇場に吸収された。 ...
8. あさひざ【朝日座】
歌舞伎事典
 大阪の劇場。昭和三一(1956)年に松竹によって道頓堀文楽座として建てられたが、松竹が文楽の経営を放棄して財団法人文楽協会が設立されたあとの昭和三八年八月に朝 ...
9. あやつりざ【操座】画像
国史大辞典
新築した。これが明治五年(一八七二)松島に移って文楽座と称した。同十七年彦六座が出現、以後文楽・彦六両座対抗の活況を呈したが大正三年(一九一四)文楽座に統一され ...
10. あやつり‐しばい[‥しばゐ]【操芝居】画像
日本国語大辞典
どとも呼ばれたが、明治時代以降は「人形浄瑠璃」と呼ぶことが一般的となった。竹本座、豊竹座から文楽座に受け継がれ、現在では文楽とも呼ばれる。 ...
11. あわじにんぎょう【淡路人形】
国史大辞典
通して演ずる。人形は大型(明治二十年ごろから)で、演出は大道具のからくりを駆使する派手なものである。文楽座に比べて、古い作品が、比較的古態を崩さず伝承されている ...
12. うえむら‐ぶんらくけん【植村文楽軒】
日本国語大辞典
江戸後期の操り芝居の興業師。〔一〕初世。淡路の人。本名柾木大蔵。文楽軒の人形芝居(のちの文楽座)の創始者。宝暦元〜文化七年(一七五一〜一八一〇)〔二〕三世(二世 ...
13. 植村文楽軒
日本大百科全書
区松島に「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げ、やがて斯界(しかい)の指導的地位を占め、文楽中興の祖とうたわれた。6世のとき経営不振となり、1909年(明治42) ...
14. 植村文楽軒
世界大百科事典
1751-1810(宝暦1-文化7) 人形浄瑠璃文楽の芝居(後の文楽座)の創始者。本名正井(一説に征木(まさき))与兵衛。淡路国仮屋(一説に阿波国)出身。竹本座 ...
15. うえむら‐ぶんらくけん【植村文楽軒】
デジタル大辞泉
人形浄瑠璃の文楽座座元。 〓(初世)[1751~1810]江戸時代後期の人。大坂に人形浄瑠璃座「高津(こうづ)新地の席」を創設 ...
16. うえむら-ぶんらくけん【植村文楽軒(初代)】
日本人名大辞典
寛政のころ大坂にでて,文化2年ごろ「高津(こうづ)新地の席」という人形浄瑠璃の小屋をひらく。のちの文楽座のはじまりで,6年北堀江市の側に小屋をうつした。文化7年 ...
17. うえむら-ぶんらくけん【植村文楽軒(4代)】
日本人名大辞典
天保(てんぽう)の改革で宮地芝居が禁止され各地を転々としたが,明治5年大阪松島新地に官許人形浄瑠璃文楽座の看板をかかげて興行。のち御霊神社境内に移転。文楽中興の ...
18. うえむら-ぶんらくけん【植村文楽軒(6代)】
日本人名大辞典
植村文楽軒5代の子。竹本摂津大掾(だいじょう)を中心に人形浄瑠璃文楽座の全盛時代をむかえるが,事業に失敗。経営不振から明治42年文楽座を松竹合名にゆずりわたした ...
19. 江戸時代(年表)
日本大百科全書
許可1801(享和1)8月 『鎖国論』(ケンペルの『日本見聞記』の抄訳)。このころ植村文楽軒、文楽座の基礎をつくる1802(享和2)化政文化時代始まる。十返舎一 ...
20. おおえ-みのすけ【大江巳之助(4代)】画像
日本人名大辞典
昭和-平成時代の文楽人形師。明治40年5月4日生まれ。徳島県鳴門の人形師の家に生まれる。大阪で修業し,昭和5年文楽座の座付き人形師となり,4代巳之助をつぐ。15 ...
21. 大阪(市)画像
日本大百科全書
道頓堀の竹本座や豊竹座で興行、全盛を極めた。その後一時衰退したが植村文楽軒(うえむらぶんらくけん)が再興、文楽座で興行したところから人形浄瑠璃を文楽とよぶように ...
22. おとめ‐ぶんらく[をとめ‥]【少女文楽・乙女文楽】
日本国語大辞典
〔名〕少女が人形遣いとなり、一人遣いで操る人形浄瑠璃。昭和三年(一九二八)大阪で、文楽座の人形遣い桐竹門造が始めた。現在も神奈川県内にその名が残る。 ...
23. きりたけ-かめまつ【桐竹亀松(4代)】
日本人名大辞典
台。昭和17年4代を襲名。「壇浦兜軍記」の阿古屋,「本朝廿四孝」の八重垣姫などを得意とした。文楽座人形部代表。昭和63年8月20日死去。82歳。大阪出身。本名は ...
24. 桐竹紋十郎
日本大百科全書
1876年(明治9)大阪に帰り文楽座に入り桐竹亀松を名のる。まもなく父の名跡門十郎を継いだが、一部の反対で亀松に戻り、翌77年に紋十郎と改名した。もともと立役遣 ...
25. 桐竹紋十郎
世界大百科事典
 本名小林福太郎。幕末の名手,初世桐竹門十郎の子で若くして親元を離れ,信州や江戸で修業した。文楽座に復帰して桐竹亀松を継ぎ,1876年門十郎を名のったが故あって ...
26. きりたけ‐もんじゅうろう[‥モンジフラウ]【桐竹紋十郎】
日本国語大辞典
初世。文楽の人形遣い。桐竹門十郎の子。大坂の人。江戸で修業し、大坂にもどって文楽座にはいる。派手な芸風で、明治期の代表的人形遣い。女形を得意とした。明治四三年( ...
27. きりたけもんじゅうろう【桐竹紋十郎】
国史大辞典
生年未詳。十三歳で三代目吉田辰造に入門、東京で修業して明治九年(一八七六)三月帰阪、門十郎の名跡で文楽座に出演、同七月に紋十郎と改めて吉田玉造の抗議にあい、九月 ...
28. きりたけ-もんじゅうろう【桐竹紋十郎(初代)】
日本人名大辞典
月生まれ。桐竹門十郎の子。3代吉田辰造に入門。江戸で修業したあと大坂にもどり,桐竹亀松の名で文楽座に出演。明治9年門十郎を襲名し,翌年紋十郎と改名。女方遣いの派 ...
29. きりたけ-もんじゅうろう【桐竹紋十郎(2代)】画像
日本人名大辞典
昭和2年2代紋十郎を襲名。戦後三和(みつわ)会をひきい,女方,立役(たちやく)の双方をこなし,文楽座の中心として活躍した。40年人間国宝。44年文化功労者。昭和 ...
30. きりたけ-もんぞう【桐竹紋三】
日本人名大辞典
1880−1922 明治-大正時代の文楽人形遣い。明治13年生まれ。20歳のときから大阪文楽座につとめ,荒事を得意とした。大正11年8月19日大阪市内土佐堀川で ...
31. きりたけ-もんぞう【桐竹門造(4代)】
日本人名大辞典
3代桐竹門造の門弟。明治2年大阪の竹田座に出演。彦六座,稲荷(いなり)座,明楽座などの非文楽座系の舞台をつとめ,38年からは文楽座に出演。立役(たちやく),女方 ...
32. 義太夫節
日本大百科全書
れていた人形芝居に、1805年(文化2)新しく植村文楽軒(うえむらぶんらくけん)の芝居(後の文楽座)も開場した。改めて人形芝居は、夢多き娯楽産業となった。そして ...
33. 義太夫節
世界大百科事典
義太夫もさかんで,いずれも寄席を中心に活躍した。明治から大正にかけては,松島から御霊へ移った文楽座と,彦六座など非文楽系の対立から,やがて松竹による統合経営とな ...
34. ぎだゆうぶし【義太夫節】
歌舞伎事典
旧作の繰り返し上演のうちに、芸に磨きをかける伝承期に入っていく。明治から大正にかけては、一八世紀末にはじまる文楽座の系統と、彦六座など非文楽系の対立、さらに戦後 ...
35. 義太夫節の大夫と三味線
日本大百科全書
このあたりの呼吸が相三味線としていちばんむずかしい。 古靭太夫や土佐太夫が活躍した昭和初期、文楽座の櫓下(やぐらした)は3世竹本津太夫であった。豪快な芸風を誇っ ...
36. くるまむら【来馬村】兵庫県:津名郡/東浦町
日本歴史地名大系
銭は、本駄賃二五文・軽尻一六文・夫一人一二文(「島内本駄賃軽尻夫賃定書」佐野家文書)。大坂で文楽座を開いた植村文楽軒の妻てるは当村森の出身。文楽軒没後の文政三年 ...
37. 劇場画像
世界大百科事典
に前記の築地小劇場,25年の歌舞伎座とつづく。25年に新たに新橋演舞場,30年に大阪四ッ橋の文楽座や東京劇場,32年に大阪歌舞伎座,33年に有楽町の日本劇場,3 ...
38. げきじょう【劇場】
歌舞伎事典
翌一四年の歌舞伎座とつづく。大正一四年に新たに新橋演舞場、昭和五(1930)年に大阪四ッ橋の文楽座・東京劇場、昭和七年に大阪歌舞伎座、昭和八年に有楽町の日本劇場 ...
39. 興行
世界大百科事典
椅子席として観劇の仕組を改革したり,また植村文楽軒の操芝居が,大阪博労町の稲荷社境内から松島に移って,文楽座と名のって興行をしたのが,ともに明治5年のことである ...
40. ごりょうじんじゃ【御霊神社】大阪府:大阪市/東区/津村北之町地図
日本歴史地名大系
文政六年(一八二三)には女義太夫の興行があった(摂陽奇観)。明治になると境内に隣接して植村家が文楽座を開場し、大正一五年(一九二六)焼失するまで御霊文楽として市 ...
41. さんだい【三代】 : 竹本大隅太夫/(三)
国史大辞典
目襲名。同時に名人二代目豊沢団平を相三味線に迎え、明治二十三年、文楽座に対立する彦六座の紋下(座頭に相当)。団平の死後、文楽座に走るなど進退を誤ったといわれる行 ...
42. さんだい【三代】 : 竹本長門太夫/(三)
国史大辞典
通称河堀口(こぼれくち)。天保・弘化期には浄瑠璃界に重きをなし、安政二年(一八五五)以後没時まで文楽座紋下。嘉永四年(一八五一)江戸下りの際、官許の操り座結城座 ...
43. さんだい【三代】 : 吉田辰五郎/(三)
国史大辞典
安政四年(一八五七)三代目を襲名、以来立役と女形をかね立者となった。明治五年(一八七二)松島文楽座に出勤、十七年彦六座の人形座頭となった。二十三年没。  ...
44. さんだい【三代】 : 吉田玉造/(二)
国史大辞典
助に入門して松島の文楽座で初舞台を踏み、同三十年に稲荷座の立者となり、四十二年堀江座で三代目を継いだが、四十五年玉蔵と改めた。大正四年(一九一五)竹本越路太夫に ...
45. 松竹(株)画像
日本大百科全書
創業とし、1902年(明治35)、二人の名をあわせた松竹合名社を設立。京都の南座(みなみざ)、大阪の文楽座、東京の歌舞伎(かぶき)座など、東西の主だった劇場と、 ...
46. 松竹[株]
世界大百科事典
務所を設け,18年には浅草の娯楽街へ進出,風雲児ぶりを発揮した。また,その間に白井は,大阪の文楽座や,浪花座,中座,角座,朝日座と道頓堀の興行街を制圧,直営とし ...
47. しょうちく【松竹】
歌舞伎事典
設け、加えて大正七年には、浅草の娯楽街へ進出、風雲児ぶりを発揮した。また、その間に白井は、大阪の文楽座や、浪花座・中座・角座・朝日座と道頓堀の興行街を制圧、直営 ...
48. 松竹演劇塾[付録]
歌舞伎事典
延若)が、杣には仁左衛門、簑助、菊次郎、吉三郎がつき合っている。その後も、京都・南座、大阪・文楽座、中座、産経会館などを会場にして、毎回一‐二日程度の公演を、昭 ...
49. しょだい【初代】 : 桐竹紋十郎/(一)
国史大辞典
生年未詳。十三歳で三代目吉田辰造に入門、東京で修業して明治九年(一八七六)三月帰阪、門十郎の名跡で文楽座に出演、同七月に紋十郎と改めて吉田玉造の抗議にあい、九月 ...
50. しょだい【初代】 : 吉田栄三/(一)
国史大辞典
主に彦六座に出勤、同二十五年同座で栄三と改名、三十一年に御霊(ごりょう)文楽座に移り、その後明楽座と掛持ちで勤めたが、三十五年以後は文楽座勤務に終始して活躍した ...
「文楽座」の情報だけではなく、「文楽座」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

文楽座と同じ浄瑠璃カテゴリの記事
じょう‐るり[ジャウ‥]【浄瑠璃】(日本国語大辞典)
(1)仏語。清浄、透明な瑠璃。また 清浄なもののたとえ。(2)平曲・謡曲などを源流とする音曲語り物の一つ。室町時代の末に、広く民衆に迎えられた琵琶や扇拍子を用いた新音曲の中、牛若丸と浄瑠璃姫との恋物語を内容とする「浄瑠璃物語(十二段草子)」が流行したところから
古浄瑠璃(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
竹本義太夫と近松門左衛門の提携による新しい浄瑠璃に対して、それ以前の浄瑠璃をいう。従来、貞享二年(一六八五)竹本座二の替り興行の『出世景清』(近松作)を新浄瑠璃のはじめとする説(『外題年鑑』など)が多く行われた。浄瑠璃史の上ではそのころから完成期に入り
竹本義太夫(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
義太夫節の開祖で、竹本座の創設者。大坂・天王寺村の農家に生まれ、幼名を五郎兵衛という。早くから井上播磨掾の浄瑠璃にあこがれ、播磨の門弟清水理兵衛が『上東門院』を興行した際、そのワキを勤めた。1677年(延宝5)京都四条河原の宇治座『西行物語』に出演して嘉太夫
太夫(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
ある種の芸能人、神職、遊女などの称号または敬称。大夫とも書く。元来は中国の官制に倣った官位の一種で、五位の称である。古代に、五位の者が儀式およびそれに伴う芸能をつかさどったことから、転じて、神事芸能を奉仕する神職や芸能人の称となった。神事舞太夫、猿楽の太夫
植村文楽軒(改訂新版・世界大百科事典)
人形浄瑠璃文楽の芝居(後の文楽座)の創始者。本名正井(一説に征木)与兵衛。淡路国仮屋(一説に阿波国)出身。竹本座,豊竹座廃絶後の寛政年間(1789-1801)に大坂に出て,道頓堀の東,高津橋南詰西の浜側に人形浄瑠璃の席を開いた。〈文楽軒〉は本人の素人義太夫の芸名
浄瑠璃と同じカテゴリの記事をもっと見る


「文楽座」は文化に関連のある記事です。
その他の文化に関連する記事
文楽座(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
人形浄瑠璃の劇場。寛政年間(一七八九〜一八〇一)淡路の人、植村文楽軒が大坂道頓堀ではじめた操人形一座にはじまる。初め高津橋南詰西浜側に創始し、のち、大坂地内を転々として、明治五年(一八七二)大阪松島新地に移り文楽座を名のった。同一七年平野町の御霊神社境内に移転
植村文楽軒(改訂新版・世界大百科事典)
人形浄瑠璃文楽の芝居(後の文楽座)の創始者。本名正井(一説に征木)与兵衛。淡路国仮屋(一説に阿波国)出身。竹本座,豊竹座廃絶後の寛政年間(1789-1801)に大坂に出て,道頓堀の東,高津橋南詰西の浜側に人形浄瑠璃の席を開いた。〈文楽軒〉は本人の素人義太夫の芸名
太夫(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
ある種の芸能人、神職、遊女などの称号または敬称。大夫とも書く。元来は中国の官制に倣った官位の一種で、五位の称である。古代に、五位の者が儀式およびそれに伴う芸能をつかさどったことから、転じて、神事芸能を奉仕する神職や芸能人の称となった。神事舞太夫、猿楽の太夫
竹本義太夫(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
義太夫節の開祖で、竹本座の創設者。大坂・天王寺村の農家に生まれ、幼名を五郎兵衛という。早くから井上播磨掾の浄瑠璃にあこがれ、播磨の門弟清水理兵衛が『上東門院』を興行した際、そのワキを勤めた。1677年(延宝5)京都四条河原の宇治座『西行物語』に出演して嘉太夫
久米舞(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
宮廷儀式に用いる国風歌舞の一つ。その起源は、早く王権に服属した古代の久米一族の風俗歌舞にあるといわれる。のちにこの久米集団は大伴連のもとで来目部(久米部)を形成し、主として戦闘に携わったが、その勇猛さは『日本書紀』と『古事記』神武天皇の条にみえる一連の来目歌
文化に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る