1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 万葉集
  10. >
  11. 上代特殊仮名遣い
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
上代特殊仮名遣い
じょうだいとくしゅかなづかい

7、8世紀の日本語文献には、後世にない仮名の使い分けがあり、それは発音の違いに基づくというもの。キケコソトノヒヘミメモヨロおよびその濁音ギゲゴゾドビベの万葉仮名は、それぞれ二つのグループ(橋本進吉の命名により甲類、乙類とよんでいる)に分類でき、グループ間で混用されることがない。たとえば、美、弥などは(三)、ル(見)、カ(上、髪)などのミを表すのに用い、未、微、尾などは(身)、ル(廻)、カ(神)などのミを表すのに用いている(前者をミの甲類、後者をミの乙類という)。
 このような2類の区別は、漢字音の研究などにより、当時の日本語の音韻組織が後世とは異なっていた事実の反映と認められる。発音上どのような差異があったのかという点では諸説があり、母音体系の解釈についても定説がない。『古事記』には他の文献にはないモの2類の区別があり、ホとボにも区別した痕跡(こんせき)がうかがわれることから、オ段に関してはほぼ各行に2類の区別が認められることとなり、現在の音に近い[o]と、中舌母音の[〓]のような2種の母音が存在したと推定する説が有力である。イ段、エ段ではカガハバマという偏った行にしか2類の使い分けがないことから、オ段と同様に2種の母音の存在を想定する説(甲類は現在の音に近い単母音、乙類は二重母音または中舌母音とする説が多い)には、やや説得力に欠ける点があり、子音の口蓋(こうがい)化と非口蓋化による差異とする説も唱えられている。このような万葉仮名の使い分けは、畿内(きない)では8世紀後半以降しだいにあいまいになり、9世紀にはほとんど失われてしまった。『万葉集』の東歌(あずまうた)、防人歌(さきもりうた)の伝える東国方言では、かなり多く2類の混同がみえる。
 この言語事象の指摘は、本居宣長(もとおりのりなが)に始まり、石塚龍麿(たつまろ)がさらに詳しく調査し、2類の間に画然とした区別のあることを『仮名遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)』に著した。この書は写本として伝わり、橋本進吉が独自の研究で再発見して、この説に訂正を加えて紹介公表するとともに、単なる仮名遣いではなく、音韻の差異による書き分けであることを明らかにした。この発見は文法や語彙(ごい)にも及び、たとえば、動詞四段活用の已然(いぜん)形「行け」と命令形「行け」、「上(かみ)」と「神(かみ)」はそれぞれ発音が違っていたことが知られ、上代日本語の研究は飛躍的に進歩した。なお、橋本進吉はエの2類の区別も含めたが、これはア行とヤ行の区別であって、前述のものとは性質を異にする。
[沖森卓也]



改訂新版・世界大百科事典
上代特殊仮名遣い
じょうだいとくしゅかなづかい

奈良時代およびそれ以前の万葉仮名の使用に見いだされる,特殊な仮名遣い。平安時代の平仮名,片仮名では区別して書き分けることのない仮名〈き・ひ・み〉〈け・へ・め〉〈こ・そ・と・の・よ・ろ〉(《古事記》では〈も〉も)と〈え〉の13(《古事記》では14)と,それらのうち濁音のあるもの〈ぎ・び〉〈げ・べ〉〈ご・ぞ・ど〉の7に当たる万葉仮名に,甲・乙2類があって,語によってこの2類は厳格に区別して用いられた事実を指す。たとえば,〈き〉に当たる万葉仮名は,〈支・伎・岐・吉・企・枳・寸・来〉などの一群が〈き〉の甲類と呼ばれ,〈秋(あき)〉〈君(きみ)〉〈衣(きぬ)〉〈著(きる)〉などの〈き〉を表し,〈幾・忌・紀・奇・帰・木・城〉などの一群が〈き〉の乙類と呼ばれ,〈木(き)〉〈月(つき)〉〈霧(きり)〉などの〈き〉を表す。そして同じ語を表すのに,甲・乙どちらか一方の字群の字を仮名として用いて混同しなかった。また甲類の〈き〉が連濁を生じて〈ぎ〉になる場合は〈ぎ〉の甲類で表し,乙類の〈ぎ〉は用いない。このことから甲・乙2類は体系的な音の違いに対応して使い分けられたものと考えられる。さらに動詞の四段活用連用形のイ段の仮名はかならず甲類のものを用い,上二段活用の未然形,連用形,命令形はかならず乙類のものを用いる。四段活用の命令形の〈け〉〈へ〉〈め〉は甲類,已然(いぜん)形は乙類である。同様に下二段活用未然形,連用形,命令形のエ段の仮名はいずれもかならず乙類,上一段活用のイ段の仮名はかならず甲類である。このように秩序だった区別が,時と所と書き手を異にする文献に一定して行われた事実は,後世の仮名遣いとは性格の違うものであって,発音自体が当時異なっていたために区別することができたと考えられる。したがって,同じ段の甲類は同一性格,同じ段の乙類もまた同一性格をもっていたと解釈される。結局,母音の〈イ〉〈エ〉〈オ〉に2種類あって,違いはそれらが子音を伴って音節をつくるときにのみ現れ,母音一つの音節〈ア・イ・ウ・エ・オ〉の場合には区別がなかったと考えるべきであろう。以上の事実をさらに同一語(もしくは同一語根,さらにはより小さな意味単位)において観察すると,〈心〉の場合〈こ〉の乙類同士が結合して,甲類の〈こ〉を交えないという法則性なども解明される。後世の仮名遣いとは異なるから,特殊仮名遣いと呼ばれるが,その呼称は,この事実を発見,提唱した橋本進吉の命名である。この事実の発見の端緒は,本居宣長(もとおりのりなが)の《古事記伝》にあり,その門人石塚竜麿(たつまろ)の《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》に継承されていたが,真価を認められず,橋本の再発見に至って,ようやく学界への寄与が認められた。また,オ列の乙類の音を主軸にして考えられる音節結合の法則性の発見は有坂秀世,池上禎造らによるもので,日本語の系統論に新しい知見を加えた。そこからさらに甲乙2類の母音を含めた古代日本語の母音全体の体系性におよぶ研究が展開しているが,一つ一つの母音の性質の解釈や相互の関係については,なお確定的な説は立てられていない。
→万葉仮名
[山田 俊雄]

[索引語]
万葉仮名 甲類・乙類 乙類
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
上代特殊仮名遣いの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 40
検索コンテンツ
1. 上代特殊仮名遣い
日本大百科全書
7、8世紀の日本語文献には、後世にない仮名の使い分けがあり、それは発音の違いに基づくというもの。キケコソトノヒヘミメモヨロおよびその濁音ギゲゴゾドビベの万葉仮名 ...
2. 上代特殊仮名遣い
世界大百科事典
奈良時代およびそれ以前の万葉仮名の使用に見いだされる,特殊な仮名遣い。平安時代の平仮名,片仮名では区別して書き分けることのない仮名〈き・ひ・み〉〈け・へ・め〉〈 ...
3. じょうだい‐とくしゅかなづかい【上代特殊仮名遣い】
デジタル大辞泉
奈良時代およびそれ以前の万葉仮名文献において、エキケコソトノヒヘミメヨロ(古事記ではモも)およびその濁音の合計20(あるいは21)の音節の万葉仮名による表記に、 ...
4. じょうだい‐とくしゅかなづかい[ジャウダイトクシュかなづかひ]【上代特殊仮名遣】
日本国語大辞典
〔名〕上代の万葉仮名文献に存する、後世のいろは四十七字では書き分けられない、仮名の使い分けをいう。いろはがなのうち、エ、キヒミ、ケヘメ、コソトノヨロの一三種(古 ...
5. いしづか‐たつまろ【石塚竜麿】
デジタル大辞泉
。「古言清濁考(こげんせいだくこう)」「仮名遣奥山路(かなづかいおくのやまじ)」を著し、上代特殊仮名遣い研究の先駆となった。  ...
6. 逸文(風土記) 434ページ
日本古典文学全集
る。『万葉』の場合、枕詞例(したひ山 下ゆく水の)であり、その原文は「下檜山」で「檜」は上代特殊仮名遣いのヒ甲類。「樋」はヒ乙類で『摂津国風土記』逸文と『万葉』 ...
7. 逸文(風土記) 441ページ
日本古典文学全集
跡で宇治上神社(世界遺産登録建築物)を式内社とする。天皇の大宮、またそれに準じた宮の称。上代特殊仮名遣いで「木」はコ乙類仮名。「許」もコ乙類で合致している。宇治 ...
8. 逸文(風土記) 547ページ
日本古典文学全集
鹿本町・鹿北町及び鹿央町・菊鹿町の一部の地域。山鹿市の震岳(四一六)かとされる。「木」は上代特殊仮名遣いのキ乙類。キ乙の訛音がケ乙となっている(毛はケ乙)。『万 ...
9. いわくらやま【岩倉山】徳島県:美馬郡/脇町
日本歴史地名大系
田寸神社」に比定される論社の一つである。田寸はタキともタワ・タネとも読まれているが、寸は上代特殊仮名遣いの甲類のキであり、タキと読むのが自然である。現在は日本一 ...
10. うこ【痴】
日本国語大辞典
(1)この語は万葉仮名「于古」であるのに対し、「をこ」は「袁許」であり、上代特殊仮名遣いでは「古」(甲類)、「許」(乙類)で、くいちがっているが、同義語と考えら ...
11. うた‐づき【歌調】
日本国語大辞典
宇多豆紀(ウタヅキ)まつる」用例の原文「宇多豆紀」の「紀」は上代特殊仮名遣い乙類の仮名なので、「づき」を「杯(つき)」(「き」は甲類)の意とするのは誤り。 ...
12. かなし・ぶ【悲しぶ/哀しぶ/愛しぶ】
デジタル大辞泉
とど)ひせむと惜しみつつ―・びませば」〈万・四四〇八〉この例「可奈之備」と表記。「備」は上代特殊仮名遣いで乙類の仮名であり、連用形語尾が、四段活用の場合は甲類、 ...
13. 仮名遣奥山路
日本大百科全書
モも含む)の各音節が、万葉仮名によって2群に書き分けられ、混用されていないことを明らかにした。これは上代特殊仮名遣いの甲類、乙類の区別に相当する。龍麿はこの区別 ...
14. かみ【神】
日本国語大辞典
カミの存在(神)、というように用いられ、それが、カミだけで表わされるようになったとする。別語源説は、上代特殊仮名遣いにおける仮名の違い(神のカミのミは乙類、上の ...
15. き‐ず・く[‥づく]【築・塑】
日本国語大辞典
突き固めて造成する意の「きづく(杵築)」と、城などをつくる意の「きつく(城築)」は、清濁やキの上代特殊仮名遣いにおける甲乙を異にし、本来は別語。後に区別があいま ...
16. 国語学
世界大百科事典
研究にまたなければならない。つぎに,宣長の弟子,石塚竜麿は,宣長の指導によって,いわゆる上代特殊仮名遣いを精査し,その結果を《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやま ...
17. 金光明最勝王経音義
日本大百科全書
『金光明最勝王経』の巻音義で、436の漢字を掲出し、字音注、意義注を記し、万葉仮名で和訓を付す。上代特殊仮名遣いのコの甲類・乙類や清濁、アクセントの万葉仮名によ ...
18. しま‐へ【島上】
日本国語大辞典
水葱の本 芹の本 吾は苦しゑ」「辺り」の意の「へ」は、上代特殊仮名遣いの甲類。右の例は乙類の「へ」であるので、「うへ(上)」の「へ」である。 ...
19. しらぬい【白縫】
デジタル大辞泉
[枕]地名「筑紫(つくし)」にかかる。 「―筑紫の国に泣く子なす」〈万・七九四〉上代特殊仮名遣いが異なるので「不知火(しらぬひ)」とは別。  ...
20. 新撰字鏡
日本大百科全書
和訓が約3700条にみえ、和音も70ほど記されている。奈良時代語のおもかげを伝える語彙(ごい)が多く、上代特殊仮名遣い崩壊後も本書にはコの甲乙2類が保たれている ...
21. 字音
世界大百科事典
i対ki)が,日本漢字音では〈上代特殊仮名遣い〉の甲乙別に反映するのみで,漢字音への反映はないもようである。 主母音Vは中古字音では複 ...
22. すめ【皇】
日本国語大辞典
多い。「すべ」という形を後世とることもあり、語源は動詞「すぶ(統)」と考えられていたが、上代特殊仮名遣いの上からは、「すぶ」の語尾は乙類、「すめ」は甲類なので、 ...
23. すめ【皇】
全文全訳古語辞典
。類語「すめら」は天皇専用だがこちらは一般の神にも多用する。語源を動詞「統ぶ」とする説は上代特殊仮名遣いの面から否定されている。  ...
24. とお‐しろ・し[とほ‥]
日本国語大辞典
之」は、かつて「あざやか」「さやか」の意と説かれたが、これを「白し」と関係づけることは、上代特殊仮名遣いの上から(「白」の「ろ」は甲類、「とほしろし」の「ろ」は ...
25. にほんぎしき【日本紀私記】
国史大辞典
や『釈日本紀』秘訓などに「養老説」「養老日本私記」などの注記があり、その訓読表記において上代特殊仮名遣い上からも正しく用いられているので、成書化されたか否かは別 ...
26. 日本国語大辞典
日本大百科全書
項目数が50万に増補され、用例数も100万例に達した。用例には出典の成立年または刊行年が表示され、語誌、上代特殊仮名遣い、古辞書の表記、同訓異字の解説などが新た ...
27. 橋本進吉
日本大百科全書
いる。また、日本語の歴史的研究にも多くの業績を残したが、なかでも音韻史が著しい。いわゆる上代特殊仮名遣いの研究は、奈良時代の音韻だけでなく、文法、語義などの研究 ...
28. 橋本進吉
世界大百科事典
日本語の歴史と文法の研究に大きな業績を残したが,最も著しいものは音韻史の研究で,いわゆる〈上代特殊仮名遣い〉を解明し,上代語研究に大きく貢献した。また,天草版《 ...
29. はしもと‐しんきち【橋本進吉】
デジタル大辞泉
[1882~1945]国語学者。福井の生まれ。日本語の歴史的研究に力をそそぎ、音韻史の分野では上代特殊仮名遣いを解明。また、室町時代末の音韻体系をキリシタン資料 ...
30. はしもと-しんきち【橋本進吉】
日本人名大辞典
1882−1945 大正-昭和時代前期の国語学者。明治15年12月24日生まれ。昭和4年東京帝大教授。上代特殊仮名遣いを解明。文法理論(橋本文法)は学校文法の中 ...
31. 万葉仮名画像
世界大百科事典
字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》が生じ,橋本進吉に引き継がれて,橋本のいわゆる〈上代特殊仮名遣い〉の事実の発見となった(表を参照されたい)。平安時代を含 ...
32. 万葉集
世界大百科事典
》(1924-25),正宗敦夫《万葉集総索引》(1929-31)の完成,橋本進吉による〈上代特殊仮名遣い〉の発見は万葉学の精密化に大きく寄与するものといえよう。 ...
33. みけ‐むかう[‥むかふ]【御食向】
日本国語大辞典
(1)(1)は「酒(き)」からかかるとする説もあるが、「城の上」の「城(き)」と「酒(き)」とは、上代特殊仮名遣いの上で合わない。(2)(3)は「味(あじ)」の ...
34. みそぎ【禊】
国史大辞典
生み出したものであるが、元来、禊という語には「水」の意味はない。「み」は、奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二種の別があり、発音上も区別があった。禊の場合は「 ...
35. みめ‐こ
日本国語大辞典
挙例の「身女児」を「みめつこ」と訓み、「御愛(め)づ児」の意とする説もあるが、「み」「め」が上代特殊仮名遣いに合わない。ミメコ ...
36. もこ【婿・聟】
日本国語大辞典
「もとこ(許処)」の意、「もころ(如)」と同語源などの説がある。挙例の「古事記」の「毛」「古」がともに上代特殊仮名遣いの甲類なので、「眉」のマユとマヨなどにみら ...
37. もころ【如・若】
日本国語大辞典
「もこ」を仲間の意の「もこ(聟)」と関連づけて「ろ」を接尾語とする説とがあるが、後者の場合、上代特殊仮名遣い上、「もこ」の「こ」(甲類)と「もころ」の「こ」(乙 ...
38. 邪馬台国
日本大百科全書
集落研究の成果の吸収、青銅器文化の評価、記紀批判のさらなる進展、神話学への接近、国語学の成果の尊重(上代特殊仮名遣いの甲類・乙類)などの多面的・複合的研究がまた ...
39. り
日本国語大辞典
(1)従来、四段動詞の已然形、サ変動詞の未然形に付くと説かれたが、上代特殊仮名遣いの上では、四段活用動詞が助動詞「り」に接続する時の語尾のエ列音は甲類であって、 ...
40. 万葉仮名 : 表画像
世界大百科事典
 ゑ 惠回衞隈廻穢慧佪畫・咲坐座 を 袁遠乎越呼怨烏弘塢嗚惋日・少〓雄男緖尾小麻綬(2)上代特殊仮名遣いの見られる語 え(あ行のえ.ふつう〈衣〉を代表の字母とす ...
「上代特殊仮名遣い」の情報だけではなく、「上代特殊仮名遣い」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

上代特殊仮名遣いと同じ万葉集カテゴリの記事
万葉集(日本大百科全書(ニッポニカ))
存最古の歌集。『万葉集』20巻が現在みる形にまとめられたのはいつか不明。年代の明らかなもっとも新しい歌は759年(天平宝字3)正月の大伴家持の作だから、最終的な編纂はそれ以後となる。山田孝雄は、東歌のなかで武蔵国を東海道に編入していることに注目し
柿本人麻呂(改訂新版・世界大百科事典)
《万葉集》の歌人。生没年,経歴とも不詳ながら,その主な作品は689-700年(持統3-文武4)の間に作られており,皇子,皇女の死に際しての挽歌や天皇の行幸に供奉しての作が多いところから,歌をもって宮廷に仕えた宮廷詩人であったと考えられる。
額田王(改訂新版・世界大百科事典)
《万葉集》第1期(舒明朝~壬申の乱)の女流歌人。生没年不詳。《日本書紀》天武天皇条に,鏡王の娘で,はじめ大海人皇子(のちの天武天皇)に嫁して十市皇女を生んだとあるほかは,伝もつまびらかでない。父の鏡王に関しても不明。出生地についても大和国,近江国の2説あるが,どちらとも決定しがたい。
万葉仮名(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
日本語を表記するために、漢字の字音や字訓を利用して表音的に用いたもの。用法の上からは仮名の一種であって漢字本来の表意的な使い方とは異なるが、文字の形としては漢字であり、漢字を省画化した片仮名や略草化した平仮名とは異なる。奈良時代以前の漢字専用の時代には
大伴家持(日本大百科全書(ニッポニカ))
『万葉集』末期の代表歌人、官人。旅人の子。少年時の727年(神亀4)ごろ父に伴われ大宰府で生活し、730年(天平2)帰京。737年ごろ内舎人。745年(天平17)従五位下。翌3月宮内少輔。7月越中守として赴任した。751年(天平勝宝3)少納言となって帰京。
万葉集と同じカテゴリの記事をもっと見る


「上代特殊仮名遣い」は万葉集に関連のある記事です。
その他の万葉集に関連する記事
ま‐がな 【真仮名・真仮字】(日本国語大辞典)
漢字を、そのままの字形で国語の音を示すために用いたもの。万葉がな。片仮名。*俚言集覧〔1797頃〕「真仮字とは今いふ万葉仮字にて、真字にて書たるをいふなり。片仮字、平仮字に対へて真仮字といふなり。此真仮字といふ名目は後に出来たる名目にて、古へは但仮字といひし也」
上代特殊仮名遣い(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
7、8世紀の日本語文献には、後世にない仮名の使い分けがあり、それは発音の違いに基づくというもの。キケコソトノヒヘミメモヨロおよびその濁音ギゲゴゾドビベの万葉仮名は、それぞれ二つのグループ(橋本進吉の命名により甲類、乙類とよんでいる)に分類でき、グループ間で
大伴家持(日本大百科全書(ニッポニカ))
『万葉集』末期の代表歌人、官人。旅人の子。少年時の727年(神亀4)ごろ父に伴われ大宰府で生活し、730年(天平2)帰京。737年ごろ内舎人。745年(天平17)従五位下。翌3月宮内少輔。7月越中守として赴任した。751年(天平勝宝3)少納言となって帰京。
万葉仮名(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
日本語を表記するために、漢字の字音や字訓を利用して表音的に用いたもの。用法の上からは仮名の一種であって漢字本来の表意的な使い方とは異なるが、文字の形としては漢字であり、漢字を省画化した片仮名や略草化した平仮名とは異なる。奈良時代以前の漢字専用の時代には
額田王(改訂新版・世界大百科事典)
《万葉集》第1期(舒明朝~壬申の乱)の女流歌人。生没年不詳。《日本書紀》天武天皇条に,鏡王の娘で,はじめ大海人皇子(のちの天武天皇)に嫁して十市皇女を生んだとあるほかは,伝もつまびらかでない。父の鏡王に関しても不明。出生地についても大和国,近江国の2説あるが,どちらとも決定しがたい。
万葉集に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る