1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 古今和歌集
  10. >
  11. 新古今和歌集
新編 日本古典文学全集

新古今和歌集
新古今和歌集序(仮名序) 〔一〕 
和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり心の思いを述べ訴えたりするなかだちとし、世を治めたり民の心をなごやかにしたりする道としている。このようであったので、代々の帝も和歌をお捨てにならず、選び集めて置かれたいくつもの勅撰和歌集は、家々の賞翫書となって、もはや、言葉の美しい歌は、拾い残されて落ちている所がありにくく、思いの深い歌は、拾い漏されて隠れている所もあるはずがない。そう
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕
新古今和歌集序 (仮名序)
〔一〕和歌の歴史
〔二〕新古今集編集の企画
〔三〕和歌の本質
〔四〕新古今集編集の目的と特色
〔五〕編集終了と歌道振興の自負
巻第一 春歌 上
巻第二 春歌 下
巻第三 夏歌
巻第四 秋歌 上
巻第五 秋歌 下
巻第六 冬歌
巻第七 賀歌
巻第八 哀傷歌
巻第九 離別歌
巻第十 羇旅歌
巻第十一 恋歌 一
巻第十二 恋歌 二
巻第十三 恋歌 三
巻第十四 恋歌 四
巻第十五 恋歌 五
巻第十六 雑歌 上
巻第十七 雑歌 中
巻第十八 雑歌 下
巻第十九 神祇歌
巻第二十 釈教歌
新古今和歌集序 (真名序)
〔一〕和歌の歴史
〔二〕新古今集編集の企画
〔三〕新古今集編集の目的と特色
〔四〕新古今集成立の意義と自負

校訂付記
解説
一 新古今時代
二 『新古今和歌集』の成立
三 『新古今和歌集』の抒情
四 後鳥羽院の美学
五 新古今歌風享受の願望
六 底本について
参考文献
付録(扉)
隠岐本新古今和歌集跋
作者略伝
初句索引
奥付

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
新古今和歌集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1290
検索コンテンツ
1. しんこきんわかしふ【新古今和歌集】
全文全訳古語辞典
[書名]第八番目の勅撰和歌集。二十巻。一二〇一年(建仁元)の後鳥羽上皇の院宣によって、源通具・藤原有家・藤原定家・藤原家隆・藤原雅経らが撰した。寂蓮も撰者の一人 ...
2. 『新古今和歌集』
日本史年表
1205年〈元久2 乙丑⑦〉 3・26 藤原定家ら, 『新古今和歌集』 を撰進(明月記)。  ...
3. 新古今和歌集画像
日本大百科全書
第8番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院(ごとばいん)の下命によって撰進された。撰者は源通具(みちとも)、藤原有家(ありいえ)、藤原 ...
4. 新古今和歌集
世界大百科事典
の芸道の象徴理論に影響を及ぼした。また東常縁(とうのつねより)の注釈を細川幽斎が増補した《新古今和歌集聞書》があり,宗祇,肖柏,宗長ら連歌師によって注釈的研究も ...
5. しんこきんわかしゅう【新古今和歌集】
デジタル大辞泉
鎌倉初期の勅撰和歌集。八代集の第八。20巻。後鳥羽院の院宣により、源通具(みなもとのみちとも)・藤原有家・藤原定家・藤原家隆・藤原雅経が撰し、元久2年(1205 ...
6. しんこきんわかしゅう[シンコキンワカシフ]【新古今和歌集】
日本国語大辞典
「古今集」と並び称される。八代集の一つ。新古今集。*新古今和歌集〔1205〕仮名序「すべてあつめたる歌ふたちぢはたまき、なづけて新古今和歌集といふ」シンコキンワ ...
7. しんこきんわかしゅう【新古今和歌集】
国史大辞典
史大成』七)、風巻景次郎『新古今時代』(『風巻景次郎全集』六)、小島吉雄『新古今和歌集の研究』、有吉保『新古今和歌集の研究』、藤平春男『新古今歌風の形成』、同『 ...
8. 新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 298ページ ...
9. 新古今和歌集
日本古典文学全集
後鳥羽院の命によって編まれた、第八番目の勅撰和歌集。撰者は源通具(みちとも)、藤原有家(ありいえ)、藤原定家、藤原家隆(いえたか)、藤原雅経(まさつね)、寂蓮( ...
10. 新古今和歌集序 (見出し語:新古今和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 432ページ ...
11. 新古今和歌集竟宴 (見出し語:新古今和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 246ページ ...
12. しんこきんわかしゅうしょうかい【新古今和歌集詳解】
デジタル大辞泉
新古今和歌集の注釈書。塩井雨江著。明治41年(1908)刊行。7部からなる。  ...
13. 『新古今和歌集』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
巻1 春歌上 源通具(みちとも)・藤原有家(ありいえ)・藤原定家(ていか)・藤原家隆(いえたか)・藤原雅経(まさつね)・寂蓮(じゃくれん)撰 1654年(承応3 ...
14. あ【彼】
日本国語大辞典
〔1001〜14頃〕明石「あはとみるあはちのしまのあはれさへのこるくまなくすめるよの月」*新古今和歌集〔1205〕雑上・一五一五「淡路にてあはとはるかにみし月の ...
15. あえ ず
日本国語大辞典
もちて王に向ひて説かく」*源氏物語〔1001〜14頃〕東屋「たとひあへずしてつかうまつりさしつとも」*新古今和歌集〔1205〕秋上・三九一「ことはりの秋にはあへ ...
16. あお‐ば[あを‥]【青葉】
日本国語大辞典
青々とした葉。*常陸風土記〔717〜724頃〕久慈「青葉は自ら景を蔭(かく)す蓋を飄し」*新古今和歌集〔1205〕冬・六二六「冬深く成りにけらしな難波江のあを葉 ...
17. あおやぎ‐の[あをやぎ‥]【青柳─】
日本国語大辞典
か〕恋三・八一五「いづ方に寄るとかは見むあをやぎのいと定めなき人の心を〈よみ人しらず〉」*新古今和歌集〔1205〕哀傷・八四七「君なくて寄るかたもなき青柳のいと ...
18. あかし【明石】
国史大辞典
れ、律令時代には明石駅家(うまや)が置かれた。景勝の地であるため『万葉集』『古今和歌集』『新古今和歌集』などにうたわれ、『竹取物語』『源氏物語』『大鏡』などにそ ...
19. あか ぬ= 別(わか)れ[=暇(いとま)]
日本国語大辞典
*後撰和歌集〔951〜953頃〕恋一・五六八「今ぞ知るあかぬ別の暁は君をこひちにぬるる物とは〈作者不明〉」*新古今和歌集〔1205〕恋三・一一九一「待つ宵にふけ ...
20. あかね‐さ・す【茜─】
日本国語大辞典
氏物語〔1001〜14頃〕行幸「あかねさす光は空にくもらぬをなどてみ雪に目をきらしけむ」*新古今和歌集〔1205〕賀・七四八「あかねさす朝日の里の日影草とよのあ ...
21. あき 惜(お)しむ
日本国語大辞典
去り行く秋を惜しむ。《季・秋》*新古今和歌集〔1205〕秋下・五四九「身にかへていざさは秋をおしみみむさらでももろき露の命を〈守覚法親王〉」*俳諧・増山の井〔1 ...
22. あき‐かぜ【秋風】
日本国語大辞典
アキカゼ)は日に異(け)に吹きぬ吾妹子はいつとか吾を斎ひ待つらむ〈阿倍継麻呂の第二男〉」*新古今和歌集〔1205〕秋上・四一三「秋風にたなびく雲の絶え間より洩れ ...
23. あきかぜ 立(た)つ
日本国語大辞典
も)打棄(うつつ)る人は秋風之立来(あきかぜのたちくる)時にもの思ふものそ〈作者未詳〉」*新古今和歌集〔1205〕秋上・三〇〇「あはれいかに草葉の露のこぼるらん ...
24. あき 暮(く)る
日本国語大辞典
5〜914〕秋下・三一二「夕月夜をぐらの山に鳴く鹿の声のうちにや秋はくるらむ〈紀貫之〉」*新古今和歌集〔1205〕秋下・五二二「鵲(かささぎ)の雲の梯(かけはし ...
25. あき さる
日本国語大辞典
「安吉佐礼(アキサレ)ば霧立ちわたる天の河石並(な)み置かば継ぎて見むかも〈大伴家持〉」*新古今和歌集〔1205〕雑上・一五六二「雲かかるとほ山ばたの秋されば思 ...
26. あきしの【秋篠】
日本国語大辞典
奈良市北西部の地名。きぬた、霧の名所として知られ、秋篠寺がある。外山の里。秋篠の里。歌枕。*新古今和歌集〔1205〕冬・五八五「あきしのやと山の里や時雨るらんい ...
27. あき の 限(かぎ)り
日本国語大辞典
秋の季節の最後。陰暦九月の末日。秋の果て。《季・秋》*新古今和歌集〔1205〕秋下・五五〇「なべて世の惜しさにそへて惜しむかな秋より後のあきのかぎりを〈藤原頼実 ...
28. あき の 形見(かたみ)
日本国語大辞典
か〕秋・二一四「暮れてゆく秋のかたみに置くものは我がもとゆひの霜にぞありける〈平兼盛〉」*新古今和歌集〔1205〕冬・五六六「から錦秋のかたみや立田山散りあへぬ ...
29. あき の 声(こえ)
日本国語大辞典
来るように感じられる、秋のあわれを深くおぼえさせる幽玄な音の意にも用いられる。《季・秋》*新古今和歌集〔1205〕雑下・一九九二「みづぐきの中にのこれるたきの声 ...
30. あき の 霜(しも)
日本国語大辞典
(1)秋の末に降りる霜。《季・秋》*新古今和歌集〔1205〕雑上・一五六四「浅ぢふや袖にふりにし秋の霜忘れぬ夢に吹く嵐かな〈源通光〉」(2)(多く実際の霜をかけ ...
31. あき の 袖(そで)
日本国語大辞典
「あき(秋)の袂(たもと)」に同じ。*新古今和歌集〔1205〕秋上・四〇一「松島や潮くむあまの秋の袖月は物思ふならひのみかは〈鴨長明〉」*八幡若宮撰歌合〔120 ...
32. あき の 袂(たもと)
日本国語大辞典
秋の袖。*是貞親王歌合〔893〕「かりの身とうはの空なる涙こそあきのたもとの露とおくらめ」*新古今和歌集〔1205〕恋四・一三一四「物思はでただおほかたの露にだ ...
33. あき の 別(わか)れ
日本国語大辞典
別・三八五「もろともに鳴きてとどめよきりぎりす秋のわかれは惜しくやはあらぬ〈藤原兼茂〉」*新古今和歌集〔1205〕冬・五五一「おきあかす秋のわかれの袖の露霜こそ ...
34. あき 更(ふ)く
日本国語大辞典
《季・秋》*六百番歌合〔1193頃〕秋「柞原雫も色や変るらん森の下草秋ふけにけり〈藤原良経〉」*新古今和歌集〔1205〕秋下・五一七「秋深ぬなけや霜夜のきりぎり ...
35. あき より 後(のち)の秋(あき)
日本国語大辞典
陰暦の閏(うるう)九月のこと。*新古今和歌集〔1205〕秋下・五五〇「なべて世のをしさにそへてをしむかな秋より後のあきのかぎりを〈藤原頼実〉」 ...
36. あき を 込(こ)む
日本国語大辞典
秋らしい雰囲気を漂わせる。*新古今和歌集〔1205〕夏・二七八「雲まよふ夕べに秋をこめながら風もほに出でぬ荻のうへかな〈慈円〉」 ...
37. あけ‐や・る【明遣】
日本国語大辞典
*千載和歌集〔1187〕冬・四二七「霜さえてさよも長居の浦寒みあけやらずとや千鳥鳴くらん〈静賢〉」*新古今和歌集〔1205〕冬・六六七「明やらぬ寝覚めの床に聞ゆ ...
38. あ・ける【明・開・空】
日本国語大辞典
年の春より」*源氏物語〔1001〜14頃〕乙女「式部卿宮、あけん年ぞ五十になり給ひける」*新古今和歌集〔1205〕冬・六九九「年の明(あけ)て浮世の夢のさむべく ...
39. あさか‐の‐ぬま【安積沼・浅香沼・朝香沼】
日本国語大辞典
四・六七七「みちのくのあさかのぬまの花かつみかつみる人に恋ひやわたらん〈よみ人しらず〉」*新古今和歌集〔1205〕夏・一八四「野辺はいまだあさかの沼にかる草のか ...
40. あさ‐ぐもり【朝曇】
日本国語大辞典
氏物語〔1001〜14頃〕行幸「うちきえしあさぐもりせしみ雪にはさやかに空の光やは見し」*新古今和歌集〔1205〕秋下・四九二「さびしさはみ山の秋の朝ぐもり霧に ...
41. あさじ=が[=の]月(つき)
日本国語大辞典
チガヤをさびしげに照らす月。また、その光。*新古今和歌集〔1205〕秋下・五二一「長月もいく有明に成りぬらんあさぢの月のいとどさびゆく〈慈円〉」*玉葉和歌集〔1 ...
42. あさじ=が[=の]露(つゆ)
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕賢木「風吹けばまづぞ乱るる色かはるあさぢが露にかかるささがに」*新古今和歌集〔1205〕恋三・一二二五「憑(たの)めこしことの葉ば ...
43. あさじ‐はら[あさぢ‥]【浅茅原】
日本国語大辞典
・一三四二「山高み夕日隠りぬ浅茅原後(のち)見むために標(しめ)結はましを〈作者未詳〉」*新古今和歌集〔1205〕哀傷・七七七「あさぢはらはかなく置きし草のうへ ...
44. あさ‐じめり【朝湿】
日本国語大辞典
〔名〕朝、霧や露、また小雨などのために、物がしっとりと湿っていること。*新古今和歌集〔1205〕秋上・三四〇「うす霧の籬(まがき)の花の朝じめり秋は夕べと誰かい ...
45. あさ の 狭衣(さごろも)
日本国語大辞典
*恋十五首歌合〔1202〕「山がつの麻のさころもをさをあらみあはで月日や杉ふける庵〈藤原良経〉」*新古今和歌集〔1205〕秋下・四七九「まどろまで詠めよとてのす ...
46. あさひ‐かげ【朝日影】
日本国語大辞典
山越におきて〈舎人吉年〉」*源氏物語〔1001〜14頃〕東屋「花やかにさし出でたるあさ日かげに」*新古今和歌集〔1205〕春上・九八「あさひかげにほへる山の桜花 ...
47. あさま‐の‐だけ【浅間岳】
日本国語大辞典
「あさまやま(浅間山)」に同じ。*新古今和歌集〔1205〕羇旅・九〇三「しなのなるあさまのたけに立つ煙をちこち人のみやはとがめぬ〈在原業平〉」*書言字考節用集〔 ...
48. あさ‐みどり【浅緑】
日本国語大辞典
昭〉」*経信集〔1097頃〕「あさみどりのべの霞のたなびくにけふの小松をまかせつるかな」*新古今和歌集〔1205〕哀傷・七五八「あはれなりわが身のはてやあさ緑つ ...
49. あしで‐ながうた【葦手長歌】
日本国語大辞典
〔名〕散らし書きにした長歌(ちょうか)。*新古今和歌集〔1205〕雑下・一七九六・詞書「さうしに、あしでながうたなどかきて、おくに」 ...
50. あし の 仮寝(かりね)
日本国語大辞典
三・八〇七「難波江のあしのかりねの一よゆゑ身をつくしてや恋ひわたるべき〈皇嘉門院別当〉」*新古今和歌集〔1205〕羇旅・九三二「夏刈のあしのかりねもあはれなり玉 ...
「新古今和歌集」の情報だけではなく、「新古今和歌集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

新古今和歌集と同じ古今和歌集カテゴリの記事
古今和歌集(新編 日本古典文学全集・改訂新版・世界大百科事典・日本国語大辞典)
醍醐天皇の詔により撰ばれた最初の勅撰和歌集。略称は《古今集》。20巻。古今とは〈いにしえ〉〈いま〉の歌の集の意と,後世の人々が,和歌が勅撰された延喜の時代をいにしえの和歌の聖代と仰ぎ見るであろう,の意を兼ねる。流布本では巻首に仮名序,巻尾に真名序を付し,歌数は1111首
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
古今和歌集と同じカテゴリの記事をもっと見る


「新古今和歌集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る