1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 二十四節気
  9. >
  10. そう‐こう[サウカウ]【霜降】
日本国語大辞典

そう‐こう[サウカウ]【霜降】

解説・用例

〔名〕

二十四節気の一つ。天文学的には太陽が黄道上の二一〇度の点を通過する時で、暦の上では、陰暦九月の中気、新暦の一〇月二三、四日頃にあたる。しもふり。《季・秋》

*延喜式〔927〕一六・陰陽寮「起〓霜降四日〓〓十一日〓

*名語記〔1275〕五「九月には、寒露、霜降」

*元和本下学集〔1617〕「霜降 さうゴウ 九月中」

*俳諧・改正月令博物筌〔1808〕九月「霜降(ソウコウ) 九月中の名也。〈略〉節より十六日目を霜降と云は破軍星戌に指す也。露結んで霜となる也。ゆへに霜降といふ」

*読本・椿説弓張月〔1807〜11〕続・三一回「九月霜降(サウコウ)の後、地気、北より南にゆく」

発音

ソーコー

〓[0]

辞書

下学・言海

正式名称と詳細

表記

霜降下学言海


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
そう‐こう[サウカウ]【霜降】の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 451
検索コンテンツ
1. 霜降(しもふり)[料理]
古事類苑
飮食部 洋巻 第1巻 212ページ ...
2. しも‐ふり【霜降】
日本国語大辞典
なほ四十日間もほして、寒入りの頃に至る時は、白き粉少しあらはる、之を霜降りと名づく」(6)「しもふりづくり(霜降作)」に同じ。*料理物語〔1643〕一一「霜降  ...
3. 霜降
日本大百科全書
二十四節気(せっき)の一つ。太陽の黄経が210度に達したときで、陰暦では9月の中旬、新暦で10月23日ごろにあたる。霜が降りるころの季節という意味である。南西諸 ...
4. そう‐こう【霜降】
デジタル大辞泉
二十四節気の一。10月23日ごろ。このころ、霜が降り始めるという。《季 秋》「―の陶(すゑ)ものつくる翁かな/蛇笏」  ...
5. そう‐こう[サウカウ]【霜降】
日本国語大辞典
「九月には、寒露、霜降」*元和本下学集〔1617〕「霜降 さうゴウ 九月中」*俳諧・改正月令博物筌〔1808〕九月「霜降(ソウコウ) 九月中の名也。〈略〉節より ...
6. 霜降(そうこう) 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
この日にストーブの火入れをする地域もある。ちなみに、肉の赤身に白い脂身が網目状に見える状態を意味する「霜降り(しもふり)」とは、美味で高級な肉を表す決まり文句。 ...
7. しもふり【霜降】[方言]
日本方言大辞典
(1)大きい甘柿あまがき。 群馬県勢多郡236村のことば(星野次子・渡辺昭子)1952(2)魚ほしざめ(星鮫)。 高知市016実用魚介方言図説(田中茂穂)194 ...
8. しもふり【霜降】[標準語索引]
日本方言大辞典
こーじゃーしもふり:霜降作りゆいろめ ...
9. 霜降り
日本大百科全書
のである。霜降り状の肉は、肥育したウシや、クジラの尾の部分にある。牛肉では、専門用語として「さし」とよばれ、肥育などにより、こういった肉の部分ができることを「さ ...
10. 霜降り
世界大百科事典
を〈皮霜作り〉などと呼ぶが,江戸時代は〈霜降鯛〉といった。また,いまではカツオなどを火であぶって刺身にしたものを〈焼霜作り〉と呼ぶこともある。牛肉で霜降りと呼ぶ ...
11. 霜降り
世界大百科事典
使って〈シボ肌〉を出して霜降状に見せたもの,白と色の繊維を混紡した霜降糸いわゆる朧糸(おぼろいと)を経緯に使用したり,2種以上の糸を撚り合わせ一方のみ染まる染料 ...
12. しも‐ふり【霜降り】画像
デジタル大辞泉
用いて織ったもの。「―の学生服」 3 牛肉で、赤身の中に脂肪が網の目のように入り込んでいるもの。霜降り肉。 4 魚肉や鶏肉をさっと熱湯に通したり焼いたりしたあと ...
13. しもふり‐あたま【霜降頭】
日本国語大辞典
坐り込みたる霜降頭髪(シモフリアタマ)の人を」*黒蜴〓〔1895〕〈広津柳浪〉一「足音を聞付けしにや顔を出せしは、霜降(シモフリ) ...
14. しもふり‐いと【霜降糸】
日本国語大辞典
〔名〕色彩の異なる細かい斑点をあらわした糸。〓[イ] ...
15. しもふり‐かん【霜降燗】
日本国語大辞典
〔名〕酒の燗で、ちんちんと泡立つほど熱くしたもの。*俚言集覧〔1797頃〕「霜ふりかん 酒のかんのちんちんと泡立ときを云」 ...
16. しもふり‐こくら【霜降り小倉】
デジタル大辞泉
霜降り模様のある小倉木綿。学生の夏服などに用いた。  ...
17. しもふり‐こくら【霜降小倉】
日本国語大辞典
〔名〕綿織物の一つ。霜降りの模様のある小倉織。霜降り糸を経(たていと)・緯(よこいと)に用いて織った洋服地で、主に学生の夏服などに用いた。 ...
18. しもふり‐ごうし[‥ガウシ]【霜降格子】
日本国語大辞典
〔名〕霜がふりかかったような、細かく白い斑点のある格子模様。*青春〔1905〜06〕〈小栗風葉〉秋・九「茶の黒ぽい霜降格子(シモフリガウシ)の背広に、カラもカフ ...
19. しもふり‐ごよう[‥ゴエフ]【霜降五葉】
日本国語大辞典
〔名〕ゴヨウマツの園芸品種。葉が一部黄白や黄白条になるもので、盆栽に多くみられる「銀粧松」がこれに当たる。しもふりまつ。シモフリゴヨー ...
20. しもふり‐しまはぜ【霜降縞鯊】
日本国語大辞典
〔名〕ハゼ科の海産魚。全長約一〇センチメートルに達する。体は細長く、体後半部は側扁する。腹びれは吸盤状。しりびれには赤線縦線がない。頭部側面から下面にかけ、小白 ...
21. しもふりじょうあと【霜降城跡】山口県:宇部市/末信村
日本歴史地名大系
末信の東方にある霜降岳(二五〇・二メートル)山頂にある厚東氏の築城と伝える古城跡。山名の由来は不明だが、「注進案」に「末信村霜降ケ嶺厚東代々之要害と申伝候事、地 ...
22. シモフリスズメ
日本大百科全書
昆虫綱鱗翅(りんし)目スズメガ科に属するガ。はねの開張90~110ミリメートル。前翅は灰色で、黒褐色鱗粉を散布し、3本の黒帯は前縁部でだけ明瞭(めいりょう)、2 ...
23. しもふり‐すずめ【霜降天蛾】
日本国語大辞典
〔名〕スズメガ科の大形のガ。はねの開張は一一〜一三センチメートルほどあり、前ばねは霜降状をし、黒色の短い条紋が二本ある。後ばねは黒褐色。体は灰色で黒の縦線がある ...
24. しもふり‐だい[‥だひ]【霜降鯛】
日本国語大辞典
33〕冬「消たるは霜ふり鯛のいろこ哉〈親直〉」*俳諧・わたし船〔1679〕「芝海老や何か難波の霜降鯛〈似春〉 ひらめの味に蘆の冬枯〈旨恕〉」 ...
25. しもふり‐づき【霜降り月】
デジタル大辞泉
陰暦11月の異称。霜月。《季 冬》「後山へ―の橋をふむ/蛇笏」  ...
26. しもふり‐づき【霜降月】
日本国語大辞典
風寒み霜ふり月の空よりや雪げと見えて曇り初(そむ)らん」*光悦本謡曲・龍田〔1470頃〕「比は霜降月なれば、木々のこずゑも冬がれて」*浮世草子・好色一代女〔16 ...
27. しもふり‐づくり【霜降作】
日本国語大辞典
〔名〕料理の一つ。薄作りの刺身や鶏肉などに熱湯をかけ、あるいは熱湯にさっと通してすぐ冷水でさまし、表面が霜の降りたように白くなるようにしたもの。これをしょうゆに ...
28. しもふり‐ひば【霜降檜葉】
日本国語大辞典
〔名〕植物「ひむろ(姫榁)」の異名。〓[ヒ] ...
29. しもふり‐まつ【霜降松】
日本国語大辞典
〔名〕「しもふりごよう(霜降五葉)」の異名。*重訂本草綱目啓蒙〔1847〕三〇・香木「松〈略〉一種常松葉の如くにして色白く粉あるか如く見ゆる者あり。しもふりまつ ...
30. しもふり‐まつ【霜降松】
デジタル大辞泉
ゴヨウマツの変種。葉が緑白色で霜が降りたように見える。霜降り五葉。  ...
31. しもふりむら【霜降村】滋賀県:高島郡/新旭町
日本歴史地名大系
庄引田帳(饗庭文書)に「シモフリ道場」とあり、享禄二年(一五二九)の饗庭又三郎売券(同文書)に霜降定林坊とみえる。天正一一年(一五八三)八月の杉原家次知行目録( ...
32. しもふりしめじ【霜降占地】[標準語索引]
日本方言大辞典
あおこ / ころもしめじ / しばかぶり / しばかぶれ ...
33. しもふりすずめ【霜降天蛾】[標準語索引]
日本方言大辞典
うちすずめしもふりすずめ:霜降天蛾の幼虫ごまむし ...
34. しもふりまつ【霜降松】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)はいまつ(這松)。 青森県下北郡・上北郡003日本樹木名方言集(農商務省山林局)1916 岩手県003日本樹木名方言集(農商務省山林局)1916 秋田 ...
35. シモフリスズメ
世界大百科事典
鱗翅目スズメガ科の昆虫。翅の開張10cm内外。前翅に灰白色,黒鱗を散布する。黒色の横帯が3本あるが,いずれも前縁部からしだいに細まり,薄くなる。2本の縦線と翅頂 ...
36. オオシモフリスズメ
日本大百科全書
昆虫綱鱗翅(りんし)目スズメガ科に属するガ。日本のスズメガ類中の最大種で、雌ははねの開張160ミリメートルに達する。前ばねは白地に数本の黒帯があり、外縁が鋸歯( ...
37. こう の 霜降(しもふり)
日本国語大辞典
「山鳥鵠の霜ふりはぎ合せたるに」*源平盛衰記〔14C前〕四三・源平侍遠矢事「切府に鵠(コウ)の霜降(シモフリ)破(わ)り合はせて矯(た)めたる征矢(そや)、一手 ...
38. しゅすめ‐しもふりこくら【繻子目霜降小倉】
日本国語大辞典
〔名〕綿小倉服地の一つ。経(たていと)、緯(よこいと)とも白糸と色糸との撚搦糸を使用した五枚繻子組織のもの。岡山県で産する。 ...
39. あおこ[方言]
日本方言大辞典
(1)茸しもふりしめじ(霜降占地)。 山形県東置賜郡139山形県方言辞典(山形県方言研究会)1970(2)木炭。 青森県三戸郡083青森県五戸語彙(能田多代子) ...
40. アカコウモリ
世界大百科事典
毛色が異なり,雄の体背面は美しい橙赤色か赤褐色,雌のそれは淡黄灰褐色。雌雄とも毛の先端は白く,霜降り状。日中は低木林にすみ,単独か,または幼獣を伴った雌が,地上 ...
41. あさぐん【厚狭郡】
国史大辞典
固め、建武中興に際し長門守護に任ぜられた。しかるに南北朝動乱のなかば、周防の大内氏に攻略され、霜降城は陥落し、厚狭郡一帯は長門守護大内氏の配下となった。平安から ...
42. あさ‐づくよ【朝月夜】
日本国語大辞典
七九「わが宿(ね)たる 衣の上ゆ 朝月夜(あさづくよ) さやかに見れば 栲(たへ)の穂に 夜の霜降り〈作者未詳〉」(2)月が残っている明け方。あさづきよ。《季・ ...
43. 東屋(源氏物語) 93ページ
日本古典文学全集
二十四気とする分け方による。秋は立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降であるが(拾芥抄)、次に「今日は十三日なりけり」とあり、今日までは寒露で、明日から霜降というこ ...
44. あな‐ぐま【穴熊】画像
日本国語大辞典
夜行性で雑食する。体長七〇〜八〇センチメートルで、四肢は太い。手の爪は長く頑丈で、穴掘りに適応する。背は褐色で霜降り状、腹と四肢は黒褐色。毛や肉を利用。あなほり ...
45. アラゲウサギ
世界大百科事典
下毛は細く軟らかい。上毛は下半分が灰褐色でその先半分が黒く,先端近くに黄白帯があるため体上面は霜降りがある暗褐色を呈する。体下面は淡色。湿地帯の丈の高い草やぶ, ...
46. あわび‐のぶすま[あはび‥]【鮑野衾】
日本国語大辞典
〔名〕料理の一つ。タイの作り身を霜降りにしたものと、小鳥のたたき肉を団子にしてゆでたものとを、アワビの肉の薄片をすまし汁で煮たもので包むようにして、椀に盛ったも ...
47. いいのやまむら【飯山村】広島県:佐伯郡/佐伯町
日本歴史地名大系
村内に南畑・太郎原・臼ヶ原の小字がある。前記書出帳は、「大寒所ニテ八月頃より霜降り申、(中略)扨又十月差入より霜降り候て大雪と申候得バ五尺余も降り積、通路絶へ飯 ...
48. 和泉式部日記 64ページ
日本古典文学全集
北の方のこと、身分違い、世間の評判などを気にする。風俗歌「おほとり」を踏まえる。「大鳥の羽に やれな霜降れり やれな 誰かさ言ふ 千鳥ぞさ言ふ 鷃ぞさ言ふ 蒼鷺 ...
49. いちいちごけんみ【一一五検見】
国史大辞典
升俵に霜降を加えたもの)。実納籾六斗入俵を七合三勺摺にすれば、米四斗三升八合俵(元米四斗二升に霜降など一升八合を加えた数量)となる。古俵の三斗六升五合に対して、 ...
50. いちよう の 秋(あき)
日本国語大辞典
頃。初秋。*元〓‐賦得九月尽詩「霜降三旬後、〓余一葉秋」(2)「いち ...
「そう‐こう[サウカウ]【霜降】」の情報だけではなく、「そう‐こう[サウカウ]【霜降】」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

そう‐こう[サウカウ]【霜降】と同じ二十四節気カテゴリの記事
小暑(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一〇五度を通過するときで、暦の上では夏至の後一五日目、陰暦六月の上旬、陽暦七月七日頃にあたる。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
芒種(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が七五度のときをいう。陰暦五月の節で、陽暦の六月六日頃に当たる。稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていた。《季・夏》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
夏至(日本大百科全書(ニッポニカ))
中国や日本の太陰太陽暦の二十四節気の一つ。太陽が黄道上もっとも北にある夏至点を通過する時刻で、これを含む日が夏至の日である。太陽の視黄経が90度に達するときで、現行暦では6月21日ころにあたる。この日太陽は赤道からもっとも北に離れ
立秋(日本国語大辞典)
二十四節気の一つ。太陽の黄経が一三五度のときをいう。新暦八月七日頃に当たり、昔の中国および日本では、この日から秋になるとした。和語では「秋立つ」が用いられる。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
寒露(日本国語大辞典)
(1)晩秋から初冬にかけての露。霜になりそうな冷たい露。*菅家文草〔900頃〕五・重陽後朝
二十四節気と同じカテゴリの記事をもっと見る


「そう‐こう[サウカウ]【霜降】」は二十四節気に関連のある記事です。
その他の二十四節気に関連する記事
はく‐ろ【白露】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)白く見える露。しらつゆ。(2)二十四節気の一つ。太陽の黄経が一六五度の時。秋分前の一五日で、陰暦では八月の上旬、陽暦では九月七日ごろ。《季・秋》(3)靄(もや)、霧のこと。
そう‐こう[サウカウ]【霜降】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕二十四節気の一つ。天文学的には太陽が黄道上の二一〇度の点を通過する時で、暦の上では、陰暦九月の中気、新暦の一〇月二三、四日頃にあたる。しもふり。《季・秋》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
しょう‐せつ[セウ‥]【小雪】(日本国語大辞典)
解説・用例〔名〕(1)わずかな降雪。(2)二十四節気の一つ。太陽が黄経二四〇度に達する時をいう。陰暦一〇月の中旬で、陽暦では一一月二二日ごろに当たる。十月中気。《季・冬》*延喜式〔927〕一六・陰陽寮
穀雨(日本国語大辞典・日本大百科全書)
二十四気の一つ。清明の次に来る季節。春の季節中の最後にあたる。四月二一日頃。《季・春》
清明(日本国語大辞典)
清く明らかなこと。また、そのさま。二十四節気の一つ。天文学的には、太陽が黄道上の一五度の点を通過するときで、暦の上では、陰暦三月、春分のあと一五日目、新暦の四月五、六日ごろに当たる。清明節。晴明。《季・春》
二十四節気に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る