1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 縄文時代
  10. >
  11. 竪穴住居
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
竪穴住居
たてあなじゅうきょ

地面を円形や方形に数十センチメートル掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間(どま)の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。おもに考古学的調査で発見され、日本では旧石器時代から中世まで使われた主要な住居様式の一つである。一般的には、一辺あるいは径が数メートルで、床面積が20~30平方メートルの、一家族が住むのに適当な広さをもつ。内部には数本の柱穴(ちゅうけつ)のほか、炉(ろ)、かまど、貯蔵穴(けつ)、溝、工房などの付属施設や、時代や地域によっては埋甕(うめがめ)、石棒、石壇(せきだん)などの宗教的遺構が付随することもある。
 旧石器時代から縄文時代初頭にかけては、まだ移動生活が多く発見例は少ないが、縄文早期中ごろからは定住化が進み、とくに東日本を中心に竪穴住居は発展する。最盛期の縄文中期には、数世代にわたる100軒を超える竪穴住居群が環状集落を形成する遺跡も少なくない。なかには床面積が100平方メートルを超える大型住居、平石を敷き詰める敷石(しきいし)住居、宗教的遺構・遺物を多出するなどの一般住居以外の例もある。弥生(やよい)時代から古墳・奈良時代になると西日本でも普遍化し、平安時代にはプランが方形に、炉がかまどに統一されるなどして中世まで続く。
 夏涼冬暖という日本的風土に適した利点や、建て替えの容易さもあるが、多湿や上屋構造材の耐久度とか火災になりやすい難点もある。最近では建築学的な研究も進んでいるが、時代や地域による多様なその変化・変遷は今後の研究にまつ点が多い。
[樋口昇一]



改訂新版・世界大百科事典
竪穴住居
たてあなじゅうきょ

地面を直接掘りくぼめて床とし,そこへ屋根をかけた半地下式の住居。穴居生活の跡として考えられていた横穴に対して,1800年代の終りころに名付けられた。この種の住居は,夏は涼しく,冬は保温に富み暖かである利点がある反面,土間が湿潤になりやすい欠点がある。そこで,低地に設ける住居として,半地下式にするのではなく,地表を床面としてその床の周囲に土堤をめぐらせて水の流入を防ぎ,そこへ屋根を伏せた平地住居とも呼ばれるものも,ところにより採用されている。竪穴住居は先史時代には世界中どこでも一般に採用されており,標準的な住居形式であった。旧石器時代のヨーロッパ大陸では,自然にできた石灰岩の洞窟を利用して住居とするのが普通であったが,その後期ころから竪穴住居を営むようになった。そして新石器時代に入ると各地でさまざまに発達した。

ヨーロッパ

後期旧石器時代オーリニャック文化にあたるチェコスロバキアのドルニ・ベストニツェ遺跡では,大小の竪穴住居が見つかり,大は15m×9mの楕円形で,共同家屋と考えられている。小は径6mの円形で,傾斜面にあるため,高い方の地面を削り,低い方は粘土と石で弧状に盛り上げており,中央に炉がある。周縁に5本の主柱を立てて小枝で支え,上にマンモスの骨や皮,木材,草などで造った屋根をのせていたと考えられる。同後期グラベット文化に属するロシアのドン川右岸にあるコスチョンキ遺跡群のなかには,27m×8mの長楕円形の竪穴住居があって,中央に9基の炉が長軸に沿って2~3mの間隔をおいて設けられていた。ほかにも34m×23mという大型のものや径5~6mの不整円形の竪穴住居もある。同じ後期のウクライナのメジリチ村で発掘された住居は,竪穴ではないが,床の直径6mで炉は中央にある。95個のマンモスの頭骨を積み重ねて床を囲い,屋根はマンモスの大腿骨や牙を用いて高さ約3mのドーム形に覆い,竪穴同様の家屋を造って寒さや外敵から身を守っていた。

 ヨーロッパの新石器時代ダニューブ文化期に属する,ドイツのケルン近郊にあるケルン・リンデンタール遺跡は,村落構造がよく復原された代表例である。そこでの一般的な住居は,大型の長方形平面で屋根は切妻,編枝塗壁を立ち上げ,杭の上に低い床を張った一種の高床住居であった。また一部に土間を設けて家畜を飼育していた。しかし一方では竪穴住居も採用されていたが,その大きさや形態は一定していない。エジプトでは,楕円形や馬蹄形につき固めた床の周囲に杭を立て,葦のむしろで囲ったり,練土で囲った上にむしろをかけて屋根とした平地住居であり,床に炉がつくられている。

中国

中国の新石器時代では,竪穴は黄河流域の彩陶文化として有名な仰韶(ぎようしよう)文化期に始まる。その初期の廟底溝遺跡では,竪穴の床は1辺約7mの方形で,深さ50cm余を掘り下げ,南辺中央に屋外からスロープで下る入口をつけている。竪穴の周壁外に60~70cm間隔に柱を垂直に立て,その間を土で塗り壁をつくる。床はすさを混ぜた泥で塗り固め,4本の柱を掘り立てて寄棟の屋根を支えていた。入口を入ったところに炉が設けられている。このような方形平面の竪穴住居は,同文化の半坡遺跡にもあり,12m×10mという大型で,床の4本柱は長いが外周の柱と壁は低く,屋根は地面まで葺き下ろしていたと考えられる。また同時に,径6m前後の比較的小型で円形平面の竪穴住居もあり,円錐形の屋根を地面まで葺き下ろしたものと,周壁で支えて地面まで葺き下ろさないものの両者の存在が考えられている。方形・円形平面の竪穴住居のなかには,柱と壁で間仕切りをしたものもある。このような住居で構成する集落の一部には灰坑と呼ばれる貯蔵用の穴倉(日本では,その縦断面が底の広がったきんちゃく形をしていることから袋状竪穴と呼んでいる)が付属している。続く竜山期にも小規模な竪穴住居は引き続き造られ,それらは床に石灰を敷き固めるのを特徴としている。これらは殷代にもその後期まで受け継がれている。
[工楽 善通]

日本

日本の旧石器時代の住居は,洞窟や岩陰など,自然の覆屋を利用したが,多くの人々は,丘陵や段丘上の平たん地に小屋を建てて生活していた。平地に小枝を環状に配して浅く地面に突き立て,上方でまとめて円錐形の骨格を造り,草や土で覆ったのがこの時代のすまいで,これらも平地住居とよばれる。このような住居は,約8000~9000年前ころ,土器を使う縄文時代早期に入ってもなおすまいの主流であったが,これを発展させ,床面を掘り下げて屋内空間を広げ,より安定した構造をもつ竪穴住居も建ち始め,しだいに多くなる。

縄文時代

しかし,縄文時代における竪穴住居址の分布は中部地方から東に偏在し,西日本では九州地方の早期と後・晩期に若干認められるだけできわめて少ない。ただし,西日本では縄文時代全期を通じて遺物の出土が認められ,住居は痕跡を残さないだけで,旧石器以来の平地住居が西日本の縄文時代住居として,急峻な尾根上や狭小な河岸・海岸段丘上に集落が営まれた。縄文時代早期の竪穴住居は,不整形平面から方形・長方形平面に整い,構造的にはより大きな空間を造るために1~2本の支柱や,合掌あるいは三脚を組んで棟木を支持するようになる。北海道では早期の段階で主柱4本が成立して,竪穴住居の基本形式ができあがっているが,一般的には早期末以降に主柱を採用し,竪穴を深くして屋内空間を広げ,屋内に炉を取り込んで,雨季・寒季に十分耐え得る住居が造られた。

 縄文時代前期には,長方形平面から円形,楕円形に近い多角形平面に,壁柱方式から壁柱なしに変化し,構造的には大壁構造から,屋根の地上葺き下ろしへ変化する。中期末から後期にかけて竪穴住居の平面形は円形に変化し,再び壁柱が復活して円筒形の大壁を側壁とし,円錐形の屋根をもつ住居が出現する。後期末から晩期にかけて,平面形は円形から方形に再び変化し,規模の大小にかかわりなく主柱4本,大壁構造の建物が成立する。縄文時代には建物の機能分化も認められ,前期末から中期にかけて竪穴の長辺が10mを超す超大型住居,いわゆるロングハウスが出現し,集落の中心にあって集会等の公共的な用途に使用された。中期末から後期にかけての張出しをもつ柄鏡形敷石住居や,北陸地方晩期の巨大建築(半割円柱を平面円形に配置し,出入口に張出しを設ける)は祭祀用と考えられる。

弥生時代以降

縄文時代後期末から,晩期初頭にかけて成立した主柱4本の形式は,弥生時代以後の東国の主流となるが,壁柱は弥生時代に入ると消滅し,屋根は再び地上葺き下ろしにもどる。縄文時代には東国に偏在していた竪穴住居は,弥生時代に入って全国的な広がりで隆盛に向かうが,それは米作の普及にともなう食糧の安定供給と人口増加,村落共同体の成立,鉄製農工具の普及による土木・建築技術の向上,耕作地・居住地の拡大など,社会全体の発展によるところが大きい。しかし,西日本に普及した竪穴住居は東国の4本主柱型とは異なって,平面形は主柱本数に応じた円形に近い多角形平面を示し,土地有効利用のために同位置でひんぱんに建替えを行うなど,縄文時代中期的な様相を示し,東日本・西日本文化の違いを根強く保つ。しかし弥生時代後期に入ると全国的に方形平面が多くなり,古墳時代には方形平面主柱4本にほぼ統一された。竪穴住居の全国的な普及は古墳時代末までで,6世紀ころからまず畿内先進地域の集落は,竪穴住居から掘立柱住居に変わる(掘立柱建物)。この変化は西日本では急速に広まるが,東日本では,中部・東海地方は8世紀,関東地方は10世紀ころ,東北・北海道の寒冷地帯や中部山岳地帯は13世紀ころまで竪穴住居の集落がみられる。

施設と構造

竪穴住居の施設としてまずあげられるのは炉である。縄文時代の北海道などでは,屋内炉よりも屋外炉を主として用いる。屋内炉の形式は地床炉が最も多く,石囲炉,埋甕炉,石囲埋甕炉などの形式があり,東北地方には石囲炉と埋甕を組み合わせた複式炉が発達している。弥生時代には地床炉のみになり,古墳時代中期の5世紀に入って竈(かまど)が造り付けられ,古墳時代後期以降全国的に普及する。出入口は,縄文時代は一般的には住居の長軸線上の一方に炉を片寄せ,反対側に入口を設ける。入口側の竪穴側壁には埋甕,入口支柱1~2本をもつ例がある。弥生時代中期には,入口支柱に梯子の下端を添えた痕跡を残す例がある。北海道では縄文時代早~前期と続縄文期,関東地方では縄文時代中・後期にみられる張出し部も,出入口施設である。貯蔵穴は縄文~弥生時代を通じて出入口脇に設けることが多いが,その位置は必ずしも定まっていない。古墳時代に竈が出現すると,竈と反対側壁面の中央またはコーナーから,しだいに竈の左または右側に設けるようになる。

 竪穴側壁に沿って主柱~側壁間にベッド状遺構と称する二段式床を設ける例がある。北海道では縄文時代前期後葉から中期にかけて,関東地方では古墳時代後期に,西日本では弥生時代中期から古墳時代前期に多い。縄文時代から弥生時代にかけてのベッド状遺構は,四方または三方を囲い,九州南部の弥生中期には四方に拡張してベッド状遺構を設けた花びら形の特異な平面形をもつ例がある。内部床面より5~10cm高くしてあり,その用途として寝台用,収納施設,祭壇などが考えられる。古墳時代には竪穴の一方または二方だけに寝台として独立する。竪穴床面の排水処理施設として周溝や排水溝がある。貯蔵穴や床面中央のピットは貯蔵穴としての機能や雨季排水用にも利用され,周溝や中央ピットから竪穴外に排水溝を設ける例が高温多雨な西日本に多い。大型竪穴住居には壁面を樹皮やむしろで覆って杭で留め,あるいは矢板で化粧する例がある。屋根葺き材は北海道や東北地方では全期を通じ土葺きが主であり,関東以西で草葺き屋根が普及するのは弥生後期以降で,竪穴住居が全国的に方形平面に統一されるのも草葺き屋根の普及による。
→住居
[宮本 長二郎]

[索引語]
平地住居 ドルニ・ベストニツェ 炉(住居) コスチョンキ遺跡群 メジリチ ケルン・リンデンタール 廟底溝遺跡 半坡遺跡 灰坑 袋状竪穴 ロングハウス 柄鏡形敷石住居 貯蔵穴 ベッド状遺構
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
竪穴住居の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2741
検索コンテンツ
1. 竪穴住居
日本大百科全書
、縄文早期中ごろからは定住化が進み、とくに東日本を中心に竪穴住居は発展する。最盛期の縄文中期には、数世代にわたる100軒を超える竪穴住居群が環状集落を形成する遺 ...
2. 竪穴住居
世界大百科事典
×8mの長楕円形の竪穴住居があって,中央に9基の炉が長軸に沿って2~3mの間隔をおいて設けられていた。ほかにも34m×23mという大型のものや径5~6mの不整円 ...
3. たてあなじゅうきょ【竪穴住居】
数え方の辞典
▲基 「基」は遺跡の住居跡や古墳などを数える語です。  ...
4. たてあなじゅうきょあと【竪穴住居跡】
国史大辞典
竈に対面する壁面寄りに出入口を思わせる小ピットが見られる。奈良時代から平安時代の竪穴住居跡は東日本に数多く検出されているが、西日本では竪穴住居から掘立柱の住居へ ...
5. たてあなじゅうきょ‐し[たてあなヂュウキョ‥]【竪穴住居址・縦穴住居址】
日本国語大辞典
〔名〕原始古代における住居遺構の一種。地面に広く穴を掘り、その底面を床として上部に屋根をかけたもので、人類史に共通する原始家屋構造。日本では、縄文時代早期の遺跡 ...
6. かむいこたんたてあなじゆうきよいせき【神居古潭竪穴住居遺跡】北海道:上川支庁/旭川市/神居村
日本歴史地名大系
あり、同川との比高一〇メートルの段丘上に位置する。幅五〇メートル・長さ五〇〇メートルの範囲に竪穴住居跡群とチャシ一基が分布する。明治二七年(一八九四)高畑宜一( ...
7. しぶのつないたてあなじゆうきよあと【シブノツナイ竪穴住居跡】北海道:網走支庁/湧別町/湧別村
日本歴史地名大系
に位置する大竪穴群。湖を取囲むように発達した標高一〇メートルほどの湖岸段丘には、六六五軒もの竪穴住居跡が密集している。縄文時代・続縄文時代・擦文時代の各時期とオ ...
8. あいうちおおたむら【相打太田村】青森県:北津軽郡/市浦村
日本歴史地名大系
補っていたといえよう。山の井にある保食神社は創建不詳。祭神は保食神。旧村社。山の井にあるナガレ山遺跡は竪穴住居跡群で須恵器片が出土。 ...
9. あいかわむら【相川村】秋田県:男鹿市
日本歴史地名大系
両岸は小さな河岸段丘をなし水田が開かれる。上流は安善寺村・真山村に至る。背後の丘陵上に縄文中期の竪穴住居跡があり、土器片・石鏃などが出土する。天正一九年(一五九 ...
10. あいさりいせき【相去遺跡】岩手県:北上市/相去村
日本歴史地名大系
昭和四八年(一九七三)・四九年の調査により平安時代の竪穴住居跡三六棟・登窯一基・焼土遺構一七基、縄文時代のフラスコピット八基・落し穴状遺構八基が検出された。平安 ...
11. 愛知(県)画像
日本大百科全書
よす)市)近辺であったと推定されている。なお貝殻山貝塚資料館には、男性人骨2体、出土品、復原竪穴住居が展示されている。古墳時代になると、巨大な断夫(だんぷ)山古 ...
12. アイヌ
世界大百科事典
盛んに行っており,交易も盛んであった。交易によって得た鉄製品が普及するのがこの時期であるといわれている。方形の竪穴住居にはカマドを備えていた。13~15世紀ころ ...
13. あいのむかいやまいせき【愛野向山遺跡】静岡県:袋井市/石野村
日本歴史地名大系
遺跡は三つの尾根に分れ、A地区には方形周溝墓二基、B地区に竪穴住居跡一五〇軒・掘立柱建物跡二〇棟・方形周溝墓一一基・円形周溝墓一基・土器棺墓二基・土坑、C地区に ...
14. あいやいせき【愛谷遺跡】福島県:いわき市/旧好間村地区/愛谷村
日本歴史地名大系
どである。弥生時代では中期後葉(天神原式期)の土器棺や、アメリカ式石鏃を伴出する天王山式期の竪穴住居跡が一棟確認されている。古墳時代では丘陵南東端を方形に削り出 ...
15. 青木遺跡
世界大百科事典
生時代では中期中葉から始まる住居址が主体をなし,竪穴住居約60,平地掘立柱建物約90のほか,貯蔵穴,土坑墓,土器棺などがある。古墳時代は竪穴住居78,平地掘立柱 ...
16. あおきいせき【青木遺跡】宮城県:白石市/深谷村
日本歴史地名大系
して注目された。遺跡東縁部が東北自動車道の路線敷になり、昭和四六年一部が調査され、平安時代の竪穴住居跡二一軒が発見された。遺物は木製堅杵、鉄・土製紡錘車、土師器 ...
17. あおきいせき【青木遺跡】鳥取県:米子市/青木村
日本歴史地名大系
各地区に時代差や集落のあり方、墳墓などにおのおの特色がみられる。F・J地区は弥生時代中・後期を中心にした竪穴住居跡・掘立柱建物跡・貯蔵穴を構成単位とした集落跡で ...
18. あおきむら【青木村】埼玉県:坂戸市地図
日本歴史地名大系
跡がある。平成元年(一九八九)の調査で奈良・平安時代の竪穴住居跡二三、掘立柱建物跡一四を発掘。注目される遺物として奈良時代中頃の竪穴住居跡から釣鐘形の石製の錘( ...
19. あおなえいせきぐん【青苗遺跡群】北海道:檜山支庁/奥尻町/青苗村
日本歴史地名大系
さらに小沢の湧水地付近からは、上層から擦文時代の遺物、下層からは縄文前期後半から中期前半(円筒土器時代)の竪穴住居跡が一面に数多く発見され、また盛土遺構も存在し ...
20. あおもりし【青森市】青森県
日本歴史地名大系
文土器などが出土した三内遺跡、縄文時代中期の三内丸山遺跡、縄文時代早期から後期の土器・石器や竪穴住居跡などが出土した三内沢部遺跡などの遺跡がある。三内に南接する ...
21. あかいいせき【赤井遺跡】宮城県:桃生郡/矢本町/赤井村
日本歴史地名大系
七世紀末―八世紀前半頃とみられる掘立柱建物跡六棟、角材を密接に立てて並べた材木塀跡一基のほか、溝跡、竪穴住居跡などが発見された。調査範囲が狭いためこの官衙跡の構 ...
22. あかいわやまいせき【赤岩山遺跡】石川県:七尾市/万行村
日本歴史地名大系
七世紀後半)にわたる複合集落跡で、昭和五七年(一九八二)民間による宅地造成に伴って発掘され、古墳時代に属する竪穴住居跡二四棟・掘立柱建物跡一六棟や土坑・溝・ピッ ...
23. あかうらいせき【赤浦遺跡】石川県:七尾市/松百村
日本歴史地名大系
土取りのため緊急発掘後に消滅している。集落形成の時期は中期前葉から後期前半に及び、おもな検出遺構には竪穴住居跡三棟・土坑二一基・焼土面一一面などがあり、各期の縄 ...
24. あかおいせき【赤尾遺跡】兵庫県:養父郡/八鹿町/小山村
日本歴史地名大系
が実施された。四地点で遺構および遺物の出土が確認され、一一号地点では径約六・五メートルの円形竪穴住居跡一棟、土壙八基・溝三条が発見された。一筋北側の尾根に立地す ...
25. あかがいといせき【赤垣内遺跡】三重県:度会郡/玉城町/野篠村
日本歴史地名大系
落跡で、遺跡は調査個所以外に町道の北側にも広がるものと想像される。調査区の東部分に弥生時代の竪穴住居八戸が重複しており、西側に倉庫と考えられる掘立柱建物があり、 ...
26. あかさかいせき【赤坂遺跡】神奈川県:三浦市/三戸村地図
日本歴史地名大系
昭和五二年(一九七七)長径一五メートル、面積一五〇平方メートルの宮ノ台期に属するきわめて大規模な竪穴住居跡が発見された。この住居跡は巨大な四本柱の柱穴と中央の主 ...
27. あかさかいせき【赤坂遺跡】徳島県:阿波郡/阿波町/西林村
日本歴史地名大系
旧石器時代の遺物は石核、ナイフ形石器などで、いずれも姶良丹沢火山灰降下以後のものとみられる。弥生時代の遺物は竪穴住居跡などの遺構に伴って最も多く出土し、弥生後期 ...
28. あかさかだいせき【赤坂田遺跡】岩手県:二戸郡/安代町/荒屋村
日本歴史地名大系
昭和五四年(一九七九)・翌五五年東北自動車道建設に伴って調査され、縄文時代竪穴住居跡二一棟・フラスコピット一〇四基・焼土遺構一五基が検出された。竪穴住居跡は後期 ...
29. あかだいいせき・まむろはにわようせきぐん【赤台遺跡・馬室埴輪窯跡群】埼玉県:鴻巣市/原馬室村地図
日本歴史地名大系
土器をもつ竪穴住居跡二五、方形周溝墓二、中期の和泉式土器が出土した竪穴住居跡八、後期の鬼高式土器をもつ竪穴住居跡四が発掘されている。前期の竪穴住居跡は台地の東寄 ...
30. あかつきいせき【暁遺跡】北海道:十勝支庁/帯広市/下帯広村
日本歴史地名大系
石器群と異なる様相を呈する。暁式土器を伴う縄文時代早期の遺構・遺物は第4地点に集中しており、竪穴住居跡二棟、墓と考えられる土壙一基、土坑五基が出土し、この時期の ...
31. あかはまむら【赤浜村】埼玉県:大里郡/寄居町地図
日本歴史地名大系
かれていたという(「境内絵図」昌国寺蔵、「風土記稿」)。塚田の牛無具利遺跡では縄文時代中期の竪穴住居跡一一・土壙八一などが検出されており、付近からは旧石器時代の ...
32. あかみどうかいづか【赤御堂貝塚】青森県:八戸市/十日市村
日本歴史地名大系
跡。昭和三〇年(一九五五)以来数回にわたって発掘調査され、六地区に分れる鹹・淡水性の貝層と小竪穴住居跡一戸が発見された。出土した土器は尖底深鉢の内外面に縄文を有 ...
33. あかめだんいせき【赤目檀遺跡】三重県:名張市/檀村
日本歴史地名大系
昭和五四年(一九七九)小学校改築に伴い、中央部の一部が発掘調査され、古墳時代中期の一辺約六メートルの方形の竪穴住居や、古墳時代後期の柱穴群、室町時代の溝の一部が ...
34. あがたまちいせき【県町遺跡】長野県:長野市/妻科村
日本歴史地名大系
裾花川段丘の先端部で、昭和四四年(一九六九)に遺跡内の旧県会議事堂前を調査し、狭い範囲から重複しあった竪穴住居跡二二、掘立柱建物跡三を検出、古墳時代後半から奈良 ...
35. あきねいせき【秋根遺跡】山口県:下関市/秋根村
日本歴史地名大系
、両地方との交流があったことを示す。遺構として、竪穴住居跡二三基と掘立柱建物跡三一棟をはじめ、土壙と溝状遺構のほか土壙墓や古墳もある。竪穴住居跡はほぼ三ヵ所に集 ...
36. 阿久遺跡
世界大百科事典
跡で,約4000m2が発掘され,その範囲からだけでも,前期関山期30,黒浜期7,諸磯期11の竪穴住居址群が発見され,それぞれの時期に径100m近い環状集落の一部 ...
37. あげおし【上尾市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
前期の貝塚で奥東京湾海進の北限に位置するとみられている。弥生時代から奈良・平安時代にかけての竪穴住居跡・遺物なども点在しており、昭和四〇年(一九六五)の尾山台遺 ...
38. あこうし【赤穂市】兵庫県
日本歴史地名大系
心がある。野田遺跡は中期を主体とする集落跡で、豊富な遺物のなかには回転台形土製品がある。また竪穴住居跡が発掘された遺跡は、西有年・畑田、東有年・沖田、有年原・田 ...
39. あさいむら【浅井村】鳥取県:西伯郡/会見町
日本歴史地名大系
の土井敷遺跡がある。弥生中期後葉の円形と方形の竪穴住居跡を検出し、銅釧など多数の注目すべき遺物が出土した。古墳時代の遺構は合せて五棟分の竪穴住居跡・掘立柱建物跡 ...
40. あさかし【朝霞市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
跡でもある。泉水山遺跡では弥生時代後期の弥生町式土器・前野町式土器を出土した竪穴住居跡二四、古墳時代前期の竪穴住居跡二七が発掘されている。古墳は黒目川の左岸に八 ...
41. あさくらぐん【朝倉郡】福岡県
日本歴史地名大系
跡・上の宿遺跡、米山山麓の杷木町天園遺跡など、甘木市から杷木町の山麓部を中心に遺跡が急増し、竪穴住居跡・石組炉・集石遺構を伴った集落・キャンプサイト的色彩をみせ ...
42. あさないむら【浅内村】秋田県:能代市
日本歴史地名大系
た。出戸谷地も開墾し三〇町余の田地を開いた。東方台地には製鉄遺跡とみられるムサ岱遺跡があり、竪穴住居跡からは土師器・須恵器片・紡錘車などが出土し、鉄滓が多くみら ...
43. 朝日貝塚
世界大百科事典
調査が実施された。この調査で2基の炉跡を発見して竪穴住居跡1棟を初完掘し,それまでの遺物を主対象とした研究から脱却する契機となった。この竪穴住居跡には覆屋がかけ ...
44. あさひく【旭区】神奈川県:横浜市地図
日本歴史地名大系
遺跡や縄文中期に属する二俣川二丁目の宮沢遺跡など多数があり、勝坂式および加曾利E式土器を伴う竪穴住居跡が発見されている。白根町には古墳時代末期に属する王塚古墳が ...
45. あさひちょうじゃいせき【朝日長者遺跡】福島県:いわき市/旧磐城市地区/下川村
日本歴史地名大系
弥生時代と古墳時代が主体をなす一〇八棟の竪穴住居跡が検出された。北に約六〇〇メートル隔てる夕日長者遺跡とともに長者伝説が伝えられ、遺跡名はこの伝説に由来する。弥 ...
46. あさひところかいづか【朝日トコロ貝塚】北海道:網走支庁/常呂町/常呂村
日本歴史地名大系
点で注目されている。貝層より上層では続縄文土器群と擦文土器群が検出され、擦文土器群が出土した竪穴住居跡も一軒調査されている。なお貝層には暖海性のハマグリ、ウネナ ...
47. あざみのうちいせき【薊之内遺跡】福島県:岩瀬郡/長沼町/桙衝村
日本歴史地名大系
江花川と釈迦堂川に挟まれた丘陵中の南斜面に立地する。昭和五三年(一九七八)に発掘調査が行われ、竪穴住居跡一六棟・掘立柱建物跡三〇棟、土師器焼成の平窯と思われる遺 ...
48. あしかがし【足利市】栃木県
日本歴史地名大系
南部にも富士の腰遺跡・中日向遺跡などがある。高松遺跡は早期から晩期までの各期に断続し、早期土器を伴う竪穴住居跡・土壙をはじめ各時期の遺構・遺物が出土した集落跡で ...
49. あしかりばいせき【芦苅場遺跡】埼玉県:飯能市/芦苅場村地図
日本歴史地名大系
。昭和四五年(一九七〇)の発掘調査で、勝坂式土器を伴う竪穴住居跡七と加曾利E式土器を伴う竪穴住居跡一、土壙三が発見された。勝坂期の竪穴住居跡は、径四―五メートル ...
50. あしべちょう【芦辺町】長崎県:壱岐郡
日本歴史地名大系
三重の環濠に囲まれた約二四ヘクタールに及ぶなかに掘立柱建物遺構、板塀を伴う祭殿とされる遺構、竪穴住居跡群、床大引を用いた高床建造物、甕棺墓群などが検出され、漁労 ...
「竪穴住居」の情報だけではなく、「竪穴住居」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

竪穴住居と同じ縄文時代カテゴリの記事
縄文時代(国史大辞典)
弥生時代以前の日本列島で土器が出現し使用された時代全体を縄文時代とする広義の見解と、その編年区分のうち最古の細隆線文土器・爪形文土器などが作られ使用された草創期は縄文土器文化以前の土器文化と考え、これを晩期旧石器時代・更新世最終末とする見解とがある。
沖ノ原遺跡(日本歴史地名大系)
[現]津南町赤沢 沖ノ原 中津川が信濃川に合流する左岸付近、比高一六〇メートルの断崖絶壁をなす相吉段丘の北端部にある。遺跡は標高四四二―四四六メートルに分布する。東に代官清水の自然湧水を控えた縄文中期の径一二〇メートルに及ぶ環状大集落跡。
縄文海進(改訂新版・世界大百科事典)
関東平野では縄文時代の貝塚が台地周縁ぞいに,かなり内陸まで分布していることが注目されていて,そのような古海岸線を残した海進は縄文海進とよばれるようになった。ヨーロッパでも〈新石器時代汀線Neolithic beach〉とよばれる同じような海進がみられる。
鳥浜貝塚(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
福井県三方上中郡若狭町鳥浜にある縄文時代前期から草創期にかけての貝層を伴う低湿地遺跡。1962年(昭和37)から10年間にわたり、若狭考古学研究会のメンバーを中心に発掘が行われ、多大の成果を収めた。また、自然科学の各分野の研究者が参加協力し、共同研究の実をあげた。
三内丸山遺跡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
青森市三内字丸山に所在する縄文時代の遺跡。沖館川右岸の河岸段丘上にあり、標高は約二〇メートル。範囲は約三八ヘクタールと推定。江戸時代から知られ、山崎立朴の『永禄日記』や菅江真澄の『栖家の山』にも遺物発見の記載がある。これまでの発掘調査により
縄文時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「竪穴住居」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
元禄文化(日本大百科全書(ニッポニカ))
元禄(1688~1704)前後の上方中心の町人文化。広義には、17世紀後半から18世紀前半の長い時代文化を含むので、町人文化だけにはとどまらない。しかし幕藩制社会の確立の時代にあたるため、小市民社会の形成と封建的武家支配との間に緊張関係があって、封建的な武家文化との対抗のなかで
寛永文化(国史大辞典)
後水尾・明正天皇の寛永年間(一六二四―四四)を中心とした近世初頭の文化をさし、桃山文化の残映と元禄文化への過渡的役割を果たした。ふつう元和偃武ののち、明暦―寛文のころまでを含めて考えられる。江戸幕府の封建的体制の強化される時にあたって、京都の宮廷と上層町衆を中心として
化政文化(日本大百科全書(ニッポニカ))
文化・文政(1804~1830)ころの江戸中心の町人文化。大江戸文化ともいう。しかし広義には、18世紀後半から19世紀前半の長い時代文化のことをさすので、その様式も広範囲にわたり、その内容も複雑多岐になる。その中心は小市民的な合理主義や美的情緒であるが、幕藩制社会の弛緩の時代に
竪穴住居(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地面を円形や方形に数十センチメートル掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。おもに考古学的調査で発見され、日本では旧石器時代から中世まで使われた主要な住居様式の一つである。一般的には、一辺あるいは径が数メートルで
貝塚(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
貝類の繁殖に適した海岸・湖岸近くに居住した人々が、食料として貝を多量に捕食し、食したあとの貝殻を、他の不用品とともに一定の場所に投棄したため、貝殻が層をなして堆積して今日まで残存したものを一般に貝塚と呼んでいる。縄文時代の貝塚を発掘すると貝層中から埋葬人骨
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る