1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 私家集
  10. >
  11. 建礼門院右京大夫集
日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本国語大辞典
けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう[ケンレイモンヰンウキャウのダイブシフ]【建礼門院右京大夫集】

解説・用例

鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の歌を収める。自撰。貞永元年(一二三二)頃の成立。承安四年(一一七四)からの歌約三六〇首をほぼ年代順に収めたもの。建礼門院への宮仕え、平資盛との恋愛、平家没落、大原の建礼門院訪問、後鳥羽院への再仕などに際しての和歌が時には長文にわたる詞書とともに収められ、しばしば女房日記として扱われる。

発音

ケンレ〓モンイン=ウキョーノダイブシュー

〓[モ]=[ブ]




日本大百科全書
建礼門院右京大夫集
けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう

平安末期、高倉(たかくら)天皇の中宮建礼門院(平徳子)に仕え右京大夫とよばれた女房の家集。作者は生没年不明だが、1152、53年(仁平2、3)ごろから55年(久寿2)ごろの出生と推定されよう。父藤原伊行(これゆき)は、行成から6代の後裔(こうえい)で世尊寺(せそんじ)流の能書、箏(こと)の上手、著書に『源氏物語釈(しゃく)』がある。母夕霧は大神(おおみわ)基政の女(むすめ)、当時琴(こと)ひきとして著名。1234年(天福2)6月『新勅撰(ちょくせん)和歌集』撰進のおりに、晩年の作者は、藤原定家(ていか)から編纂(へんさん)資料として作品の提出を求められた。このころまでに本集は成立していたと思われる。現存伝本は九州大学図書館蔵本の系統と群書類従所収本の系統とに大別され、九大本が最善本とみられている。
 内容は平家一門の栄耀(えよう)、源平争乱、平家壊滅という時代的な悲劇を背景とした作者と平資盛(すけもり)との恋愛が主軸で、公達(きんだち)との生別死別の悲嘆に耐えて乱世を生きなければならなかった心情の詠出350余首(贈答歌を含む)が、長文の詞書(ことばがき)でつづり合わされ、ここに作者の生涯の軌跡をたどることができる。
[糸賀きみ江]
 我が心うきたるままにながむればいづくを雲のはてとしもなし



改訂新版・世界大百科事典
建礼門院右京大夫集
けんれいもんいんのうきょうのだいぶしゅう

私家集。鎌倉初期の成立。2巻。総歌数350余首。作者は能書の家として名高い世尊寺家に生まれ,高倉天皇の中宮平徳子(のちの建礼門院)に仕えた建礼門院右京大夫(生没年不詳)。父は藤原伊行(これゆき),母は箏の名手夕霧。歌集といっても平重盛の次男資盛(すけもり)との悲恋の追憶が主題となっていること,また長文の詞書や,序と跋がつけられほぼ年代順に配列されている点,より日記文学に近いものである。上巻は平家の公達その他の殿上人との親交を含む華麗なる宮仕え生活を美しく描き,また歌人で似絵の大家藤原隆信との恋愛をも織り込むが,中心は資盛との楽しく,また悩み多かった恋愛である。題詠歌40首も含む。下巻は一転して平家の都落ち,資盛との決別,資盛の戦死,その追善供養,ありし日の思い出など,死別を頂点に亡き人への思慕の情を綿々とつづり,一編の悲愁物語ともいえるものである。また大原寂光院に女院を訪ねたおりのこと,七夕の歌51首,後鳥羽院の治世に再度宮仕えしたおりのこと,さらに俊成卿九十賀のおりの栄誉,定家から歌を求められたおりの喜びなどもつづられている。源平の大動乱の渦中に巻き込まれ,のがれがたい契り(宿命)の中で最愛の人を失ったひとりの女性の愛と悲しみを昇華させた回想録として,また技巧的な歌あるいは題詠歌が多く詠まれた時代に,生活(人生)と結びついた真情を吐露した歌が数多く詠まれていることなど,文学史上も評価される作品である。
[鈴木 栄子]

[索引語]
平資盛
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
建礼門院右京大夫集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 363
検索コンテンツ
1. 建礼門院右京大夫集
日本大百科全書
平安末期、高倉(たかくら)天皇の中宮建礼門院(平徳子)に仕え右京大夫とよばれた女房の家集。作者は生没年不明だが、1152、53年(仁平2、3)ごろから55年(久 ...
2. けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう[ケンレイモンヰンウキャウのダイブシフ]【建礼門院右京大夫集】
日本国語大辞典
鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の歌を収める。自撰。貞永元年(一二三二)頃の成立。承安四年(一一七四)からの歌約三六〇首をほぼ年代順に収めたもの。建礼門 ...
3. 建礼門院右京大夫集
日本古典文学全集
高倉天皇の中宮、建礼門院(平清盛の娘の平徳子)に仕えた女房、右京大夫の私家集。〈ただ、あはれにも、悲しくも、何となく忘れがたく覚ゆることども〉を、約360首の和 ...
4. 建礼門院右京大夫集
世界大百科事典
私家集。鎌倉初期の成立。2巻。総歌数350余首。作者は能書の家として名高い世尊寺家に生まれ,高倉天皇の中宮平徳子(のちの建礼門院)に仕えた建礼門院右京大夫(生没 ...
5. けんれいもんゐんうきゃうのだいぶしふ【建礼門院右京大夫集】
全文全訳古語辞典
[書名]鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の著。一二三二年(貞永元)頃に成立。歌集ではあるが、歌の詞書が長く、建礼門院(=安徳天皇ノ母)への宮仕え、平資盛 ...
6. あい‐な
日本国語大辞典
殿の推(おし)はかり思しつるにたがはず『あいなの身の有さまや。いつもただかくぞかし』」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「返し、あひなのさかしらや、さるはかやうの ...
7. あい に あう
日本国語大辞典
宿る月さへぬるる顔なる〈伊勢〉」(2)(会)いちずの思いで会う。会いたい一心で会う。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あひにあひてまだむつごとも尽きじよにうたて ...
8. あお‐もみじ[あをもみぢ]【青紅葉】
日本国語大辞典
*満佐須計装束抄〔1184〕三「あをもみぢ、あをきこきうすききなるやまぶき、くれなゐすはうのひとへ」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「三位中将維盛のうへのもとよ ...
9. あき‐ざま【秋様】
日本国語大辞典
〔名〕(「あきさま」とも)秋になる頃。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「見し人びとの都別ると聞きし秋さまのこと、とかく言ひても思ひても心もことばもおよばれず」* ...
10. あさぎ‐いろ【浅葱色・浅黄色】
日本国語大辞典
〔名〕「あさぎ(浅葱)〔一〕(1)」に同じ。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「空を見上げたれば、ことにはれてあさき色なるに」*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕四 ...
11. あしわけ‐おぶね[‥をぶね]【葦分小舟】
日本国語大辞典
*万葉集〔8C後〕一一・二七四五「みなと入りの葦別小舟障り多みあが思ふ君にあはぬ頃かも〈作者未詳〉」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「紅の薄様(うすやう)にあし ...
12. あせ =に[=と]成(な)る
日本国語大辞典
しげなり」*有明の別〔12C後〕上「おそろしく、はつかしくも、あせになる心ちぞする」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「はては、おそろしき物語どもをして、おどされ ...
13. あたり【辺】
日本国語大辞典
近親。縁故。*大鏡〔12C前〕三・師輔「御あたりをひろうかへりみ給御こころぶかさに」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あたりなりし人もあいなき事なりなどいふこと ...
14. あだ‐ごと【徒言・徒事】
日本国語大辞典
伊豆波利己止。又阿太己止」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あだことにただいふ人の物がたりそれだに心まどひぬるかな」*寛永刊本蒙求抄〔 ...
15. あ・てる【当・中・充・宛】
日本国語大辞典
「くさき香(か)世界にみち満ちて、変りゆくかたちありさま、目もあてられぬこと多かり」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「御いほりのさま、御すまひ、ことがら、すべて ...
16. あと を 留(とど・と)む
日本国語大辞典
家物語〔13C前〕三・城南之離宮「げに心あらむ程の人の、跡をとどむべき世ともみえず」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ゆくへなくわが身もさらばあくがれんあととど ...
17. あぶな・い【危】
日本国語大辞典
状態をいう。(1)危害または損害を受けそうで気がかりだ。はらはらさせられる。危険だ。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕詞書「内裏ちかき火の事ありてすでにあぶなかり ...
18. あらぬ 所(ところ)
日本国語大辞典
はなほ、かやうのことも見ぬわざもがな』と、あらぬ所のなきもわびしう、思し乱れながら」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「なぐさむことは、いかにしてかあらんなれば、 ...
19. あらぬ 世(よ)
日本国語大辞典
C後〕下「関に入りて、信夫(しのぶ)と申すわたり、あらぬよの事におぼえてあはれなり」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あぢきなき事のみまされば、あらぬ世の心ちし ...
20. ある 程(ほど)
日本国語大辞典
*和泉式部集〔11C中〕下「ある程はうきをみつつもなぐさめつかけはなれなばいかにしのばん」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あるほどがあるにもあらぬうちになほか ...
21. あ・れる【荒】
日本国語大辞典
9頃〕藤原の君「み心のかしこく〈略〉あるるいくさ、けだものも、この主にはしづまりぬ」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「はるかなる野さはにあるるはなれ駒かへさや道 ...
22. あわび‐がい[あはびがひ]【鮑貝】
日本国語大辞典
かづきといひけり」*俊成五社百首〔1190〕「浪かかる岩根につけるあはび貝こや片恋のたぐひ成るらん」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「沖つ波岩うつ磯のあはびがひ ...
23. あわれ を 交(か)わす
日本国語大辞典
いじらしいと思い合う。*源氏物語〔1001〜14頃〕藤裏葉「うちとけず、あはれをかはし給ふ御仲なれば」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「人わかずあはれをかはすあ ...
24. あんげん【安元】
日本国語大辞典
〓元」。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「安元といひしはじめのとしの冬、臨時のまつりに宮の上の御局のぼらせ給ふ」 ...
25. いい‐あらそ・う[いひあらそふ]【言争】
日本国語大辞典
C前〕「十月十五日に院のあじろのあづかりの我々もといひあらそふ事などきこえさするを」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「そののちも、この事をのみいひあらそふ人々あ ...
26. いい‐あわれが・る[いひあはれがる]【言哀】
日本国語大辞典
感動して話す。*平中物語〔965頃〕三六「いといたう、おのがどち、いひあはれがりて」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「又これもりの三位中将くまのにて身をなげてと ...
27.&nnbsp;いい‐おき[いひ‥]【言置】
日本国語大辞典
在だと云ふので、言置をしてその家を出た」(2)死後のために言い残しておくこと。遺言。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「母なる人の、さまかへてうせにしが、ことに心 ...
28. いい‐しろ・う[いひしろふ]【言─】
日本国語大辞典
あれこれと話し合う。*源氏物語〔1001〜14頃〕夕顔「あまえていかに聞えんなどいひしろふべかめれど」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「はたらかで見しかどあまり ...
29. いい‐つく・す[いひ‥]【言尽】
日本国語大辞典
「このなかには、よの中にありとあることのすこしみ所きき所あるは、いひつくすらんかし」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「身をせめてかなしき事いひつくすべき方なし」 ...
30. いい‐はから・う[いひはからふ]【言計】
日本国語大辞典
〔他ハ四〕相談し合って、適当な処置を講じる。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「さるべき人々さりがたくいひはからふこと有りて、思ひのほかにとし経て後又ここのへの中 ...
31. いい‐はずし[いひはづし]【言外】
日本国語大辞典
〔名〕言いはずすこと。言いそこない。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「思はぬ物のいひはづしをして、それをとかくいはれしも」 ...
32. いう べき 方(かた)無(な)し
日本国語大辞典
いうすべなし。*枕草子〔10C終〕四一・鳥は「ほととぎすは、なほさらにいふべきかたなし」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ここかしことうちたちたるさまなど、つた ...
33. いえ の 集(しゅう)
日本国語大辞典
〜07頃か〕雑秋・一一四一・詞書「天暦御時、伊勢が家の集めしたりければまゐらすとて」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「家の集などいひてうたよむ人こそかきとどむる ...
34. いかで いかで
日本国語大辞典
給へり」*落窪物語〔10C後〕一「『これあけん、これあけん。いかでいかで』と云へば」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ただとかく、さすが思ひなれにしことのみ忘れ ...
35. いく‐むかし【幾昔】
日本国語大辞典
〔名〕(1)いかほどの昔。どれほど古い時代。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「あせにけるすがたの池のかきつばたいくむかしをか隔てきぬらむ」*玉葉和歌集〔1312 ...
36. いた‐びさし【板庇】
日本国語大辞典
5〕雑・一六〇一「人住まぬ不破の関屋のいたびさし荒れにし後はただ秋の風〈藤原良経〉」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「いたびさし時雨ばかりはおとづれて人目まれな ...
37. いつ と 言(い)いながら
日本国語大辞典
いつもそうであるが。いつものことであるが。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「花は散らず同じにほひに、月も一つに霞みあひつつ、やうやうしらむ山ぎは、いつといひなが ...
38. いとまな‐さ【暇無─】
日本国語大辞典
中〜13C頃〕逢坂越えぬ権中納言「その事となきいとまなさに、みな忘れにて侍るものを」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「にしやまなる所にすみしころ、身のいとまなさ ...
39. いま 暫(しば)し
日本国語大辞典
*宇津保物語〔970〜999頃〕祭の使「いましばしありては、さ聞こゆる折もありなん」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「もし命たとひいましばしなどありとも」 ...
40. うき‐ね【憂音・憂哭】
日本国語大辞典
〔名〕悲しみ泣くこと。また、その声。「浮き根」「浮き寝」などとかけて用いることもある。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「つきもせぬうきねは袖にかけながらよその涙 ...
41. うき‐み【憂身】
日本国語大辞典
家集〔12C後〕中「存(なが)らへんとおもふ心ぞつゆもなき厭ふにだにも堪へぬ浮身は」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「重衡の三位中将の、うき身になりて、都にしば ...
42. うし‐ふたつ【丑二】
日本国語大辞典
999頃〕国譲下「まだ御殿籠らぬに『うしふたつ』と申すに、女御おり給ひなんとすれば」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ひきかづき臥したるきぬを、ふけぬるほど、う ...
43. うす‐ぎぬ【薄衣】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001〜14頃〕空蝉「かのうす衣は小袿(こうちき)のいとなつかしき人香に染(し)めるを」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「うす柳のきぬ、紅梅のうす ...
44. うす‐やなぎ【薄柳】
日本国語大辞典
の堂童子の染め分けとて左右わかちて柳、躑躅(つつじ)とてある柳の常のうすやなぎなり」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「うすやなぎのきぬ、こうばいのうすぎぬなどき ...
45. うち‐た・つ【打立】
日本国語大辞典
*和泉式部続集〔11C中〕上「旅人の駒ひきなめてうちたてばやたのひろ野もせばくぞ有ける」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ここかしことうちたちたるさまなど、つた ...
46. うち の 御方(おんかた)
日本国語大辞典
〕東屋「月頃うちの御方に、消息聞えさせ給ふを、御許しありて」(2)天皇の側。天皇方。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「内の御方の女坊、宮の御方の女坊、くるまあま ...
47. うち‐はら・う[‥はらふ]【打払】
日本国語大辞典
まそで)もち床(とこ)打払(うちはらひ)君待つと居りし間に月かたぶきぬ〈作者未詳〉」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ゆふさればあらましごとのおもかげに枕のちり ...
48. うち‐や・る【打遣】
日本国語大辞典
「代助は平生から、此位に世の中を打遣(ウチヤ)ってゐた」(3)(思いなどを)晴らす。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「なにとなく見聞くことに心うちやりて過ぐしつ ...
49. う・つ【打・討・撃・撲・拍・擣・搏・伐・射】
日本国語大辞典
〈木下尚江〉二・一「何がし学校の記章打ったる帽子」(3)紙や、膏薬などをはり付ける。*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「ほうぐえりいだして、料紙にすかせて、経かき ...
50. うつ・す【移・遷】
日本国語大辞典
る。気持を他に転じる。*源氏物語〔1001〜14頃〕蛍「かかるすずろ事に心をうつし」*建礼門院右京大夫集〔13C前〕「なにかげに人の折りけるもみぢ葉を心うつして ...
「建礼門院右京大夫集」の情報だけではなく、「建礼門院右京大夫集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

建礼門院右京大夫集と同じ私家集カテゴリの記事
拾遺愚草(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原定家の家集。「拾遺」は侍従の唐名で定家の官職名。上中下の3巻は1216年(建保4)に成立し、その後も出家時の1233年(天福1)まで増補。上巻は初学百首から関白左大臣家百首までの15種の百首、中巻は韻歌128首から女御入内屏風歌の12種の作品、下巻は四季、賀、恋、雑の部類歌を収める。
建礼門院右京大夫集(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の歌を収める。自撰。貞永元年(一二三二)頃の成立。承安四年(一一七四)からの歌約三六〇首をほぼ年代順に収めたもの。建礼門院への宮仕え、平資盛との恋愛、平家没落、大原の建礼門院訪問、後鳥羽院への再仕など
私家集と同じカテゴリの記事をもっと見る


「建礼門院右京大夫集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
愚管抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代初期に成った日本の通史。慈円(慈鎮)作。七巻。『本朝書籍目録』に六巻とあるのはあるいは第一・二巻を合わせた表現か。また『愚管抄』第二巻記述中に、山門のことを記した「一帖」があるとみえるのは、別に現存する、延暦寺勧学講の記録断簡にあたると思われる
承久記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
承久の乱に関する軍記物語。一名、『承久兵乱記』。異本が多く、同名異書もある。すべて作者・成立年代未詳。古くは、『公定公記』応安七年(一三七四)四月二十一日条に「承久物語三帖」、『蔗軒日録』文明十七年(一四八五)二月七日条に
閑居友(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
随想的性格の強い中世の仏教説話集。二巻。古く慈円の著といわれてきたが、書中に著者が入宋したと述べているのを手がかりとして、契沖は慶政が著者であろうと推測した。決定的資料を欠くが内部徴証や各種情況証拠からみて、慶政著作説は動かないと思われる。成立は跋文相当箇所に
海道記(国史大辞典・日本大百科全書)
鎌倉時代の京都・鎌倉間の紀行。一冊。『鴨長明海道記』と題した本もあり、源光行・如願法師を著者とする説もあるけれど、いずれも年齢的に合わないので誤り。著者は不明であるが本書の序の部分に、白河のわたり中山の麓に閑居幽棲する侘士で齢は五旬、遁世して頭陀を事としている者とある
建礼門院右京大夫集(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の歌を収める。自撰。貞永元年(一二三二)頃の成立。承安四年(一一七四)からの歌約三六〇首をほぼ年代順に収めたもの。建礼門院への宮仕え、平資盛との恋愛、平家没落、大原の建礼門院訪問、後鳥羽院への再仕など
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る