1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. レジャー
  10. >
  11. キャンプ
日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本国語大辞典
キャンプ

解説・用例

〔名〕

{英}camp )

(1)(─する)山、高原、海岸などにテントを張って野営する遊び。また、野営すること。野宿。キャンピング。《季・夏》

*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「キャンプ Camp (英) 〈略〉野営」

*旅‐昭和五年〔1930〕八月号・キャムプと其注意〈井上蝶花〉「而(しか)しキャムプをなす人の中には公徳心が欠けている人が僅(わづ)か少数あるが為に、各方面から非難の声が高いのは誠に遺憾である」

*俘虜記〔1948〕〈大岡昇平〉「われわれはキャンプにでも来たやうな気持で谷川の水で飯をたき」

*自由学校〔1950〕〈獅子文六〉鮎料理「踊ったり、キャンプに行ったり」

(2)テント小屋。《季・夏》

*欧米印象記〔1910〕〈中村春雨〉太平洋航海別信・二「偶々(たまたま)見ゆる煉瓦屋(れんぐゎをく)は窓白く雲を透かし、処々には天幕を張りたるキャンプが双眼鏡に入り来り候」

*西部劇通信〔1930〕〈牧野信一〉「僕等は半分森林近くのキャムプに住ふことになってゐるのだが」

*凍港〔1932〕〈山口誓子〉「海暮れてキャムプの尖(とが)り目には立たぬ」

*榛名〔1935〕〈横光利一〉「ぽつりと一つ芝生の上に見えるキャムプ」

(3)軍隊の駐留地、駐屯地。また、その営舎。兵営。根拠地。

*琉球物語〔1948〜56〕〈火野葦平〉ちぎられた縄・六「品物を持って、キャンプに届けに行くでしょう。〈略〉もうアメリカ兵から、四度も追っかけられたわ」

*抱擁家族〔1965〕〈小島信夫〉「キャンプにある病院へヘンリー軍属を見舞いに行く話をしていた」

(4)運動選手などが、練習のために一時的な共同生活をする合宿所。

(5)捕虜や避難民などの収容施設。収容所。抑留所。

*レイテの雨〔1948〕〈大岡昇平〉「我々がいよいよ〈略〉船待ちのため他のキャンプへ移ってから」

*浮雲〔1949〜50〕〈林芙美子〉五四「河内のキャンプで、私は、ベラミーって小説を読んだけど」

*地を潤すもの〔1976〕〈曾野綾子〉一二・二「私たちがジュロンのキャンプに収容されていた時」

発音

〓[キャ]〓[キャ]




日本大百科全書
キャンプ
きゃんぷ
camp

キャンピングcamping、野営または露営ともいい、テントあるいは簡単な小屋がけなどで、野外において一時的な生活をすること。旅行や登山のためにグループや個人で単に一時的な宿泊をするものから、一定のプログラムをもって野外で共同生活を行い、大自然の中で学習と活動を通してお互いに人格を高めあっていく組織的な野外活動までの総称として用いられる。キャンプの語義は「同志と協同生活をする」ことで、寝食をともにする生活を通して自己を見つめ、協調性や連帯性、友情、責任、奉仕などを学び、ものの見方、考え方を確立する。さらに、大自然の中で、天文、地形、動植物などの学習を通して、その美しさ、偉大さ、厳しさを知り、いろいろな技術を駆使して創造的活動を行い、また、登山、水泳、釣りなどの野外活動によって体を鍛えることにもなる。大自然とのかかわりのなかで、人間同士が触れ合い、相互理解を深め、さらに社会性を発展させる機会とするところにキャンプの意義がある。
 利用する宿泊施設としては、テントを利用するもののほかに、固定したバンガロー、コテージ、ヒュッテなどを利用するもの、岩小屋など自然の地物を利用するもの、簡易なツェルトザックなどでビバーク(不時露営)するもの、積雪期に雪洞やイグルー(とくにカナダ北東部で利用される雪小屋のこと)を利用するものなどがある。第二次世界大戦後は、自動車にテントを積んだり、キャンピングカーを利用してキャンプ場を回り歩くオートキャンプも盛んになった。
[徳久球雄]

キャンプの歴史と種類

キャンプに教育的意義を認め、一定のプログラムのもとで集団生活を行うようになったのは19世紀後半で、南北戦争(1861~65)のころアメリカ・コネティカット州ガナリーにおいて、フレデリック・ウイリアム・ガンFrederick William Gunnが子供たちを集めてキャンプを開いたのが最初であるといわれている。YMCAのキャンプは1881年ニューヨークのブルックリンYMCAで始められ、F・ダドレーに受け継がれて盛んになった。ヨーロッパにおいては、1896年ベルリンにおこったワンダーフォーゲル運動、1910年に始まるユースホステル運動がキャンプを盛んにした。
 日本においては、1922年(大正11)YMCAが日光中禅寺湖畔で少年キャンプを行ったのが最初である。第二次世界大戦後、学校キャンプが盛んになり、1966年(昭和41)には日本キャンプ協会が設立され、積極的にキャンプの普及啓蒙(けいもう)を行い、今日に至っている。
[徳久球雄]

組織キャンプ

一定の目標をもち、意図的に組織された集団が、一定のプログラムのもとで集団生活を行うもので、学校の教育活動の一環として行う学校キャンプ、国あるいは市町村などが社会教育のプログラムとして行う教育キャンプ、YMCA、YWCAなどが行う宗教キャンプ、ボーイスカウトその他の団体が行う団体キャンプ、セツルメント等福祉施設のキャンプなどのほか、補導キャンプ、調査キャンプ、ワークキャンプ、スポーツ団体の合宿キャンプなど各種のものがある。登山のためのキャンプは、登山を目的として宿泊施設のないところでキャンプするものであり、やや性質を異にするが、これもキャンプ活動の一つといえよう。
[徳久球雄]

個人・家庭キャンプ

組織でなく個人または少人数のグループで野外に出てキャンプを行うことは古くから行われてきたが、20世紀後半、キャンプそのものが独立して楽しまれるようになった。さらに欧米ではこれがオートキャンプの形で盛んになり、日本でも1966年(昭和41)から発達、家族旅行の中心形態の一つとなっている。
[徳久球雄]

キャンピングの技術

用具・服装は第一に清潔、じょうぶ、軽便、安全であることが必要である。
 キャンプ地の選定には、自然的条件として、(1)なるべく平坦(へいたん)な土地、(2)湿度の低いこと、(3)風当りが少ないこと、(4)洪水や雪崩(なだれ)などの危険のないこと、(5)清潔な水の得やすいこと、(6)燃料の得やすいこと、(7)毒虫などの少ないこと、などが必要である。また人間側の条件として、(1)人家にあまり近くなく清潔なこと、(2)騒音の少ないこと、(3)風紀のよいこと、などがあげられよう。
[徳久球雄]

テントの種類

三角型、屋根型、家型、ウィンパー型、片流れ型、かまぼこ型、ドーム型などがある。材料は綿が多く用いられてきたが、現在はナイロン、ビニロン、テトロンなどが、重さ、防水性、強度の点で優れていることから多く用いられる。
[徳久球雄]

キャンププログラム

キャンプはプログラムがたいせつである。生活時間の規律を守り、登山やオリエンテーリングなどの活動と自然観察、創造的活動、親睦(しんぼく)活動をうまく組み合わせる。初心者は炊事に多くの時間がかかるので注意する。また日常の生活と異なった環境下なので、全員の健康管理がリーダーにとって重要な仕事となる。睡眠は少なくとも7時間はとる。天候も考えて、弾力的な運営が必要で、そのためには指導組織を確立しておく必要がある。
[徳久球雄]

キャンプファイア

キャンプのプログラムのなかで、友情、だんらんのため、またキャンプの一つの儀式として行われるもので、これにより、キャンプの印象は深く心に刻まれ、人間関係はより強固なものとなる。内容的には、儀式的・精神的内容のものと、レクリエーション的内容のものとに大別される。
 座席は、北極星の輝く北側が上席で、そこに営火長が座り、その右に司会者、左にリーダーが座る。あとの席は適宜だが、ファイアキーパーがつねに営火を見守り、強弱を調整し、プログラム終了とともに燃え終わるようにする。ファイア(営火)の形態は薪を井桁(いげた)に組むのを通例としている。そのプログラムの一例をあげると、(1)入場(キャンパー着席・営火到着)、(2)点火、(3)キャンプソング、(4)キャンプスピリットについての話(営火長)、(5)誓い(キャンパーはキャンプステッキを持つ)、(6)キャンプソング、(7)だんらんやレクリエーション(歌・スタンツゲームなど)、(8)キャンプソング(にぎやかなもの、しだいに静かなもの)、(9)退場。
 参加者全員に、キャンプファイアの意義を理解させるとともに、キャンプファイア場入場から退場までの間のマナーや進行順序などを、よく知らせておかなければならない。
[徳久球雄]

キャンプマナー

キャンプは野外生活なので、開放的になり、生活規律が乱れやすい。自己の楽しみと自然との融合をたいせつにして、自己を磨くことはもちろんだが、その前提には、他人の迷惑にならない、共同生活の責任を果たす、自然を汚さない、という基本的なマナーがたいせつである。大自然の中で生活するとき、人間は謙虚な思いをもつが、これをマナーの基本的な理念として、お互いにマナーを守ることが必要である。
[徳久球雄]



改訂新版・世界大百科事典
キャンプ
camp

キャンピングcamping,野営または露営ともいい,野外における一時的な生活をすること。テント利用のほか,バンガロー,コテージ,ヒュッテなどを利用するものや岩小屋など自然の地物を利用するものがあり,また登山の場合,簡単なツェルトザックなどでビバークするもの,積雪期に雪洞やイグルー(雪や氷のブロックを積み上げてつくったドーム型の住居)を利用するもの,宿泊設備を何も持たない野営なども広義には含んでいる。軍隊の一時的居住などを称することもある。第2次世界大戦後は,自転車や自動車にテントを積んでキャンプ場を回り歩くオートキャンプも,ヨーロッパ,アメリカを中心に盛んになった。キャンプの本来的意味は〈同志と協同生活をする〉ことである。キャンプ生活を通して,自己を見つめ,協調性や連帯性,友情,責任,奉仕などを学び,物の見方,考え方を確立してゆくのである。また生涯の仲間をつくることもあり,さらに人生観,価値観を変革させる可能性も十分にもっている。こうしたキャンプ生活の条件の第1としてあげられるのは,美しい自然環境のもとで行われることである。人為的,装置化された都会生活から離れ,大自然の中で生活することは,大きな想像力とたくましい創造的活動が要求される。不便ではあるが,素朴で潤いがあり,勇気と活力を通じて自然に親しみ,自然の美しさ,偉大さ,厳しさを知ることができると同時に,登山,水泳,釣りなどの野外活動によって体を鍛えることにもなる。

キャンプの歩み

人類はその歴史の中で,長いあいだキャンプ生活を体験してきたといえる。その自然との共存体験を近代産業社会の中で再体験するものとして,キャンプは生まれた。キャンプに教育的意義を認め,一定のプログラムのもとで集団生活を行うようになったのは19世紀後半である。1861年アメリカのコネティカット州ガナリーで,ガンFrederick William Gunnが子どもたちを集めて学校キャンプを開いたのが最初であるといわれている。YMCAのキャンプは,81年ニューヨーク,ブルックリンYMCAで始められ,F.ダドリーに受け継がれて盛んになった。ヨーロッパでは,96年ベルリンに起こったワンダーフォーゲル運動,1910年に始まるユース・ホステル運動がキャンプを盛んにした。

 日本では,明治から大正にかけての自由教育の気運の中で,スポーツも多く取り入れられ,その一つとしてキャンプが紹介されて新しい教育活動として推進されることになる。22年YMCAが日光中禅寺湖畔で少年キャンプを行ったのが,全国的な規模での最初のキャンプである。さらに第2次世界大戦後は学校キャンプが盛んになった。戦後の混乱期に,青少年団体,新聞社などが中心となって民間のキャンプが大きく成長したが,行政側でも,55年〈教育キャンプ指導者中央講習会〉を開くなどしてキャンプ運動を推進してきている。65年には日本キャンプ協会が設立され,積極的にキャンプの普及啓蒙を行い,全国に支部が設けられ今日にいたっている。また72年には日本オートキャンプ協会も設けられた。現在ではボーイ・スカウト,ガール・スカウト,ユース・ホステル,日本レクリエーション協会などとともに野外活動の組織的指導が重視され,97年野外教育学会も設立された。

キャンプの種類

キャンプは大別して,組織的なキャンプと個人的,家庭的なキャンプに分けられる。

(1)組織キャンプ 一定の目標をもち,意図的に組織された集団が,一定のプログラムのもとで集団生活を行うものである。現在では,学校の教育活動の一環として行う学校キャンプ,国あるいは市町村などが社会教育のプログラムとして行う教育キャンプ,YMCA,YWCAなどが宗教的行事を盛り込んで行う宗教キャンプ,ボーイ・スカウトその他の団体が行う団体キャンプ,セツルメントなど福祉施設のキャンプのほか,補導キャンプ,調査キャンプ,ワークキャンプ,スポーツ団体の合宿キャンプなど各種のものがある。登山の目的のためにテントを張る登山キャンプはやや性質を異にするが,これもキャンプ活動の一つといえよう。このように各種のキャンプは小は数人のものから大は数百,数千人にまで及ぶものがある。

(2)個人,家庭キャンプ 組織的でなく,個人または少数のグループで野外に出てキャンプを行うことは古くから行われ,とくに登山におけるキャンプ生活がその始まりといえよう。しかし20世紀後半になって,キャンプそのものが独立して楽しまれるようになり,健全なレクリエーションとして認識されるようになった。ヨーロッパやアメリカでは急速にオートキャンプ場が建設され,家族ぐるみでキャンプを楽しむことが盛んになった。日本では高原あるいは山麓にキャンプ場が設けられ,個人的なグループや家族でキャンプすることが行われるようになったが,施設の点では登山キャンプの延長で,ヨーロッパやアメリカと比べ,まだ非常に劣っている面が多い。(コラム参照)
[徳久 球雄]

[索引語]
camp キャンピング camping 野営 露営 テント ガン,F.W. Gunn,F.W. 日本キャンプ協会
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
キャンプの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3060
検索コンテンツ
1. キャンプ
日本大百科全書
設のキャンプなどのほか、補導キャンプ、調査キャンプ、ワークキャンプ、スポーツ団体の合宿キャンプなど各種のものがある。登山のためのキャンプは、登山を目的として宿泊 ...
2. キャンプ画像
世界大百科事典
体が行う団体キャンプ,セツルメントなど福祉施設のキャンプのほか,補導キャンプ,調査キャンプ,ワークキャンプ,スポーツ団体の合宿キャンプなど各種のものがある。登山 ...
3. キャンプ
日本国語大辞典
虜記〔1948〕〈大岡昇平〉「われわれはキャンプにでも来たやうな気持で谷川の水で飯をたき」*自由学校〔1950〕〈獅子文六〉鮎料理「踊ったり、キャンプに行ったり ...
4. キャンプ[ファッション]
イミダス 2017
60年代にはアメリカの作家スーザン・ソンタグ(Susan Sontag 1933~2004)の「キャンプについてのノート」によって定義付けられた。ルイ・ヴィトン ...
5. キャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[camp] (1)野営 (2)【登山】登頂用の基地 (3)【競技・運動】強化訓練のための合宿・調整練習.合宿場 (4)【軍事】捕虜収容所 (5)党 ...
6. キャンプ[外来語]
現代用語の基礎知識 2017
(1)野営。合宿。軍隊の駐屯地。兵営。(2)陳腐な気取り、芝居がかった俗っぽさを生かした芸術表現。古くさい俗っぽさで意表をつくこと。  ...
7. きゃんぷ・こーとにー【キャンプ・コートニー】沖縄県:沖縄島中部/具志川市
日本歴史地名大系
一般生活に必要な諸施設および娯楽・スポーツ施設などがある。このほか貯油タンク・ヘリパッドなどもある。なおキャンプ名は一九四五年五月一四日沖縄戦で戦死した第六海兵 ...
8. きゃんぷ・しゅわぶ【キャンプ・シュワブ】沖縄県:沖縄島北部/名護市
日本歴史地名大系
国頭村・東村にまたがる北部訓練場に対し、当施設とキャンプ・ハンセンの演習地区を中部演習場と総称している。一九五六年にキャンプ地区、翌年に訓練地区の使用が開始され ...
9. きゃんぷ・しーるず【キャンプ・シールズ】沖縄県:沖縄島中部/沖縄市
日本歴史地名大系
西側は嘉手納弾薬庫地区に、北西部は東南植物楽園に、東側は沖縄自動車道および国道三二九号を挟み旧キャンプ・ヘーグに隣接している。二〇〇二年(平成一四年)三月現在の ...
10. きゃんぷ・はんせん【キャンプ・ハンセン】沖縄県:沖縄島北部
日本歴史地名大系
海兵隊の兵舎が建設されてキャンプ・ハンセンとして使用開始。五九年には演習場地区がキャンプ・ハンセン訓練場として新たに接収された。七二年の日本復帰後、二施設を統合 ...
11. きゃんぷ・ぶーんあと【キャンプ・ブーン跡】沖縄県:沖縄島中部/宜野湾市
日本歴史地名大系
[現]宜野湾市宇地泊など キャンプ・マーシーの西、宇地泊地区にあった。憲兵隊司令部、陸軍中央パス発行所、陸軍民間人事部など基地の治安秩序維持施設として使用されて ...
12. きゃんぷ・へーぐあと【キャンプ・ヘーグ跡】沖縄県:沖縄島中部/沖縄市
日本歴史地名大系
一九四五年の米軍占領と同時に接収された。キャンプ・ハンセン(現金武町など)で県道一〇四号線越え実弾演習を行っている第三海兵師団第一二海兵連隊のベースキャンプで、 ...
13. きゃんぷ・まくとりあす【キャンプ・マクトリアス】沖縄県:沖縄島中部/具志川市
日本歴史地名大系
五七年に在沖米海兵隊基地司令部が設置された。六五年から六九年の間司令部がキャンプ・コートニーへ移転したこともあったが、七五年八月に司令部がキャンプ瑞慶覧(北谷町 ...
14. きゃんぷ・まーしーあと【キャンプ・マーシー跡】沖縄県:沖縄島中部/宜野湾市
日本歴史地名大系
五五年に陸軍病院がキャンプ桑江(現北谷町など)へ移転。日本復帰後米軍への提供施設となる。七四年の第一五回日米安保協議委員会で返還が合意され、同年ORE本部・OW ...
15. キャンプ インストラクター[カタカナ語]
イミダス 2017
[camp instructor〈日〉]【社会・生活】キャンプの基礎技術や野外活動技術などを指導する係員.日本キャンプ協会が資格を授与する.  ...
16. キャンプオン[カタカナ語]
イミダス 2017
[camp-on]【IT関連用語】電話交換機システムで,通話回線の結合や再結合を自動的に行う機能.  ...
17. きゃんぷくわえ【キャンプ桑江】沖縄県:沖縄島中部/北谷町
日本歴史地名大系
おもな施設は沖縄地区海軍病院で、ほかに海軍・海兵隊・空軍の宿舎・事務所として使用されており、米軍側の呼称はキャンプ・レスターという。一九四五年(昭和二〇年)四月 ...
18. キャンプ‐サイト
日本国語大辞典
〔名〕({英}campsite )キャンプをする場所。キャンプ用に設けられた場所。*旅‐昭和五年〔1930〕八月号・東北方面 海水浴場総めぐり「新舞子の浜はキャ ...
19. キャンプサイト[カタカナ語]
イミダス 2017
[campsite]キャンプ場.野営地.野営用テントを張る場所.  ...
20. キャンプ‐じょう[‥ヂャウ]【─場】
日本国語大辞典
〔名〕たくさんのグループがキャンプできるような敷地と設備のある所。キャンプ村。*山吹の花〔1953〕〈豊島与志雄〉「山の家のそばにはキャンプ場が出来ると共に、貸 ...
21. キャンプ場[アウトドア/フィッシング]
イミダス 2017
キャンプをするための施設。自動車を使ったオートキャンプが主流となったため、車が横付けできるサイトを持ったキャンプ場が人気を博している。しかし、一部会員制のキャ ...
22. きゃんぷずけらん【キャンプ瑞慶覧】沖縄県:沖縄島中部
日本歴史地名大系
司令部が置かれていて、陸軍を中心とした主要基地であったが、日本復帰に伴い、一九七二年キャンプ瑞慶覧とキャンプ・フォスターが統合され提供施設となった。その後、ベト ...
23. キャンプ・デービッド
日本大百科全書
利用し、ことに1959年9月、ソ連フルシチョフ首相をここに招待、米ソ首脳会談で米ソ雪どけの「キャンプ・デービッド精神」をうたいあげたことで有名。だがケネディ大統 ...
24. キャンプ・デービッド
世界大百科事典
中のソ連のフルシチョフ首相がここで会談し,米ソ間の緊張緩和へ重要な一歩が画されることになり,キャンプ・デービッドの名は世界的に知られるようになった。その後,カー ...
25. キャンプ デービッド合意[カタカナ語]
イミダス 2017
[Camp David Accord]【政治】1978年にアメリカ大統領専用の山荘キャンプデービッドで,エジプトのサダト大統領,イスラエルのベギン首相,アメリ ...
26. キャンプ・デービッド合意
世界大百科事典
このため,アメリカのカーター大統領は,78年9月,サーダート,ベギン両首脳をメリーランド州のキャンプ・デービッドに招き,9月5日から17日まで3首脳会談が行われ ...
27. キャンプ‐ファイア
日本国語大辞典
〔名〕({英}campfire )《キャンプファイヤー》キャンプで、夜、皆が集まって燃やすたき火。また、それを中心にして歌などを一緒に歌ったり踊ったりすること。 ...
28. キャンプ‐むら【─村】
日本国語大辞典
〔名〕大勢の人が共に生活するところから、キャンプ場を村にたとえた語。*山吹の花〔1953〕〈豊島与志雄〉「思ふやうになりませんよ。ことに、あのキャンプ村が出来て ...
29. キャンプ料理[アウトドア/フィッシング]
イミダス 2017
家族みんなで楽しく簡単に作れるというのがキャンプ料理の鉄則。したがってその主流はバーベキューやカレーが定番だが、男性がイニシアチブをとり、煮炊きに加えオーブン ...
30. Boot Camp(ブートキャンプ)[パーソナル・コンピューター]画像
イミダス 2017
マッキントッシュ(Macintosh)がインテル製のプロセッサーを搭載したことで、Macのハードウエアでも、Windows(ウィンドウズ)が動くようになった。 ...
31. Pキャンプ[アウトドア/フィッシング]
イミダス 2017
車で宿泊(キャンプ)すること。Pキャン、車中泊とも呼ばれている。長引く不況の中、休日の高速料金上限1000円やその後の無料化実験などが後押ししてか、車の中で泊ま ...
32. Pキャンプ[欧文略語]
イミダス 2017
[P-camp 〈日〉]【社会・生活】高速道路や施設などの駐車場(パーキング)に停めた車に泊まること.キャンピングカーではなくミニバンやワンボックスカーなどで ...
33. アジア サイエンス キャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[Asia Science Camp]アジアの高校生や大学生がノーベル賞学者と合宿して議論をかわすイベント.2007年から毎年開催. 2009 06 ...
34. イベント型キャンプ[新語流行語]
イミダス 2017
マウンテンバイクやパラグライダーなどアウトドアスポーツを体験し仲間と交流できるキャンプ。  ...
35. オートキャンプ
日本大百科全書
ーラー型は少ない。キャンプ場には洗面所、浴場、炊飯場などが整備され、電気、水道、ガスがパイプを接続するだけで利用できるところも多い。キャンプ場の分布図もあり、家 ...
36. オートキャンプ
世界大百科事典
のために何日もその都市の中のオートキャンプ場に滞在するもので,都市公園の一角につくるオートキャンプ場もこの型に含められる。(2)トランジェント・オートキャンプ  ...
37. オート‐キャンプ
日本国語大辞典
利用する旅の仕方。また、そのためのキャンプ場。*旅‐昭和二一年〔1946〕一一月号・アメリカ人と旅行〈栗田正四郎〉「自動車旅行客を目あてに『モーテル』とか『オー ...
38. オートキャンプ[アウトドア/フィッシング]
イミダス 2017
自動車にキャンプ道具などを載せ移動しながら行うキャンプキャンプ道具を車で運ぶため、道具の大型化・多様化が進み、蚊帳(かや)付きのタープ(→「テント」)、たき ...
39. オートキャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[autocamp〈日〉]【競技・運動】【社会・生活】自動車を使ってキャンプすること.英語では,そのキャンプ場を指す.オートキャンピングともいう.  ...
40. カレー難民キャンプ撤去騒動[EU/ヨーロッパ]
イミダス 2017
着した人々を収容する場所として、1990年代後半からフランス北部の港町カレーに設置された難民キャンプ。カレーは英仏両国をユーロトンネル(Eurotunnel)で ...
41. サマーキャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[summer camp]【教育】【社会・生活】夏季のキャンプ.林間学校.臨海学校.  ...
42. スプリング‐キャンプ
日本国語大辞典
〔名〕({アメリカ}spring camp )スポーツシーズンに先立って行なう春季の合宿練習。特に野球で、ペナントレース開幕前に行なわれる合宿練習をさす。 ...
43. トレーニング‐キャンプ
日本国語大辞典
屋)の四選手が、シールズのオドール監督の招待で、日本人としては初めてアメリカのトレーニング・キャンプに参加」 ...
44. なんみん‐キャンプ【難民─】
日本国語大辞典
〔名〕(キャンプは {英}camp )難民を一時収容するための仮設の施設。〓[キャ] ...
45. ヌーディスト キャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[nudist camp]【社会・生活】裸体主義者が一定の期間,共同生活をする海岸や離れ島などの場所.  ...
46. ビリーズブートキャンプ[新語流行語]
イミダス 2017
空手のチャンピオンで、アメリカ陸軍の専属トレーナーも務めたビリー・ブランクスが開発した、短期集中エクササイズプログラム。7日間の特訓で体を引き締める。2006 ...
47. ピースキャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[peace camp]【社会・生活】軍備拡大に反対するため,軍事施設の近くで共同生活して行動すること.  ...
48. ブートキャンプ[カタカナ語]
イミダス 2017
[Boot Camp]【IT関連用語】【コンピューター】インテル Mac で Windows XP を利用できるソフトウエア.  ...
49. ブート・キャンプ[外来語]
現代用語の基礎知識 2017
新兵訓練所。(青少年のための)軍隊式の厳格な矯正施設。  ...
50. ベース‐キャンプ
日本国語大辞典
基地とする固定天幕のこと。また、軍隊の根拠地・基地。*白毛〔1966〕〈北杜夫〉「第一キャンプから氷河の上を歩いてベース・キャンプに戻ってみると、ここでは春が酣 ...
「キャンプ」の情報だけではなく、「キャンプ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

キャンプと同じレジャーカテゴリの記事
海水浴(日本大百科全書(ニッポニカ))
健康増進、避暑、レクリエーションとして海岸で水につかることである。現在では海で水泳をすることを海水浴というようになっているが、もとは健康回復や健康増進を目的として世界各国で昔から行われていた原始的な自然療法であった。日本でも古くから潮浴(しおあみ)、潮湯治(しおとうじ)などの名で医療のための海水浴が行われていた。
キャンプ(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
山、高原、海岸などにテントを張って野営する遊び。また、野営すること。野宿。キャンピング。《季・夏》*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「キャンプ Camp (英) 〈略〉野営」*旅‐昭和五年〔1930〕八月号・キャムプと其注意〈井上蝶花〉
レジャーと同じカテゴリの記事をもっと見る


「キャンプ」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
コミックマーケット(日本大百科全書・情報・知識 imidas)
日本最大の漫画同人誌展示即売会。コミケット、コミケと略す。近年は、毎年8月(夏コミ)と12月(冬コミ)の年2回、3日間の会期で東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される。漫画、アニメーション、ゲームおよび関連分野を中心に、同好会や出版社、ゲームメーカーなどの企業が
宝塚歌劇団(日本大百科全書(ニッポニカ))
日本の代表的な女性だけの歌劇団。兵庫県宝塚市に本拠を置く。箕面有馬電気軌道(現阪急電鉄)が開発した遊園地の中の宝塚新温泉に、1913年(大正2)7月、湯客向けのアトラクションとしてつくった宝塚唱歌隊がその前身で、これは当時東京の三越デパートにあった少年音楽隊に倣ったもの
松竹歌劇団(日本大百科全書(ニッポニカ))
松竹によって創設されたレビュー団。宝塚少女歌劇団に対抗して、1922年(大正11)大阪の松竹分室に「松竹楽劇部生徒養成所」が開設され、中之島公会堂で第1回試演会を行ったのに始まる。翌1923年大阪松竹座の専属となり、1926年に上演した「春のおどり」の好評が発展の動機になった
海外旅行のマナー(平成ニッポン生活便利帳)
チップを払うシーンと目安 金額の相場は国によって異なるため、添乗員に聞くか事前に調べる。【荷物を運んでもらったとき】ホテルでポーターに荷物を部屋まで運んでもらったら、日本円で100円。【ルームサービスを頼んだとき】部屋に持ってきてもらったときに、飲み物なら100円
キャンプ(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
山、高原、海岸などにテントを張って野営する遊び。また、野営すること。野宿。キャンピング。《季・夏》*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「キャンプ Camp (英) 〈略〉野営」*旅‐昭和五年〔1930〕八月号・キャムプと其注意〈井上蝶花〉
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る