1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. >
  8. 料理
  9. >
  10. ハンバーグステーキ
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
ハンバーグステーキ
はんばーぐすてーき
Hamburg steak

ひき肉につなぎの材料を加えて調味したものを小判形、丸形などにして焼いた料理。ドイツのハンブルクで、労働者たちが安価な堅い肉をひき肉にして焼いたのが始まりとされ、作り方が簡単なので世界的にも利用されている。牛肉または牛・豚を混ぜたものをひき肉にし、タマネギのみじん切りと牛乳に浸した食パン、卵、ナツメグ、塩、こしょうで調味する。これを1個120~140グラムぐらいの楕円(だえん)形か丸形にし、厚さ1.5センチメートルぐらいにして焼く。ソースは家庭向きには、肉を焼いたフライパンに小麦粉、トマトケチャップ、ウスターソースをあわせて煮立てたものを用いるとよい。
[小林文子]



改訂新版・世界大百科事典
ハンバーグ・ステーキ
hamburg steak

ハンバーガー・ステーキ,あるいはたんにハンバーガーともいう。1884年ごろアメリカに出現した肉料理の一種。ミンチ状の牛肉に調味料を加えてまとめ,ステーキ風に焼いたもの。牛,子牛,豚の肉を合いびきにしたり,タマネギのみじん切りを加えてパン粉や卵でつなぐこともある。名称の由来については定説はないが,ドイツのハンブルクの名物だったタルタル・ステーキの系統をひくところから名づけられたといわれる。このステーキを丸いパンにはさんだものもハンバーガーと呼ばれ,1930年前後にはハンバーガー・スタンドのチェーン店ができてホットドッグと並ぶアメリカの代表的な軽食となった。日本では70年にアメリカのマクドナルドが出店して以来,ファースト・フードの流行とともに若年齢層を中心に定着した。
[辻 静雄]

[索引語]
hamburg steak ハンバーガー ハンバーガー・スタンド
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
ハンバーグステーキの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 38
検索コンテンツ
1. ハンバーグステーキ
日本大百科全書
ひき肉につなぎの材料を加えて調味したものを小判形、丸形などにして焼いた料理。ドイツのハンブルクで、労働者たちが安価な堅い肉をひき肉にして焼いたのが始まりとされ、 ...
2. ハンバーグ・ステーキ
世界大百科事典
ハンバーガー・ステーキ,あるいはたんにハンバーガーともいう。1884年ごろアメリカに出現した肉料理の一種。ミンチ状の牛肉に調味料を加えてまとめ,ステーキ風に焼い ...
3. ハンバーグ‐ステーキ
日本国語大辞典
〔名〕({英}Hamburg steak )《ハンバーク‐ステーキ》ひき肉に玉ねぎ、パン粉、鶏卵などを加え、平たく円形や楕円形にまとめ、油で焼いた料理。ハンバー ...
4. 「松阪牛ハンバーグステーキバーガー」[新語流行語]
イミダス 2017
年11月から期間限定で発売した。松阪牛のミンチ肉とダイス肉をミックスした100グラムのハンバーグステーキを、赤ワインソースなどで味つけし、もっちりとした米粉バン ...
5. からし
日本大百科全書
るアリルカラシ油に由来するものである。肉料理、たとえばステーキ、とんかつ、シューマイ、ハンバーグステーキ、ソーセージなどには、和がらしを水で練った練りからしが、 ...
6. 牛肉画像
日本大百科全書
ニンジンなどとともに、香味野菜やスパイスも使う。汁の味つけにはトマト、ブラウンルウなどが使われる。ハンバーグステーキは、牛肉のひき肉に卵、みじん切りのタマネギ、 ...
7. ケチャップ
日本大百科全書
パスタなど多くの料理の調味に利用できる。また、食卓に出して食卓調味料としても利用でき、オムレツ、ハンバーグステーキなどにそのままかけて食べることが多い。スパゲッ ...
8. 人工肉
日本大百科全書
料理用としてそのまま、あるいはフライやから揚げ状に加工したものが利用されるが、多くは、ハンバーグステーキやミンチボールといったものの肉の増量材、あるいはソーセー ...
9. ステーキ
日本大百科全書
子羊肉はラムステーキ、鶏肉のものはチキンステーキともよばれる。そのほか、ハムステーキ、サーモンステーキ、ハンバーグステーキなどがある。ステーキは、もっとも単純な ...
10. タマネギ画像
世界大百科事典
きわめて用途が広く,とくに洋風料理の場合は副材料として欠かせぬものである。オムレツ,コロッケ,ハンバーグステーキにはみじん切りにして加え,スープやシチューにはみ ...
11. チリーパウダー
日本大百科全書
メキシコ料理やアメリカ南部の料理には欠かせない香辛料で、チリコンカルネ、カクテルソース、ビーフシチュー、ハンバーグステーキなどによくあって味を引き立てる。齋藤  ...
12. チルド食品
日本大百科全書
いう。JAS(ジャス)(日本農林規格)でチルド食品として規格されているものには「チルドハンバーグステーキ」「チルドミートボール」などがあり、温度条件は「氷結点を ...
13. トルコ料理
日本大百科全書
をよくたたき、香辛料とドレッシングでなまで食べる。これはいわゆるタルタル・ステーキで、ハンバーグステーキはこれから考案されたという。一般の家庭料理は焼き肉より少 ...
14. ハンバーガー
日本国語大辞典
〔名〕({アメリカ}hamburger )(1)パンにハンバーグステーキをはさんだもの。バーガー。*ロッパ食談〔1955〕〈古川緑波〉ああ東京は食ひ倒れ「ハンバ ...
15. ハンバーグ
日本国語大辞典
*くれの廿八日〔1898〕〈内田魯庵〉一「鶏舎でくっくと餌を求る秘蔵のハンバーグをも」(2)「ハンバーグステーキ」の略。*夢声戦争日記〈徳川夢声〉昭和一六年〔1 ...
16. ひき肉
日本大百科全書
熱の伝わり方が穏やかなので筋タンパク質の収縮が緩くなり、柔らかい肉料理になる。 牛ひき肉の料理は、ハンバーグステーキ、ハンバーガー、ミートボール、ミートローフ、 ...
17. マスタード
日本大百科全書
)に変化して出るもので、ぬるま湯で溶くほうが酵素の働きが活発になるので辛味も強くなる。ハンバーグステーキ、とんかつ、シューマイ、おでんなどの薬味に使う「練りがら ...
18. レトルト食品
日本大百科全書
加熱するだけで調理済みの食品が食べられ、現在ではカレー、ハヤシライス、ミートソース、シチュー、ハンバーグステーキ、ミートボール、米飯類、牛丼(ぎゅうどん)、善哉 ...
「ハンバーグステーキ」の情報だけではなく、「ハンバーグステーキ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ハンバーグステーキと同じ料理カテゴリの記事
きしめん(日本大百科全書(ニッポニカ))
麺(めん)類の一種。もともとは小麦粉に水を適量加えてこね、小さくつまんで丸め、押して碁石の形に似たものをつくり、煮たのを棊子麺といったという。次には、うどん作りのように加水小麦粉を麺棒で伸ばし、碁石形に打ち抜いて用いるようになった。また、きしめんの名称は、紀州(和歌山県)の人がその地方の平打ち麺を名古屋の人に
食べにくい料理のいただき方・洋食編(平成ニッポン生活便利帳)
食べ方に迷ったり、わからないときは、周囲の人を見ながら、真似していけば大丈夫。◆スープ手前から向こう側にすくい、スプーンからすするのではなく、食べる感覚で口に流し込む。量が少なくなったら器を向こう側に傾け、すくう(→「日本ではイギリス式が主流」)。食べ終わったらスプーン
食べにくい料理のいただき方・和食編(平成ニッポン生活便利帳)
家庭で慣れた食べ方が、人前でもつい出てしまいがち。正式ないただき方をマスターしましょう。◆土瓶蒸し 土瓶のふたを取り、すだちをしぼり入れる。ふたに汁を注ぐ。土瓶の中の具を器に取り出し、汁と交互に食べる。図:土瓶蒸し
ハンバーグステーキ(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
ひき肉につなぎの材料を加えて調味したものを小判形、丸形などにして焼いた料理。ドイツのハンブルクで、労働者たちが安価な堅い肉をひき肉にして焼いたのが始まりとされ、作り方が簡単なので世界的にも利用されている。牛肉または牛・豚を混ぜたものをひき肉にし、タマネギの


「ハンバーグステーキ」は食べ物に関連のある記事です。
その他の食べ物に関連する記事
ハンバーグステーキ(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
ひき肉につなぎの材料を加えて調味したものを小判形、丸形などにして焼いた料理。ドイツのハンブルクで、労働者たちが安価な堅い肉をひき肉にして焼いたのが始まりとされ、作り方が簡単なので世界的にも利用されている。牛肉または牛・豚を混ぜたものをひき肉にし、タマネギの
食べにくい料理のいただき方・和食編(平成ニッポン生活便利帳)
家庭で慣れた食べ方が、人前でもつい出てしまいがち。正式ないただき方をマスターしましょう。◆土瓶蒸し 土瓶のふたを取り、すだちをしぼり入れる。ふたに汁を注ぐ。土瓶の中の具を器に取り出し、汁と交互に食べる。図:土瓶蒸し
食べにくい料理のいただき方・洋食編(平成ニッポン生活便利帳)
食べ方に迷ったり、わからないときは、周囲の人を見ながら、真似していけば大丈夫。◆スープ手前から向こう側にすくい、スプーンからすするのではなく、食べる感覚で口に流し込む。量が少なくなったら器を向こう側に傾け、すくう(→「日本ではイギリス式が主流」)。食べ終わったらスプーン
きしめん(日本大百科全書(ニッポニカ))
麺(めん)類の一種。もともとは小麦粉に水を適量加えてこね、小さくつまんで丸め、押して碁石の形に似たものをつくり、煮たのを棊子麺といったという。次には、うどん作りのように加水小麦粉を麺棒で伸ばし、碁石形に打ち抜いて用いるようになった。また、きしめんの名称は、紀州(和歌山県)の人がその地方の平打ち麺を名古屋の人に
焼芋(日本国語大辞典)
焼いた薩摩芋。《季・冬》*評判記・秘伝書〔1655頃〕下ほんの事「やきぐり、やきいもは、いきくさくなる也」*俳諧・骨書〔1787〕上「朝の月狩の竹鑓手束弓〈青蘿〉 来かかるものが焼芋を喰ふ〈樗良〉」
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る