1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. 風雅和歌集
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

日本大百科全書
風雅和歌集
ふうがわかしゅう

第17番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。20巻。和漢両序を付す。光厳(こうごん)院親撰、花園(はなぞの)院監修。伏見(ふしみ)院、京極為兼(きょうごくためかね)の遺志を継いだ両院は『玉葉和歌集』に次ぐ第二の京極派勅撰集撰定を志し、1343年(康永2)室町幕府に諮問、翌年10月答申を得て撰集事業に着手した。寄人(よりゅうど)に正親町公蔭(おおぎまちきんかげ)、藤原為基(ためもと)(玄哲)、冷泉(れいぜい)為秀ら。洞院公賢(とういんきんかた)も議にあずかった。花園院作の両序と巻1春上の成立をもって1346年(貞和2)11月9日竟宴(きょうえん)を行い、49年2月ごろ完成。花園院は完成を待たず前年11月没した。歌数2211首。主要作者は伏見院、永福門院(えいふくもんいん)、花園院、光厳院、為兼はじめ持明院統(じみょういんとう)宮廷の皇族、近臣、女房らで、『玉葉集』以上に当代京極派の特色を強く打ち出している。歌風は玉葉風をさらに沈潜閑寂の境地に進め、山家、暁、夕などを主題とする雑歌(ぞうか)「山松はみるみる雲に消えはてて淋(さび)しさのみの夕暮の雨」(儀子(ぎし)内親王)、叙景の形をとった禅的な釈教歌「つばめなく軒端(のきば)の夕日影消えて柳にあをき庭の春風」(花園院)などに独自の特色がある。和漢両序も執筆者の個性と迫力に満ちた優れた歌論序である。これを最後に京極派は壊滅し、後世『玉葉集』とともに異風不吉とされた。
[岩佐美代子]



改訂新版・世界大百科事典
風雅和歌集
ふうがわかしゅう

17番目の勅撰和歌集。略して《風雅集》ともいう。花園上皇の監修,光厳上皇の撰により,北朝の貞和5年(1349)に成る。真名(まな)序,仮名序,春歌(上・中・下),夏歌,秋歌(上・中・下),冬歌,旅歌,恋歌(1~5),雑歌(上・中・下),釈教歌,神祇歌,賀歌の20巻,約2200首を収める。皇室が持明院統と大覚寺統の2流に分かれて皇位を争った鎌倉時代中期以降,定家-為家と継承された〈歌の家〉御子左家(みこひだりけ)も分裂し,二条家が大覚寺統,京極家が持明院統について,勅撰集撰者の地位を争うようになった。このような情勢の中で,建武中興の崩壊後,京都に復権した持明院統京極派によって編まれたのが,《風雅集》である。京極派の手に成る勅撰集としては《玉葉和歌集》に次ぎ,歌風は一段と京極派の色彩を強め,入集歌人も南朝の廷臣や二条派歌人を極力おさえ,北朝京極派の優勢が著しい。おもな歌人は,伏見院,永福門院,花園院,京極為兼,為子(為兼妹),後伏見院,光厳院,進子内親王(伏見院皇女)などの京極派を中心とし,ほかに当代以前の歌人,定家,俊成,紀貫之,後鳥羽院らの多数入集が注目される。歌風は,〈仮名序〉に〈ちかき世となりて,よものことわざすたれ,まことすくなくいつはりおほくなりにければ,ひとへにかざれる姿,たくみなる心ばせをむねとして,古の風はのこらず〉と述べるように,平板な技巧に堕した二条派の風を嫌い,清新で感覚的な描写を重んじた。ことに,光,色,音の微妙な相関をこまやかにとらえ,繊細な自然の姿に迫る。〈むらすずめ声する竹にうつる日のかげこそ秋の色になりぬれ〉(永福門院),〈霜凍る竹の葉分に月さえて庭しづかなる冬のさよ中〉(光明院)。なお名称は,〈偏(ひとえ)に華詞麗藻を採りて一時の観を壮にするにあらず,専ら正風雅訓を挙げて千載の光を遐(はるか)に遺(のこ)さん〉という,〈真名序〉の語句による。
[今西 祐一郎]

[索引語]
風雅集 花園天皇(上皇) 光厳天皇(上皇) 京極家
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
風雅和歌集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 352
検索コンテンツ
1. ふうがわかしふ【風雅和歌集】
全文全訳古語辞典
[書名]第十七番目の勅撰集。二十巻。二千二百余首。光厳院撰。一三四九年(貞和五)頃成立。伝統的な二条派の歌風を排し、自由な用語によって感動をうたう京極派の歌風を ...
2. 『風雅和歌集』
日本史年表
丙戌⑨〉 11・9 光厳上皇親撰 『風雅和歌集』 序文・巻1成る(園太暦)。 1349年〈【北朝】貞和5・【南朝】正平4 己丑⑥〉 二月頃 光厳上皇親撰『風雅和 ...
3. 風雅和歌集
日本大百科全書
第17番目の勅撰(ちょくせん)和歌集。20巻。和漢両序を付す。光厳(こうごん)院親撰、花園(はなぞの)院監修。伏見(ふしみ)院、京極為兼(きょうごくためかね)の ...
4. 風雅和歌集
世界大百科事典
17番目の勅撰和歌集。略して《風雅集》ともいう。花園上皇の監修,光厳上皇の撰により,北朝の貞和5年(1349)に成る。真名(まな)序,仮名序,春歌(上・中・下) ...
5. ふうがわかしゅう[フウガワカシフ]【風雅和歌集】
日本国語大辞典
南北朝時代に成った一七番目の勅撰和歌集。二〇巻で、歌数は流布本で二二一一首。花園院の監修の下に、光厳院が撰定した。貞和二〜五年(一三四六〜四九)頃成立。真名序・ ...
6. ふうがわかしゅう【風雅和歌集】
国史大辞典
翻刻されている。→勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう) [参考文献]大坪利絹『風雅和歌集論考』、鹿目俊彦『風雅和歌集の基礎的研究』、次田香澄「風雅集の形成」(『国 ...
7. 風雅和歌集(ふうがわかしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 315ページ ...
8. 風雅和歌集命名 (見出し語:風雅和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 246ページ ...
9. 風雅和歌集序 (見出し語:風雅和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 433ページ ...
10. 風雅和歌集竟宴 (見出し語:風雅和歌集)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 248ページ ...
11. 花園天皇撰風雅和歌集 (見出し語:花園天皇)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 261ページ ...
12. あお・む[あをむ]【青】
日本国語大辞典
伊太久阿乎美奴」*白氏文集天永四年点〔1113〕四「禾(あは)穂熟(みの)らずして皆青(アヲミ)乾れぬ」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕冬・八九一「おのづから垣 ...
13. あきぎり‐の【秋霧─】
日本国語大辞典
914〕恋二・五八〇「秋霧のはるる時なき心には立ち居のそらも思ほえなくに〈凡河内躬恒〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕旅・九〇一「旅衣はるかにたてば秋霧のおぼ ...
14. あき‐さ・びる【秋─】
日本国語大辞典
あきさ・ぶ〔自バ上二〕秋らしくなる。秋めいている。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕秋中・五六九「夕日さす外山(とやま)の梢(こずゑ)秋さびてふもとの小田も ...
15. あけ‐のこ・る【明残】
日本国語大辞典
*春のみやまぢ〔1280〕一一月一五日「明のこる光もうすし雲まよふ都のかたの山のはの月」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑中・一六二七「しらみまさる空の緑は薄く ...
16. あけ‐わた・る【明渡】
日本国語大辞典
*千載和歌集〔1187〕夏・一九七「ともしするほぐしの松も消えなくにとやまの雲のあけわたるらん〈源行宗〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑中・一七二四「明渡る ...
17. あさと‐あけ【朝戸開】
日本国語大辞典
*続古今和歌集〔1265〕夏・二二二「朝戸あけに立ち出でて聞けば郭公山のは見ゆる方に鳴くなり〈藤原信実〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕春上・六二「梅の花匂ふ ...
18. 排蘆小船(近世随想集) 362ページ
日本古典文学全集
撰定した。鎌倉後期、正和元年成立。二〇巻約二千八百首。持明院統および京極派の作者が多く、『風雅和歌集』とともに清新な詠風をもって知られる。第十七番目の勅撰集。花 ...
19. 排蘆小船(近世随想集) 363ページ
日本古典文学全集
と教へらるるなり。その教へはよけれども、その人の歌を見れば、正風にあらずして、その嫌はるる処の玉葉、風雅に近き風なり。これはもと、玉葉、風雅の悪風を改めて、頓阿 ...
20. 排蘆小船(近世随想集) 374ページ
日本古典文学全集
おしわたして大抵同じふりなる物にて、中古以来世間普通の歌のさまこれなり」。「件の二集」とは、『玉葉和歌集』『風雅和歌集』のこと。ひとかど。とくに優れたところ。目 ...
21. 排蘆小船(近世随想集) 377ページ
日本古典文学全集
卿と云ふ人、冷泉家より出でて別に一家をなして、この道に名高し。この人の歌はなはだ異風にして、風体悪しし。その頃もつぱらこの道行はれたり。皇統も二つに分かれて、亀 ...
22. 排蘆小船(近世随想集) 378ページ
日本古典文学全集
ただこの時に歌の優れたるやうに覚え  応長元年に伏見院の院宣が為兼に下って、翌正和元年に成立した。古来、『風雅和歌集』は花園院の撰と考えられてきたが、今日ではそ ...
23. 排蘆小船(近世随想集) 379ページ
日本古典文学全集
て、頓阿の歌をことに賞するは、少し心得違ひあるなり。かの異風を斥けて正風に返せしは頓阿の力なれども、その頓阿の歌とても悪しくはあらねども、先々の人々に勝るほどの ...
24. 排蘆小船(近世随想集) 385ページ
日本古典文学全集
風雅のやうにはあらねど、古へには及ばず。もとより新古今の比には遥かに劣りて、中々及ぶべきことにあらず。尤その後の少し衰へたる頃の歌よりは、今は勝りたるやうにも見 ...
25. あだあだ‐〓し【徒徒】
日本国語大辞典
頃か〕一「誰なりとも、かくなり給へると聞かせ給はば、よにあだあだしくも、思ひ聞え給はじ」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕恋三・一二一九・詞書「人の文をあだあだし ...
26. あと を 留(とど・と)む
日本国語大辞典
むすぶ」*平家物語〔13C前〕七・聖主臨幸「鳳闕むなしく礎をのこし、鸞輿(らんよ)ただ跡(アト)をとどむ」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕春下・二二七「あしがら ...
27. あまつ かりがね
日本国語大辞典
「あまつ(天)雁(かり)」に同じ。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕秋中・五三一「朝ぼらけ霧の晴れ間のたえだえに幾つら過ぎぬ天津かりがね〈伏見院〉」*新続古今和歌 ...
28. あまの 磐船(いわふね)
日本国語大辞典
みつに阿麻能伊婆布然(アマノイハフネ)くだししはひじりの御代を渡すとてなり〈藤原忠紀〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕神祇・二一二三「久方のあまの岩舟漕よせし ...
29. あめ 落(お)とす
日本国語大辞典
雨を降らせる。空や雲を主体とした表現。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑中・一七六六「遠方の山は夕日の影はれて軒端の雲は雨おとすなり〈伏見院〉」 ...
30. あめ=降(くだ)る[=零(こぼ)る]
日本国語大辞典
*蜻蛉日記〔974頃〕下・天祿三年「今日は二十七日。あめ、昨日のゆふべよりくだり、風ののこりの花をはらふ」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕秋下・六五〇「吹きみだ ...
31. あらし の 奥(おく)
日本国語大辞典
嵐が吹いてくるもとの方。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑中・一六六二「ならび立つ松のおもては静かにて嵐のおくに鐘ひびくなり〈伏見院〉」 ...
32. あらし の 伝(つて)
日本国語大辞典
7〕秋下・三七三「立田山ふもとの里はとほけれどあらしのつてにもみぢをぞみる〈祝部成仲〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕春上・三三「たまらじと嵐のつてに散る雪に ...
33. あらぬ 思(おも)い
日本国語大辞典
思ってはならないのに、抑えることのできない思い。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕恋一・九八三「月はただむかふばかりのながめ哉心のうちのあらぬおもひに〈祝子内親王 ...
34. あるじ‐がら【主柄】
日本国語大辞典
〔名〕主人の人柄。また、それにふさわしいこと、様子。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑上・一四四七「移し植ゑし宿の梅とも見えぬかなあるじがらにぞ花も咲きける〈平 ...
35. いい‐か・ねる[いひ‥]【言兼】
日本国語大辞典
い」を伴って、「言う可能性が大きい」「言いそうである」の意に用いることもある。→かねる。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕恋二・一一一八「さても又いつぞとだにもい ...
36. いかに か
日本国語大辞典
ん」*今昔物語集〔1120頃か〕二六・九「其達、此嶋に来て住めと思ふを、何(いか)にか」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕恋五・一三三八「玉かつらかけぬ時なくこふ ...
37. いけ り ともなし
日本国語大辞典
九八〇「まそ鏡見あかぬ妹にあはずして月の経ぬれば生友名師(いけりともナシ)〈作者未詳〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕恋一・一〇二二「空蝉の人めをしげみあはず ...
38. いせ の 神風(かみかぜ)
日本国語大辞典
伊勢神宮の威力によって、吹き起こされる神風。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕神祇・二一二二「かたそぎの千木は内外に変れども誓ひは同じいせの神風〈度会朝棟〉」 ...
39. いそやま‐もと【磯山下】
日本国語大辞典
〔名〕磯辺にある山のふもと。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑中・一七一二「清見潟磯山もとは暮れそめて入日のこれるみほの松原〈藤原冬隆〉」 ...
40. いちじょうのつぼね【一条局(3)】
日本人名大辞典
躍し,琴もよくした。【格言など】をちかたのさとは朝日にあらはれて煙にうすき竹のひとむら(「風雅和歌集」) ...
41. いのち【命】
日本国語大辞典
(イ)天から与えられた定め。運命。天命。*観智院本類聚名義抄〔1241〕「運 イノチ サイハヒ」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑上・一五六二「年ごとにあひ見る ...
42. いや‐めずら〓し[‥めづらし]【彌珍】
日本国語大辞典
の花のともにし鳴けばほととぎす伊夜米豆良之(イヤメヅラシ)も名のり鳴くなへ〈大伴家持〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕春上・七九「人ごとに折かざしつつあそべど ...
43. いろ が 褪(さ)める
日本国語大辞典
(1)あせて、色が薄くなる。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕夏・三五六「風わたる田面の早苗色さめていり日残れる岡のまつばら〈光厳院〉」(2)心変わりがする。愛情 ...
44. いろ‐ざ・める【色褪】
日本国語大辞典
いろざ・む〔自マ下二〕(1)色が薄くなる。色があせる。光沢がなくなる。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕夏・三五六「風わたる田面の早苗色さめていり日残れる岡の松は ...
45. いわ‐だたみ[いは‥]【岩畳】
日本国語大辞典
三三一「磐畳(いはたたみ)かしこき山と知りつつもあれは恋ふるか並ならなくに〈作者未詳〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕旅・九一〇「岩たたみのぼりわづらふ峰つづ ...
46. いわ‐ばし・る[いは‥]【石走】
日本国語大辞典
一七「伊波婆之流(イハバシル)滝もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆ〈大石蓑麻呂〉」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕夏・三二一「石ばしる滝津川波をち返り山ほ ...
47. うえ[うへ]【上】
日本国語大辞典
家物語〔13C前〕一・殿上闇討「還て叡感にあづかっしうへは、敢て罪科の沙汰もなかりけり」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑下・一九〇五「もとよりのさながら夢とみ ...
48. うえすぎ-きよこ【上杉清子】
日本人名大辞典
上杉重房の孫。足利貞氏の妻。上杉憲房の妹。丹波何鹿(いかるが)郡(京都府)上杉荘でそだつ。「風雅和歌集」にその歌がある。康永元=興国3年12月23日死去。通称は ...
49. うえ‐だ[うへ‥]【上田】
日本国語大辞典
【一】〔名〕(1)上の方にある田。高い所にある田。*風雅和歌集〔1346〜49頃〕雑上・一五一〇「松陰の水せき入れて住よしの岸のうへ田に早苗とるなり〈安倍宗長〉 ...
50. うか・ぶ【浮・泛】
日本国語大辞典
」*山家集〔12C後〕下「ながれ出づる涙に今日は沈むともうかばん末を猶(なほ)思はなん」*風雅和歌集〔1346〜49頃〕釈教・二〇八九「沈みこし憂き身はいつかう ...
「風雅和歌集」の情報だけではなく、「風雅和歌集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

風雅和歌集と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて、『万葉集』
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「風雅和歌集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
風雅和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第17番目の勅撰和歌集。20巻。和漢両序を付す。光厳院親撰、花園院監修。伏見院、京極為兼の遺志を継いだ両院は『玉葉和歌集』に次ぐ第二の京極派勅撰集撰定を志し、1343年(康永2)室町幕府に諮問、翌年10月答申を得て撰集事業に着手した。寄人に正親町公蔭、藤原為基(玄哲)
梅松論(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語、軍記物語。二巻二冊。作者未詳。貞和五年(正平四、一三四九)成立が通説(菅政友)であるが、一方、上限を正平七年(一三五二)とし下限を嘉慶年間(一三八七―八九)とする説もある。後者の説は、『梅松論』を典拠としている『源威集』の推定成立年代を念頭に置き
菟玖波集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
南北朝時代の准勅撰の連歌の撰集。連歌師救済の協力のもとに二条良基が編集。二十巻。延文元年(一三五六)の冬から翌年の春の間に完成。延文二年閏七月十一日に勅撰に准ぜられているが、これは佐々木導誉の働きによる。冒頭に漢文序と仮名序を置き、以下、四季(一―六)
空華集(国史大辞典)
五山詩文集。義堂周信(空華道人)著。二十巻十冊。南北朝時代成立。すでに貞治六年(一三六七)十二月には草稿の一部ができていた。しかし、五山版八冊は巻首に延文四年(一三五九)の中巌円月の序、洪武九年(永和二、一三七六)の
曽我物語(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
曾我十郎祐成(幼名一万)・五郎時致(幼名箱王)の兄弟が、十八年間の苦難に耐え、建久四年(一一九三)五月、富士野の狩場に父祐通(一説に祐重・祐泰)のかたき工藤祐経を討つまでを語る、軍記物語風の伝記物語。仇討ちは果たしながら、横さまの死をとげねばならなかった兄弟の霊魂が
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る