ジャパンナレッジLib サポート

よくある質問: すべて

法人契約(ジャパンナレッジLib)と個人契約(ジャパンナレッジPersonal)の違いはなんですか?
法人向けサービス(機関利用:ジャパンナレッジLib)は、大学・公共図書館など団体利用を目的としており、ご契約のアクセス数の範囲であれば、利用人数に制限はなく複数の人が利用できます。
個人向けのサービス(個人利用:ジャパンナレッジPersonal)では、個人利用を目的としており、ご契約一人に対して一つの会員IDが発行されますので、利用できるのはご契約者のみとなります。なお、コース(商品)によって利用できるコンテンツの構成が異なりますが、コンテンツの内容および機能につきましては、法人向けサービスとの差はございません。
ジャパンナレッジの推奨環境を教えてください。
以下のOS、ブラウザ環境を推奨します。
【パソコン環境】
OS ブラウザ 備考
Windows 10 Internet Explorer 11 タブレットモードは推奨いたしません
Google Chrome 最新版
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Modern UIモードは推奨いたしません
Google Chrome 最新版 Windows 8モードは推奨いたしません
Windows 7 Internet Explorer 11
Google Chrome 最新版
Mac OS X 10.12 Safari 10.1
Google Chrome 最新版
※マイクロソフト社のサポートポリシー変更(2016年1月12日)に伴い、Internet Explorerは各OSに対する最新版のみを推奨環境とさせていただきます
※ Windows 10 に搭載されているブラウザ「Edge」についても概ね問題ないことを確認しています(2015年10月現在)
※ 「引用元挿入機能」の対応ブラウザはInternet Explorerのみとなっております
【スマートフォン/タブレット端末】
OS ブラウザ 備考
iOS 10 Safari 10 Knowledge Searcherが動作しません
Android 7 Google Chrome 最新版 ブラウザとご使用の端末の組み合わせによっては、Knowledge Searcherが動作しない場合があります
Android 6 Google Chrome 最新版
Android 5 Google Chrome 最新版
【ご留意ください】
・ 上表は動作保証をするものではありません。推奨環境でも使用する機種やブラウザによってはご利用いただけない、もしくは正しく表示されない場合があります。
・ 機種依存文字や拡張漢字を使用されますと、文字化けの原因となったり、正しい検索結果が得られないなどの問題が発生することがありますので、ご入力されませんようお願いいたします。
どんな認証方式がありますか?

ジャパンナレッジのサービスは、IPアドレス認証およびID・パスワード認証に対応しています。

グローバルIPアドレス認証
固定グローバルIPアドレスをお持ちの法人が対象となります。ログイン時にID・パスワードの入力画面を経ずに、直接検索画面にアクセスすることができます。
下のリンクよりご利用端末のIPアドレスがご確認いただけます。
クライアント環境の確認は こちら
ID/パスワード認証
ご契約時に発行する会員IDおよびパスワードを入力してご利用いただきます。グローバルIPアドレスをお持ちでない法人向けです。
学術認証
学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」を利用してジャパンナレッジにログインできます。
※「学認(GakuNin)」をご利用いただくには、別途お申込みが必要です。
申込書は こちら
同時アクセス数とは何ですか?
ご利用は同時アクセス数での制御を基本としております。異なる端末からであっても、同一法人(機関)内であれば、ご契約いただいた同時アクセス数の範囲でジャパンナレッジの閲覧が可能です(たとえば、4アクセスでご契約いただいた場合、同時に4つの異なる端末から利用することができます)。
スマートフォン、タブレット端末で利用することはできますか?
ジャパンナレッジは、スマートフォンおよびタブレット端末でも、パソコンと同じURLでご利用可能です。画面の表示サイズに合わせてデザインを最適化しておりますので、小さな画面でもストレスなくご利用いただけます。

※Mac iOSでは、Knowledge Searcherは動作しません。
ジャパンナレッジへリンクをはりたいのですが。
ジャパンナレッジはリンクフリーになっていますが、いくつか注意点がございます。
詳細は以下のページをご覧ください。

リンクについて
ジャパンナレッジの利用に必要なソフトウェアを教えてください。
ジャパンナレッジの利用には以下のソフトウェアが必要となります。
ただし、これらのソフトウェアのダウンロード、インストールは個人の責任において行ってください。

ご利用サービス Adobe
Reader
ジャパンナレッジLib ※1
JKBooks Web版 日本近代文学館 ※1
JKBooks Web版 風俗画報 ※1
JKBooks Web版 群書類従(正・続・続々) ※1※2
JKBooks Web版 美術新報 ※1
JKBooks 東洋経済アーカイブズ ※1
JKBooks Web版 弘文荘待賈古書目 ※1
JKBooks The ORIENTAL ECONOMIST ※1
※1 Android OSではブラウザ内でPDFを閲覧することはできません
※2 Adobe Readerをインストールすることにより、ページ本文のPDFを表示したときに検索文字列がハイライト表示されるようになります(Google Chrome、Edge、iOSではお使いいただけません)

Adobe Reader

PDF形式の情報をご覧になるためには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerは、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます。

ログインできません。
原因はいくつか考えられます。以下を確認してください。

  • アクセスしているURLは合っていますか?
    法人のお客様用サイトのURLは以下のとおりです。

    ジャパンナレッジLib:http://japanknowledge.com/library/

    ※サイトを統合しないでご利用されている方はこちら
  • お客様の環境がプロキシ環境にある場合において、フィルタリング設定等を行っている場合、ジャパンナレッジの各ドメインを登録していただく必要があります。
    登録するドメイン一覧は こちら

  • URL変換をともなうアクセス方式(リモートアクセスなど)において、ジャパンナレッジにアクセスした場合、正常にログインができない、または検索ができない場合があります。
    お客様がお使いのソフトによってはソフト側の設定により回避できる事例もございます。
    詳細につきましては、お問い合わせください。

    トラブル関連のお問い合わせ

  • パソコンの時間設定が大幅に狂っていませんか?
    ローカル側のパソコンの時間設定が大幅に狂っている場合もエラーとなりログインできません。時間設定をご確認のうえ、正しい時間に設定してください。
IP認証ですが、ID・パスワード入力欄が表示されます。
アクセスしている端末のグローバルIPアドレスが申請済みか、管理責任者様にご確認ください。
登録されているグローバルIPアドレスは「ジャパンナレッジ法人管理者用ページ」でご確認ください。
アクセスしている端末のIPアドレスは「クライアント環境の確認」ページの「アクセス情報」→「アクセス元IPアドレス」でご確認いただけます。
クライアント環境の確認は こちら
ID・パスワード認証ですが「会員認証エラー」となります。
  • 会員ID・パスワードは正しいものを入力されていますか?
    • 会員IDとパスワードは半角文字で入力されていますか?
      <半角と全角の違い>
      全角入力の場合 → ABC abc
      半角入力の場合 → ABC abc
    • 大文字と小文字の違いにも十分ご注意ください。
    • 会員ID・パスワードの前後にスペース(空白)が入っていませんか?
    • 入力されている会員ID・パスワードが正しいかは、各法人の管理責任者様にご確認ください。
  • アクセスしているURLは合っていますか?
    法人のお客様用サイトのURLは以下のとおりです。

    ジャパンナレッジLib:http://japanknowledge.com/library/

    ※サイトを統合しないでご利用されている方はこちら
JKBooks(またはJKセレクトシリーズ)をジャパンナレッジLibと統合せずに使っていますが、片方のサイトにしかログインできません。
同一ブラウザをご利用の場合、Cookieが引き継がれてしまうため、この現象が発生します。ご利用中のサイトを一旦ログアウトするか、それぞれのサイトを別のブラウザでログインしてご利用ください。
iPhone / iPadでブラウザはSafariを利用していますが、ログイン後、検索語を入力して[検索]ボタンをクリックすると入力していた検索語が消えてしまいます。
Safariの「プライベートブラウズ」が有効になっていないかご確認ください。「プライベートブラウズ」では、ジャパンナレッジの認証に必要なCookieの情報がSafariに残らなくなるため、この現象が発生します。設定が有効になっている場合は以下の手順で無効にしてください。
  1. 1. Safariの画面右下(バージョンによっては右上)の四角が二つ重なったアイコンをタップ
  2. 2. 左下に表示される「プライベート」をタップして「完了」をタップ

  3. ※Safariの画面上部が黒から白に代わったら「プライベートブラウズ」から通常のモードに切り替わっています。
Internet Explorerを利用していますが、検索語を入力して[検索]ボタンをクリックすると入力していた検索語が消えてしまいます。
JavaScriptが有効になっていないことが原因として考えられます。ブラウザの設定でJavaScriptが無効になっている場合は、設定の変更をお願いします。JavaScriptの設定が有効になっているかは、以下のページの「JavaScriptの利用」欄でご確認いただけます。
Internet Explorer 11をご使用で、JavaScriptの設定が有効になっているにも関わらず、この現象が発生している場合は、「信頼済みサイト」にジャパンナレッジを登録することで解決することがあります。以下の手順にてお試しください。
  • ブラウザ上部のメニュー「ツール」から「インターネットオプション」を開きます。
  • 「セキュリティ」タブの「セキュリティ設定を表示または選択するゾーンを選択してください」から「信頼済みサイト」を選択して[サイト]をクリックします。
  • ジャパンナレッジの以下の3つのURLを追加して[閉じる]ボタンをクリックします。
    http://japanknowledge.com/
    http://view.japanknowledge.com/
    https://auth.japanknowledge.com/
  • 「このゾーンのセキュリティのレベル」の[規定のレベル]ボタンをクリックします(押せない場合はすでに「規定のレベル」に設定されています)。
  • 「セキュリティ」タブの一番下にある[OK]をクリックします。
「週刊エコノミスト」の最新号、または過去の号を1冊ごとに閲覧する方法を教えてください。
「本棚」で「週刊エコノミスト」を選択し、表示された各号の表紙の中から読みたい号をクリックすることで、その号の記事一覧をご覧いただけます。
また、「詳細(個別)検索」の「週刊エコノミスト」で、検索ボックスが空欄のまま[検索]ボタンをクリックすると、最新号の頭から見出し順に表示されます。画面左の「号数」から目的の号を選ぶことも可能です。
※すでに検索語が入っている場合は、検索語を削除してから[検索]ボタンをクリックしてください。
Cookieを有効にする必要はありますか?
Cookieとは、Webサーバーがアクセスされたユーザーを識別するための仕組みです。
ジャパンナレッジをご利用いただくにはブラウザ上でCookieの設定を「有効」に設定する必要があります。
Cookieを「有効」にして、個人情報が漏れることはありますか?
ジャパンナレッジで使用しているCookieには個人情報は含まれていませんので、漏洩の可能性はありません。
JavaScriptを有効にする必要はありますか?
JavaScriptとは、クライアント側のパソコンで実行されるプログラムを記述するための言語規格の一つです。
ジャパンナレッジでは、各種ウィンドウの表示などでJavaScriptを用いています。この機能を「有効」に設定してないブラウザでは、ジャパンナレッジをご利用できません。
他のFAQを確認しましたが、問題が解決しません。
調査させていただきますので、下記の手順にてご連絡ください。
  • 以下のページにアクセスしてください。
  • 表示された内容をコピーして文書作成ソフト等に張り付けて任意の場所に保存してくだい。
  • 現象の詳細を記載のうえ、保存したファイルを添付して下記のメールアドレスまでご連絡ください。
    連絡先:
クライアント環境の確認

アクセス情報

今日の日付(サーバ) 2017-09-24 04:56:09
今日の日付(クライアント)
アクセス元IPアドレス 54.224.230.51
Proxyサーバの情報 (none)
使用OS CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
JavaScriptの利用
Cookieの利用
お問い合わせ

個人情報の収集・利用の目的

ジャパンナレッジが提供するサービスでは、ご登録いただいた、お名前、 ご住所、ご連絡先、お支払いに必要な情報等は、コンテンツの配信やお支払い手続き、 お支払い経緯の確認等をはじめ、当会員組織の運営・サービスに必要な範囲で利用し、 その他の目的では利用いたしません。