日国友の会

きょうよう【共用】

読者カード 用例 2017年10月11日 公開

2016年03月17日 古書人さん投稿

用例:一 焼場之儀者一村若クハ数村共用之積甲乙該合之上連印之願書可差出事
『長野県布達乙第百八拾五号』 1875年10月20日
語釈:〔名〕二人以上の者が共同して使用すること。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、『市制及町村制(明治二一年)』(1888)六条からの例が早いのですが、さらに、13年さかのぼることになります。

著書・作品名:長野県布達乙第百八拾五号

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1875年10月20日

著者・作者:

掲載ページなど:口四ページ

発行元: