日国友の会

カラメル

読者カード 用例 2017年11月11日 公開

2016年05月24日 古書人さん投稿

用例:之ヲ熱シテ二百十度乃至二百二十度ニ至レハ水分ヲ失ヒ「カラメル」ト名クル一種ノ物質ニ変化ス
『中等教育 有機化学』 1891年4月29日 鳥居烋夫
語釈:〔名〕(オランダ karamel フランス caramel)ぶどう糖、蔗糖、果糖など、糖を約二〇〇度に熱したときにできる黒茶色のかたまり、または、場状のもの。食品、ビールなどの着色に用いる。

コメント:遡ります

編集部:2016年4月14日付けで、小山哉訳『衛生試験法』(1892)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:中等教育 有機化学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1891年4月29日

著者・作者:鳥居烋夫

掲載ページなど:250ページ

発行元:博文館