日国友の会

なんこつしゅ【軟骨腫】

読者カード 項目 2017年12月06日 公開

2016年06月30日 古書人さん投稿

用例:(五)軟骨腫Enchondromaノ造構ハ其細胞ノ多少排列形状大小、胞膜ノ有無、胞核ノ大小形状及ヒ原質ノ硬軟等至テ不定ナリ
『病理総論 巻五』 1880年 著述兼出版人 三宅 秀
語釈:〔名〕最初は軟骨から形成され、骨の髄腔から発生する良性の軟骨性増殖。特に小さい骨の皮質を膨張させることがあり、単独で、または多発性(内軟骨腫症)で起こることがある。(「ステッドマン医学大辞典」(デジタル版)より)

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:病理総論 巻五

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1880年

著者・作者:著述兼出版人 三宅 秀

掲載ページなど:561ページ

発行元:著述兼出版人 三宅 秀