日国友の会

だいみょうはねかくし【大名隠翅虫】

読者カード 項目 2018年02月12日 公開

2016年07月28日 古書人さん投稿

用例:ダイメウハネカクシ(Staphylinus paganus SHAP.)全体黒色腹脊に黄紋がある。
『実験活用 病蟲害寶典』 1934年5月25日 原 摂祐
語釈:〔名〕ハネカクシ科の昆虫。体長は20-23mm。山地の落葉下に生息。
北海道のみに分布している。体色は黒色で、脚と前翅は暗赤色をしており、腹部には金色毛の斑紋がある。学名 Staphylinus daimio〔cf.北海道生物図鑑など〕

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:実験活用 病蟲害寶典

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1934年5月25日

著者・作者:原 摂祐

掲載ページなど:614ページ

発行元:養賢堂