日国友の会

むねがせまい【胸が狭い】

読者カード 用例 2017年03月15日 公開

2016年07月30日 探語老さん投稿

用例:世の中に胸のせまきものは、旅のはぢはかきすてなどと心得、いろいろ軽薄なる事ばかりいたすゆへに、
『西遊草(岩波文庫)』 1855年 清河八郎
語釈:心が狭い。度量が小さい。寛容さに乏しい。

コメント:

編集部:第2版では、洒落本『里[雨+鶴]風語』(1772-81頃)からの例が添えられています。

著書・作品名:西遊草(岩波文庫)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1855年

著者・作者:清河八郎

掲載ページなど:368ページ

発行元:岩波書店