日国友の会

なる【成・為・生】

読者カード 用例 2017年03月15日 公開

2016年12月08日 monoさん投稿

用例:こもりくの 泊瀬小国に よばひせす 我がすめろきよ 奥床に 母は寝ねたり 外床に 父は寝ねたり起き立たば 母知りぬべし 出でて行かば 父知りぬべし ぬばたまの 夜は明けゆきぬ ここだくも 思ふごとならぬ 隠り妻かも
『万葉集 下巻(角川文庫)』 1988年 伊藤博校注
語釈:〔自ラ五(四)〕〔三〕(成)行為の結果が現われる。(2)望んでいたことが実現する。思いがかなう。

コメント:さかのぼる用例だと思います。

編集部:「ここだくも 思ふごとならぬ」の原文は「幾許雲 不念如」とあり、確例(万葉仮名による読み)とは言いかねるので日国の用例としては取りあえず保留ですね。

著書・作品名:万葉集 下巻(角川文庫)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1988年

著者・作者:伊藤博校注

掲載ページなど:133ページ

発行元:角川書店