日国友の会

きんだいせん【近代戦】

読者カード 用例 2017年05月19日 公開

2017年05月15日 天逆大童さん投稿

用例:其の後漸次參加兵數增加して近代戰(きんだいせん)に進み一八七一年の普佛戰爭に於て連戰連勝を得た
『讀賣新聞』 1917年12月7日 河村砲兵大尉
語釈:〔名〕近代的な武器・装備などを前提とした戦略にもとづく戦争。
コメント:遡ります。
編集部:2008年6月14日付けで、末広鉄男さんに、大河内一男『社会政策の基本問題』(1940)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、23年さかのぼることになります。

著書・作品名:讀賣新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1917年12月7日

著者・作者:河村砲兵大尉

掲載ページなど:歐洲各交戰國の兵員補充難(一)

発行元:讀賣新聞社