日国友の会

こうつうじこ【交通事故】

読者カード 用例 2017年05月19日 公開

2017年05月15日 天逆大童さん投稿

用例:冬季と云ひ歳末といひ、第一の災害は言ふまでもなく火災にして、次は交通事故(かうつうじこ)なるが、その孰れも皆市民相互の注意を緊要とす。
『東京朝日新聞』 1917年12月5日
語釈:〔名〕(2)自動車などによる人間の死傷や物の破損などの災害。交通禍。
コメント:遡ります。
編集部:2008年12月10日付けで、末広鉄男さんに、『日本家庭大百科事彙
第二巻』(1928)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、11年さかのぼることになります。

著書・作品名:東京朝日新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1917年12月5日

著者・作者:

掲載ページなど:歳末と社會事故(公衆と警察力)

発行元:朝日新聞(合資會)社