日国友の会

ひかくたすう【比較多数】

読者カード 用例 2017年05月19日 公開

2017年05月15日 天逆大童さん投稿

用例:夫レ然リ因テ詳細ニ之ヲ言ヘハ比較多數ハ常ニ總數ニ比スレハ實ニ少數タルヲ免レス
『選擧原理 全』 1894年6月18日 亀井英三郎
語釈:〔名〕過半数までいかないが、全体の中で比較的数が多いこと。絶対多数に対応して用いられる。

コメント:遡ります。

編集部:2015年8月25日付けで、古書人さんに、岩淵辰雄「政局低迷の責任」〔『言論』(1946年六月号)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、52年さかのぼることになります。

著書・作品名:選擧原理 全

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1894年6月18日

著者・作者:亀井英三郎

掲載ページなど:60頁6-7行目

発行元:博文館(社會文庫:第拾四編)