日国友の会

マクロ

読者カード 項目 2017年07月14日 公開

2017年06月30日 monoさん投稿

用例:そしてその色男らしい風采や処作から推すと、どうも「マクロ」らしく思われた。マクロというのは、淫売に食わして貰っている男のことだ。<br />(入獄から追放まで、7)
『日本脱出記』 2011年 大杉栄
語釈:〔名〕(フランス maquereau)「ひも(紐)(2)」に同じ。

コメント:岡本かの子の「巴里の唄うたい」にも「彼女が唄うところのものはジゴロ、マクロの小意気さである。」という用例がありました。(青空文庫より)

編集部:ジゴロと同じく、フランスの俗語由来のことばですね。

著書・作品名:日本脱出記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):2011年

著者・作者:大杉栄

掲載ページなど:152ページ

発行元:土曜社