日国友の会

あいこおう【相呼応】

読者カード 用例 2017年12月06日 公開

2017年12月06日 江東遊民さん投稿

用例:(美術世界の題言)ハルトマンが個物の能く一天地をなして、大千世界と相呼應するところより、小天地想と名づけしは是なり。
『柵草紙の山房論文』 1891年 森鴎外
語釈:〔名〕(「あい」は接頭語)物事が互いに応じあうこと。

コメント:刊年は原文の期日によった。

編集部:第2版では、国木田独歩『渚』(1907)からの例が早いのですが、さらに、16年さかのぼることになります。

著書・作品名:柵草紙の山房論文

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1891年

著者・作者:森鴎外

掲載ページなど:青空文庫〔『森鴎外全集第七巻』、1971〕

発行元:筑摩書房