日国友の会

あいしょう【愛称】

読者カード 用例 2017年12月26日 公開

2017年12月26日 江東遊民さん投稿

用例:「リユウリチカ!」と思はず呼び馴れた隆三の愛称を呼ばせて、その首に手を巻かせる。
『脱殻』 1913年 水野仙子
語釈:〔名〕親愛の気持をこめてよぶ、本名とは別のよび名。また、そのような名をよぶこと。

コメント:刊年は、青空文庫の書誌に、初出:「新潮 十九巻六号」1913(大正2)年12月発行とあるのによる。

編集部:第2版では、室生犀星『あにいもうと』(1934)からの例が早いのですが、さらに、21年さかのぼることになります。

著書・作品名:脱殻

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1913年

著者・作者:水野仙子

掲載ページなど:青空文庫〔『水野仙子 四篇』、2000〕

発行元:エディトリアルデザイン研究所