日国友の会

あいしょうか【愛唱歌】

読者カード 用例 2017年12月26日 公開

2017年12月26日 江東遊民さん投稿

用例:愛唱歌であるから何時でも私は空で覚えてゐるのだが
『バラルダ物語』 1931年 牧野信一
語釈:〔名〕好んでうたう歌。広く人々の気に入って、よく歌われる歌。

コメント:2版の例よりも古い。年代は、青空文庫の書誌に、初出:「中央公論」中央公論社1931(昭和6)年12月1日発行とあるのによる。

編集部:第2版では、高田保『第2ブラリひょうたん』(1950)からの例が早いのですが、さらに、19年さかのぼることになります。

著書・作品名:バラルダ物語

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1931年

著者・作者:牧野信一

掲載ページなど:青空文庫〔『牧野信一全集第四巻』、2002〕

発行元:筑摩書房