日国友の会

あいしょか【愛書家】

読者カード 用例 2018年01月07日 公開

2018年01月07日 江東遊民さん投稿

用例:たぶんこの老人は、あるいは商売にしろ物好きにしろ、とにかく貧しい愛書家で、しかも珍本の蒐集家に相違ないと思った。
『空家の冒険』 1929年 三上於菟吉訳
語釈:〔名〕本が好きな人。特に、蒐集や所蔵の対象として本を愛する人。

コメント:2版の例よりも古い。

編集部:第2版では、内田魯庵『読書放浪』(1933)からの例が早いのですが、さらに、4年さかのぼることになります。

著書・作品名:空家の冒険

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1929年

著者・作者:三上於菟吉訳

掲載ページなど:青空文庫〔『世界探偵小説全集 第四卷 シヤーロツク・ホームズの歸還』、1929〕

発行元:平凡社