日国友の会

アイスハーケン

読者カード 用例 2018年01月12日 公開

2018年01月12日 江東遊民さん投稿

用例:せめて氷でもならアイス・ハーケンにものをいわせようが、あのような雪の壁など、どうして僕に登ることができよう。
『単独行』 1935年 加藤文太郎
語釈:〔名〕(ドイツEishaken )登山用具の一つで、氷雪用のくさび。氷壁を登る際にこれが必要となる。

コメント:2版には例がない。刊年は作品末尾の1935.12.5による。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:単独行

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1935年

著者・作者:加藤文太郎

掲載ページなど:青空文庫〔『単独行』、1970〕

発行元:二見書房