『鎌倉遺文』は竹内理三先生(1907~1997)が、昭和46年(1971)から24年間の歳月をかけて刊行された正編42巻、補遺4巻の鎌倉時代の古文書約3万6,000通を網羅した史料集です。

過去には、東京大学史料編纂所で、上記『鎌倉遺文』をもとに「鎌倉遺文フルテキストデータベース」を作成・公開(2006年)し、その成果をもとに東京堂出版から『CD-ROM版 鎌倉遺文』が2008年に刊行されていますが、今回配信する『Web版 鎌倉遺文』では、『鎌倉遺文』本編だけでなく、CD-ROM版では未収録であった鎌倉遺文研究会編『鎌倉遺文 補遺編 東寺文書』(全3巻)や、早稲田大学大学院中世史ゼミによる「『鎌倉遺文』所収「東寺文書白河本」の校訂」など、新たな研究成果を含めたデータベースとなります。

一番の特長は、キーワード検索と共に書籍の版面を同じ画面で閲覧できることです。CD-ROM版では再現不可能だった、差図や系図などを表示しました。また東京大学史料編纂所の「日本古文書ユニオンカタログデータベース」へのリンク機能も搭載しており、この『Web版 鎌倉遺文』を利用することでさまざまな情報にアクセスでき、これまで以上に研究分野で利用しやすいものとなっています。

※第一期公開分は、古文書編の第1巻から第25巻までとなります。

制作協力:公益財団法人角川文化振興財団/東京大学史料編纂所/鎌倉遺文研究会

コンテンツ情報

底本名 鎌倉遺文 古文書編 第1巻~第42巻
 (文治元年〈1185〉~元弘4年〈1334〉)
鎌倉遺文 古文書編補遺 第1巻~第4巻
 (文治元年〈1185〉~元弘3年〈1333〉)
鎌倉遺文 補遺編 東寺文書 第1巻~第3巻
 (文治2年〈1186〉~元弘3年〈1333〉)
出版社 東京堂出版
書籍版刊行日 古文書編 第1巻~第42巻:1971年~1991年
古文書編補遺 第1巻~第4巻:1994年~1995年
補遺編東寺文書 第1巻~第3巻:2011年~2014年
巻冊数 古文書編 42巻+補遺4巻、補遺編 東寺文書3巻
書籍価格
JK公開日 [第一期]2018年12月10日
項目数 19,415通(第一期公開分)
文字数 7,400,000文字(第一期公開分)
検索について 詳細検索・本棚あります
更新頻度
(2018年12月現在)
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

本コンテンツは個人向けサービスではご利用いただけません。
  • 法人でのご利用
    このコンテンツはJKBooks(購買型商品)です。
    別途ご契約が必要です。

関連リンク

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks