タイトル一覧

14 件

《戯作》で絞り込み
62  仮名草子集
(かなぞうししゅう)
作者未詳
江戸初期に流行した仮名書きの庶民向けベストセラー小説
17世紀になって書かれ、井原西鶴の浮世草子『好色一代男』の出た1682年までの約80年間に著述刊行された小説類のことを総称して「仮名草子」と言う。出版され、世間に流布した。浅井了意による『かなめいし』と『浮世物語』、一休禅師のエピソード集『一休ばなし』、遊郭話を扱う『たきつけ草・もえくゐ・けしずみ』、京や摂津の話を中心に集めた『御伽(おとぎ)物語』の5作品をおさめる。
[江戸時代初期][戯作(仮名草子)]
《校注・訳者/注解》 谷脇理史 岡 雅彦 井上和人
63  浮世草子集
(うきよぞうししゅう)
夜食時分(やしょくじぶん)、江島其磧(きせき)
市井の人々の色と欲、その生活や風俗を描いた庶民文学
井原西鶴の『好色一代男』(1682年)以降、約100年間、上方を中心に流行した近世小説のことを「浮世草子」という。遊里遊びを描く『好色敗毒散(こうしょくはいどくさん)』(夜食時分・作)、女色と男色の両恋を描く『野白内証鑑(やはくないしょうかがみ)』(江島其磧・作)、老人の特質に笑いを求める『浮世親仁形気(うきよおやじかたぎ)』(江島其磧・作)の計3作をおさめる。
[江戸時代初期~中期][戯作(浮世草子)]
《校注・訳者/注解》 長谷川 強
64  井原西鶴集
(いはらさいかくしゅう)
井原西鶴
元禄の“粋”の文化を象徴する人気作家・西鶴の傑作小説集
大阪の商人の出で俳人でもあった井原西鶴は、庶民文学ともいえる浮世草子の傑作を数多く残した。西鶴の作品の中から、好色物の『好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)』、『男色大鑑(なんしょくおおかがみ)』、武家物の『武道伝来記』、雑話物(説話物)の『西鶴諸国ばなし』、町人物の『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』、『世間胸算用(せけんむねざんよう)』などをおさめる。
※『本朝二十不孝』は著作権許諾の都合によりご利用になれません。
[江戸時代中期][戯作(浮世草子)]
《校注・訳者/注解》 暉峻康隆 東 明雅 宗政五十緒 谷脇理史 神保五彌 冨士昭雄 広嶋 進
71  英草紙
(はなぶさそうし)
近路行者(都賀庭鐘)
読本の元祖――中国の小説を日本風に翻案した怪奇小説集
「古今奇談」と銘打つ9編からなる怪奇小説集で、『喩世明言(ゆせいめいげん)』『警世通言(けいせいつうげん)』『青瑣高議(せいさこうぎ)』などの中国の白話(はくわ)・文言(ぶんげん)小説の話を日本風に翻案したもの。雅語を交えた新しい文体で書かれ、読本(よみほん)の嚆矢(こうし)として評価が高い。作者は、近路行者(きんろぎょうじゃ)(都賀庭鐘(つがていしょう))。
[江戸時代中期(1749年成立)][戯作]
《校注・訳者/注解》 中村幸彦
72  西山物語
(にしやまものがたり)
建部綾足
初期読本の秀作――京の近親惨殺事件に取材した実話小説
京都一乗寺村で起った渡辺源太による妹斬殺事件(源太騒動)を題材とした実話小説。親戚間の男女の悲恋という実話に、先祖伝来の太刀にまつわる怪異談をからませ、伝奇小説に仕立てた。建部綾足(たけべあやたり)作の雅文体小説で、草創期の読本の代表作のひとつとされる。上田秋成も同事件をモチーフにした作品を書いている。昭和に入って歌舞伎の作品にもなった。
[江戸時代中期(1768年成立)][戯作]
《校注・訳者/注解》 高田 衛
73  雨月物語
(うげつものがたり)
上田秋成
初期読本の代表作――人間の執念を描く幻想的な怪異小説集
「浅茅(あさじ)が宿」や「蛇性の婬」など、9話からなる上田秋成(あきなり)作の幻想に満ちた怪異小説集で、幕末まで同一板木によって数版を重ねた江戸のベストセラー。正称は「近古奇談雨月物語」。『剪燈新話(せんとうしんわ)』など中国の小説を題材に、流麗な雅文で綴る。1953年溝口健二監督により映画化され、ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞するなど世界的な評価を集めた。
[江戸時代中期(1768年成立)][戯作]
《校注・訳者/注解》 高田 衛
74  春雨物語
(はるさめものがたり)
上田秋成
幻の読本――上田秋成の集大成といえる歴史短編小説集
〈はるさめけふ幾日、しづかにておもしろ〉の書き出しで始まる、上田秋成による歴史小説集。親殺しの大罪人が放浪の果てに開悟するまでを描いた晩年の代表作「樊噲(はんかい)」や、海賊と紀貫之の対話を描く「海賊」など、全10編。1808年に一度まとめられ、翌1809年に没するまで改稿が行われていた。江戸時代には刊行されず、写本で伝わり、第二次世界大戦後に完本が発見された。
[江戸時代後期(1808年成立)][戯作]
《校注・訳者/注解》 中村博保
75  黄表紙
(きびょうし)
恋川春町、山東京伝、芝全交ほか
一流の浮世絵師の絵とパロディが融合した大人向けの笑いの文学
黄表紙は、しゃれ、滑稽、風刺をおりまぜた大人むきの絵入り小説で、草双紙(大衆的な絵入り小説)のひとつ。安永(1772~1781)から文化(1804~1818)にわたり流行した。黄表紙の祖『金々先生栄花夢(きんきんせんせいえいがのゆめ)』(恋川春町作・画)や、寛政の改革のパロディー『文武二道万石通(ぶんぶにどうまんごくとおし)』(朋誠堂喜三二作・喜多川行麿画)など10作をおさめる。
[江戸時代後期][戯作]
《校注・訳者/注解》 棚橋正博
77  狂歌
(きょうか)
四方赤良(大田南畝)、唐衣橘州、朱楽菅江ほか
もじりにパロディ、江戸中期に大流行した言語遊戯
狂歌は、古典和歌の形式の中に機知や滑稽を読み込む趣味的な文芸。鎌倉・室町期におこり、関西で流行。江戸中期になって、江戸で爆発的に流行した。江戸狂歌の中心にいた四方赤良(よものあから、戯作者・大田南畝(なんぽ)、蜀山人)、唐衣橘洲(からころもきっしゅう)、朱楽菅江(あけらかんこう)、平秩東作(へづつとうさく)ら20余名の狂歌をおさめる。
[江戸時代中期][戯作]
《校注・訳者/注解》 宇田敏彦
78  洒落本
(しゃれぼん)
田舎老人多田爺、山東京伝、梅暮里谷峨(うめぼりこくが)ほか
通人と野暮と遊女の物語――遊里案内を兼ねた遊里文学
洒落本とは、江戸中期以降に江戸で流行した遊里文学のこと。遊女・遊客の言動を、会話を主にして写実的に描写した。「通」という理念を軸に、人間の滑稽な生活を描く。以後の洒落本の定型を確立した『遊子(ゆうし)方言』(田舎老人多田爺(ただのじじい)作)、洒落本第一人者の山東京伝の『傾城買(けいせいかい)四十八手』や『古契三娼(こけいのさんしょう)』など、7作品をおさめる。
[江戸時代中期~後期][戯作]
《校注・訳者/注解》 中野三敏
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks