タイトル一覧

1 件

《中世/近世》《文芸評論》で絞り込み
85  歌論集
(かろんしゅう)
藤原定家、荷田在満、賀茂真淵ほか
藤原定家や賀茂真淵など、詠歌の奥義を説く歴代の代表的評論
和歌に関する理論や評論を記した歌論は、少なくとも8世紀後半に誕生し、以後江戸時代まで文学論史の主軸として他ジャンルに影響を与え続けた。藤原定家の『近代秀歌』(1209年)、『詠歌大概』(1213~1224年)、『毎月(まいげつ)抄』(1219年)、荷田在満(かだのありまろ)『国歌八論』(1742年)、賀茂真淵『歌意考』(1764年)、香川景樹『新学(にいまなび)異見』(1814年)をおさめる。
※『俊頼髄脳』と『古来風躰抄』は著作権許諾の都合によりご利用になれません。
[鎌倉時代~江戸時代後期][文芸評論(歌論)]
《校注・訳者/注解》 藤平春男
1
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks