タイトル一覧

8 件

《日記・紀行》で絞り込み
11  土佐日記
(とさにっき)
紀貫之
紀貫之が女性に仮託して描いた土佐から京までの仮名文の旅日記
〈男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり〉という書き出しで有名な、日記文学の先駆け。『古今集』の撰者でもある歌人・紀貫之(きのつらゆき)が、みずから心情を女性に仮託して、任国土佐から京に戻るまでの55日間の船旅を、歌(全57首)を交えて仮名文でつづる。「土左日記」とも書き、また「とさのにき」とも読む。
[平安時代(935年ごろ成立)][日記(紀行日記)]
《校注・訳者/注解》 菊地靖彦
12  蜻蛉日記
(かげろうにっき)
藤原道綱母
摂関家の御曹司に嫁いだ不幸な家庭生活を和歌を交えてつづる
作者は歌人としても有名な藤原道綱母(みちつなのはは)。20歳のころに、のちの関白・藤原兼家(道長の父)に嫁ぐも、不安定な家庭や周囲の嫉妬に、不幸な日々を送る。結婚してから兼家が通って来なくなるまでの20年間の心情をつづった日記。自身のかげろうのようなはかない身の上を嘆いた一節、〈あるかなきかのここちするかげろふの日記(にき)といふべし〉に書名は由来する。
[平安時代(974年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 木村正中 伊牟田経久
19  和泉式部日記
(いずみしきぶにっき)
和泉式部
恋多き女・和泉式部が10か月の恋愛を自ら振り返る
そのころ、和泉式部は恋人の為尊(ためたか)親王(冷泉天皇の皇子)の若すぎる死に嘆き悲しんでいた。その和泉式部に求愛の歌を贈ったのが、為尊親王の弟、敦道(あつみち)親王。1003年4月から始まった敦道親王との恋の行方を、翌年1月まで、歌を交えながら、三人称形式で物語風に記す。だが求愛の歌を贈られてから約4年ののち、敦道親王の突然の死でまたしても恋が終わる。
[平安時代(1009年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 藤岡忠美
20  紫式部日記
(むらさきしきぶにっき)
紫式部
『源氏物語』の作者が批評的に宮廷生活を切り取る記録文学
一条天皇の中宮彰子(しょうし)(藤原道長娘)に仕えていた女房・紫式部が、その時の日々(1008年秋~1010年正月)を回想的に振り返ったもの。書簡なども挿入され、日記というより記録に近い。藤原道長政権最盛期の宮廷生活や、他の女房への批評、自己分析などが、冷静な視点で記録される。観察眼は鋭く、辛辣な人物評も多く見られる。『紫日記』『紫の日記』と題する写本もある。
[平安時代(1010年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 中野幸一
21  更級日記
(さらしなにっき)
菅原孝標女
平安時代の中流貴族の女の半生をつづる仮名日記文学
『源氏物語』に憧れていた少女――菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は、13歳の時に、父の任国・上総国(千葉県)より京に上る。その出来事より筆を起こし、夫・橘俊通(たちばなとしみち)と死別した翌年、52歳のころまでの約40年間の半生を振り返った自伝的回想記。平安の女性の宮仕え、結婚、出産などの様子が垣間見られる。平安女流日記文学の代表作のひとつ。
[平安時代(1060年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 犬養 廉
22  讃岐典侍日記
(さぬきのすけのにっき)
藤原顕綱の娘長子
夭折した天皇を看取った、宮廷女房の愛情あふれる日記
作者は、堀河天皇に典侍(ないしのすけ)として仕えた、藤原顕綱(あきつな)の女(むすめ)、長子。女房名を「讃岐典侍(さぬきのすけ)」と言う。上下二巻の日記で、上巻では堀河天皇の発病から崩御に至るまでが記され、下巻では幼い鳥羽天皇へ再出仕した様子が描かれる。文中には、堀河天皇と男女の関係にあったとされる長子の堀河天皇への愛情が溢れている。
[平安時代(1109年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 石井文夫
48  とはずがたり
(とわずがたり)
後深草院二条
後深草院の寵を受けつつ奔放な愛に生きた女性の自伝的日記
後の南北朝の対立の萌芽が出始めていた頃、14歳でその一方の側の後深草院の寵愛を受けた女性――後深草(ごふかくさ)院二条が、深草院の寵愛を受けながら廷臣や高僧とも関係を結ぶ男性遍歴や華やかな宮廷生活を描いた前編と、31歳で出家し、諸国行脚の旅に出た後編からなる。中世女流日記文学の最高傑作と評価が高く、資料性にも優れる。
[鎌倉時代(1306~13年ごろ成立)][日記]
《校注・訳者/注解》 久保田 淳
49  中世日記紀行集
(ちゅうせいにっききこうしゅう)
阿仏尼、今川了俊、正徹、宗長、細川幽斎ほか
鎌倉・室町時代を代表する日記紀行文学の名作集
京都・鎌倉間の旅を中心に描く、鎌倉時代に成立した紀行『海道記』、『東関紀行』、『信生法師日記』、『春の深山路』、『十六夜日記』、宮中の行事を記した『弁内侍日記』、14世紀後半から16世紀後半に成立した紀行、今川了俊の『道行きぶり』、『なぐさみ草』、『覧富士記』、宗長の『東路のつと』、『吉野詣記』、『九州道の記』、『九州の道の記』の全13編を収録する、日記紀行文学の名作集。
[鎌倉時代~安土桃山時代][日記紀行]
《校注・訳者/注解》 長崎 健 外村南都子 岩佐美代子 稲田利徳 伊藤 敬
1
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史・地名
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
自然科学
統計・年鑑
記事・コラム
叢書・日本文学
JKBooks