日本大百科全書(ニッポニカ)

ウシャブチ
うしゃぶち
ushabti 英語

古代エジプトで、死者とともに墓室に副葬した小形の人形。古くはシャワブチshawabtiとよばれたが、のち古代エジプト語で「答えるもの」を意味するウシャブチ(あるいはウシェブチ)の名が一般的となった。その役目は、死者が冥界(めいかい)でオシリス神に命じられる労働を本人にかわってすることであり、木、石、または陶器でつくられ、まれに青銅製のものもあった。多くはミイラの形をし、しばしば下半身に『死者の書』第6章からの語句などが記されている。その使用は中王国時代に始まり、新王国時代にとくに広く行われた。初期にはただ1体を納めたが、のちその数を増し、一つのミイラに700体ものウシャブチが副葬された例が知られている。
[友部 直]

メディア