日本大百科全書(ニッポニカ)

乳房温存手術
にゅうぼうおんぞんしゅじゅつ

乳がんの外科療法(手術)において、乳房を全摘出せず、乳頭と乳輪を残したうえで、腫瘍(しゅよう)と周囲の正常乳腺(せん)を含めて部分切除する手術。乳房部分切除術ともいう。日本国内の乳がん手術においてはもっとも実施割合が高い術式となっている(約60%)。
 乳房温存手術の目的は、乳房内再発率を高めることのないよう病巣を確実に切除しつつ、整容的に患者が満足できる乳房を残すことである。ステージ0~Ⅱに対する標準的な外科治療に位置づけられる。かつては乳房の4分の1程度を切除する扇状部分切除術が多く行われていたが、近年では術前の画像検査で腫瘍範囲を詳細に測定し、より狭い範囲を円形に切除する円状部分切除術が行われることが増えている。
 次のいずれかに該当する場合は原則として乳房温存手術の適応にならず、乳房切除術(乳房全摘術)が検討される。(1)二つ以上の腫瘍が同じ側の乳房の離れた場所にある、(2)乳がんが広範囲に広がっている(マンモグラフィで乳房内の広範囲に微細石灰化が認められるなど)、(3)温存乳房への放射線療法が行えない(温存乳房への放射線治療を行う体位がとれない、妊娠中である、過去に手術した側の乳房や胸郭(きょうかく)に放射線治療を行ったことがある、活動性の強皮症や全身性エリテマトーデスなどの膠原(こうげん)病を合併している、などの場合)、(4)腫瘍の大きさと乳房の大きさのバランスから整容的な仕上がりが良好でないことが予想される、(5)患者が乳房温存手術を希望しない。
 乳房温存手術後は放射線療法を実施し、乳房内再発を予防する。
[渡邊清高]2019年10月18日