日本大百科全書(ニッポニカ)

マメザクラ
まめざくら
〔豆桜〕
Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. incisaPrunus incisa Thunb.

バラ科(APG分類:バラ科)の落葉低木または小高木。富士山、箱根山に多くみられるので、フジザクラ、ハコネザクラともいう。細い小枝をよく分枝する。葉は互生し、倒卵形で長さ3~5センチメートル、先は鋭くとがり、縁(へり)に欠刻状の重鋸歯(じゅうきょし)があり、両面や葉柄にすこし毛がある。3~5月、葉に先だって、ヤマザクラより小さな、径2~2.5センチメートルの花を1~3個集めて開く。萼片(がくへん)に鋸歯はなく、小花柄に毛を散生する。果実は小球形、6月に赤色から紫黒色に熟す。関東地方南部、甲信地方から静岡県に分布する。
 品種リョクガクザクラは、萼、小花柄、若葉が鮮緑色で、花弁は純白である。また中部地方以西の本州には、変種のキンキマメザクラが分布する。
[小林義雄]2020年1月21日

メディア