日本大百科全書(ニッポニカ)

ケロー
けろー
Didier Queloz 英語
[1966― ]

スイスの天文学者。ジュネーブ生まれ。ジュネーブ大学で、修士号に続き1995年に物理学で博士号を取得した。1997年まで博士研究員として同大学で研究を続けた後、アメリカのカリフォルニア州にあるNASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)のジェット推進研究所で客員研究員。2000年にジュネーブに戻り、2008年にジュネーブ大学教授、2013年にイギリスに渡り、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所教授も兼任する。
 1994年に、大学院生としてジュネーブ大学の教授ミシェル・マイヨールの研究室に入ると、フランス南東部にあるオートプロバンス天文台で、巨大惑星などを探索するために、太陽に似た142個の恒星の観測を始めた。2人は、星の動く速度などを正確に測定できる高分解能の分光計「ELODIE(エロディ)」を開発し、同天文台の口径1.93メートルの望遠鏡に設置。恒星の周りを惑星が回転したときに、惑星の重力によってふらつく恒星の動きや速さを正確に測定した。地球から約50光年離れた「ペガスス座51番星」を観測したとき、この星が秒速13メートルで動いていることを確認。1995年1月に、この星の近くに太陽系最大の惑星である木星の半分の大きさをもつ惑星の存在を、ドップラー効果を使って検出することに成功した。この方法は、恒星のふらつきで、観測者から見た場合、近づいたり、遠のいたりするとき、微妙に波長(輝き方)が変化することを利用する。この惑星は、木星と同じ巨大ガス惑星で、恒星までの距離が、太陽と水星間の8分の1にあたる800万キロメートルを約4日で公転していた。この発見をその年1995年10月のイタリアの学会で発表すると、世界の天文学者を驚かせたが、これを機に、系外惑星研究は急速に進んだ。ドップラー効果を使った分光法以外にも検出方法が進化し、現在4000を超える系外惑星がみつかっている。
 その後、ケローは、トランジット法とよばれる新しい手法を使って系外惑星を発見するイギリスの「WASP(ワスプ)」プロジェクトチームと連携したり、宇宙望遠鏡を使って系外惑星を探索するヨーロッパ宇宙機関(ESA(イーサ))の「COROT(コロー)」計画などに参画した。
 2017年ウルフ賞(物理部門)を受賞。2019年「史上初の太陽に似た恒星を周回する系外惑星の発見」による業績で、師のマイヨールとともにノーベル物理学賞を受賞した。「宇宙物理学における新たな理論の発見」の業績が評価されたプリンストン大学の教授ジェームズ・ピーブルスとの同時受賞であった。
[玉村 治]2020年2月17日