日本大百科全書(ニッポニカ)

タチフウロ
たちふうろ
〔立風露〕
Geranium krameri Fr. et Sav.

フウロソウ科(APG分類:フウロソウ科)の多年草。茎は直立し、高さ60~80センチメートルとなるが、基部は倒伏し、葉柄とともに下向きのやや開出した毛がある。葉は根生し、茎上では対生する。葉幅は7~10センチメートルで5深裂し、裂片は菱(ひし)形でさらに3裂し、少数の歯牙(しが)がある。両面ともに毛があり、とくに裏面の脈上は毛が多い。托葉(たくよう)は緑色を帯びて狭く、離生する。8~9月、長い花柄の先に径約3センチメートルの淡紅紫色花を2個開く。花弁は5枚、濃紅紫色の脈が数本あり、基部に白毛を密生する。小花柄は果時に開出する。山地の草原に生え、本州から九州、および中国、アムールに分布する。

[小林純子]2020年8月20日

メディア

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る