1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 琵琶楽

「琵琶楽」カテゴリの記事一覧

オンライン辞書・事典サービス「ジャパンナレッジ」の「琵琶楽」のカテゴリ別サンプルページです。
ジャパンナレッジは「国史大辞典」「日本国語大辞典」「世界大百科事典」「日本大百科全書」など65種以上の辞書・事典をパソコンやスマートフォンで利用できます。

→ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る



ちくぜん‐びわ[ビハ]【筑前琵琶】(日本国語大辞典)
琵琶の一種。また、その歌曲。薩摩琵琶よりやや小型。棹(さお)は比較的長く、四弦または五弦を張り、五柱を設けて撥(ばち)で演奏する。音調が高く、音階も多いのが特徴。筑前博多(福岡市)の人、橘智定(初世旭翁)が薩摩琵琶と三味線楽とを融合して創始したもの。
さつま‐びわ[ビハ]【薩摩琵琶】(日本国語大辞典)
琵琶を伴奏とする語り物音楽。また、その伴奏に用いる楽器。戦国時代に薩摩の島津忠良が士気振興のため、道徳的な歌詞を作り、盲僧に作曲させ、藩の子弟に歌わせたのにはじまる。安土桃山時代から江戸初期にかけて戦記物語に取材するものが多くなり、剛健な音楽となった。
1
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービス。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
利用料金・収録辞事典・会員登録はこちら