1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 後朱雀天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
後朱雀天皇
ごすざくてんのう
一〇〇九 - 四五
一〇三六―四五在位。寛弘六年(一〇〇九)十一月二十五日、一条天皇の第三皇子として誕生。母は藤原道長の女彰子。諱は敦良。同七年正月十六日、親王宣下。寛仁元年(一〇一七)八月九日、敦明親王の皇太子辞意により、後一条天皇の皇太子となる。同三年八月二十八日、十一歳で元服。長元九年(一〇三六)四月十七日、二十八歳で受禅し、同年七月十日に即位。寛徳二年(一〇四五)正月十六日、位を後冷泉天皇に譲り、同月十八日落飾、法名を精進行と称した。同日、東三条第で崩御。三十七歳。同年二月二十一日、香隆寺で火葬。陵は円乗寺陵。道長の女嬉子所生の子に後冷泉天皇、三条天皇皇女禎子内親王所生の子に後三条天皇・良子内親王・娟子内親王、敦康親王の女〓子女王(藤原頼通養女)所生の子に祐子内親王・〓子内親王、藤原頼宗の女延子所生の子に正子内親王がある。また、『後朱雀天皇宸記』を著わし、『後拾遺和歌集』『新古今和歌集』『続古今和歌集』『新千載和歌集』に歌什が残されている。
(加藤 友康)

円乗寺陵(えんじょうじのみささぎ)

 京都市右京区竜安寺朱山(しゅうやま)、竜安寺内にある。南面する円丘で、後冷泉・後三条天皇陵と東西に並び、三陵同域である。寛徳二年(一〇四五)二月二十一日に香隆寺の乾原にて火葬、遺骨を仁和寺内の円教寺に安置した。崩後十年天喜三年(一〇五五)に後冷泉天皇が天皇の素志をついで、円教寺内に新堂を建立して円乗寺と称した。陵名はこれによっている。しかし、陵の所在を明記したものはなく、『中右記』嘉承二年(一一〇七)七月十二日条に後三条天皇陵の近くにある旨が記されているが、その後は伝えるところがない。幕末修陵の際、現陵所に考定して修補を施した。火葬塚は京都市北区平野宮敷町にある。
[参考文献]
谷森善臣『山陵考』(『(新註)皇学叢書』五)、上野竹次郎『山陵』下
(中村 一郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
後朱雀天皇
ごすざくてんのう
[1009―1045]

平安後期の天皇(在位1036~45)。名は敦良(あつなが)。一条(いちじょう)天皇の第3皇子。母は藤原道長(みちなが)の娘上東門院彰子(じょうとうもんいんしょうし)。当時、政治の主導権は道長から子頼通(よりみち)に引き継がれていたが、摂関家(せっかんけ)の全盛期は過ぎていた。1040年(長久1)に、実施はされなかったらしいが、荘園(しょうえん)整理令を発議、この内容は後の寛徳(かんとく)・延久(えんきゅう)の整理令に継承されるもととなっている。病気により位を子に譲ると(後冷泉(ごれいぜい)天皇)、頼通の反対を押し切って尊仁(たかひと)親王を新帝の皇太弟(こうたいてい)に定め(後の後三条(ごさんじょう)天皇)、院政への道を開いた。寛徳2年1月18日死去。陵墓は京都円乗寺陵。
[川島茂裕]



世界大百科事典
後朱雀天皇
ごすざくてんのう
1009-45(寛弘6-寛徳2)

第69代に数えられる天皇。在位1036-45年。一条天皇の第3皇子,母は太皇太后彰子(上東門院,藤原道長の女)。諱(いみな)は敦良。1017年(寛仁1)に三条院の皇子敦明親王の東宮辞退後,同母兄後一条天皇の皇太弟となる。36年(長元9)後一条天皇が没し,即位。翌年(長暦1)2月,三条皇女禎子内親王(母は道長の女姸子)を皇后とし,ついで翌3月関白頼通の養女嫄子(一条皇子敦康親王の女)を皇后とした。45年正月,病により皇子親仁親王(後冷泉天皇)に譲位,2日後に没す。天皇の治世は疫病流行など災厄も多く,延暦寺僧徒の大規模な嗷訴(ごうそ),伊勢神宮禰宜(ねぎ)らの入京上訴など寺社横暴の増大を感じさせる事件が起こっているが,1040年(長久1)の荘園停止令をはじめ,天皇の政治への意欲もうかがうことができる。天皇の日記《後朱雀天皇御記》(《長暦御記》)があるが逸文が伝わるのみ。陵は円乗寺陵(京都市右京区)。
[黒板 伸夫]

[索引語]
長暦御記
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
後朱雀天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 234
検索コンテンツ
1. 敦良親王・後朱雀天皇・後朱雀上皇
日本史年表
秘して譲位の儀を行う. 敦良親王(後朱雀天皇) 受禅(左経記)。 1036年〈長元9 丙子〉 7・10 後朱雀天皇 即位(範国記)。 1045年〈寛徳2 乙酉⑤ ...
2. 後朱雀天皇
日本大百科全書
平安後期の天皇(在位1036~45)。名は敦良(あつなが)。一条(いちじょう)天皇の第3皇子。母は藤原道長(みちなが)の娘上東門院彰子(じょうとうもんいんしょう ...
3. 後朱雀天皇
世界大百科事典
0年(長久1)の荘園停止令をはじめ,天皇の政治への意欲もうかがうことができる。天皇の日記《後朱雀天皇御記》(《長暦御記》)があるが逸文が伝わるのみ。陵は円乗寺陵 ...
4. ごすざく‐てんのう[‥テンワウ]【後朱雀天皇】
日本国語大辞典
第六九代天皇。一条天皇の第三皇子。母は上東門院藤原彰子。名は敦良(あつなが)。長元九年(一〇三六)即位。在位九年の間は藤原頼通が権勢をふるった。譲位して出家。法 ...
5. ごすざくてんのう【後朱雀天皇】
国史大辞典
子内親王、藤原頼宗の女延子所生の子に正子内親王がある。また、『後朱雀天皇宸記』を著わし、『後拾遺和歌集』『新古今和歌集』『続古今和歌集』『新千載和歌集』に歌什が ...
6. 後朱雀天皇(ごすざくてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 22ページ ...
7. ごすざくてんのう【後朱雀天皇】
日本人名大辞典
ょうじのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は敦良(あつなが)。法名は精進行。日記に「後朱雀天皇御記」。【格言など】春雨のふりしくころは青柳のいとみだれつつ ...
8. 後朱雀天皇國忌 (見出し語:後朱雀天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1278ページ ...
9. 後朱雀天皇山陵 (見出し語:後朱雀天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 994ページ ...
10. ごすざくてんのうしんき【後朱雀天皇宸記】
国史大辞典
後朱雀天皇の日記。『後朱雀院御記』『長暦御記』ともいう。『伏見天皇宸記』正応二年(一二八九)正月十九日条には、「後朱雀院御記一櫃」とみえ、『仙洞御文書目録』に ...
11. ごすざくてんのうりょう【後朱雀天皇陵】京都市:右京区/龍安寺門前村/龍安寺朱山七陵地図
日本歴史地名大系
正式には後朱雀天皇円乗寺陵という。天皇は一条天皇第三皇子、母は上東門院彰子(藤原道長女)。寛徳二年(一〇四五)正月一八日洛東三条第で死去。「帝王編年記」によれば ...
12. 於〓後朱雀天皇國忌 (見出し語:圓〓寺【篇】)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1278ページ ...
13. あいらじ【相良寺】熊本県:鹿本郡/菊鹿町/相良村
日本歴史地名大系
散失)があり、寺宝には由来記に菊池武光の陣中矢除け守本尊と伝える不動明王など十数点がある。後朱雀天皇皇后の安産祈願の伝承から、子授・安産の信仰が多い。 ...
14. 敦明親王
世界大百科事典
渡さぬなど圧迫を加えたのでその地位は不安定で,父上皇の没後ついに東宮を辞し,後一条天皇の同母弟敦良親王(後朱雀天皇)が道長の望みどおり東宮となった。以後は上皇に ...
15. 敦成親王・後一条天皇
日本史年表
1036年〈長元9 丙子〉 4・17 後一条天皇 没、遺詔により喪を秘して譲位の儀を行う. 敦良親王(後朱雀天皇) 受禅(左経記)。  ...
16. いちじょういん【一条院】
国史大辞典
後一条天皇のとき、新たに造作して皇居とし、別納には摂政(道長・頼通)の宿所もおいて除目なども行なった。後朱雀天皇は長久四年(一〇四三)一条院に遷ったが同年末に焼 ...
17. いちじょういんあと【一条院跡】京都市:上京区/聚楽学区/飛騨殿町地図
日本歴史地名大系
もと藤原伊尹(謙徳公)の邸宅で、その異母弟為光から藤原詮子に伝えられ、のち一条天皇・後一条天皇・後朱雀天皇・後冷泉天皇の里内裏となった。「拾芥抄」に「一条南大宮 ...
18. いちじょうてんのう【一条天皇】
国史大辞典
道長の女彰子が中宮に立ち、寛弘五年に敦成(あつひら)親王(後一条天皇)、同六年に敦良親王(後朱雀天皇)が生まれて道長一家の権勢は確立した。他の藤原義子ら三人の女 ...
19. いわかげ【石陰】京都市:北区/大北山村地図
日本歴史地名大系
遂称其左右曰石影、亦曰長坂野」としている。万寿二年(一〇二五)八月、親仁親王(後冷泉天皇)を出産後没した後朱雀天皇の東宮時代の女御嬉子(道長娘)も法興院(跡地現 ...
20. 宇治拾遺物語 43ページ
日本古典文学全集
』に入るかもしれない、との期待。書陵部本「いであひて」。第七十一代天皇(一〇三四~七三)。後朱雀天皇の第二皇子。治暦四年(一〇六八)即位。在位四年。著書に『秘記 ...
21. うじりょう【宇治陵】京都府:宇治市/木幡村
日本歴史地名大系
子・後朱雀天皇妃嬉子・三条天皇中宮研子・後一条天皇皇后威子・後朱雀天皇女御生子・後三条天皇姫茂子・一条天皇皇后彰子・後冷泉天皇皇后歓子 ...
22. うつぼかんもん【空勘文】
国史大辞典
女叙位に際して外記の提出する勘文。『江次第鈔』三の女叙位条に、後朱雀天皇の時から、外記が叙位にあずかるべき女官を知らないので、ただ年限により叙位にあずかった先 ...
23. 栄花物語 440ページ
日本古典文学全集
男皇子隆誕シ給フ。暫シノ間、重キ悩ミ有リト雖モ、殊事無シ」(御堂)。後産。一条天皇第三皇子敦良親王。後の後朱雀天皇。意外な出来事に対する驚き、詠嘆を表す。皇子誕 ...
24. 栄花物語 24ページ
日本古典文学全集
本書の書名、巻八と本巻の巻名にかかわる重要な一文。「つぼみ花」と呼ぶ理由。禎子内親王は後に東宮時代の後朱雀天皇と結婚、後三条天皇(在位一〇六八~七二)の生母とな ...
25. 栄花物語 40ページ
日本古典文学全集
御匣殿別当任官→[2]一五六ページ注八。巻二十六〔二二〕に生子東宮参入の噂がみえた。ただし、実際に後朱雀天皇に入内するのは長暦三年(一〇三九)になってから。→巻 ...
26. 栄花物語 194ページ
日本古典文学全集
〔四〕〔五〕〔六〕に登場する生子、延子、嫄子の後一条天皇の後宮への入内は実現せず、三人は後年、後朱雀天皇の後宮に入り、帝寵を競い合うのであり(→巻三十四)、この ...
27. 栄花物語 257ページ
日本古典文学全集
長元八年十月十七日に蔵人頭となった(補任)。これも一年前のこと。許される最高の地位。帝位のこと。章子内親王を後朱雀天皇に入内させようと。東宮敦良親王の皇子、親仁 ...
28. 栄花物語 262ページ
日本古典文学全集
しまどはせたまふ。御声も漏りきこえつつ、いといみじ。世の中揺りみちたる心地するに、たしかに聞えさする人もなけれど、一品宮の幼げに泣かせたまふも、いみじうあはれな ...
29. 栄花物語 263ページ
日本古典文学全集
べければ、おりゐの帝になしたてまつらせたまひてけり」とある。関白職を頼通が引き続き務めた。後朱雀天皇。頼通にとっては甥にあたる。悲しみのあまり茫然自失の状態にあ ...
30. 栄花物語 267ページ
日本古典文学全集
あはれなることに言ひののしる。女院より御消息遣はしたりけるに、世を捨てて宿を出でにし心にもなほ恋しきは昔なりけりと申したまへりければ、侍従の内侍、時の間も恋しき ...
31. 栄花物語 275ページ
日本古典文学全集
いとあさましくあはれなり」とあった。一条院、嬉子、妍子、道長、後一条院、威子などに先立たれたことをいう。後朱雀天皇の第一皇子、親仁親王。嬉子所生。→巻二十六〔一 ...
32. 栄花物語 276ページ
日本古典文学全集
いとど思しめし、「わが命長きこそ恥づかしけれ。宮は心にまかせたるやうにこそものしたまひけれ。かくたちおくれたてまつりて、一日にてもあらんと思ひけんや」と思しのた ...
33. 栄花物語 278ページ
日本古典文学全集
火焚屋は中宮の警固のために置かれ、威儀を整える。「火焚屋」と「焦す」は縁語。藤原懐尹女か。後朱雀天皇皇女、祐子内親王に仕えた。威子をいつまでも追慕して胸を焦すに ...
34. 栄花物語 281ページ
日本古典文学全集
ージ注二四。「表着」は袿の上に着る。下仕(→[1]三〇一ページ注七)が釵子をさしていた姿。後朱雀天皇が乗られている輿。女院彰子が後一条天皇と輿に同乗したこと→巻 ...
35. 栄花物語 282ページ
日本古典文学全集
頼通は車に乗って供奉する。「殿下御車ニ乗リテ参ラシメ給フ。女御代ノ御車ノ後ナリ」(範国記・十月二十九日)。後朱雀天皇の第一皇子、親仁親王。長元九年(一〇三六)は ...
36. 栄花物語 283ページ
日本古典文学全集
記・十一月二十三日)。嫄子女王が後朱雀天皇に入るという噂が立つ。中宮威子に遠慮して、教通は女、生子を、頼宗は女、延子を後一条天皇に入れることを断念した(→巻三十 ...
37. 栄花物語 287ページ
日本古典文学全集
右少将、長元九年正月六日に正四位下となる。『範国記』長元九年十二月十日条によれば、その日、後朱雀天皇より嫄子女王へ最初の使が遣わされ、勅使は「四位源少将(源資綱 ...
38. 栄花物語 288ページ
日本古典文学全集
〇三六)十二月十日条に、頼通が嫄子女王の直廬とするために弘徽殿の造作を始めたことがみえる。後朱雀天皇は東宮時代の直廬、梨壺(昭陽舎)に即位後もいた。『平行親記』 ...
39. 栄花物語 291ページ
日本古典文学全集
〔六〕五月五日、後朱雀帝と皇后禎子の和歌贈答 五月五日、内より皇后宮に、もろともにかけし菖蒲をひき別れさらにこひぢにまどふころかな宮の御返し、方々にひき別れつつ ...
40. 栄花物語 292ページ
日本古典文学全集
「東宮に立たせたまふ」に係るか。親仁親王の立太子は予期されたことだが、の意。東宮大夫には前東宮、敦良親王(現後朱雀天皇)の大夫であった頼宗が引き続いて任じられた ...
41. 栄花物語 298ページ
日本古典文学全集
斎宮伊勢に下らせたまひ、斎院は本院になど、皆よそよそにおはします。よき人もなほ苦しげにおはします。〔一七〕後朱雀天皇の性格 内の御心、いとめでたくあるべかしく、 ...
42. 栄花物語 299ページ
日本古典文学全集
します。…一所若宮うち遊ばしきこえさせたまひて、ものをのみ思しめしておはします」とあった。後朱雀天皇の御性格。きまじめで融通がきかない。おきて。きまり。〔四七〕 ...
43. 栄花物語 303ページ
日本古典文学全集
のこと(略記、百錬抄)。伊勢の託宣に示された神意に対する違背と内裏焼亡とを因果づける筆致。後朱雀天皇は六月二十七日に朝所に難を逃れ、七月十三日に京極殿に遷幸した ...
44. 栄花物語 304ページ
日本古典文学全集
嫄子女王の崩御は長暦三年八月二十八日(略記、百錬抄、要記)。「九日といふに」の表現は正しい。主語は後朱雀天皇。祐子内親王か、あるいは生れたばかりの禖子内親王か。 ...
45. 栄花物語 306ページ
日本古典文学全集
明尊僧正の山の座主になるべしとて、山の人おこりののしりしかば、殿の御門割りなどいみじかりき。〔三〇〕後朱雀天皇、生子を寵愛 かくて、内には、女御殿、いとおぼえあ ...
46. 栄花物語 307ページ
日本古典文学全集
殿の中納言殿は、員より外の権大納言にならせたまへり。かたち、有様、人にすぐれたまへり。〔三三〕後朱雀天皇、新造内裏に遷御 かくて、内裏造り出でて、渡らせたまふべ ...
47. 栄花物語 308ページ
日本古典文学全集
源大納言殿の御婿にならせたまひぬ。いと華やかにもてかしづききこえさせたま 〔三五〕  言及。後朱雀天皇の性格→〔一七〕〔四七〕。通房の任権大納言は長久三年(一〇 ...
48. 栄花物語 309ページ
日本古典文学全集
「反橋」は中央が高く反った橋。「妻戸」は開き戸のこと。「唐廂」は唐破風造の軒のこと。主語は後朱雀天皇か。嫄子女王の遺児のことが心配のあまり藤壺に頻繁に渡るという ...
49. 栄花物語 311ページ
日本古典文学全集
長久三年。→[1]一四七ページ注一九。十二月上旬に内裏が焼亡するであろうという勘文が奏せられ、後朱雀天皇が物忌(→[1]二〇ページ注三)に籠っていた時。「まして ...
50. 栄花物語 312ページ
日本古典文学全集
後文に「これはまづのことどもなり」とあり、いつの年のことか不明。清涼殿の殿上の間の前の庭に。後朱雀天皇の御製。『続古今集』賀は、第三・四句「しるしにや降る白雪も ...
「後朱雀天皇」の情報だけではなく、「後朱雀天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

後朱雀天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「後朱雀天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
後朱雀天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇〇九-四五 一〇三六―四五在位。寛弘六年(一〇〇九)十一月二十五日、一条天皇の第三皇子として誕生。母は藤原道長の女彰子。諱は敦良。同七年正月十六日、親王宣下。寛仁元年(一〇一七)八月九日、敦明親王の皇太子辞意により、後一条天皇の皇太子
後冷泉天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一〇二五-六八 一〇四五―六八在位。万寿二年(一〇二五)八月三日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第一王子として誕生。母は藤原道長の女嬉子。諱は親仁。長元九年(一〇三六)十二月二十二日、親王宣下。長暦元年(一〇三七)七月二日、十三歳で元服
後三条天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇三四-七三 一〇六八―七二在位。諱は尊仁(たかひと)。長元七年(一〇三四)七月十八日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第二王子として誕生。母は三条天皇の皇女禎子内親王(陽明門院)。同九年父親王の践祚後間もなく親王宣下をうけ
白河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇五三-一一二九 一〇七二―八六在位。諱は貞仁。天喜元年(一〇五三)六月十九日、皇太子尊仁親王(後三条天皇)の第一王子として誕生。母は権中納言藤原公成の女、贈皇太后茂子である。茂子の養父で、関白藤原頼通の異母弟である春宮大夫能信の庇護のもとに成長し
堀河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇七九-一一〇七 一〇八六―一一〇七在位。白河天皇の第二皇子。母は関白藤原師実の養女、皇后賢子(実父は右大臣源顕房)。承暦三年(一〇七九)七月九日誕生。同年十一月親王宣下あり、善仁と命名。応徳三年(一〇八六)十一月二十六日立太子
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る