1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. ねぶた
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
ねぶた
青森県津軽地方を中心に、八月(旧暦では七月)一日ごろから七日まで行われる飾物行事。またはその飾物。青森市の組みねぶたや弘前市の扇ねぷたなど都市部のものは、武者人形を形どったり描くなど意匠に趣向をこらした大きく華麗なものが練り歩き、夏の観光行事となっている。ねぶたが大型化したのは江戸時代文政年間(一八一八―三〇)前後だろうといわれ、それまでは、最近まで村落に残っていた木の枝に燈籠を下げて子供などが担ぎ歩き、最後に川や海に流すというような素朴なものであったという。ねぶたの語は睡(ねぶ)しからきており、忙しい秋を控えて睡魔を流し去っておこうとした行事とされているが、災厄を水に流し去ろうとする七日盆との関係も考えられる。
(田中 宣一)


日本大百科全書(ニッポニカ)
ねぶた
ねぶた

青森県弘前(ひろさき)市、青森市そのほか東北地方各地で行われる七夕(たなばた)の行事。8月1日から7日まで(もとは旧暦7月)。眠り流し、ねむた流しなどともいい、弘前市ではネプタと発音する。竹や針金で枠をつくって紙を張り、和漢の武者絵や歌舞伎(かぶき)狂言の場面を描き、中に灯(ひ)をともして屋台にのせて車で町中を引き回す。扇形の扇ねぶた、金魚形の金魚ねぶた、歴史上の人物を人形にした組みねぶたなどがあり、大きなものは30人もの若者がつく。最終日の7日には、眠り流しといって、もとは弘前市では岩木川へ、青森市では海岸へ流したり焼いたりした。若者たちは水浴して酒宴を開く。坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷(えぞ)征伐のとき人形に兵を隠したとか、藩主が京都に滞在中、家臣が大灯籠(とうろう)を出して諸侯の評判を得たのが始まりであるなどの民間起源説がある。本来は七夕の禊祓(みそぎはらえ)の行事で、木の枝などで体をなでて流すと、罪穢(つみけがれ)が除去されるという呪術(じゅじゅつ)と、盆の灯籠流しとが結び付いて夜の行事になったのであろう。能代(のしろ)のしゃち流し、鶴岡(つるおか)のねぶり流しのほか、北関東から長野県、愛知県にも同類の行事があり、長崎県でもネムの木枝で体をなでて睡魔を祓う呪術がある。
[井之口章次]



世界大百科事典
ねぶた

東北地方とくに青森県で8月(旧暦では7月)1日から7日まで続けられる飾物行事,またはその飾物。青森市では組ねぶた(人形ねぶた),弘前市では扇ねぷたなど,華麗な絵を描いた大きな飾物が作られ(弘前では〈ねぷた〉という),夏の観光行事となっているが,大型化したのは江戸時代の文化・文政期(1804-30)ごろからといわれている。しかし,東津軽郡外ヶ浜町の旧三厩(みんまや)村でのように,草ネブタといって木の枝に灯籠を下げたものを子どもたちが毎晩各家々を担いで回り,7日には海へ流すという素朴なものも各地で行われている。都鄙を問わず飾物には中にろうそくなどを点灯させ,これが元来は盆を迎えるための灯籠であったことをうかがわせ,秋田の竿灯(かんとう)などと共通している。また,それを最後に海や川へ流すことも特徴である。

 ねぶたの語は,〈佞武多〉などと当て字されるが,元来は襲いくる眠気を意味するという。七日盆には水で心身の清浄をはかろうとする伝承が多いが,ねぶたも収穫の秋を控え労働の妨げをなす睡魔を飾物といっしょに水に流し去ろうとするものであったかと思われる。
[田中 宣一]

[索引語]
草ネブタ 盆(行事) 竿灯 七日盆
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
ねぶたの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 248
検索コンテンツ
1. ねぶた画像
日本大百科全書
描き、中に灯(ひ)をともして屋台にのせて車で町中を引き回す。扇形の扇ねぶた、金魚形の金魚ねぶた、歴史上の人物を人形にした組みねぶたなどがあり、大きなものは30人 ...
2. ねぶた
世界大百科事典
東北地方とくに青森県で8月(旧暦では7月)1日から7日まで続けられる飾物行事,またはその飾物。青森市では組ねぶた(人形ねぶた),弘前市では扇ねぷたなど,華麗な絵 ...
3. ねぶた
日本国語大辞典
ブタ〈注〉ねぶ)の花」*重訂本草綱目啓蒙〔1847〕三一・喬木「合歓〈略〉ねぶた 江戸」《ねぶた》岩手県036 秋田県平鹿郡130 北秋田郡131 山形県西置賜 ...
4. ねぶた画像
日本国語大辞典
で行なわれるが、特に青森市、弘前市(弘前では「ねぷた」と呼ぶ)を中心に津軽地方のものは盛大。ねぶたまつり。《季・秋》*津軽の野づら〔1935〕〈深田久彌〉山の小 ...
5. ねぶた[方言]
日本方言大辞典
→ねむたぎ【眠木】 ...
6. ねぶた
国史大辞典
またはその飾物。青森市の組みねぶたや弘前市の扇ねぷたなど都市部のものは、武者人形を形どったり描くなど意匠に趣向をこらした大きく華麗なものが練り歩き、夏の観光行事 ...
7. ね‐ぶた【寝豚】
日本国語大辞典
〔名〕醜い女性をいう、盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧{1915}〕 ...
8. ねぶた祭 【12か月のきまりごと歳時記】
生活便利帳
毎年8月2日から7日にかけて行われる青森ねぶた祭は全国的に知られ、350万人以上の人々が訪れる。弘前では「弘前ねぷた祭」として8月1日から7日に行われる。ねぶた ...
9. ねぶた‐ながし【─流】
日本国語大辞典
〔名〕「ねむりながし(眠流)」に同じ。ネブタナ〓シ ...
10. ねぶた‐まつり【─祭】
日本国語大辞典
〔名〕「ねぶた」に同じ。《季・秋》*津軽の野づら〔1935〕〈深田久彌〉山の小屋「津軽で一年中の一番の騒ぎ時の、名高いネブタ祭りだ」 ...
11. ねぶたい[方言]
日本方言大辞典
〔形容詞〕目方が足りない。 高知県「百匁にちっとねぶたいよ」860土佐方言集(橋詰延寿)=高知教育601~628号1932《ねぶい》 愛媛県周桑郡844周桑郡郷 ...
12. ねぶた・い【眠・睡】
日本国語大辞典
ねぶた・し〔形ク〕「ねむい(眠)」に同じ。*多武峰少将物語〔10C中〕「とまりて独りねしたまふころ、いかにねぶたからず覚すらむと」*枕草子〔10C終〕二八・にく ...
13. ねぶた‐がお[‥がほ]【眠顔・睡顔】
日本国語大辞典
〔名〕ねむそうな顔。ねむたい顔をすること。*俳諧・文政句帖‐五年〔1822〕四月「石菖や土の西行もねぶた〓」 ...
14. ねぶた‐が・る【眠─】
日本国語大辞典
〔自ラ五(四)〕(形容詞「ねぶたい」の語幹に接尾語「がる」の付いたもの)「ねむたがる(眠─)」に同じ。*俳諧・鶴のあゆみ〔1735〕「殿守がねふたがりつるあさぼ ...
15. ねぶたぎ[方言]
日本方言大辞典
→ねむたぎ【眠木】 ...
16. ねぶた‐げ【眠─・睡─】
日本国語大辞典
〔形動〕(形容詞「ねぶたい」の語幹に接尾語「げ」の付いたもの)ねむそうであるさま。ねむたそうなさま。ねむたげ。*落窪物語〔10C後〕一「知らぬわざして、まろも困 ...
17. ねぶた-げ【眠たげ・睡たげ】
全文全訳古語辞典
〔形容動詞ナリ活用〕《「げ」は接尾語》眠いと思っている様子。眠そう。 「少しねぶたげなる読経の」〈源氏・若紫〉少し眠そうな読経の声が(聞こえてくる)。 ...
18. ねぶた‐ごえ[‥ごゑ]【眠声・睡声】
日本国語大辞典
夏「麦うたや誰と明して睡た声〈移竹〉」*俳諧・太祇句選〔1772~77〕秋「旅人や夜寒問合ふねぶた声」 ...
19. ねぶた‐さ【眠─・睡─】
日本国語大辞典
〔名〕(形容詞「ねぶたい」の語幹に接尾語「さ」の付いたもの)「ねむたさ(眠─)」に同じ。*源氏物語〔1001~14頃〕常夏「ねぶたさ醒めぬべからむ、語りて聞かせ ...
20. ねぶた‐ざまし【眠覚・睡醒】
日本国語大辞典
覚)」に同じ。*俳諧・桜川〔1674〕夏・一「後夜起はねぶたさましの花見かな〈風鈴軒〉」*雑俳・柳多留‐九〔1774〕「御しんぞうねぶたさましに飯をたき」 ...
21. ねぶた・し【眠たし・睡たし】
全文全訳古語辞典
〔形容詞ク活用〕《「ねぶりいたし」の変化した形か。「いたし」は、はなはだしい意》ひどくねむい。ねむたい。 「ねぶたしと思ひて伏したるに」〈枕草子・にくきもの〉ね ...
22. ねぶた‐なぐさみ【眠慰】
日本国語大辞典
〔名〕「ねむけざまし(眠気覚)」に同じ。*咄本・一休咄〔1668〕序「夢の世よわたる人々の、煩悩のねふたなぐさみと思ふなり」 ...
23. ねぶたむら【根部田村】北海道:渡島支庁/松前町
日本歴史地名大系
「ねふた 是迄一里 船澗有 家十五軒」とみえる。元禄郷帳には「ねふた村」、享保十二年所附に「ねぶた村」と記される。「根歌村」(木村「蝦夷日記」)、「根札村」(東 ...
24. ねぶた‐め【眠目】
日本国語大辞典
〔名〕「ねむため(眠目)」に同じ。 ...
25. ねぶたもち【―餅】[方言]
日本方言大辞典
八月一日につく餅もち。 大阪府南河内郡644河内国滝畑左近熊太翁旧事談(宮本常一)1937 ...
26. ねぶた・し【眠】
日本国語大辞典
〔形ク〕〓ねぶたい(眠) ...
27. ねぶた‐の‐き【眠木】
日本国語大辞典
〔名〕〓ねむたぎ(眠木) ...
28. 青森ねぶた[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
豪放さで知られる青森のねぶた。高さ約5mの大きな張り子の人形を屋台にのせ、町中を引き回す。写真は武者絵を題材にした組みねぶた。国指定重要無形民俗文化財 青森県青 ...
29. あた 眠(ねぶ)たい
日本国語大辞典
いやにねむい。*雑俳・銀土器〔1716~36〕「あたねぶたいのふ・いとしらし若旦那」 ...
30. おうぎ‐ねぶた[あふぎ‥]【扇─】
日本国語大辞典
〔名〕青森県津軽地方の風習「ねぶた」の一種。ねぶたは灯籠に似たもので、いろいろな種類があり、その中で扇形のものをいう。《季・秋》オー ...
31. い‐ねぶた・し【居眠】
日本国語大辞典
〔形ク〕ねむたい。ねぶたし。*枕草子〔10C終〕五三・雑色、随身は「いたく肥えたるは、いねぶたからんとみゆ」 ...
32. うそ‐ねぶた・し【薄眠】
日本国語大辞典
〔形ク〕(「うそ」は接頭語)なんとなくねむたい。*続無名抄〔1680〕世話字尽「迂疎眠度(ウソネブタシ)」 ...
33. たね‐ぶた【種豚】
日本国語大辞典
〔名〕品種改良や繁殖のために飼う牡の豚。*国民新聞‐明治三八年〔1905〕一一月二五日「少し位損しても構ひませんから、廉く種豚を売ってやって居る」*金色の朝〔1 ...
34. なま‐ねぶた・し【生眠】
日本国語大辞典
〔形ク〕(「なま」は接頭語)なんとなくねむたい。半分ねむったような状態である。*落窪物語〔10C後〕一「なまねぶたかりつる目もさめ、驚きて見れば」 ...
35. たねぶた【種豚】[標準語索引]
日本方言大辞典
てぃどぅぶた ...
36. 青森(県)画像
日本大百科全書
中心に踊るもので、虫送りの行事などにも加わる。旧暦7月の行事、青森市の歌舞伎人形ねぶた(かぶきにんぎょうねぶた)、弘前市の扇灯籠ねぷた(おうぎどうろうねぷた)の ...
37. 青森(市)画像
日本大百科全書
文化の資料を集めた県立郷土館のほか、青森市文化会館、棟方志功(むなかたしこう)記念館などがある。8月のねぶた祭は東北の三大夏祭の一つで、国指定無形民俗文化財。横 ...
38. 青森[県]画像
世界大百科事典
の獅子舞や虫送りの行事は稲作と関連があり,南部の〈えんぶり〉は畑作や馬に関連がある。夏祭の〈ねぶた〉も津軽地方では行われるが,南部地方にはない。民芸品でも津軽地 ...
39. 青森[市]
世界大百科事典
て,先端技術産業の誘致なども進められている。十和田八幡平国立公園への観光拠点であるとともに,ねぶた祭は東北四大夏祭の一つとして多くの観光客を集めている。市域中西 ...
40. あおもり[あをもり]【青森】
日本国語大辞典
市場町として発達。青函航路や青函トンネルにより、北海道と本州との結節点として機能。八月に行なわれるねぶた祭は有名。明治三一年(一八九八)市制。〔二〕「あおもりけ ...
41. あおもりし【青森市】青森県
日本歴史地名大系
の夢託によって彫ったと伝え、この鬼面を利用して蝦夷を討ったことが、国指定重要無形民俗文化財「ねぶた」の起源説の一つをなしている。平泉(現岩手県西磐井郡平泉町)の ...
42. あくあく[方言]
日本方言大辞典
3)眠くてあくびを連発するさま。《あくりあくり》 島根県石見「この子はあくりあくりするけー、ねぶたーのじゃ」725島根県方言辞典(広戸惇・矢富熊一郎)1963( ...
43. 朝顔(源氏物語) 482ページ
日本古典文学全集
例の御物語聞こえたまふに、古事どものそこはかとなきうちはじめ、聞こえ尽くしたまへど、御耳もおどろかず、ねぶたきに、宮もあくびうちしたまひて、女五の宮「宵まどひを ...
44. あべ-ひろし【あべ弘士】
日本人名大辞典
童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。北海道出身。旭川西高卒。本名は阿部寛。作品はほかに「えほんねぶた」「みんなのせて」など。 ...
45. いけつぷまち【生符町】北海道:渡島支庁/松前町/松前城下
日本歴史地名大系
[現]松前郡松前町字大磯・字弁天・字建石 近世から明治三三年(一九〇〇)まで存続した町。近世は松前城下の一町。上原熊次郎は「生府」の地名について「夷語イナイプな ...
46. いこ【厳・最】
日本国語大辞典
〕八・上「あなたはいこふけてお出じゃわいな」*滑稽本・続膝栗毛〔1810~22〕四・上「いこねぶたうなりよった」 ...
47. いざ かし
日本国語大辞典
いざかし、とて率(ゐ)て」*源氏物語〔1001~14頃〕若紫「乳母(めのと)にさし寄りて、いざかし、ねぶたきに、とのたまへば」*和泉式部日記〔11C前〕「うつろ ...
48. いざ-かし
全文全訳古語辞典
[連語]《「かし」は相手にもちかける意の終助詞》さあ行きましょうよ。さあいらっしゃいよ。 「『いざかし、ねぶたきに』とのたまへば」〈源氏・若紫〉「さあ(寝所へ) ...
49. いちまん‐にち【一万日】
日本国語大辞典
この君達の、年のあく日が、ゑかうじゃ」*雑俳・軽口頓作〔1709〕「ねてもおきても・一万日の常ねぶた」 ...
50. 一休ばなし(仮名草子集) 228ページ
日本古典文学全集
候し。「扨は弥有がたし、我ら一人して見るのみも罪ふかし、梓に鏤て、夢の世わたる人々の、煩悩のねぶたなぐさみと思ふな  る在俗の者。「小」は接頭語。禅宗で大衆(寺 ...
「ねぶた」の情報だけではなく、「ねぶた」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

ねぶたと同じカテゴリの記事
祇園祭(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
京都市東山区祇園町に所在する八坂(やさか)神社の祭礼。毎年7月17日から24日まで行われる。以前は祇園会(え)あるいは祇園御霊会(ごりょうえ)ともいった。東京の神田祭、大阪の天神祭とともに三大祭に数えられている。起源は、平安時代の869年(貞観11)に全国に疫病が流行したため
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「ねぶた」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
ねぶた(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
青森県津軽地方を中心に、八月(旧暦では七月)一日ごろから七日まで行われる飾物行事。またはその飾物。青森市の組みねぶたや弘前市の扇ねぷたなど都市部のものは、武者人形を形どったり描くなど意匠に趣向をこらした大きく華麗なものが練り歩き、夏の観光行事となっている
花祭(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
愛知県北設楽(したら)郡を中心に伊那谷すなわち諏訪湖に発する天竜川流域の村々で行われる霜月神楽風の行事。明治末年ごろから中央に紹介されて多数の民俗学者や芸能研究者が見学調査に出かけたので有名となった。行事は毎年十二月もしくは一月初め
ちゃぐちゃぐ馬こ(日本大百科全書(ニッポニカ))
岩手県滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社(旧駒形(こまがた)神社)と付近の農村や盛岡市内の行事。6月第二土曜日に行われる。当初は旧暦5月5日に行われていたが、1958年(昭和33)より新暦6月15日に、2001年(平成13)より現在の日程に変更された
西馬音内盆踊(日本大百科全書(ニッポニカ))
秋田県雄勝(おがち)郡羽後(うご)町西馬音内に伝承する盆踊り。月遅れ盆の8月16~18日に踊られる。起源は不明であるが、「亡者(もうじゃ)踊」ともいうように、亡(な)き人への供養の踊りである。踊り子の一部は彦三頭巾(ひこさずきん)とよぶ黒布の頭巾を頭からかぶり
那智田楽(那智火祭)(日本大百科全書(ニッポニカ))
和歌山県の熊野那智大社(東牟婁(ひがしむろ)郡那智勝浦町)に伝わる田楽。7月14日の夏祭に演じられる。熊野三山の一つ那智権現(ごんげん)の祭礼で、いまでは那智火祭(扇祭ともいう)として有名だが、もとは水無月(みなづき)の滝祭にあったといえよう
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る