ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 経済
  8. >
  9. 金融
  10. >
  11. 金融早期健全化法
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
金融早期健全化法
きんゆうそうきけんぜんかほう

体力の落ちた金融機関に予防的に公的資金を注入できるように定めた法律。正式名称は「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第143号)。バブル経済崩壊後の1998年(平成10)10月に成立・施行され、都市銀行や地方銀行など32行に計8兆6053億円の公的資金が注入された。2001年(平成13)3月末で注入申請の期限は切れた。しかしその後も、2008年の世界金融危機時や2011年の東日本大震災時に金融機能強化法(2004年成立)が改正されるなど、危機のたびに予防的注入を規定した法律が用意されている。公的資金注入の根拠法には、金融早期健全化法以外に、金融機能安定化法(注入額、1兆8156億円)、改正預金保険法(1兆9600億円)、金融組織再編成促進特別措置法(60億円)、金融機能強化法(6748億円)があるが、注入額は金融早期健全化法が最大である。
 金融再生法(1998年施行)が金融機関の破綻(はたん)後の処理策を定めているのに対し、金融早期健全化法は破綻前の処理ルールを規定。自己資本比率が低下した金融機関に、経営責任の追及などの条件を満たしたうえで、公的資金を注入し資本増強する。経営不振の金融機関を健全な金融機関が経営統合する際などにも注入を可能にした。金融機関が発行する優先株や劣後債などを預金保険機構などが引き受けて公的資金を注入する。この注入業務は、預金保険機構の他勘定と峻別(しゅんべつ)する必要があるため、預金保険機構に新たに「金融機能早期健全化勘定」を設けて処理してきた。なお2017年度末で、協定銀行からの納付金収入などにより同勘定の利益剰余金は1兆5925億円にのぼり、政府は2019年(令和1)に金融早期健全化法を改正し、剰余金のうち8000億円を国庫に納付し、税外収入として消費増税対策などに活用した。
[矢野 武]2019年11月20日

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
金融早期健全化法の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 5
検索コンテンツ
1. 金融早期健全化法
日本大百科全書
48億円)があるが、注入額は金融早期健全化法が最大である。 金融再生法(1998年施行)が金融機関の破綻(はたん)後の処理策を定めているのに対し、金融早期健全化 ...
2. 日本資本主義
日本大百科全書
を維持できなくなるおそれが生じたため、政府は1998年10月一連の金融再生関連法ならびに金融早期健全化法を制定し、総額60兆円の公的資金を用意して信用秩序の維持 ...
「金融早期健全化法」の情報だけではなく、「金融早期健全化法」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

金融早期健全化法と同じ金融カテゴリの記事
金融早期健全化法(日本大百科全書(ニッポニカ))
体力の落ちた金融機関に予防的に公的資金を注入できるように定めた法律。正式名称は「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第143号)。バブル経済崩壊後の1998年(平成10)10月に成立・施行され、都市銀行や地方銀行など
国立印刷局(日本大百科全書(ニッポニカ))
日本銀行券、各種証券類、郵便切手、『官報』などの製造を行う独立行政法人。独立行政法人国立印刷局法(平成14年法律第41号)に基づき、2003年(平成15)4月に設立された。1871年(明治4)7月にこれまで外国に依頼していた紙幣印刷を国内で行うために創設された大蔵省紙幣司


「金融早期健全化法」は法律に関連のある記事です。
その他の法律に関連する記事
地方分権一括法(日本大百科全書(ニッポニカ))
中央集権的な行政の在り方を見直し、国から地方へ権限や財源の移譲を進める法律の総称。地方自治法を中心に複数の法律を一度に改正するので一括法の名がある。1993年(平成5)から2001年(平成13)までの第一次地方分権改革で成立した「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」
著作権(日本大百科全書(ニッポニカ))
著作物を排他的に支配しうる権利のことで、特許権、実用新案権などの工業所有権(産業財産権)と並んで、無体財産権(知的財産権)の一種である。コピーライトともいう。ここにいう著作物とは、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽
デジタルファースト法(日本大百科全書(ニッポニカ))
行政手続きを原則として電子申請に統一すると定めた法律。正式名称は「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」(令和1年法律第16号)で、デジタル手続法ともよばれる。2019年(令和1)に、行政手続きオンライン化法(平成14年法律第151号
金融早期健全化法(日本大百科全書(ニッポニカ))
体力の落ちた金融機関に予防的に公的資金を注入できるように定めた法律。正式名称は「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第143号)。バブル経済崩壊後の1998年(平成10)10月に成立・施行され、都市銀行や地方銀行など
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る