ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 高妻山
日本歴史地名大系

日本歴史地名大系
高妻山
たかつまやま

戸隠連峰の最高峰で標高二三五二・六メートル。第三紀層の砂岩・礫岩中に噴出した火山。頂上には安山岩が突起している。戸隠村北部にあって、北の乙妻おとつま山とともに戸隠裏山とよばれる。また剣の峰つるぎのみねともいい、平安時代から江戸時代まで修験者の入峰錬行の山で、一の不動から始まって、途中順次二釈迦・三文殊・四普賢・五地蔵(一九九五メートル)を経て、六弥勒・七薬師・八観音・九勢至・十阿弥陀・十一阿〓・十二大日・十三虚空蔵の一三仏が安置され、登山順路が示されていた。「善光寺道名所図会」に「戸隠御裏山

中院よ
り七里
乙妻山・高妻山是を劔の岑といふ、又両界山とも称す、金胎部の曼陀羅を地に敷たるを以て名とすとそ、故に参詣の輩此登口にて草鞋を替る、(中略)例年六月朔日より七月晦日までを御山明とて登山をゆるす」と記している。

「善光寺道名所図会」には、五地蔵から奥の峰には、「投の松

五葉にて
葉短し
地蔵の辺より始りて奥へ続き、七谷に延わたりて繁茂し、蔓の如く其本を知ることなし、登山の輩は此葉を採て帰る、難産并歯の痛等に功能著しと也」と這松の多いことを記している。また「お山明」といって、登山は六月一日から七月末までに限られていた。

乙妻山は戸隠連峰の西北端に位置し、戸隠村と新潟県妙高高原みようこうこうげん町にまたがり、標高二三一八メートル。第三紀層の砂岩や礫岩中に噴出した火山で、山頂には安山岩が突き出ている。五地蔵ごじぞう岳・高妻山とともに戸隠裏山をなし、五地蔵岳から高妻山を経てこの山に至る縦走路があるのみである。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

高妻山の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 17
検索コンテンツ
1. 高妻山
日本大百科全書
長野・新潟県境にある戸隠連峰(とがくしれんぽう)の一つ。標高2353メートル。中心の戸隠山の北部にあり、五地蔵(ごじぞう)山、乙妻(おとつま)山とともに戸隠裏山 ...
2. 高妻山
世界大百科事典
山体は,第三紀の砂岩,レキ岩層中に貫入した安山岩類からなる残丘である。登山路は,戸隠山北東の五地蔵山を経て高妻山に至る尾根づたいの縦走路だけである。稜線上には懸 ...
3. たかつまやま【高妻山】長野県:上水内郡/戸隠村
日本歴史地名大系
第三紀層の砂岩や礫岩中に噴出した火山で、山頂には安山岩が突き出ている。五地蔵岳・高妻山とともに戸隠裏山をなし、五地蔵岳から高妻山を経てこの山に至る縦走路があるの ...
4. かみみのちぐん【上水内郡】長野県
日本歴史地名大系
トル)・奥西山(一六一六メートル)・堂津岳(一九二七メートル)・乙妻山(二三一五メートル)・高妻山(二三五二・八メートル)が連なり、長野市境に陣場平山(一二五七 ...
5. じょうしむら【上司村】京都府:宮津市
日本歴史地名大系
中津の浦宮から神輿が出て社頭に集まり、神事は荘厳を極めたという(与謝郡誌)。竜源寺(曹洞宗)は当地の高妻山城主河嶋備前の開基と伝える。 ...
6. すぎのさわむら【杉沢村】新潟県:中頸城郡/妙高高原町
日本歴史地名大系
明和八年(一七七一)の木材伐出一件赦免請証文(戸隠神社奥院衆徒共有文書)によれば、戸隠神社神領である高妻山に当村の者が入込み、小屋掛けまでして盗伐しているのが摘 ...
7. すそばながわ【裾花川】長野県:上水内郡
日本歴史地名大系
戸隠裏山の高妻山・五地蔵岳に発する清水沢を源流とし、乙妻山から発する濁川と鬼無里村木曾殿アブキ下方で合流し、戸隠連山と小谷山地との間を南々西に向かって一直線に深 ...
8. せきがわむら【関川村】新潟県:中頸城郡/妙高高原町
日本歴史地名大系
氏蔵)。元治元年(一八六四)関川宿の大石新右衛門ら七人は、戸隠山御役所に対し、「戸隠山御裏山高妻山之麓」の大小の沢から材木を伐出し、木流しする許可を年に二五両で ...
9. 戸隠山
世界大百科事典
標高1904m。広義の戸隠山は八方睨(はつぽうにらみ)を主峰とする表山と,北西に一段と高くそびえる高妻山,乙妻山などの裏山を指すが,狭義には表山だけをいう。凝灰 ...
10. とがくしやまもんぜん【戸隠山門前】長野県:上水内郡/戸隠村
日本歴史地名大系
明治五年(一八七二)中院の人人が長野県へ差し出した上知戸隠山林野原調書(宮沢文書)に怪無山・瑪瑙山・高妻山・乙妻山・西岳などの山林原野の面積が記されているので、 ...
11. ほうぞういんあと【宝蔵院跡】新潟県:中頸城郡/妙高村/関山村
日本歴史地名大系
文政三年(一八二〇)の宝蔵院宛三院衆徒御裏山入会出入和談書(戸隠神社宝光院衆徒共有文書)によれば、「当山御裏山高妻山裏裾通り、名所弥陀之大門より西北之方一円」か ...
12. みのちぐん【水内郡】長野県:信濃国
日本歴史地名大系
隔てて更級郡に対し、東は千曲川によって高井郡と境し、西は姫川右岸の山脈によって安曇郡と境し、北は高妻山・斑尾山・鍋倉山・天水山の山頂を越えて越後国と接する。信濃 ...
13. みょうこうこうげんまち【妙高高原町】新潟県:中頸城郡
日本歴史地名大系
一六七七・八メートル)・堂津岳(一九二六・六メートル)などの高山で長野県北安曇郡小谷村。南は高妻山(二三五二・八メートル)や御巣鷹山(二〇四六メートル)の山麓で ...
「高妻山」の情報だけではなく、「高妻山」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

高妻山と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
しら‐やま 【白山】(日本国語大辞典)
〔一〕石川・岐阜県境にある白山(はくさん)の古称。*古今和歌集〔905〜914〕羇旅・四一四「きえはつる時しなければこしぢなるしら山のなは雪にぞありける〈凡河内躬恒〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「高妻山」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
白馬岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰の北部にそびえる。標高二九三二・二メートル。山頂は朝日(あさひ)町と長野県白馬(はくば)村の境界をなすが、その山体は新潟県西頸城(にしくびき)郡にもまたがり、越中・越後・信濃の三国境の山という。信州側の古絵図に両替(りようがえ)岳とあるのは
天城山(日本歴史地名大系)
伊豆半島中央の東部を占める火山。万三郎(まんざぶろう)岳(一四〇五・六メートル)を主峰とする連山で、古くは狩野(かの)山と称したとされるが、天城山は狩野山を含む呼称で、狩野山は現天城湯(あまぎゆ)ヶ島(しま)町と中伊豆町の境の嵩田(たけだ)山(竹田山)付近
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る