ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. あえのこと
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本大百科全書(ニッポニカ)
あえのこと
あえのこと

奥能登(のと)で顕著にみられる農耕儀礼。戸主が旧暦11月5日(現在は12月5日)と旧暦正月9日(現在は2月9日)に田の神を饗応(きょうおう)する家ごとの行事である。アエノコトとかタノカミサマともよばれる。「あえ」は饗することだといわれている。田の神の多くは片方の目もしくは両方の目が不自由で、夫婦(めおと)神であると伝えられている。
 家ごとの行事だけに、諸相があるが、そうしたなかから一つの事例を次にみてみる。当日は朝から準備に入る。種籾(たねもみ)俵を床の間や神棚の下に積み、そこに山で切ってきた榊(さかき)などの木を立てる。この俵が春の「あえのこと」まで田の神として意識される。夕刻に裃(かみしも)姿の戸主が、苗代田で迎えの口上を述べて稲株を打ち起こし、扇を手に家まで案内する。目が不自由だということで、溝(みぞ)などに心を配る。玄関先で家族に声をかけ、一同が出迎えるなかを炉端の横座につく。それから風呂場(ふろば)へ案内する。湯加減を案じて声をかける。風呂から戻ると、小豆(あずき)飯、みそ汁、煮しめ、メバルの尾頭付きなどを盛り付けた膳(ぜん)を一つ一つ説明しながらすすめる。甘酒も供える。夫婦神ということで2膳用意する。男神の膳の前には葉付きの一本大根、女神には二股(ふたまた)大根をつける。家族は下座(しもざ)で各自の膳について、供え物と同じ料理を食す。
 2月9日の春の「あえのこと」は田の神を送るということであるが、湯浴(ゆあみ)や饗膳(きょうぜん)など同様の方式である。淡路島北部のヤマドッサンや九州北部の丑(うし)の日祭など他地域の収穫祭や予祝祭との関連性が注目される。「奥能登のあえのこと」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
[佐々木勝]
 また、同名称で2009年(平成21)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。
[編集部]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
あえのことの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 21
検索コンテンツ
1. あえのこと画像
日本大百科全書
種籾(たねもみ)俵を床の間や神棚の下に積み、そこに山で切ってきた榊(さかき)などの木を立てる。この俵が春の「あえのこと」まで田の神として意識される。夕刻に裃(か ...
2. あえのこと[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
奥能登(おくのと)地方の農耕儀礼で、一年の収穫を田の神に感謝する行事。毎年旧暦11月5日(現在は12月5日)に行われ、夫婦(めおと)神である田の神を自宅に招いて ...
3. あえ‐の‐こと[あへ‥]【饗事】
日本国語大辞典
〔名〕石川県の奥能登地方で、霜月五日(現在は新暦一二月五日)に家々で行なう田の神迎えの行事。田の神を出迎え、風呂に入れ食事をすすめるなど、実在の神をもてなすよう ...
4. あえの-ことしろ【阿閉事代】
日本人名大辞典
「日本書紀」にみえる豪族。顕宗天皇3年,月神と日神の託宣(たくせん)を朝廷につたえる。朝廷は託宣にしたがい,月神に山背(やましろ)(京都府)の歌荒樔田(うたあら ...
5. 秋祭画像
日本大百科全書
「タナテンジンサン」といって田の天神様、つまり田の神を祀(まつ)る日としている。有名な「奥能登(のと)のあえのこと」は、民間の新嘗祭として知られ、重要無形民俗文 ...
6. 石川(県)画像
日本大百科全書
市)、12月と2月の田の神を家に迎える「奥能登のあえのこと」(ともに国指定重要無形民俗文化財)は全国的にみても珍しい行事である。この「あえのこと」は単独で、また ...
7. イネ画像
日本大百科全書
中に住んで飯を盛ったからだという地名伝説がある。石川県能登(のと)半島の農村の一部では、「あえのこと」とよばれる、春から秋にかけて水田を守護していた田の神を供応 ...
8. きりはたむら【桐畑村】石川県:鳳至郡/柳田村
日本歴史地名大系
奥能登型民家の代表的建造物といえる。西尾家蔵の大日如来絵像は那谷寺(現小松市)伝来という。西尾家では「あえのこと」が行われている。 ...
9. 菅江真澄遊覧記 5 125ページ
東洋文庫
ここでは旧八月二十五日に行なっているが、南へくるほど遅くなり、中部関東地方では十月十日のとおかんや、能登ではあえのことなどといって祝った。 ...
10. 世界遺産
日本大百科全書
「小千谷縮(おぢやちぢみ)・越後上布(えちごじょうふ)」(新潟県)、「奥能登(おくのと)のあえのこと」(石川県)、「早池峰神楽(はやちねかぐら)」(岩手県)、「 ...
11. そまたむら【曾又村】石川県:鳳至郡/能都町
日本歴史地名大系
旧村社の日吉神社は、明治四年(一八七一)佐那武神社を合祀(石川県神社誌)。奥能登の田の神祭である農耕儀礼「あえのこと」を色濃く残す地で、この儀礼は民間における新 ...
12. 中部地方画像
日本大百科全書
中で生活する人々には、豊作を祈る気持ちがより強い。石川県能登地方では、秋の収穫が済むと、「あえのこと」といって家の主人が田から田の神を家に迎えてきて接待をする。 ...
13. 能登(町)画像
日本大百科全書
る。奥能登に古くから伝わる民俗行事「能登のアマメハギ」「奥能登のあえのこと」は国指定重要無形民俗文化財。また「奥能登のあえのこと」は2009年に単独で、「能登の ...
14. ふじまきむら【藤巻村】石川県:鳳至郡/穴水町
日本歴史地名大系
(能登国図)。白山神社がある。西森・森川両家は国指定重要無形民俗文化財である田の神迎えの「あえのこと」を伝承する。 ...
15. 無形文化遺産
日本大百科全書
年】雅楽(ががく)小千谷縮(おぢやちぢみ)・越後上布(えちごじょうふ)奥能登(おくのと)のあえのこと早池峰神楽(はやちねかぐら)秋保(あきう)の田植踊チャッキラ ...
16. 柳田
日本大百科全書
特産としてブルーベリーがある。当地の農耕儀礼「あえのこと」は国の重要無形民俗文化財で、ユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載される「奥能登のあえのこと」に含まれ ...
17. やなぎだむら【柳田村】石川県:鳳至郡
日本歴史地名大系
昭和三〇年(一九五五)旧神野村の神和住・中斉を編入した。国指定重要無形民俗文化財である奥能登の「あえのこと」が各家に残り、昭和五一年の時点で原型執行数一二七戸・ ...
18. 【総論】石川県
日本歴史地名大系
現在その成果はどうであろうか。一方、民俗行事も簡略化されつつも伝えられてきた。現在も奥能登の農家で行われる「あえのこと」(国指定重要無形文化財)は、田の神を家に ...
「あえのこと」の情報だけではなく、「あえのこと」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

あえのことと同じカテゴリの記事
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
坂部冬祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野県の諏訪(すわ)神社(下伊那(しもいな)郡天龍村坂部(さかべ))で1月4日に行われる祭り。もと霜月祭とよばれ、旧暦11月14日の湯立神楽(ゆだてかぐら)で、神社の拝殿を舞処として拝殿の炉に湯立の釜(かま)をかけ、徹夜で行われる。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「あえのこと」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
祭囃子(日本大百科全書・世界大百科事典)
祭礼囃子ともいう。神輿(みこし)が御旅所(おたびしょ)に渡御(とぎょ)するいわゆる神幸(しんこう)祭に、付祭(つけまつり)と称して氏子たちが出す山車(だし)(山、鉾(ほこ)、だんじり、屋台など車付きのもの、山笠(やまがさ)、きりこのように担ぐもの
日吉山王祭(国史大辞典)
近江坂本(滋賀県大津市)日吉大社の祭礼のこと。各地の山王祭はこの祭の伝わったもの。平安時代以来日吉祭、近世には山王祭または日吉山王祭とよばれる。古来、四月の中の申の日を中心に午から酉の日まで四日間行われた。平安時代から多くの書物にみえるが
長浜曳山狂言(日本大百科全書(ニッポニカ))
滋賀県の長浜八幡宮(はちまんぐう)(長浜市宮前(みやまえ)町)の春祭(4月13~16日)に曳山(ひきやま)の上で行われる子供歌舞伎(かぶき)。羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉が城主のとき男子出生を祝って町民に賜った砂金を基金として曳山を整えた
神幸祭(国史大辞典・世界大百科事典)
神社祭祀のうち、神霊が本社より他所に渡御する祭。「おわたり」「みゆき」「おいで」などとも称し、その帰りを還幸祭と呼ぶ場合もある。起源は不詳であるが、古代末期にはすでに行われていた社があり、中世以降多くの社でなされるようになったものとみられる
秩父夜祭(日本大百科全書・世界大百科事典)
埼玉県秩父市の秩父神社で12月2、3日に行われる例祭の夜間行事。華やかなので夜祭として有名。近世は霜月(旧暦11月)1、2、3日であった。祭りでもっとも盛大で重要なものは、神馬(しんめ)の奉献と、二台の笠鉾(かさぼこ)、四台の屋台が神輿(みこし)に続いて巡行
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る